MENU CLOSE

厚木市超密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店中山建装

お気軽にお問合わせください!

0120-316-225営業時間9:00~19:00

  • ショールームへ行こう!見積り依頼でQUOカードプレゼント!WEB来店予約
  • 無料 ご相談お見積もり依頼 簡単30秒見積依頼

スタッフブログ - 中山建装について 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 中山建装について

中山建装についての記事一覧

大和市の屋根工事はどこがいい?地元の業者選びからコスト削減のポイントまで解説!

大和市の屋根工事はどこがいい?地元の業者選びからコスト削減のポイントまで解説!

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根工事は、住宅の将来的な価値も守ることになる大切なステップです。屋根に不安を抱えている状態では、近年多発している豪雨や巨大地震への備えも手薄になってしまいます。屋根あっての住宅だからこそ、適切な業者を選んで適切に工事をする必要があります。 💬「大和市で屋根工事を検討しているけど、どんな業者を選べば正解なんだろう?」 💬「地元で屋根工事を依頼して大丈夫かな?地元業者を選ぶメリットはあるの?」 大和市で屋根塗装をするならば、地元業者にも目を向けてみてくださいね。あなたが望んでいる希望を叶えてくれる業者は、大和市にもたくさんいますよ。 近くに目を向けることで、今まで知らなかったことに気づけるかもしれません。また、地元業者を選ぶことでコスト削減にもつながっていきますよ。ハウスメーカーのような大手ばかりを見るのではなく、有能な地元業者にもスポットライトを当ててみてくださいね。最後まで読んで、大和市の屋根工事を成功させましょう! ▼合わせて読みたい▼ 大和市で屋根修理の詐欺に注意!知っておくべきポイントと対策方法 [myphp file="comContactL"] 【大和市】地元で業者選びをするときの2大ポイント 大和市の地元で屋根工事を依頼する業者選びでは、2つのポイントをおさえておきましょう。 地元業者の中でも吟味する 地元内での口コミや評判に目を向ける 地元業者の中でも吟味する 屋根工事を引き受けている地元業者であればどこでもいい、というわけではありません。地元業者であっても慎重に選んでくださいね。 屋根工事に関する施工実績 工事に有利な資格 工事に関する保証体制 アフターサービスの内容 コミュニケーションのとりやすさ 屋根工事を成功させるためには、どこをどのように工事すべきかを見極める力が必要です。外装劣化診断士の資格をもっている業者を選べば、劣化を正確に診断できます。 保証やアフターサービスも万全かどうか確認することで、万が一にも備えられますよ。地元業者にもさまざまな業者がいるので、心を許して安心できる業者を吟味してくださいね。 地元内での口コミや評判に目を向ける 地元内での口コミや評判が良い業者は、息の長いところが多い傾向にあります。地域密着でサービスを展開している地元業者は、地元民からの支持がなければ続けられません。 そのため、地元民に必要なサービスや地域性に合った施工方法を熟知しているのです。地元内で口コミや評判が良いということは、それだけ腕もあり実績も豊富ということです。ご近所さんが屋根工事をして良かったと聞けば、自然と候補リストに選出されます。そうして地域内で評判が広まっていけば、知人からの紹介で選択する人も増えていくのです。 地元内で人気の高い業者は、つながりの深いコミュニティーから選ばれている可能性が高いです。大和市民やその周辺に住む人たちから熱い支持を得ている地元業者は、本物だといえます。 大和市の屋根工事コストを削減するためのコツ 大和市で屋根工事をする場合、やっぱり気になるのが費用ですよね。屋根工事は、張り替えになった場合は数百万単位の費用が必要になります。だからこそ、慎重に業者選びをして予算内におさまる提案をしてもらいましょう。 屋根工事のコスト削減を叶えるコツとして、2つのポイントを覚えておきましょう。 複数の業者から見積書を比較をする 適切な時期に工事をおこなう 複数の業者から見積書を比較をする 💬「ある程度まで候補を絞れたのに、最終的にどこにしようか決めかねる」 💬「見積書をもらうのがちょっと面倒に感じる」 最適な業者を選びたい気持ちはあっても、さまざまな理由からその先に進むことを躊躇することもあるでしょう。そんなときには、見積書を複数社から一気にもらい、比較検討をすると答えをだしやすくなります。見積書をもらうのを面倒に感じたら、実際に屋根の状況をプロの目で診てもらえるチャンスだと捉えてみてください。 見積書の作成には、現場調査がセットになります。屋根はなかなか自分で様子を見ることができない場所なので、こういう機会でもないと現状把握はできません。業者によって提案するプランが異なることもあるので「その手があったか!」と新しい発見に出会えるチャンスですよ。 見積書を比較をするときには、最安値を見つけるというスタンスではなく、総合的に高評価だと思えるところを目指しましょう。安さだけで選んでしまうと、手抜き工事をする悪質業者を引き当ててしまうかもしれません。追加工事が必要になれば、結局高くついてしまうこともあるのです。 コスト削減を叶えるためには、広い視野での比較検討がポイントです。見積書の内容が丁寧でわかりやすいかどうかも、しっかりチェックしてくださいね。 適切な時期に工事をおこなう 屋根工事にも繁忙期と閑散期は存在します。オフシーズンには、お得なキャンペーンを始める業者も多いです。気になる業者をピックアップしておいて、一番お得に工事ができるタイミングを狙うのも方法の1つですよ。 ただし、この作戦を決行する場合は、屋根工事に緊急性がないといえる場合です。雨漏りや屋根が原因となっていそうな不具合があるときには、工事を先延ばししないでくださいね。適切な時期を見極めるための一歩として、屋根診断をうけて状況把握をしておくと安心です。 緊急性があるかどうかは、実際に診断してもらわなければ判断しかねます。これといった症状がでていない場合でも、まずは診断をうけて現状を把握したうえで、スケジュールを練りましょう。 大和市の屋根工事でおさえておきたい注意点 屋根工事に臨むにあたって、おさえておきたい注意点をまとめておきます。 屋根工事にも悪質業者は存在する 屋根の状態や形状によって適切な工事内容は変わる 屋根工事にも悪質業者は存在する 💬「大和市はいいところだから、悪質業者なんていないでしょ」 💬「大和市に悪質業者がいるなんて聞いたことないけど、都市伝説じゃないの?」 悪質業者は屋根工事においては目を光らせておく必要があります。なぜなら、住宅工事の中で屋根が一番高額な工事になりやすいからです。張り替えとなると数百万円はかかるでしょう。今やインターネットの普及で、調べればある程度のことがわかります。ですが、悪質業者ほど、いい人の仮面をかぶってやってきます。 また、インターネットに慣れていない高齢者は、業者を名乗る人間から「早く工事しないと大変なことになる」といわれれば信じてしまうかもしれません。実際、高齢者世帯の住宅は悪質業者に狙われやすいといわれています。あなたが被害者にならなくても、大和市内に住んでいる誰かが被害に遭うかもしれないのです。 だからこそ、まずは屋根工事にも悪質業者は存在するという事実を頭に入れておいてくださいね。見慣れない自動車が近所を走っていたり、訪問営業をうけたりした場合は、周囲にも視野を広げて警戒しておきましょう。大和市全体で防犯意識が高まれば、屋根工事で悲しい思いをする人を減らすことにもつながるのです。 屋根の状態や形状によって適切な工事内容は変わる 屋根にどれくらいの劣化があるのか、どんな形状をしているのかによっても工事内容は変わります。 💬「隣の住宅が〇〇万円くらいだったから、うちもそれくらいだろう」 風のウワサだけで工事費用を期待していると、驚くことになるかもしれません。インターネットでも屋根工事の相場はある程度わかりますが、大和市のあなたの住宅で試算したものではないのです。 思ったより劣化が進んでいれば、屋根材自体を替えなければならないかもしれません。想定外の事態になってしまわないように、現実から目をそらさないでくださいね。そのためにも、まずは診断をうけて現状把握をしておきましょう。 [myphp file="comContactL"] 大和市の屋根工事は中山建装の屋根診断から始めましょう! 大和市で屋根工事を検討するならば、地域密着でがんばっている地元業者も視野に入れてみましょう。そして、現状把握がファーストステップです。「費用はいくらになるんだろう…」と出費を気にしているだけでは前に進めません。もし劣化がおきていたら、この瞬間にも悪化は進んでいるのです。 中山建装では、屋根外壁診断を無料でおこなっております。この機会に、住宅をまるごとチェックしてみませんか?診断をしたからといって、工事の契約を迫ることはありません。むしろ「今すぐ工事してくれ!」という方は対応できませんのでご了承ください。大切なマイホームのために、まずは詳細な診断書を作成し、現状把握と最適な工事プランをご提案させていただきます。ご相談も無料ですので、お気軽にご連絡くださいませ。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装の施工事例

2024.05.30(Thu)

詳しくはこちら

中山建装について業者選び地域情報大和市外壁補修屋根改修雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

大和市の外壁リフォーム施工例3選!

中山建装が施工した大和市の外壁リフォーム事例3選!

