MENU CLOSE

厚木市超密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店中山建装

お気軽にお問合わせください!

0120-316-225営業時間9:00~19:00

  • ショールームへ行こう!見積り依頼でQUOカードプレゼント!WEB来店予約
  • 無料 ご相談お見積もり依頼 簡単30秒見積依頼

スタッフブログ - 海老名市塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 地域情報 > 海老名市

海老名市の記事一覧

令和6年最新版・外壁塗装で使える海老名市の補助金情報_【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

令和6年最新版・外壁塗装で使える海老名市の補助金情報|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市で外壁塗装をお考えの皆さん、外壁塗装のコストはかなりの負担になることがあります。しかし、補助金の活用により、その費用を大幅に軽減することが可能です。 今回のお役立ちコラムでは、海老名市にお住まいの方々が利用できる補助金制度の最新情報をお届けします。 令和6年に更新された海老名市の補助金情報には、市だけでなく神奈川県や国からの補助金も含まれており、これらを上手く組み合わせることで、外壁塗装の負担をさらに減らすことができます。ぜひ最後までお読みください! ▼合わせて読みたい▼ 神奈川県内の外壁塗装費用相場|【2024年最新版】賢く外壁塗装をしよう 海老名市の外壁塗装で使える補助金 海老名市では、毎年「海老名市住宅改修支援事業補助金」というものが用意されます。令和6年度も、4月15日より受付が開始しているので、しっかりとチェックしておきましょう。 海老名市住宅改修支援事業補助金 住宅改修支援事業では、リフォーム全般が補助対象となっています。そのため、外壁塗装も補助工事として認められていることを覚えておきましょう。具体的な補助内容は下表をご覧ください。 No 内容 特記事項 1 屋根のふき替え、塗装及び防水工事 2 外壁等の張り替え、塗装及び防水工事 3 雨どい等の取替え 4 浴室、台所、洗面室及びトイレの改修工事 消耗品類や部品及び本体の付属物(リモコン等)のみの交換は除く。 5 機械設備工事(給排水衛生設備、給湯設備、換気設備、電気設備及びガス設備) 他の補助対象工事に伴う工事 及び 住宅の外部における配管、 配線工事を含む。 6 床、内壁又は天井の張り替え及び塗装工事、その他内装工事 間仕切り変更工事、 床暖房工事を含む。 7 No6の工事と併せて行うふすま紙、障子紙の張り替え及び畳の取替え(表替え及び裏返しを含む。) 単独で行う場合は補助対象外。 8 建具又は開口部の取替え及び新設工事 シャッター等の取替え 及び 新設工事を含む。 9 断熱改修工事(床、外壁、窓、天井又は屋根の断熱工事等) 10 バリアフリー工事(手すりの設置、段差の解消、廊下幅等の拡幅、エレベーターの設置その他これらに類する工事) 11 既存住宅の増築工事 (引用:海老名市公式ホームページ リフォーム工事一覧) No.2に記載されているように、外壁塗装にも適用されることがわかります。多くの補助金がありますが、この住宅改修支援事業のように外壁塗装の効果に限定条件がないものは珍しいです。 多くの場合、リノベーション目的の塗料だけが補助の対象となっているため、希望する塗料を使用できない場合があるのです。しかし、住宅改修支援事業で補助を受けた場合、大枠が「リフォーム」となっているので、特定の機能性塗料以外でも補助されるのは大きなポイントとなります。 活用方法 住宅回収支援事業補助金を活用するためには、いくつかの条件が存在します。しっかりと理解した上で申請できるようにしましょう。 まず、この補助金を受けるためには「事業者登録している業者による工事」が必須です。そのため、事前に登録していない業者に施工依頼をしても、補助対象として認めてもらえないということを理解しておきましょう。 残念ながら、弊社は厚木市に籍を置く業者なので、こちらの補助金制度の活用はできません。しかし、海老名市で使用できる補助金・助成金制度は他にもあるので、弊社で対応できる補助金についてもご紹介しましょう。 神奈川県の補助金・助成金情報 海老名市が独自で立ち上げている補助金制度は、どうしても「市内の施工業者」を対象とするものがメインになってしまいます。しかし、神奈川県が行っている補助事業や助成金制度であれば、市内業者でなくても補助の対象になることができます。 令和6年5月現在、神奈川県からは2つの補助金制度が発表されているので、どのようなリフォームが対象になっているか見ていきましょう。 神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入事業 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスと言われるとわかりづらいのですが、リフォームを検討されている方であれば「ZEH」というキーワードは聞いたことがあると思います。ZEH住宅なんて呼び方がさまざまなリフォーム業者からも聞こえてくるので、内容こそ把握していなくても、言葉程度であれば耳にしたことがあるでしょう。 この補助金制度は、以下のような目的で始まりました。 神奈川県では、2050年脱炭素社会の実現に向けて、家庭部門における省エネルギー化及び太陽光発電設備等の導入を促進しています。その取組の一環として、省エネと創エネにより年間の一次エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロにするネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の導入に対して補助することにより、その普及を促進します。 (引用:神奈川県 令和6年度神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金) 肝心のZEHですが、ざっくりといえば「省エネルギー住宅」のことです。ZEH住宅に対する補助金ですが、以下の内容に対して補助がおります (1)県内の新築建売のZEHを購入する事業 (2)県内にZEHを新築する事業 (3)県内の既存住宅をZEHに改修する事業 我々が対応できるのは「ZEHに改修する」場合に該当し、遮熱塗料を使用して  そして、ZEH住宅にもいくつかグレードがあり、その全てで補助金額が異なるということを覚えておきましょう。 補助対象住宅の種類 補助額 ZEH+(Nearly ZEH+含む) 100万円/戸 ZEH(Nearly ZEH含む) 55万円/戸 ZEH Oriented 50万円/戸 (引用:神奈川県 令和6年度神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金) ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金は「令和6年4月26日から令和6年12月27日」までが申請期限となっています。まずは申請をし、その後「交付決定」を受けた状態で事業に着手するようにしましょう。 万が一、事前に着手してしまうと「補助対象から外れる」ので、絶対に順番を守ってください。全ての工事が完了し、実績報告書の審査が完了すると、順次指定口座へと補助金が払い込まれます。 書類の提出先であり、各種お問い合わせは以下の担当窓口までお願いいたします。 〒231-8588 横浜市中区日本大通1 神奈川県環境農政局脱炭素戦略本部室家庭グループ ZEH導入費補助金担当者 電話:045-210-4115 受付時間:月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く。)       8時30分~17時15分(12時~13時は除く。) (引用:神奈川県 令和6年度神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金) 令和6年度神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金 3省合同で行なっている「住宅省エネキャンペーン」と同じ様な補助金制度ですが、神奈川県が独自に発表している補助金制度になります。ただし、対象となるものはキャンペーンの補助対象製品ということもあり、住宅省エネキャンペーンと同時に申請することをお勧めします。 多くの補助金制度は、別の補助金を受けている状態では申請できないとされていますが、こちらの既存住宅省エネ改修事業補助金に関しては、以下のように明記されています。 Q1.国の補助金と併用できるか。A1.できます。 Q2