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 大和市の住宅で外壁リフォームを検討しているあなた! 次はどんな外観に風にしようか考えているこの時間、とっても楽しいですよね。それと同時に「絶対に失敗はしたくない!」という気持ちも強いのではないでしょうか。 💬「外壁リフォームって思い切ってイメチェンしたい気持ちもあるけど、結局無難になりそう」 💬「おしゃれな外壁にしてみたいけど、私にはセンスがないからどうすればいいのかわからない」 外壁は住宅の中で一番見える面積が広いため、外壁の色やデザインで印象が決まってしまうといっても過言ではありません。今の色のまま塗り替えるのか、違う色に変えてみるのか…色で悩むのはもちろんですが、機能性も考慮したいところですよね。 今回のお役立ちコラムでは、中山建装で実際におこなった「大和市の外壁リフォーム施工例」をご紹介します!施工例を見てみると、マイホームが変身する姿がありありと描けるようになりますよ。ぜひ参考にしてくださいね! [myphp file="comContactL"] 大和市の外壁リフォーム施工例①超低汚染性塗料で強気の美白外壁へ! こちらの住宅の外壁のBEFOREをご覧ください。まるで住宅が涙を流しているように雨跡がついていました。この汚れは、雨跡だけでなくカビや苔といったものが付着してできたものです。ホワイト系の外壁に影がかかったような暗い印象をうけますね。 外壁塗装工事をおこなうときには、まず高圧洗浄でしっかりと汚れを洗い流します。この工程をしっかりとおこなわないと、塗料のつきが悪くすぐに浮いてきたり、はがれたりする原因になります。汚れたままの外壁は、いくら高機能で高い塗料を塗っても意味がないのです。 塗装は3回にわけておこなうことで、下地が調整されて塗料の密着が良くなります。こちらの外壁は、塗料メーカーアステックペイントの誇る、プラチナシリーズの「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」を使用しました。最高の汚れにくさを実現したフッ素系塗料で、耐用年数はなんと21〜26年ほどです。 真っ白な外壁に生まれ変わりましたが、ここまで思い切れるのは超低汚染性塗料を使用しているからなのです。白い外壁は汚れが目立つために、断念する方もいらっしゃいますが、塗料の機能性を活用することで理想を叶えられます。 今回ご紹介した施工事例の詳細はコチラ 大和市の外壁リフォーム施工例②環境にマッチする美しいスカイブルーカラーに変身! こちらの住宅は、ホワイト系の外壁からブルー系の外壁に大変身しました!完成した日もとても天気が良く、青空の背景とマッチしていますね。 ブルー系の外壁は、周囲の住宅や景色に浮いてしまうのではないかと気になるかもしれません。ですが、トーンを明るめにしつつ少しくすんだブルーを選ぶことで、清潔感のある落ち着いた印象に仕上がります。AFTERの写真からも、周囲の住宅にも馴染んでいるのがわかるでしょう。ブルー系の色は、汚れが目立ちにくいうえに、色あせも目立ちにくいというメリットがあります。色としてはパッと目立つ印象はありませんが、静かな存在感が目を惹きます。 こちらの外壁の塗料は、アステックペイント「スーパーラジカルシリコンGH」を使用しました。ラジカルとは、塗料に色を付ける顔料の主成分である「酸化チタン」が、紫外線の影響によって発生する劣化因子のことです。ラジカルが発生すると塗膜の劣化が進行してしまうので、外壁にとっては大敵です。 そんなラジカルを技術の力で抑制可能にしている塗料なので、美観の維持も叶います。こちらの住宅は屋根塗装工事も一緒におこない、2週間ほどで完了しました。外壁の色とリンクさせた屋根色の濃いブルーに、センスの良さを感じますね。屋根塗装も一緒におこなうことで、住宅まるごと一新できました。 今回ご紹介した施工事例の詳細はコチラ 大和市の外壁リフォーム施工例③落ち着いた印象から明るい印象の外壁へ! こちらの住宅はグレージュのような落ち着いた色味から、真っ白な外壁に塗装いたしました。ベージュやグレーといった中間色に分類される色は、汚れが目立ちにくいと聞いたことがあると思います。ですが、こちらの住宅のBEFORE写真を見てみると、窓枠から雨跡で汚れているのがよくわかりますね。 汚れが目立ってくるのは、時間とともに塗料が劣化していく経年劣化によって、本来の機能性が低下しているからです。汚れが目立ちにくい色だとはいえ、時間の経過とともに汚れは積もって濃くなっていきます。「もう古いから仕方がない」と放置していればなおさらです。汚れを気にするならば、むしろ色ではなく塗料の機能性に注目してみましょう。 こちらの住宅では、アステックペイントの「超低汚染リファイン1000Si-IR」を使用しました。最初の住宅と同様に「超低汚染性」というワードの入った塗料です。低汚染性とは汚れにくさをあらわすもので、それに超がついているハイレベルな塗料です。汚れにくい塗膜を形成できるからこそ、真っ白な外壁でも怖いものなしになれます。 今回ご紹介した施工事例の詳細はコチラ 外壁の塗料選びは色と機能性と予算のバランスで考えよう 3つの外壁リフォーム施工例を見ていただきましたが、どれも色だけでなく塗料の機能性もうまく活用していましたね。 色 機能性 予算 3つのポイントをバランスよく取り入れることで、あなたの理想の外壁を叶えることができますよ。 外壁リフォーム成功ポイント①色 塗料には数多くの色があります。ただし、塗料によって選べる色数が決まっています。理想の色があれば、それを叶えられる塗料の中から検討するという決め方もできますよ。色を決めるときには、狭い範囲ではなく外壁の範囲に当てはめて考えてくださいね。塗ってみてから「思っていた色じゃなかった」と思うことは、外壁塗装の失敗例ではよく挙げられています。 見本帳や塗り板で色を確認するだけでなく、カラーシミュレーションも活用してみましょう。業者によっては、提案のときにシミュレーションをおこなっているところもあります。また、塗料は色だけでなく艶の程度も選択できます。シリコン系塗料は艶ありのものが大半ですが、艶をおさえめにすることも可能です。ショールームをもっている業者は、塗り板を展示している場合もあるので事前に見え方を確認しておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ カラーシミュレーション活用のコツ大和市で外壁塗装の色選び完全ガイド! 外壁リフォーム成功ポイント②機能性 色だけで見ると、美観の維持が難しそうな白は即座に候補から外れてしまうことでしょう。ですが、塗料の機能性を活用すれば、真っ白な外壁に塗り替えるという選択肢もとれるようになるのです。 今回の施工例にあった住宅のように、超低汚染性屋ラジカル抑制に優れた塗料も検討してみましょう。他にも、耐候性や耐久性に優れた塗料はたくさんありますので、業者の意見も取り入れながら検討してみてくださいね。業者によっては、アステックペイントの塗料を取り扱っていないところもあるため、最初にコンタクトをとる時点で確認しておくとスムーズです。 外壁リフォーム成功ポイント③予算 予算と聞くと「初期費用を安くおさめるためにどうしたらいいか?」という思考になりがちです。ですが、大切なのはトータルコストで見ることです。外壁リフォームは、範囲や施工プランによっては想定外の費用がかかることもあるでしょう。 そんなとき、塗料の機能性を削ったり、無難な色を選んだりしてしまうかもしれません。安くおさえるために、何かを手放さなければならないというのは、外壁リフォームだけに始まったことではありませんよね。 ただし、目先の出費だけに目を向けて選んでしまうと、長期的に見たときに損をした気持ちになることもあるのです。安い塗料を選ぶことで、塗り替え頻度が多くなるというのはよくある話です。塗料の寿命目安ともいえる「耐用年数」も考慮しながら選んでくださいね。予算を決めるときには、メンテナンスや次のリフォームにも目を向けて長期目線で考えましょう。 大和市でアステックペイント塗料を使用した外壁リフォームは中山建装へ 今回の外壁リフォーム施工例で使用していた塗料は、すべてアステックペイント製のものです。アステックペイントは、遮熱塗料シェア4年連続1位に輝いている塗料メーカーです。 「消費者の家を長く守る、価値ある塗料を広める」という信念のもとで塗料を提供しています。遮熱塗料だけでなく、低汚染性やラジカル抑制に優れた塗料なども人気ですよ。 アステックペイントは、問屋や販売店には卸さずに加盟店制度にて直販体制をとっています。そのため、すべての業者が取り扱えるわけではありません。 中山建装は、アステックペイントの塗料を取り扱っておりますので、塗料のご提案が可能です。外壁の状態や劣化を正しく判断したのち、ご予算やご希望を叶える最適な施工プランをご提案いたします。診断や見積書の作成は無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。 [myphp file="comContactL"]

2024.05.30(Thu)

詳しくはこちら

中山建装について施工事例集色選び業者選び塗料選び大和市外壁塗装屋根塗装建材

カラーシミュレーション活用のコツ大和市で外壁塗装の色選び完全ガイド!

カラーシミュレーション活用のコツ大和市で外壁塗装の色選び完全ガイド!

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 外壁塗装は住宅の印象を大きく左右します。なぜなら、上部にある屋根と違って全面が見渡せる位置にあるからです。外壁の色をどんな色にするかで、住宅の色の印象が決まってしまうのです。 💬「せっかく塗装をするなら色もしっかりこだわりたい!」 💬「理想の色はあるけど、外壁に塗るとなるとそれで正解なのか不安」 💬「外壁は面積が大きいから、良いと思った色が想定外の印象になるのは避けたい」 外壁塗装の色に悩んでいるならば、ぜひカラーシミュレーションを活用してみましょう!業者の中には、カラーシミュレーションをしながら提案してくれるところもありますよ。今回のお役立ちコラムでは、大和市にお住まいのあなたが外壁の色選びで迷わないように、カラーシミュレーションのコツをお話していきます! [myphp file="comContactL"] 大和市民注目!なぜ色選びが重要なのか なぜ塗装の色選びが重要なのか、それを把握しておくと色選びの視点も変わってきますよ。色選びが必要な理由は、おもに3つあります。 マイホームの印象を良くするため 耐久性と保護力を強化させるため 資産価値を向上させるため マイホームの印象を良くするため なんといっても、マイホームの印象は一目で決まります。それを決定づけるのが外壁や屋根の色です。想像してみてください。誰もが二度見するほど派手なピンク色の外壁の住宅と、落ち着いたブラウンの外壁の住宅があるとします。どちらにも同じ印象を抱くということは絶対にないですよね。 ピンク色の外壁の住宅は、珍しいと感じると同時に「どんな人が住んでいるんだろう…」と気になって仕方がなくなるはずです。落ち着いたブラウンの外壁の住宅は、周囲の住宅や環境にもマッチしていて、高級感すら感じるかもしれません。 このように、色によって印象は大きく左右されてしまうのです。どんなマイホームに見られたいですか?「マイホームだから私の好きな色にしたい!」という気持ちはわかります。ですが、訪問者にどんな印象を与えたいのかという視点で考えたとき、また違ったアイデアがでてくるかもしれません。 耐久性と保護力を強化させるため 色によって、耐久性と保護力が変わります。外壁や屋根は屋外に面しており、つねに紫外線や雨風の脅威にさらされています。そのため、選ぶ色によって熱を吸収しやすかったり、色あせしやすかったりと影響がでてしまうのです。美観を保つという視点で、耐久性と保護力も考慮してみましょう。 資産価値を向上させるため 色選びにこだわることで、住宅の資産価値を向上させることができます。高級感にこだわった配色にしたり、汚れが目立ちにくい色を選んだりすることで、見栄えのいい住宅になります。売りにだすときにも、色の印象は関係しているのです。「ここに住みたい」「素敵な住宅だな」と思わせるような素敵な色に仕上げることで、売買もスムーズになることでしょう。 外壁塗装の色選びの方法はおもに3つ! 塗装の色選びにはおもに3つの方法があります。 色見本 塗り板 カラーシミュレーション どんなものがあるのか把握しておくと、要領良く色選びができますよ。 外壁塗装の色選びの方法①色見本 色見本帳とは、塗料メーカーが施工店に配布や貸し出しをおこなっているものです。塗料メーカーの標準色など、さまざまな色のサンプルを見ることができます。メーカーによって色が異なる場合があるので、好みの色を多く展開しているメーカーを見つけることも可能です。 仕上がりに近い状態の色を選ぶことができ、カタログのように色番号などを指定すれば発注できるシステムになっています。ただし、色見本帳は色が表示されている範囲が限られているため、実際に塗ったときと色の印象が違って見えることもあります。 外壁塗装の色選びの方法②塗り板 塗り板は、A4サイズ前後の板に実際に塗料を塗ったものです。塗料メーカーが配布や貸し出しているものから、業者が提案用に作ったものまで幅広くあります。ショールームを構えている業者は塗り板を作成しているところも多いです。 塗り板は色見本帳とは違い、実際の塗装した風合いや色に近いものがだせます。塗膜の質感が確認できるのは嬉しいメリットです。 外壁塗装の色選びの方法③カラーシミュレーション カラーシミュレーションは、塗装予定の住宅写真をデータで取り込んで、専用のソフトで外壁や屋根の色をシミュレーションしていく方法です。 外壁や屋根の大きさで色を確認できるので「思っていたイメージと違った」というズレも解消できます。シミュレーションなので、複数の色を当てはめて完成図を作ることができて楽しいですよ。 カラーシミュレーションをおこなっている業者も多くいるので、シミュレーションしながらプロ目線での提案をもらえばスムーズな色選びができるでしょう。 ▼合わせてチェックしたい!▼ 中山建装:カラーシミュレーションページ 色選びに便利!カラーシミュレーションのコツ カラーシミュレーションをおこなうときのコツも覚えておきましょう。おもに3つあります。 塗装する場所に合った色を選ぶ 周辺環境との調和 明るさとコントラスト まず大事なのは色選びですが、どこに塗装するのかも重要になります。なぜなら、外壁と屋根では見える範囲が異なるからです。屋根は面積は広いですが、外壁のように全面的に見える位置にはありませんよね。どこにどんな色をつけるのか、シミュレーションを使って外観をイメージしてみましょう。 周囲の住宅や景色と調和しているかどうかもポイントになります。カラーシミュレーションならば、周辺住宅の景色もそのまま取り込んでイメージングができます。昼と夜とで色の見え方も異なってくるので、明るさやコントラストも調整しながらシミュレーションを楽しんでみましょう。 [myphp file="comContactL"] 大和市で外壁塗装!中山建装でカラーシミュレーションをおこなう流れ 中山建装では、カラーシミュレーションでの色選びができます。5ステップに沿って、納得いただけるまで一緒に打ち合わせをして色を選びます。 住宅の写真を撮影 ご来店いただく日時を決める ショールームにてカラーシミュレーション シミュレーションに基づいたご提案や見積書の作成 気に入っていただけたらご契約! 住宅の写真は、必要であればスタッフが撮影に伺います。中山建装のショールームにご来店いただき、シミュレーションから最適な塗料のご提案などをさせていただきます。今すぐに塗装を考えていなくても、今のうちからシミュレーションで準備万端にしておきませんか?当社の大和ショールームは、神奈川県大和市中央林間西2-7-6にございます。イオンモール座間店から県道50号線を町田方面に向かい、徒歩15分で着きます。 大きな道路に面しておりますので、アクセスもしやすいかと思います。ご来店、シミュレーションをご希望の場合は、事前に来店予約をしていただくとスムーズです。お電話だけでなく、WEBからもご予約可能です。 ▼合わせて読みたい▼ 大和市で外壁塗装をするなら来店依頼がおすすめ|訪問販売の詐欺に遭わないための基礎知識 大和市で外壁塗装色選びシュミレーションをするなら中山建装へ! 大和市で外壁塗装の色を選ぶときは、ぜひカラーシミュレーションツールを活用してみてくださいね。塗装業者がサービスでおこなっているところも多くあります。見本帳の小さな範囲ではわからない、色の印象も確かめることができます。ショールームを構えている業者であれば、塗り板を用意しているところもあるでしょう。 実際に塗料を塗ったときの質感を塗り板で確認し、塗装したときの全体像をカラーシミュレーションで確認すれば万全です。満足できる最適な色選びを叶えてくださいね。 中山建装でもカラーシミュレーションを使ったご提案をおこなっております。見積書も一緒に作成いたしますので「近い将来の外壁塗装に備えたい」という方もぜひご連絡ください。緊急性がない今の段階から色選びをしておけば、いざというときにも色選びで妥協しない外壁塗装ができますよ。ショールームにお越しになるときには、事前に来店予約をお願いいたします。スムーズで親身な対応を心がけ、スタッフ一同あなたのご来店をお待ちしております! [myphp file="comContactL"]

2024.05.30(Thu)

詳しくはこちら

中山建装についてカラーシミュレーション〇〇の選び方色選び大和市外壁塗装

防水屋さんが作った「雨漏り119」とは?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

防水屋さんが作った「雨漏り119」とは?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 梅雨前の今だからこそ、雨漏り対策を徹底的に行なっておくことをおすすめします。雨漏りが発生してから火災保険を受け取って修繕するという裏技もあるのですが、まずは「雨漏り被害が発生しない」状況を作るべきでしょう。 雨漏りは多くの家財に被害を与えます。建物自体の劣化も早めてしまう大きな問題です。では、どこに雨漏り対策を頼むべきなのでしょうか。そんな風に感じたあなたは「雨漏り119」というスペシャリストのことを知っていただきたいです。 今回のお役立ちコラムでは「雨漏り119とは何なのか」について解決していきたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 大和市での雨漏り修理はどこに頼むべき?覚えておきたい優良業者のポイント 雨漏り119とは 結論からお伝えすると、雨漏り119とは「雨漏りのスペシャリスト中のスペシャリスト」だということです。今、日本中を探しても、雨漏り119に加盟している業者以上に雨漏りに対して的確な解決ができる存在はいないでしょう。 雨漏りは、発生原因を知るだけでは解決に導くことはできません。的確な方法、道具、技術があって初めて解決に導く実力を持っていると判断できるのです。しかも、これらを持っているからといって「確実に直せる」わけではなく、実際に解決できて初めてその証明ができるのです。 雨漏り119は、雨漏りに対する知識だけで満足するのではなく、確実に解決するということを大前提に活動している団体になります。 防水工事専門「大同防水工業株式会社」 雨漏り119を立ち上げた代表企業は「大同防水工業株式会社」という広島県の会社です。防水工事を専門としていて、通常の建築業者とは少し雨漏りに対するアプローチが異なります。 一般的な建築業者というのは「経年劣化すれば雨漏りが発生するのは必然」という、劣化する前に直しましょうというスタンスです。しかし、大同防水工業は「雨漏りを発生させない」という、起こってはならないトラブルだと認識しているので、徹底的に雨漏り発生の可能性を潰す方法を研究しています。 「発生すれば直す」という考えよりも「絶対に発生させない」という想いの方が大きいでしょう。防水工事業者というのは、雨漏りが発生すれば信用を失います。その信用を10年以上も維持し続けている大同防水工業株式会社が作ったのが「雨漏り119」です。 気になる雨漏り調査料金 雨漏り119に雨漏りの調査を依頼した場合、どのような料金が発生するかを覚えておきましょう。圧倒的な実力を誇るからこそ、適切な費用を請求します。そして、絶対に雨漏りを解決してくれるはずです。 散水調査 雨漏り1箇所に対して料金が発生します。つまり、複数箇所あればその度に料金が発生するということを覚えておきましょう。新築からの保証期間内であれば、瑕疵担保責任保険で対処することもできます。ただし、保険請求するための書類作成費用などがあることは忘れないでください。 基本料金 78,000円~ 仮設足場が必要な場合 1,200円/㎡~ 住宅かし担保責任保険対応報告書作成費 52,000円 (引用:一般社団法人雨漏り119 雨漏り調査料金について) また、ハシゴや脚立で対応できるような場合は仮設料金の発生はありません。 赤外線サーモグラフィー調査 赤外線サーモグラフィーを活用すると、見えない部分で発生している雨漏りの存在や、雨漏りの経路なども画像として把握することができます。そのため、確実な発生源特定と、経路に発生しているであろうトラブルを認識することができるのです。 ただし、赤外線サーモグラフィーで撮影した回数が毎回費用に反映するため、複数箇所の雨漏りを調べる際には非常に高額な料金が発生する場合もあります。 基本料金(報告書込) 180,000円~ (引用:一般社団法人雨漏り119 雨漏り調査料金について) 上記料金の他に、1枚あたり2,500円の料金が発生することになります。 高所作業とオペレーション 高所作業には危険が伴うため、別料金が発生するのが一般的です。また、高所作業車を扱うためのオペレーターにはオペレーション費用が発生するでしょう。 高所作業車(オプション) 40,000~60,000円/日 オペレーター(オプション) 25,000円/日 (引用:一般社団法人雨漏り119 雨漏り調査料金について) 一般的な戸建て住宅であれば、このようなオプションは必要ありません。しかし、4階建て以上の建物や、周辺の道路が狭いような場合には高所作業車が必要になる場合があります。 目視のみの調査はしない 多くの塗装業者が行う「目視のみの調査」には、明確な根拠がありません。 そのため、雨漏り119では確実性のない目視のみの調査は行なっていません。当然、調査の中で発生する目視調査は行いますが、それだけで終わらせるのではなく、今後の雨漏りを防ぐ観点からもより確実性の高い調査方法を重視するということです。 雨漏り119の加盟店は基本的に「地域の塗装業者」 雨漏り119では、加盟店制度を採用しています。そのため、実際に現場に入るのは「地域の塗装業者」であることがほとんどです。これには明確な理由があり、雨漏り対策以降のトラブル発生にもかかわることなので覚えておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい 雨漏り診断だけでは意味がない 雨漏り119では、雨漏り診断方法から対処方法、施工後の対策までを全てカバーすることを教えています。実際に雨漏りに対する知識や情報を提供する協会はいくつかあるのですが、その多くは「現状、現場から離れている」協会が多いため、情報が古い場合があるのです。 しかし、雨漏り119では「活きた情報」と、それを解決する方法を現場で実際に行なっています。診断知識だけが高くなるのではなく、しっかりと対処できて初めて意味があるのです。 屋根塗装の重要性 多くの建物は、防水工事だけで雨漏りを防いでいるわけではありません。特に戸建て住宅は、防水というよりも「屋根工事」で雨漏りを防いでいるため、屋根工事を多く受注している塗装業者による施工が多くなるわけです。 そして、屋根塗装は非常に重要で、屋根材そのものの防水性を高める役割があります。素材のままでは雨を吸い込んでしまうような屋根材も多くあり、しっかりと屋根塗装を施すことで機能を発揮している屋根材は少なくありません。 また、劣化した屋根材には防水性能を期待することが難しいため、塗料による防水層を作らなければ雨が通過してしまうものもあるのです。 確実な雨漏り対策を講じる上で、屋根塗装はとても重要なポジションを担っているわけですね。 雨漏り119加盟店の信頼性が高い理由 では、雨漏り119の信頼性の高さをご紹介しましょう、なぜここまで雨漏り119が業界内でも有名になっているのか、その理由が「雨漏りのスペシャリスト」と呼べれる所以になっています。 雨漏り解決率100% 雨漏り119には、これまでに関わった雨漏り被害を「100%」解決しているという実績があります。全ての雨漏りがピタッと止まるということで、多くの方からのお喜びの声が届いているのが事実です。 再発件数0件 確実に雨漏りを止められたからといって、数年後に再発していては信頼性にはつながりません。しかし、雨漏り119が携わった工事では、同じ場所からの雨漏り再発は「今のところ0件」だという実績を残しているため、業界内からも評価されているのです。 雨漏りを止めるのは「発生原因を解消する」ことができれば不可能ではありません。しかし、その後に同じ場所から再発しないということは、確実に直した上で強化や補強も行われているということになります。 そこまでの対処ができるのは、防水工事業者の「雨漏りを発生させない」というポリシーが非常に大きいでしょう。 常に情報をアップデート 雨漏りは、進化しています。これは、建物自体が機能性を持ち、従来とは違う構造になっていたり、便利な機能を持っていたりするためです。破損箇所から染み込むだけではなく、建材が劣化したことで染み込んでしまうということもあるでしょう。それが、見た目には全くわからないということも考えられます。 そのような雨漏りに対しても、定期的に講習会を開き、情報を共有し対処方法を指導していくことで、解決率と再発防止率につながっているのです。 中山建装で確実解決!雨漏りのお悩みを即座に対応 中山建装は「雨漏り119」加盟店として、雨漏り解決率100%の実績を誇ります。雨漏り解決の専門家として、原因調査から修理、予防対策まで、一貫したサービスを提供しています。 神奈川県内で雨漏りでお困りの際は、問い合わせフォーム、メール、または電話で当社にお気軽にご連絡ください。また、直接お会いして詳細をご説明するために、ショールームへのご来店もお待ちしております。中山建装にお任せいただければ、迅速かつ確実にお客様の問題を解決いたします。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装の施工事例

2024.05.16(Thu)

詳しくはこちら

中山建装について雨漏り119業者選び地域情報海老名市神奈川県大和市座間市相模原市厚木市雨漏り補修雨漏り診断

中山建装の社会貢献活動:双葉町でのボランティア塗装に挑む

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! まだ肌寒い3月9日~3月11日、中山建装代表取締役中山晋吾は震災の爪痕が残る福島県双葉町に降り立ちました。今回福島県双葉町に向かった理由は「塗装ボランティア」に参加するためです。 3月9日~11日にかけて、福島県双葉町にある双葉南小学校で、全国の塗装業者が集まり、ボランティアで校舎の塗り直しを行いました。この活動は、NPO法人「塗魂ペインターズ」の一員として、中山建装も参加しました。 福島県内でのボランティア塗装は、実は中山建装にとって今回が初めての経験です。東日本大震災からの復興支援は、私たち東日本エリアの塗装業者にとって、ただの仕事ではなく義務と感じています。双葉町は、震災により特に大きな被害を受けた地域の一つであり、そこでの塗装作業はただ壁を彩る以上の意味を持ちます。 この活動を通じて、中山建装は社会貢献への熱い思いを形にし、地域の復興と未来への希望を塗り広げることを目的としています。 今回は3月9日~11日にかけて行われたボランティア塗装の様子をお伝えしていきたいと思います! ボランティア塗装活動の経緯と準備 中山建装が参加した双葉町のボランティア塗装活動は、東日本大震災の深い傷跡に対する回復への取り組みの一環として始まりました。双葉町での活動は、被災地の再生と記憶の保存を目的としており、中山建装はこの地域社会への貢献を通じて、社会的責任を果たす機会を見出しました。 今回のボランティア塗装はテレビや新聞などの多数のメディアでも放送されており、かなり注目度の高いボランティア活動であることがうかがえます。 東日本大震災と福島第一原発事故による双葉町の現状 東日本大震災とそれに伴う福島第一原発事故は、双葉町に甚大な被害をもたらしました。町は長期にわたり避難区域に指定され、一時は無人の町となりました。 住民は自宅を離れ、避難生活を余儀なくされ、町の多くの建物は使用を停止し、荒廃が進みました。 この地域は、放射能汚染の影響もあり、復旧と復興の道のりは困難を極めていますが、徐々に避難指示が解除され、生活の再建に向けた動きが始まっています。 ▼外部リンク:環境省:除染情報サイト▼ 双葉町の除染特別地域について 双葉南小学校の震災遺構としての保存意義 双葉南小学校は震災の記憶を今に伝える重要な遺構となっています。避難の急ぎ足により、校舎内には当時の生活の断片がそのまま残され、時間が止まったかのような状態で保存されていました。 双葉南小学校を震災遺構として保存することは、未来の世代に対し、災害のリアルとその教訓を伝えるための貴重な資源となります。また、被災地の現状と復興の歴史を物語る場として、地域のアイデンティティと記憶の継承にも寄与しています。 活動当日の様子 中山建装のチームは、早朝から双葉南小学校に到着しました。活動開始前には、安全確認や作業計画の最終確認が行われ、各チームが作業エリアに分かれて準備を始めました。緊張感の中にも、復興への期待と使命感が漂う空気が感じられました。参加した塗装業者たちとの協力により、作業はスムーズに進み、お互いの技術や経験を共有しながら、有意義な時間を過ごしました。 中山建装の担当箇所 中山建装は、特に外壁の塗装を担当しました。古くなり色褪せた壁面に、耐候性と美観を考慮した高品質の塗料を選択し、塗装工事を行いました。 技術面では、長年の経験から培われた塗り方を活かし、均一で滑らかな仕上がりを実現。また、塗料の乾燥時間や気温、湿度にも注意を払いながら作業を進め、最適な条件下での塗装を心掛けました。 ボランティア塗装中の社長の想い 活動中、佐々木拓朗事務局長の「自分が住む町が10年以上入れなくなることを想像してほしい。町に彩りが早く戻ることを祈って作業しよう」という言葉は社長の心に深く響いたそうです。 もし厚木で同様の災害が起こったらどうなるのか、自分たちが置かれた立場を考えると、塗装作業に集中する中でも、深い共感と双葉町の人々への思いやり、熱いものがこみ上げてきたそうです。 作業を進める中で、過去と未来をつなぐ大切な役割を担っている実感と、復興への熱い想いが高まり、一塗り一塗りに情熱を込めたと言っていました。 地域の皆様・関係者への感謝 中山建装は、このボランティア活動を通じて、多くの地域の皆様や関係者の皆様から支援と励ましを受けました。ここに心からの感謝を表します。 皆さんの温かい支持があったからこそ、私たちはこのような社会貢献活動に力を入れることができます。これを機に、中山建装は地域社会との結びつきをさらに深め、共に地域の未来を創造していくための協力と支援を呼びかけます。 私たちは、皆さんと手を携えて、より良い社会を作るために努力を続けていきます。 協力業者様や協賛企業様への感謝 このボランティア活動に参加した他の塗装業者様や協賛企業の皆様には、心からの感謝を申し上げます。 一緒に汗を流し、双葉町の復興のために力を合わせたことは、私たちにとって忘れられない経験です。皆さんの専門技術と情熱が、このプロジェクトを成功に導きました。 共に働くことができたこと、そしてこのような意義深い取り組みに参加できたことを、大変光栄に思います。この協力関係をこれからも大切にし、共に社会に貢献していきたいと考えています。 プロジェクトへの参加を支えた皆様へ このプロジェクトに関わり、支えてくれたすべての皆様に深く感謝します。準備から実施、そして活動後のフォローアップに至るまで、多くの方々の尽力により、このボランティア活動は成功を収めることができました。 特に現場でのコーディネーションを担当してくれたスタッフ、後方支援をしてくれた事務所のメンバー、そしてこの活動を広く知らせるために尽力してくれたメディアの皆様には、特別な感謝の意を表したいと思います。 皆様のご支援があったからこそ、私たちはこの活動を通じて社会への貢献を果たすことができました。また、このボランティア活動を通じて、多くの人々と出会い、新たなつながりを築くことができたのも、支えてくれた皆さんのおかげです。 これらの経験は、中山建装にとってかけがえのない財産となりました。私たちの活動を物心両面で支えてくれた全ての人々に心から感謝し、今後も地域社会の発展と共に歩む企業として、社会貢献活動を続けていくことをお約束します。 このプロジェクトに関わった一人ひとりの努力と献身が、中山建装の社会貢献への取り組みをさらに前進させる力となるでしょう。 ボランティア活動の意義と今後の中山建装の社会貢献活動 双葉町でのボランティア塗装活動は、中山建装にとってただの仕事ではなく、社会への深い貢献と絆を再認識する機会でした。この経験は、会社の使命と責任を再考し、地域社会に対するより大きな貢献への道を開くことになります。 今後、中山建装はこの活動を契機に、さらに多くの社会貢献プロジェクトに積極的に参加し、持続可能な社会の実現に貢献していくことを目指します。 福島県双葉町の皆様へ|中山建装は引き続き応援してまいります! 福島県双葉町の皆様に、心からの敬意と感謝を表します。厳しい状況にありながらも、不屈の精神で復興への道を歩み続ける皆様の強さに、深く感銘を受けています。私たち中山建装は、双葉町のボランティア活動に参加できたことを大変光栄に思います。町の復興と再生の一端を担えたことは、私たちにとっても大きな勇気と希望を与えてくれました。 これからも、双葉町の皆様と共に歩むことができるよう、支援と協力を続けていきたいと思います。未来への道はまだまだ長く困難かもしれませんが、私たちも皆様の一員として、その一歩一歩を大切にしていきたいと考えております。 双葉町のさらなる復興と明るい未来のために、私たちにできることを精一杯行っていく所存です。皆様の力強い復興への意志と努力に敬意を表し、心より応援しています。

2024.03.17(Sun)

詳しくはこちら

社会貢献活動お知らせ

外壁塗装業者の選び方|悪質業者を見抜く方法を伝授

外壁塗装業者の選び方|悪質業者を見抜く方法を伝授

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 外壁塗装業者が増える中、一定数で悪質業者の存在も増えてしまっています。この状況を一気に改善することはできないため、皆様には「自衛方法」を知っておいていただく必要があるのです。 この記事では「悪質業者を見抜く方法」を知っていただき、騙されないための方法を覚えていただこうと思います。 良い業者と悪い業者の違いを知ろう 外壁塗装業者の「良い業者」と「悪い業者」には、いくつかの見分け方が存在します。事業実態の有無や、ネット上の口コミなどからも確認できますが、何よりも「外壁塗装に対する基礎知識が不足している」という点が大きな違いです。 悪質業者の中にも、実際に外壁塗装を自社で行う業者はあります。そのような業者であれば、工事依頼を獲得するために多少の恐怖煽動を行い、すぐに対処しなければならないという方法を選びます。 しかし、施工依頼だけを取り次いで、実際の工事は別業者に任せるような中間業者の立場を好む悪質業者の場合、情報が古過ぎたり、そもそも外壁塗装の経験がないため的外れな回答しかできなかったりと、明らかに知識不足が確認できるはずです。 このような業者の特徴は、訪問販売形式で飛び込みの依頼獲得をよくしています。一般的な「依頼者からアクションを起こして工事を頼む」というスタイルであれば、このようなレベルの低い業者に当たることはないでしょう。 悪質業者を見分ける方法 悪質業者にはいくつかの特徴があります。その中でもわかりやすい特徴をご紹介します。 「耐用年数10年」を売りにしている 従来のリフォームでは、多くの材料が「耐用年数5〜7年」というものばかりでした。そのため、10年以上の耐用年数を持つ材料が出回り始めたときには、メンテナンススパンが長くなってトータルコストを安くできることを売りにしていた時期があります。 しかし、現在はミドルグレードの塗料やシーリング剤も10年以上の耐用年数のものがほとんどになっている状況のため、耐用年数10年というのは決して特別なものではなくなりました。 この事実を一般の方は知らないため、新築時に低グレードの材料を使用することでメンテナンススパンを「5年」と告げられていれば、10年の耐用年数は「従来の倍」として考えてしまうため、非常に優れた材料なのだと勘違いしてしまうのです。 決してこの業者が嘘を言っているわけではありませんが、よりハイグレードの材料を使用すれば、さらに長い15年から20年の耐用年数を確保することもできるため、耐用年数10年という売り文句で押し売りするような場合は、あまり質の良い業者ではないでしょう。 現在、通常使用される「シリコン材料」であれば、基本的に耐用年数10年ほどのものがほとんどなのです。わざわざグレードを下げて提案することはないため、コスト面での指定がない限り「耐用年数10年は標準仕様」が現代の外壁塗装業者のスタンダードなのです。 塗料の種類だけで判断している 当社がメインで使用するアステックペイント株式会社の塗料の場合、塗料をまとめている樹脂には「アクリル」を使用しています。もちろんシリコン塗料やフッ素塗料もあるのですが、アステックペイントの基本的な特徴として、高性能アクリル樹脂を使っているのです。 つまり、大きく見れば「シリコン塗料もフッ素塗料も無機塗料であってもアクリル樹脂で構成されている」ため、アクリル塗料だと言ってもおかしくはないのです。 しかし、アクリル塗料は最低グレードの塗料として扱われています。耐用年数も5年程度と短く、親水性や撥水性、低汚染性にも乏しい塗料だと認識されている塗料です。 その上にはウレタン塗料があり、シリコン塗料と続き、フッ素塗料や無機塗料という上位グレードに行くに従い、コストも高くなれば高性能になっていくというのが一般的な考え方です。 実は、この「塗料の種類」が全てというわけではないのが塗料の面白いところで、アステックペイントの塗料であれば、アクリル樹脂を使っていたとしても、外壁塗装業界でのシェアはトップクラスです。そして、多くの方が性能にも満足しています。 特に、日本に比べ紫外線量が3倍と言われるオーストラリアでは、アステックペイントの遮熱塗料のシェアは、2017年度実績No.1でした。その後も高評価されて使い続けられています。 塗料の種類だけでは、実際の効果の高さや質の良さはわからないということです。 色のこだわりを無視する 悪質業者の場合、自社が取り扱っているメーカーの塗料や、そこで扱っている商品、色しか対応できないという場合があります。ユーザーニーズを無視するのは、悪質業者によくある問題の一つです。 例えば、依頼者の希望がアステックペイントのブルーグレイだったとします。しかし、業者が扱っているのが関西ペイントのみであれば、関西ペイントにあるブルーグレイを提案してくるわけです。しかし、一般の方がその違いを理解できる場合ばかりではないため、仕上がり時にイメージと違うという場合はよくあります。 本来であれば、ユーザーが希望することを提供するのが重要ですが、自社が扱っている製品以外では対応できない理由があるのです。それは、卸価格の違いにより「施工費用に変化が生まれてしまう」からです。 その手間、ユーザーが望む色であれば、別メーカーのもので我慢してもらうというのは、あまり質の良い外壁塗装業者とは言えません。 過去実績を見せない 自社ホームページがある場合、質の高い外壁塗装業者であれば「過去実績」を自信を持って後悔しています。それがカタログが割になるという点でも、低コストで自社アピールする場だからです。 しかし、悪質業者の中には「自社で施工していない」場合があるため、過去実績を掲載できないという事情があるのです。もし、他社の実績を掲載していた場合、それがバレると取次店としての信用すら無くなってしまうため、過去実績を公開しません。 稀に、ブックレットとして営業材料を持っている場合はありますが、多くの場合メーカーのパンフレットだったり、他社サイトからの盗用だったりと、正攻法ではないことは確かです。 塗装に対する知識不足 実際に施工をしている業者であれば、悪質業者であってもさまざまなノウハウを持っています。しかし、依頼だけを取り次いで下請けに施工を任せるような最悪な業者の場合、塗装に対する知識はほぼ皆無です。 「外壁にクラックが入っていて、すぐに対応しないと雨漏りをする」 このような恐怖煽動に使える情報は持っていますが、それをどうやって治すかという点にまで知識が及びません。また、雨漏りなどの事前対処の方法も知りません。しかし、依頼者もまた同様に「知識を持っている方ばかりではない」ため、確認しなければわからないというような回答であれば納得してしまうのです。 一般的な外壁塗装業者であれば、いくつかの解決方法や、その際にどんな材料を使うか程度のことは回答できます。そして、間違ってもこの時点でコスト的なものまで言及することはありません。 一般的な価格であれば伝えることができますが、目の前で発生しているものをいくらで直せるというような話は、それこそ確認しなければわからないのです。 騙されないための「依頼者側」の基礎知識 悪質業者に騙されないために、いくつかのポイントを簡単にご紹介します。 自社ブランド製品に騙されるな 自社ブランド製品といえば聞こえは良いですが、それがどのようなグレードなのかはわかりません。有名メーカーの製品は高いというイメージが強いですが、その価格には「信頼性」があるということを覚えておきましょう。 大幅な値引きは危険 外壁塗装には「相場価格」があります。1社ではわかりませんが、複数社の見積もりを見れば一目瞭然です。最初に高額を提示され、その後大幅に値引きされたとしても、適正価格以上の場合はよくある詐欺なので、値引きが大きい場合には疑いましょう。 限定・先着キャンペーンはウソ 基本的な問題ですが、訪問販売において、限定や先着キャンペーンなんてものは、よほど大きなイベントがない限り行われません。それに、実績が多いような人気業者であれば、そのような特別感を出す必要もないのです。 モニター価格に釣られるな モニター価格として値引きするというものも、基本的にあり得ません。サービスに自信があるからこそ提示している価格です。そして、施工実績は多くの業者が後悔しているので、全ての実績はモニターとして使用するのが一般的です。 サービスモニターが必要という場合、それは新規事業者が実績づくりのために「自社家屋」などに施すのが一般的です。仕事としてモニターを依頼することはまずありません。 恐怖話法で煽るのは悪質の典型 建物に発生している些細な問題を、さもこの後に大きな問題になるというように煽る行為を、悪質業者は全面に押し出してきます。しかし、一般的な外壁塗装業者であれば、恐怖を煽って契約させるなんて方法は取りません。 実際に問題が発生しそうであれば、依頼者が納得できる理由を明確に提示して、契約も本人の意思で行えるような立ち位置で待ってくれます。 厚木市・相模原市で外壁塗装業者をお探しなら中山建装におまかせください! 外壁塗装業者の選び方は、とにかく「自分の意思で全てを決められる」という点をしっかりと守らせてくれる業者を選ぶべきだということを覚えておきましょう。業者主体で工事を行うのではなく、依頼者の理想を請け負ってくれるというのが大切です。 もし「悪質業者なのでは?」と不安になった時は、一度「業者名を検索」してみてください。悪質業者であれば、いくつかの悪い口コミがヒットするはずです。 当社中山建装は厚木市や相模原市といった地元密着型の塗装業者です。もしあなたのご自宅に悪質な訪問販売業者が訪れたら、遠慮なく当社にご連絡ください! 一度相手に退去するように言ってもしつこいようならば、すぐに警察に連絡しましょう!あなたの大切な資産を守れるのはあなた自身なのです! 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 厚木市で外壁塗装するなら中山建装へ!【2024年2月キャンペーンのお知らせ】

2024.02.28(Wed)

詳しくはこちら

定期点検塗装工事のお役立ちコラム外壁補修屋根改修雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

カバー工法で屋根を対処した時|天窓やソーラー電池の設置について

カバー工法で屋根を対処した時|天窓やソーラー電池の設置について

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 厚木市にお住まいのあなた! 屋根のリフォームの際、屋根塗装や部分補修ではなく「カバー工法」での対処を望まれるオーナー様が増えています。メリットが多いと話題のカバー工法ですが、その裏にあるデメリットについても理解を深めた上で選ぶようにしましょう。 また、元々設置していた「天窓」や「ソーラー電池」についても、対処方法を理解しておかなければ、いざ工事の段階になって、コストや工期の変更に驚かなければならないかもしれません。 この記事では「カバー工法の基礎知識」を深めていただきたいと思います。 カバー工法とは 屋根の補修にはいくつかの種類が存在します。 ・部分補修 ・屋根塗装 ・葺き替え ・カバー工法 それぞれを簡単にご紹介しましょう。 部分補修 スレートの破損や欠損、瓦の滑落などを部分的に補修するのが部分補修です。ひび割れたスレートをシーリング材で埋めて簡易補修する方法や、劣化がひどい場合には劣化部分を挿し替えて対処する方法なので、屋根全体をリフレッシュさせることはできません。 コストに合わせて対処できる一方、一部しか補修をかけないため、他の部分がすぐにトラブルを発生する可能性も大きな工事方法になります。 屋根塗装 屋根材が紫外線や経年劣化によって表面のコーティング効果を失ってしまうと、雨水が染み込んでしまい破損しやすくなったり、野地板を通過して室内に雨漏りを発生させたりと、トラブルの発生原因になってしまいます。 屋根塗装は、屋根材の雨や紫外線、熱伝達をブロックするために必要な工事です。使用する塗料の種類によって、耐用年数や付加効果に違いがあります。 葺き替え 屋根材を全て撤去して、新しい屋根材に総入れ替えする方法です。劣化した屋根材が入れ替わるので、屋根からの雨漏りを一掃できる工事方法になります。 ただし、既存の屋根材を処分したり、劣化が確認できた箇所の野地板やルーフィングシートを張り直したりと、屋根材の交換だけではすまない場合が多いため、工事費用はとても高額になる傾向にあることを覚えておきましょう。 その代わり、耐用年数に相応しい工事効果を実感できることは間違いありません。 カバー工法 既存の屋根の撤去をせず、屋根の上にさらに傘を被せることで、屋根に発生しているトラブルを対処する方法です。撤去費用や処分費用が発生しないため、余計なコストを抑えることができる工事です。既存屋根と傘部分の間に空気層が生まれるため、遮熱・断熱性にも優位になります。 コストパフォーマンスに優れている屋根改修工事と言えるでしょう。 カバー工法の特徴|メリットとデメリット・屋根材の種類について カバー工法についてもう少し深堀りしていきます。カバー工法にはメリットとデメリットがあり、さらにカバーに使われる屋根材によっても耐久性が異なるのです。この章では、カバー工法のメリットとデメリット、そしてカバー工事で使われる屋根材についてお話ししていきたいと思います。 カバー工法のメリット カバー工法のメリットは以下の通りです。 ・工期が短い ・低コスト ・遮熱性向上 ・断熱性向上 屋根材を入れ替える際の手間取りや処分が必要ないため、他の屋根修理の方法よりも工期が短くて済みます。屋根塗装や葺き替えの場合、数ヶ月単位で別の住居が必要になることもありますが、カバー工法であれば工事期間の移住は必要ありません。 また、既存屋根とカバーの屋根材により遮熱層・断熱層が作られます。そのため、暖房費や冷房費を引き下げることにもつながるのです。 カバー工法のデメリット カバー工法のデメリットは以下の通りです。 ・重量による耐震性の低下 ・1度のみ施工可能 ・屋根材による雨音 カバー工法では、既存屋根を撤去しないため最頂部に余計な重さがかかってしまいます。そのため、地震の際に屋根側の揺れが大きくなってしまうのです。これは構造躯体へのダメージにつながります。 さらに、経年劣化により再度カバー工法を施したくても、建築基準法順守の観点から施工不可能です。また、長年のダメージを蓄積した構造躯体への影響もあるため、全てを撤去した際に構造補強が必要にもなるでしょう。 そして、金属屋根材を使用することで、雨音が響いてしまうことがあります。防音措置を施していても、雨音が気になるというケースもあるため、神経質な方にとってはストレスになる可能性があります。 カバー工法で使われる屋根材について カバー工法で主に使用されるのは「ガルバリウム鋼板」という屋根材です。そして、ガルバリウム鋼板をさらに進化させたエスジーエル鋼板というものも出回るようになりました。 それぞれの特徴を簡単にご紹介しましょう。 ガルバリウム鋼板 1972年にアメリカで開発された金属建材です。サビにくく耐用年数が長いという特徴を持っています。屋根材としても優秀で人気となりましたが、外壁材としては「金属サイディング」の素材として使われています。ほとんどの金属サイディングはガルバリウム鋼板によって整形されていることを覚えておきましょう。 ただし、ガルバリウム鋼板は薄く作られているため、ちょっとした衝撃によって凹んだり穴が空いてしまうことがあります。そして、瓦のようにサビがそもそも発生しない屋根材と比較すると、金属ということでサビの発生があるという点はデメリットとなるでしょう。 エスジーエル鋼板 ガルバリウム鋼板を改良し、耐久性が上がったのがエスジーエル鋼板です。ちなみに、ガルバリウム鋼板は「GL」と表記され、エスジーエル鋼板は「SGL」と表記されるということも覚えておいてください。 SGLをカタカナ表記されているだけなので、認識としては「凄いガルバリウム鋼板」という程度で問題ありません。このエスジーエル鋼板の優位性は、沿岸部での使用時に発揮されます。 ガルバリウムをメッキ加工することでサビの発生を抑制しているため、塩害によってサビてしまうのを防ぎます。日鉄鋼板株式会社の耐食試験では、通常のガルバリウム鋼板の3倍以上の耐食性能を確認されました。 カバー工法と天窓やソーラー電池の相性について 屋根をすっぽりと覆ってしまうカバー工法を施す際、気になるのが「天窓」との相性です。また、重量物を設置する上に、さらにソーラー電池を設置することはできるのでしょうか。 この点について考えていきましょう。 天窓の設置は可能? カバー工法を施す際、既存の天窓からの明かり取りを諦める必要はありません。もちろん、カバー工法でも天窓の設置は可能です。ただし、天窓のないカバー工法に比べると断熱性や遮熱性が劣ることは覚えておきましょう。天窓は熱の取り入れ口となってしまうのです。 既存屋根に設置されている天窓は、構造上再利用することはできません。カバー工法専用の出っ張った天窓サッシへ交換しなければなりません。また、ガラス交換の難しさを考慮して、強化ガラスの二重ガラスのものを選ぶのが良いでしょう。 ソーラー電池の設置は可能? 一般的に、カバー工法にソーラー電池の設置はおすすめできません。ただし、施工方法をしっかりと理解している状態であれば、決して不可能なことではありません。 既存屋根に設置されているソーラー電池のベースを補強した上で延長し、そこにカバー工法を施すことでソーラー電池の設置は問題なく対応できるのです。その際、延長されたベースが「たわみやすくなっている」ことも考慮した上で設置しなければならないので、十分な経験と知識が求められます。 このたわみやすさは、屋根の梁に固定されたベースの長さが、ソーラー電池の重さによって影響を受けるためです。カバー工法で建物が揺れやすくなるのと同じ「てこの原理」で、重さが支点から離れるほど作用する力が強くなってしまうのです。 屋根のカバー工事なら施工実績豊富な中山建装にお任せください! 屋根をカバー工法で対処した場合に発生するメリットは、多くの施工業者によっても発信されています。しかし、本当に知るべきなのは、カバー工法で発生するデメリットだということを覚えておきましょう。 ・耐震性が低下する ・1度しか施行できない この2点だけは間違いなく覚えておいてください。選ぶメリットはとても大きいですが、実際に住み続ける上ではメリットよりもデメリットの方がより強く感じ取ってしまうものです。 デメリットを理解した上で、カバー工法による対処を検討してみてください。屋根のカバー工事、劣化診断はぜひ当社中山建装にご相談ください。 当社には屋根や外壁といった外装の劣化診断のプロである外装劣化診断士が在籍しております。また塗装職人も国家資格である一級塗装技能士を取得しているプロ中のプロ集団です。 屋根工事や屋根の塗装工事をご検討中ならば、ぜひ当社にご相談ください!あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 厚木市で外壁塗装するなら中山建装へ!【2024年2月キャンペーンのお知らせ】

2024.02.28(Wed)

詳しくはこちら

定期点検塗装工事のお役立ちコラム外壁補修屋根改修雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

屋根塗装にベストな季節とは?冬の工事でかかる塗装の硬化時間と雨や雪への対処

屋根塗装にベストな季節とは?冬の工事でかかる塗装の硬化時間と雨や雪への対処

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 厚木市にお住まいのあなた! 屋根塗装が必要になるタイミングは、常に天候の良い時とは限りません。梅雨時に必要になることもあれば、豪雪地域の真冬になることだって十分に考えられます。実際に工事が必要になった時、天候や気象条件によって工期にどんな影響が出るかを覚えておきましょう。 今回の記事では「屋根塗装に向いている時期と、天候や気象条件の作業への影響」について考えていきたいと思います。 屋根塗装に向いている季節とは 屋根塗装をする際、どの季節に施行すべきでしょうか。常に天気が良ければ良いですが、日本の機構の都合上、風が吹くことも湿度が高いこともあるはずです。実際にはどの季節のどのタイミングで屋根塗装をするのがベストなのかを考えてみましょう。 春の場合 3月から5月が暦上の春とされています。この時期は「施工に適した気候が続く」ので、屋根塗装を施しやすい時期だと言えるでしょう。塗料も安定した状態で使用できるので、工期の遅れは発生しづらい季節だと言えます。 しかし、この時期に工事依頼が集中しやすいということもあるため、希望する時期に工事開始できるとは限りません。下手をすると、夏まで工事開始がずれ込む可能性もあります。 夏の場合 6月から8月が暦上の夏とされています。この時期は「晴天が続きやすく乾燥時間が短くなる傾向にある」ため、工期が短縮されることが多い時期だと言えます。 ただし、上昇気流の発生によって塗装面が砂まみれ・埃まみれになることも考えられるため、丁寧な作業をしても塗装面が荒れやすい時期だとも言えるでしょう。また、猛暑によって光化学スモッグが発生して作業できない時間も出てきます。職人の健康被害によって工期遅れが発生する可能性もあるということです。 他にも、突然の通り雨でせっかくの作業が台無しになる日もあるでしょう。そのため、夏の屋根塗装は「乾燥は早くて工期を短縮できるものの、完了までにトラブルが発生しやすい時期」だと考えられます。 1番の問題は、塗装用に用意した塗料(ネタ)が早期硬化してしまうため、慌てる職人も出てきてしまう恐れがあることです。 秋の場合 9月から11月が暦上の秋とされています。この時期は「安定した気候が続くため屋根塗装に適している」季節だと言えるでしょう。空気も乾燥しているため、塗料の状態がとても安定する季節だと言えます。 ただし、9月以降に台風が活発的に発生するため、工事できない期間もあります。また、連発することもあるため、丸2ヶ月程度工事開始が遅れることもあり得るため、依頼のタイミングには十分な余裕が必要です。 台風シーズンの前後は依頼が殺到することも考えられるため、工期がずれ込む恐れもあります。この場合、秋シーズンに工事が完了しないことも考えなければなりません。 さらに、台風ではない突発的な低気圧により、急な天候変化に悩まされる可能性もあるため、安定した作業がしづらい時期だとも考えられます。それでも、気候としては屋根塗装を施しやすい時期だと言えるでしょう。 冬の場合 12月から2月までが暦上の冬とされています。冬は全国的に換気に悩まされる時期です。この時期は「塗料の乾燥が遅れがちで、工期が長引く恐れがある」と言えるでしょう。また、湿度の関係で安定した状態で塗装が行えないことも覚えておきましょう。 冬の天候は日本海側と太平洋側の地域差が生まれやすいです。日本海側は大陸からの寒気の影響により、豪雪地帯になってしまい屋根塗装が行える状況にありません。寒気の合間に作業しようと考えても、1日を通して5度を下回るような日が続いてしまうため、塗料が完走できないのです。 一方、太平洋側は晴天が続き、低気圧の影響も少なくなっているため、屋根塗装がしやすくなっています。ただし、夜明けと夕方の気温の下がり方が激しく、日中の作業で塗装から乾燥までを完了できないと、夜間に霜が降りてしまい全肯定をやり直さなければならない状況にもなりやすくあります。 冬の気象条件は屋根塗装に厳しい? 先の項でもご説明しましたが、冬は屋根塗装にとって悪条件が揃った時期だと言えます。その悪条件について、もう少し詳しく考えていきましょう。 ただし一方では冬の塗装工事はメリットが多いことも事実です。実際に冬時期にしか作業を依頼できないケースもあるので、どうすべきか対応策も含めて考えていきましょう。 雨や雪は工期に影響する 屋根塗装を施した面は、雨や雪が乗ることで塗面が荒れてしまいます。雨粒が落ちれば水玉模様になり、平滑な塗面になりません。雪は氷の粒により塗面を凸凹の状態に荒れさせます。 これらを防ぐために、屋根塗装後にカバーをかけるという方法もありますが、カバーと屋根材の間は高温多湿になることで乾燥がうまく進まないという欠点があります。塗面の荒れは防げますが、実際に乾燥するまでに時間がかかるほど埃や砂つぶの付着する確率が上がってしまいます。 他には、速乾性の塗料による施工も一つの方法です。ただし、速乾性塗料といっても、完全硬化までに48時間必要なものが24時間まで短縮できるというように、数分で固まるような代物ではないということで、確実な施工方法とは言えないのも否めません。 そうなると、冬場は屋根塗装以外の方法を検討することも必要になってくるでしょう。 例えばカバー工法で、数日中に作業を完了するという方法があります。屋根塗装を施す理由にもよりますが、瓦やスレートを上から被せて行くという「重ね葺き」という方法であれば、見た目も良く効果的な結果を手に入れられるでしょう。 硬化時間の変化 冬場の硬化時間は長引きます。基本的には、外気温の低下が大きな理由です。塗装用の塗料は、5度以下になると表面硬化できずに垂れてしまいます。せっかく塗装しても、全く意味をなさないのです。 他にも、湿度の問題も出てきます。秋は乾燥しますが、冬になると朝晩の湿度が上がってしまい、空気は乾燥しているものの施工面は湿度を保ってしまうのです。そのため、塗料がうまく乗らないということも出てきます。 さらには、その湿度のせいで塗膜が硬化しない状況が生まれてしまうのです。特に北側の面は湿度の影響を受けやすくなります。仮に作業する場合には、南側の面からせめて行く必要があるでしょう。 屋根塗装の費用相場 屋根塗装は、50m2〜80m2の建物の場合、足場を含めて40万円から60万円ほどの費用が発生します。ただし、この金額はランク的に下の方の塗料を選んだ場合になります。上位の塗料を選ぶほど、費用は膨れ上がるということを理解しておきましょう。 塗料の条件は以下の通りです。 第1位:無機塗料 第2位:フッ素塗料 第3位:ラジカル塗料 第4位:ウレタン塗料 第5位:アクリル塗料 条件が良いものほど材料費自体が高額になってしまうため、先に挙げた費用では対応できないのでご注意ください。 厚木市で屋根塗装をするなら中山建装にご相談ください! 屋根塗装に適している季節は「春・秋」の2シーズンです。ただし、どちらの場合もシーズンを通して好条件であるというわけではないこともしっかりと理解しておきましょう。 また、ここ数年で大きく問題になるのが「黄砂・花粉」です。どちらの季節も、花粉が飛びやすい時期になるため、塗面に黄色い粉が付着する可能性があることも十分に理解しておきましょう。 夏場と冬場でも、作業ができないことは決してありません。ただし、条件が非常に厳しいということも理解しておいてください。 厚木市で屋根塗装をお考えならば、ぜひ中山建装にご相談ください。当社は外装劣化診断のプロである「外装劣化診断士」や国家資格である「一級塗装技能士」を取得している塗装職人が在籍しております。 技術力、そして診断力に優れた塗装業者であると自負しております。ご相談、お見積りは無料です。遠慮なくご相談ください! あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 厚木市で外壁塗装するなら中山建装へ!【2024年2月キャンペーンのお知らせ】

2024.02.28(Wed)

詳しくはこちら

定期点検塗装工事のお役立ちコラム

屋根に生える苔の問題点|苔・カビ・藻によるサビが建物を劣化させる

屋根に生える苔の問題点|苔・カビ・藻によるサビが建物を劣化させる

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 厚木市にお住まいのあなた! 長く住み続けていると、屋根の縁や1階部分のひさしに苔や藻が生えているのを目にすると思います。わざわざ屋根の上に草を生やすこともあるため、一見「風流」だと感じてしまうかもしれませんが、実はそれは「建物の劣化」だということを覚えておきましょう。 そして、苔や藻が生えることには、建物に対する問題が発生するということも理解してください。 今回の記事では「なぜ苔や藻が生えるとよくないのか」ということを詳しくご紹介したいと思います。 屋根に苔が生える理由 屋根に苔が生える1番の理由は「屋根の劣化」です。劣化が進むにつれて、苔の発生や藻が生えるなどの現象が現れます。そして、さらに劣化が進むことでカビが生えるようになり、最終的に屋根材を風化させていくのです。 では、屋根の劣化にはどのようなものがあるか考えていきましょう。 塗装の劣化 屋根の劣化の一番わかりやすいものが「塗装の劣化」です。屋根材の塗装が劣化すると、雨水がそこに止まるようになってしまいます。つまり、水が常にある状態です。水が残っていれば、太陽に温められて蒸発するのですが、日当たりが悪い場所、もしくは水捌けが悪い場所であれば、常に湿気が残った状態を維持するということになるのです。 そこは、苔や藻が生えやすい状態だと言えるでしょう。そして、湿気が抜け切らずに暖かい状態が続けば、数日も経たないうちにカビが発生してもおかしくありません。塗装が劣化するというだけで、ここまで深刻な状況が発生してしまうのです。 屋根材の破損 屋根材が破損するということは、屋根材の裏側に水分が侵入しやすい状況になってしまうということになります。問題なのは、スレートや瓦の下にある「ルーフィングシート」の性能です。 通常、ルーフィングシートは雨水を侵入させないために高い防水性能を発揮します。しかし、屋根材が破損することで、通常以上の雨水が屋根材の下に入り込み、ルーフィングシートによってプールを作る形になってしまうわけです。 これが湿度の元となり、屋根材の裏側はカビの温床となってしまうのがお分かりでしょう。このカビは、ルーフィングシート内部にまで入り込み、本来あるはずの防水性能を一気に低下させてしまいます。 ルーフィングシートが劣化すれば、その後待っているのは「雨漏り」や「屋根裏のカビ」という大きな問題になります。 屋根の劣化対策 では、屋根を劣化させないためにできることは何でしょう。いくつかの方法があるので、それぞれの効果や対策の意味を考えてみましょう。 苔・カビ・藻を洗い流す まずは、屋根を劣化させる原因を洗い出していきましょう。そのためには、劣化原因となる「苔・カビ・藻」などを全て洗い流すことが重要です。そのまま放置すれば、侵食が止まることはありません。まず、しっかりと食い止めることが重要です。 その際の注意点は「屋根材の素材に含まれるアスベスト」です。アスベストが含まれている場合、屋根の洗浄に高圧洗浄を用いることができません。もし、アスベストを含有している屋根材に高圧洗浄をかけてしまうと、アスベストが飛散してしまうのです。 もしアスベスト含有の屋根材を使用している場合は、洗浄する前に固定剤を浸透させてアスベストを沈下させます。その後であれば、高圧洗浄をかけることができるのです。 野地板やルーフィングの補修 屋根に苔やカビが発生している状態であれば、その下にある野地板やルーフィングシートにも劣化が確認できる場合があります。ここは適切に対処しなければなりません。そのまま放置していると、屋根裏が水浸しになったり、虫が発生したりと、建物を著しく劣化させる原因になってしまいます。 屋根材を剥がすとルーフィングシートが現れますが、多くの場合水色や緑色のビニールシートが敷かれているはずです。それらが白っぽくなっている場合は、相当劣化が進んでしまっています。稀に白いシートを張っている場合もありますが、その時は茶色くシミができているのでわかりやすいです。 ルーフィングシートの下には野地板が敷かれています。無図を含んでいたり、すでに力をかけると撓んでしまうような状態であれば、野地板から交換しなければなりません。また、野地板の腐食が確認できている時点で、屋根裏の被害も確認が必要になります。 屋根裏がカビてしまっている場合は、入念な洗浄対策とカビの侵食を抑えるために溶剤を浸透させたり、防水処理などを施す必要が出てきます。野地板で蓋をしてしまうと、屋根裏は高温多湿になりやすくなってしまうので、カビの再発をしっかりと対処しなければならないのです。 これら全てを補修することで、以降の雨漏り等のトラブルを防ぐことができます。 スレートや瓦の補修 屋根材の破損・欠損があれば、見つけ次第対処しなければなりません。ひび割れ程度であれば、シーリング剤で埋めてしまったり、防水対策をとることで対処ができます。しかし、割れていたり、日々が大きく隙間が開いているような状態であれば、屋根材を差し替える必要も出てくるでしょう。 ただし、問題は「割れや欠けが発生している部分だけを対処して済む話か」ということです。屋根材は基本的に同じように劣化が進んでいきます。日当たりや雨の当たりやすさなども影響しますが、基本的には建物に向けられる上からのダメージを同じように受け続けている部分なので、局所的に劣化が進むという場所ではありません。 一部にトラブルが発生しているということは、他の部分にも問題が発生しやすい状況があると考えた方が良いでしょう。 瓦であれば、突風などで滑落したと考えることもできます。しかし、スレートのように滑落の心配がほぼないような屋根材の場合、トラブルが起きている周囲や、屋根全体の状況をしっかりとチェックしておくべきでしょう。 万が一、全体補修が必要となると、屋根を葺き替えなければならないでしょう。しかし、コスト的にも大きくなってしまうので、すぐに判断できるものではありません。そんな時は「カバー工法」を用いることで、既存の屋根の劣化全体を処理するのではなく、問題箇所に蓋をして隠してしまうというのも一つの方法です。 工期もコストもかけずに対処できるので、実際に全てを葺き替える準備をする間のつなぎには問題なく機能します。そのままカバー工法で過ごしても良いし、どうしても直すという場合は葺き替えても問題ありません。 屋根塗装でコーティング 屋根材に目立った破損が見えない場合は、劣化した塗装を新しくすることで対処できます。屋根通すでコーティングする場合、使用する塗料のグレードによって耐用年数が違うことを理解しておきましょう。 ・アクリル塗料 ・ウレタン塗料 ・シリコン塗料 ・ラジカル塗料 ・フッ素塗料 ・無機塗料 性能が良い塗料を使用するほどにメンテナンススパンは長くなります。そして、同時にコストも上がります。1度の施工コストとしては高くなるものの、メンテナンススパンが長くなるので、トータルコストでは優位になる場合も出てくるため、メンテナンス時に対処できる費用のものを選ぶことをおすすめします。 棟板金のサビ止めは重要 屋根の最長部にある棟板金も、重要な役割を持っています。一般的な屋根は三角形をしていて、その頂点からの雨漏りを防ぐのが棟板金の役割です。ここがサビれば、屋根材がいくら新しかったりメンテナンス直後だったりしても、てっぺんから雨が侵入してしまうのです。 また、棟板金をメンテナンスすることで、台風時に吹き飛んでしまう恐れもなくなります。 しっかりと釘を打ち直し、サビ止めを施すことで、屋根の内側に流れ込む雨水を防げます。 屋根の苔でお悩みならば中山建装にご相談ください! 屋根に苔が生えて喜んではいけません。確実に建物が劣化している証拠です。適切な方法を用いて、しっかりと補修を施していけば、何十年も住み続けられる丈夫な家を維持できます。 ちょっとした屋根のトラブルでも、放置すれば後戻りできない大きなトラブルに発展してしまうので、定期メンテナンスは怠らないように注意することをおすすめします。 屋根の苔でお悩みならば、ぜひ当社中山建装にご相談ください!当社はこれまで数多くの屋根修理工事、葺き替え工事、塗装工事を手掛けてきました。屋根の苔の洗浄や補修工事など、数多くの経験がございます。 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 厚木市で外壁塗装するなら中山建装へ!【2024年2月キャンペーンのお知らせ】

2024.02.28(Wed)

詳しくはこちら

定期点検塗装工事のお役立ちコラム外壁補修屋根改修

高圧洗浄はなぜ必要?厚木市で外壁塗装をする前に知っておきたいこと

高圧洗浄はなぜ必要?厚木市で外壁塗装をする前に知っておきたいこと

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 厚木市にお住まいのあなた! 外壁塗装をする前には、下準備として高圧洗浄することをご存知ですか? 単に洗うだけのように思えるかもしれませんが、しっかりと洗浄をするかしないかでは塗装の仕上がりや耐用年数に大きく影響します。 今回のブログでは、高圧洗浄の内容や費用、ホームセンターで売られているような市販の高圧洗浄機と業務用高圧洗浄機の違いなどをお話させていただきます。 外壁塗装で高圧洗浄はなぜ必要なのか 高圧洗浄で落とすのは、排気ガスやホコリ、雨水などによる汚れはもちろん、チョーキング(※)よる粉も落とします。 (※チョーキングとは外壁塗装が劣化したときに起こる症状の1つで、外壁の表面に触れたときに白い粉が付くような状態を指します。) このような汚れを残したままで外壁塗装を行うと、塗料の密着性や粘着力が落ちて新しい塗装が剥がれ落ちやすくなるので、塗装前には高圧洗浄が必要です。 また古い塗膜を落とす必要もあり、これも残したままでいると新しい塗装が剥がれ落ちやすくなる原因となります。 他にも、カビや苔、藻などを落とすためにも高圧洗浄が行われ、外壁自体や外壁塗装を長持ちさせるために重要な工程です。 汚れや古い塗膜、カビなどを落とせるのであれば必ずしも高圧洗浄機が必要とは限らず、塗装業者の中には「すべて手作業で行う」という方もいます。 しかし現在は、高圧洗浄機を使うのが一般的でほとんどの塗装業者が取り入れています。 高圧洗浄とケレン作業の違いは? ケレン作業とは、主に鉄部分の塗装を行う前に汚れやサビを落とす作業のことです。 場合によっては、あえて外壁表面に細かな傷を付けて塗料がしっかりと入り込むようにします。 ケレン作業では高圧洗浄機ではなく、ディスクサンダーや電動ブラシ、研磨スポンジなどを用いるので作業内容がまったく違います。 高圧洗浄とケレン作業はどちらか一方をすればいいというわけではなく、基本的には両方行うのが一般的です。 高圧洗浄機の市販と業務用の違い 「高圧洗浄機なら自分で持っているから、工賃を浮かせられるのでは?」と思う方も少なくないでしょう。 しかしながら、市販の高圧洗浄機と業務用高圧洗浄機では水圧が大きく違います。 市販の高圧洗浄機の水圧は6~8Mpa程度(水道の20~30倍くらいの圧力)、どんなに強くても9Mpaくらいです。 それに対して業務用高圧洗浄機は、圧力が控えめなものでも10Mpaを超えており、一般的な業務用高圧洗浄機は13~15Mpaもあるので、市販の高圧洗浄機と比べると2倍以上の水圧になります。 また場合によっては20Mpaを超える超高威力な高圧洗浄機を使うこともあります。 外壁塗装を行う前には、こうした強力な業務用高圧洗浄機が必要になるので、ご自身で行うのは難しいでしょう。 ちなみに、市販の高圧洗浄機が最大でも9Mpa程度となっているのは、単純に危険だからです。 高威力の高圧洗浄機は想像以上に高圧です。 軽く触れるだけで大怪我をするものも珍しくないため、市販の高圧洗浄機は一般の方でも使えるレベルに調整されています。 また、外壁の洗浄方法を間違えると外壁を痛めてしまう可能性がありますし、洗浄が不十分だと塗装前にもう一度洗浄をしなくてはいけなくなるでしょう。 また養生がうまくできていないと漏水や漏電の危険もありますし、近隣に洗浄水が飛散してしまう恐れもあります。 高所での作業には危険も伴うため、ご自分で行うことはせず中山建装にお任せください。 高圧洗浄にかかる費用は? 高圧洗浄機にかかる費用は、洗浄の範囲によって大きく左右されます。 そのため参考程度ですが、一戸建て住宅の場合約15,000~30,000円程度かかると言われており、屋根も洗浄するのであれば更に料金がプラスされます。 中山建装では、ブロック塀の高圧洗浄や雨どいの掃除といった細かなメニューも用意しておりますので、なんでもご相談ください。 外壁塗装の高圧洗浄で注意したいこと 基本的に高圧洗浄中は、窓を開けることができません。 すこしくらいなら開けても大丈夫だろうと開いてしまうとそこから大量の水が入り込み、室内が水浸しになってしまう可能性があります。 高圧洗浄中なのに「家族が気にせずに窓を開けてしまった」というケースも考えられるので、事前に伝えておくと良いでしょう。 また、高圧洗浄機を使った清掃中は、想像以上に洗浄水が飛散し舞い上がるので、外で洗濯物を干すことはできません。 洗浄中だけでなく、外壁塗装中も洗濯物を干すことはできないため、お洗濯を控えるか干せるタイミングがないか相談していただく、コインランドリーなどを使用するなどの対策が必要になります。 (塗装中に洗濯物を干すと塗料が付着する恐れがあるだけでなく、塗料のニオイが付いてしまうこともあります。) また、高圧洗浄機にはそれなりの駆動音と洗浄音があります。 駆動音は使う高圧洗浄機にもよりますが、音が気になる方はこちらもご相談ください。 上記の理由から、高圧洗浄で近隣の方にご迷惑をおかけしてしまう可能性もあるため、事前に外壁塗装や高圧洗浄のスケジュールを伝えさせていただく場合が多いです。 外壁塗装の高圧洗浄にかかる時間は? 高圧洗浄にかかる時間は、建物の大きさや形状、汚れや古い塗膜の程度にもよります。 多くの場合は3時間程度です見ますが、ときには丸一日かけて洗浄することもあります。 ちなみに高圧洗浄後は完全に乾くのを待ってから次の工程に入るため、雨天の場合は次の工程が多少延期になることもあるでしょう。 高圧洗浄は定期的に行うべき?頻度は? 高圧洗浄や外壁塗装が必要になるのは、外壁塗装が劣化したり、ヒビやカビなどが目立つようになってきてからです。 ごくわずかなカビであれば、市販のスポンジなどでこすれば落とせますが、雨漏りや浸食の恐れがあるのならば、早めに対処する必要があります。 中山建装には外装劣化診断士や雨漏り鑑定士資格を取得している診断専門のスタッフも在籍しておりますので、なんでもご相談ください。 ちなみに外壁塗装の耐用年数は使われている塗料や環境によって大きく変わります。 塗料の名前 耐用年数 アクリル塗料 3〜8年 ウレタン塗料 5〜10年 シリコン塗料 7〜15年 ラジカル塗料 8〜16年 フッ素塗料 12〜20年 光触媒塗料 10〜20年 セラミック塗料 10〜25年 無機塗料 10〜25年 一戸建て住宅で一般的なのはウレタン塗装やシリコン塗装なので、大体10年程度の間隔で外壁塗装や高圧洗浄が必要になるでしょう。 もちろん高圧洗浄だけを行うこともできますし、窓やドアのコーキング補修のみ、ひび割れの補修のみも承っております。 「外壁の状態が心配なので、診断だけでもして欲しい!」という方も気兼ねなくご相談ください。 厚木市で高圧洗浄や外壁塗装を検討中であれば中山建装へご相談ください! 外壁の高圧洗浄には業務用高圧洗浄が必要ですし、外壁塗装の前には必ず行われる工程の1つです。 外壁や屋根などでお困りのことがあれば、厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの中山建装にお任せください。 当社は 地域No.1のこだわり塗装工事と最安値に挑戦中で、電話でのご相談はもちろんのこと、WEBからの来店予約も可能です。 現在、WEBからのお問い合わせとお見積りを行った方にQUOカードをプレゼントさせていただいております。 ご相談、お見積り、診断はすべて無料です! 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 厚木市で外壁塗装するなら中山建装へ!【2024年2月キャンペーンのお知らせ】

2024.02.28(Wed)

詳しくはこちら

定期点検塗装工事のお役立ちコラム雨漏り診断

ケレンはなぜ必要?下地調整をおこなう意味やメリット

ケレンはなぜ必要?下地調整をおこなう意味やメリット

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 厚木市にお住まいのあなた! 外壁塗装の塗り替えをする時、ケレンという作業がおこなわれることをご存じですか? あまり聞き慣れない言葉ですが、塗料を塗る前の下地調整として重要な意味があり、外壁塗装のできばえを大きく左右します。 今回のブログでは、ケレン作業の内容や費用、どんなメリットがあるかなど詳しくお話させていただきます。 ケレンとは何か ケレンは建築用語なので、聞き慣れないのも無理はありません。 一説には英語のclean(クリーン)から来ているといわれており、塗装をおこなう前の下地調整としておこなうのが一般的です。 具体的には、古い塗膜を剥がしたり、表面に付いた異物やサビを取り除き、清掃する作業のことを指します。 ケレン作業をおこなうことで表面を整え、塗料の密着性を上げる効果があり、塗料が短い期間で剥がれてしまうトラブルを防ぎます。 各塗料の耐用年数は、ケレンありきで計算されているため、ケレンなしでは商品の仕様通りの機能を果たすことはできません。 とくに金属部分は経年劣化でサビが発生しやすいため、ケレンが入念におこなわれます。 サビが残っていると、外壁塗装が長持ちしないだけでなく、内部でサビが進行し建物を傷めてしまうからです。 ケレンはいつおこなわれるのか ケレンをおこなうのは、高圧洗浄をおこなった後です。 高圧洗浄にも古い塗膜を剥がす効果や異物を取り除く効果があり、コケなども洗い流しますが、すべて取りきれるとは限りません。 そこでケレン作業をおこない、残った汚れや異物、コケ、金属部分のサビなどを取り除きます。 場合によっては壁面をあえて細かく傷つけて、場合によっては、あえて表面を細かく傷つけて塗料の密着性を上げます。 高圧洗浄とケレン作業は同時におこなわれることが多く、塗料を塗るのは壁面が乾いた後です。 ですので、ケレン作業は晴れていて乾燥した日におこなうのが最適で、雨だったり湿度が高いと塗装が先延ばしとなる恐れもあり、その間に新たな汚れが付いてしまうこともあります。 そのため、できれば乾燥した時期に外壁塗装をおこなうのがベストですが、その他の時期でも塗装業者がそれなりの対策をおこなって作業を進めるので、出来上がりを心配する必要はありません。 ケレンをおこなうメリット ケレンをおこなう意味について更に詳しく解説します。 塗装面を整え、塗料の密着性を高める 外壁が荒れていたり汚れていたまま塗装すると、塗料が十分に密着せず剥がれてしまいます。 仮にサビが残っていた場合、外壁と塗装の間でサビが広がるにつれて外壁塗装が剥がれ、その隙間に雨水や汚れが入り込んでしまうこともありえます。 外壁を清掃し、塗料の密着性を上げればそれだけ塗料が長持ちし、ひいては建物も長持ちするでしょう。 さきほど紹介した「壁面をあえて細かく傷つける」作業は目粗しと呼ばれ、主にツルツルとした金属面や木製の部分に施されます。 表面がざらざらになれば、そのおうとつに塗料が染みこみやすくなり、密着性がよくなります。 細かい傷といっても建物を傷めるほどのものではなく、塗装後に目立つことはありません。 仕上がりが綺麗になる 塗装作業ではケレンで下地調整をおこない、その上に塗料を薄く塗っていきます。 もし汚れやサビなどが残ったままなら、その部分だけが隆起し、仕上がりが悪くなってしまうでしょう。 しかも隆起した部分は耐久性が低く、いつ剥げ落ちるかもわかりません。 剥げ落ちればその部分から、塗装が剥げたり、異物が混入してしまいます。 ケレンは4種類ある!それぞれの作業内容と費用 ケレンは「1種ケレン」「2種ケレン」「3種ケレン」「4種ケレン」4種類あり、外壁の状態や建物の環境、立地などによって使い分けられます。 1種ケレンがもっとも重い作業で、4種ケレンがもっとも軽い作業となりますが、すべて1種ケレンでおこなえばよいというわけではありません。 1種ケレン(ブラスト工法や酸洗浄など) 1種ケレンは、腐食が激しい部分におこなわれる重いケレン作業です。 表面に研磨材を吹きかけて削り取るブラスト工法や酸を吹きかけて汚れを溶かす酸洗浄などがおこなわれます。 研磨材を吹きかければ大量の粉塵が発生し、酸洗浄はとても危険な薬剤を使うため、一般の住宅などにはほとんど使われません。 大抵は塩害などのダメージが激しい橋や船舶などが対象となります。 費用ももっとも高く、1平方メートルあたり3000円から4000円かかります。 2種ケレン(電動ブラシやディスクサンダーなど) 2種ケレンは住宅に使われることもある重めのケレン作業です。 主に電動ブラシやディスクサンダーなどの電動工具を使い、丁寧に削り落としていきます。 サビや汚れが広範囲に広がっていたり、腐食が激しい場合に使われ、古い塗膜を徹底的に落としたい場合にも向いている作業です。 たとえば、塗り替え前の塗料と塗り替え後の塗料が別の種類なのであれば、2種ケレンで完全に古い塗膜を落とします。 費用は1平方メートルあたり1500円から2000円となり、1種ケレンの半額程度です。 費用面を比べれば、1種ケレンがいかに重く大がかりな作業なのかがわかるでしょう。 3種ケレン(電動工具と手工具) 3種ケレンは住宅によく使われる中程度のケレン作業です。 2種ケレンが必要なほど広範囲の腐食や汚れではなく、部分的なサビや汚れを除去するのに向いています。 たとえば除去するべき古い塗膜を落としつつ、劣化していない塗膜は残したい時には、3種ケレンが有効です。 サビが軽度である場合も3種ケレンで対応することが多く、ディスクサンダーやワイヤーホイールなどの電動工具の他、ハンマー、サンドペーパーなどの手工具も使用します。 手工具を用いる時は、狭い場所や電動工具では処理しにくい場所、繊細な調整が必要な場合などです。 費用は1平方メートルあたり600円から1000円となり、2種ケレンの半額程度です。 4種ケレン(サンドペーパーや研磨スポンジなどの手工具) 4種ケレンは手工具のみでおこなわれるもっとも軽いケレン作業です。 サビや汚れがあまり酷くない場合、広範囲に広がっていない場合に最適です・ サンドペーパーや研磨スポンジ、皮スキやスクレイパーなどを使って処理します。 丁寧に仕上げるためには専門のテクニックや経験が必要ですが、軽度のサビを落とすためにホームセンターで道具をそろえて自分でおこなう方もいます。 ただし削る必要のない塗膜を削ってしまったり、建物を傷める可能性もあるので、安易におこなわずなるべくできれば塗装業者に任せましょう。 目粗し(塗料の密着性を高めるために、表面に細かな傷を付ける作業)も4種ケレンに含まれます。 まったくサビや汚れがないのに高圧洗浄だけでなくケレンが必要だといわれたら、目粗しをおこなう可能性が高いでしょう。 気になる場合は「なぜケレン作業をおこなうのか」と見積りをもらった段階で問い合わせてみるとよいでしょう。 厚木市で外壁塗装を検討中であれば中山建装へご相談ください! ケレン作業は高圧洗浄で落としきれなかった汚れや古い塗膜、サビを落とすのに必要な作業です。 ケレン作業をおこなうことで塗料と壁面の密着性がよくなるので、外壁塗装を長持ちさせるためにも重要です。 外壁塗装でわからないことやお困りのことがあれば、厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの中山建装にお任せください。 当社は 地域No.1のこだわり塗装工事と最安値に挑戦中で、電話でのご相談はもちろんのこと、WEBからの来店予約も可能です。 現在、WEBからのお問い合わせとお見積りをおこなった方にQUOカードをプレゼントさせていただいております。 ご相談、お見積り、診断はすべて無料です! 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 厚木市で外壁塗装するなら中山建装へ!【2024年2月キャンペーンのお知らせ】

2024.02.28(Wed)

詳しくはこちら

定期点検塗装工事のお役立ちコラム

花粉・黄砂・PM2.5も怖くない!厚木市で外壁塗装を成功させるコツ

厚木市の外装劣化診断のプロが解説!屋根塗装の訪問販売業者に注意!

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 突然、あなたの自宅に 💬「屋根が劣化している様子が遠くから見えました!診断は無料ですので今からお宅様の屋根に登ってくわしい診断をしてもよろしいでしょうか?」 という塗装業者が来たら、あなたはすんなりと屋根をチェックしてもらいますか? 「無料」という言葉に惹かれて、つい 💬「じゃあお願いしてもよいかしら?」 と屋根の診断を許してしまうと、本来必要のない塗装工事や修理工事をする羽目になることも… そこで今回のお役立ちコラムでは、屋根塗装の訪問販売業者が悪質な業者だった場合の対処法を中心にお話ししていきたいと思います! あなたの大切なお住まいを守れるのは、あなただけなのです。 屋根塗装の重要性を再確認! 悪質な訪問販売業者のターゲットになりやすい屋根の塗装。この屋根の塗装が重要だと言われているのには理由があります。 屋根は住まい全体を守る盾です。日々の厳しい天候にさらされ続ける屋根には、適切なケアが必要不可欠。屋根塗装は、その美観を保つだけでなく、遮熱効果や防水効果を高めることで、家全体の快適性と耐久性を向上させます。 この重要性を理解し、定期的なメンテナンスの大切さを再確認しましょう。 遮熱アップで快適な家 夏の暑さ対策として屋根塗装は効果的です。とくに遮熱塗料を使用することで、太陽熱の反射率が上がり、室内の温度上昇を抑えられます。遮熱塗料を使うことで夏の暑い日でも、エアコンを使用する頻度が減り、電気代の節約にもつながるでしょう。 遮熱塗装は、快適な生活空間を作るために、非常に有効な手段と言えるのです。 トラブル回避で安心の家族生活 屋根のトラブルは、小さなサインから始まることが多いです。たとえば、塗装の剥がれや亀裂。これらは雨漏りの原因にもなり得ます。 定期的な屋根塗装によってこれらのトラブルを早期に発見し、適切な対応をすることが、大切な家族を守るために必要です。屋根のメンテナンスは、家全体を守るためにも、非常に重要な役割を果たします。 しかし、このメンテナンスの隙に付け込んでくるのが悪質な訪問販売業者なのです。訪問販売業者の魔の手から住まいを守るためにも有効なのが「ドローン診断」です。 ドローン診断の画期的メリット 最新技術のドローンを用いた屋根診断は、従来の方法に比べて多くのメリットを提供します。安全性の向上だけでなく、診断の精度も格段に上がります。 また、依頼主様がリアルタイムで診断結果を確認できるため、透明性の高いサービスを提供できるでしょう。 この新しいアプローチが、屋根診断のスタンダードになる日も近いでしょう。 ドローン診断のメリット①|診断士の安全を守ります 屋根に登る作業は、診断士にとって高いリスクを伴います。ドローンを用いることで、このリスクを大幅に低減できます。 ドローンは高所での作業を安全に、かつ迅速に行うことができるため、職人の負担軽減につながります。安全な作業環境の確保は、質の高いサービスを提供する上で、非常に重要です。 ドローン診断のメリット②|リアルタイム確認で納得の修繕 ドローンによる屋根診断では、撮影した映像をリアルタイムで確認できます。依頼主は自宅の屋根の状態を、その場で把握することが可能です。 この透明性の高いサービス提供により、依頼主と業者の信頼関係が深まります。納得のいく修繕計画を立てることができるため、依頼主の満足度も高まるでしょう。 「屋根に登る」訪問販売の裏を読む 訪問販売による屋根修繕の提案は、時に潜在的なリスクを伴います。とくに「屋根に登る」という行為は、不正な手法に利用されることも少なくありません。 消費者としては、これらの訪問販売業者の背後にある真意を見極め、賢明な判断が求められます。自宅の屋根を守るために、慎重な検討が必要です。 屋根材破損のトリックにご用心 屋根に登り、故意に屋根材を破損させる業者がいます。まったく割れていない瓦を依頼主が見ていないタイミングで足を使って割るといった行為があります。この手法により、修繕の必要性を偽装し、契約を迫るケースが報告されているのです。 屋根診断は信頼できる専門業者に依頼することが、このようなトラブルを避けるためには必要です。質の高いサービスを提供する業者選びが、安心して屋根メンテナンスを行うためのカギとなるのです。 嘘の写真で契約を迫る不正行為 訪問販売業者の中には、他の家の屋根を撮影した写真を見せ、それが依頼主の家だと偽って契約を迫る者もいます。このような不正行為に対しては、冷静に対処することが重要です。 疑問に思ったら、第三者の意見を求めることも一つの手段です。正しい情報を基に、適切な判断を行うことが、被害を防ぐためには必要です。 即時契約は大敵!冷静な対応を 訪問販売で即時契約を迫られることがあります。しかし、慌てて判断することは避けるべきです。契約に関する重要な判断は、時間をかけて慎重に行うことが大切です。冷静に情報を整理し、必要であれば専門家の意見を求めることも一つの方法でしょう。 適切な判断が、後悔しない選択につながります。 資格の確認で安心を選ぼう 屋根修繕や塗装における専門家(診断士)の選定には、資格の有無が重要な判断基準となります。たとえば「外装劣化診断士」や「雨漏り鑑定士」といった資格を持つ専門家は、その分野の知識と技術を証明しています。 安心してサービスを受けるためには、訪問販売であっても、その業者の資格を確認することが重要です。資格の確認を通じて、信頼できる業者選びをしましょう。 診断のプロは資格が証 屋根診断を行うには、専門的な知識と技術が必要です。診断のプロであるかどうかは、資格の有無で判断できます。とくに外装劣化診断士や雨漏り鑑定士は知識だけではなく、一般的に見えにくい劣化を見つけられる経験も必要不可欠。 資格を持つ業者は、その分野において一定の知識と技術を有している証拠です。資格の確認を通じて、安心してサービスを受けることができます。 一級塗装技能士はいますか? 訪問販売で来た塗装業者に、一級塗装技能士がいるかどうかの確認も大切です。一級塗装技能士は、塗装技術に関する高い専門知識と技能を有しています。 この資格を持つ職人がいるかどうかで、業者の技術レベルをある程度判断することができます。質の高い塗装を求めるなら、資格の有無は重要な判断基準となります。 もし一級塗装技能士、最低でも2級塗装技能士を持っている塗装業者、屋根業者を選ぶと良いでしょう。 安心の屋根診断は中山建装へおまかせください! 中山建装では、お客様に安心してサービスをご利用いただけるよう、屋根の無料診断を承っております。屋根の状態は目に見えにくいため、専門の目でしっかりとチェックすることが大切です。私たちは、長年の経験と確かな技術で、お客様の大切な家を守ります。 屋根診断を行うことで、屋根の小さな問題点も見逃さず、適切なメンテナンスをご提案します。この無料診断サービスは、お客様が安心して屋根メンテナンスを行えるようサポートするためのものです。中山建装を選ぶことで、質の高いサービスを受けることができると自負しています。 専門家による屋根診断は、家全体の健康状態を把握するためにも非常に重要です。定期的なメンテナンスにより、家を長持ちさせることができます。中山建装では、お客様一人ひとりのニーズに合わせた、最適なメンテナンスプランをご提案します。 屋根のことでお困りの際は、ぜひ中山建装の無料診断をご利用ください。信頼と実績のある専門家が、お客様の大切な家を全力でサポートします。安心と満足をお届けするために、私たちは日々努力を続けています。 お客様の家を守るために、私たちは常に最前線で最高のサービスを提供し続けます。中山建装を選んでいただけること、それが私たちの最大の喜びです。お問い合わせを心よりお待ちしております。 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 【特大キャンペーン】初売祭りで5大特典を受け取ろう!🐉

2024.02.26(Mon)

詳しくはこちら

定期点検塗装工事のお役立ちコラム屋根改修外装劣化診断雨漏り診断

中山建装のホームページへお越しいただきありがとうございます

株式会社中山建装

代表取締役中山 晋吾

会社案内はこちら

中山建装についてでの外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社中山建装にご相談ください!

地域の方へごあいさつ

代表取締役の中山と申します。
生まれも育ちも厚木で、15歳から塗装業に携わり、はや30年超となります。

お客様からのご依頼に対して私どもが切に願うのが、「当社を信頼して依頼してほしい」ということです。
お客様の理想以上の仕事をしてお返しするのが私たちの仕事です。

そして、完成した作品を見た時にお客様から自然とこぼれる笑顔を見れれば、これほど嬉しいことはありません。
スタッフ全員が同じ気持ちで仕事に取り組み、これからもお客様の理想以上の仕事を提供させていただきます。

アクセスマップ

  • 中山建装ショールーム 厚木店
    中山建装ショールーム 厚木店

    〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~19:00

  • 中山建装ショールーム 大和店
    中山建装ショールーム 大和店

    〒242-0008 神奈川県大和市中央林間西2丁目7−6
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~18:00

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-316-225
営業時間9:00~19:00

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
神奈川県厚木市妻田区自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら
神奈川県大和市自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら

Information〜日々の記録を更新してます!〜

一覧はコチラ

中山建装のホームページをご覧の皆様へ 工場・倉庫の省エネ塗装をお考えの方へ
外壁・屋根塗装専門店中山建装のこだわり施工プラン

お見積・資料請求はこちらから

0120-316-225営業時間 9:00~19:00

お問い合わせフォーム

中山建装 神奈川県厚木市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店
株式会社中山建装
中山建装ショールーム 厚木店

〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9

フリーダイヤル:
0120-316-225
TEL:046-271-8123
FAX:046-271-8122

中山建装ショールーム 大和店

〒242-0008 神奈川県大和市中央林間西2丁目7−6

フリーダイヤル:
0120-316-225
TEL:046-271-8123
FAX:046-271-8122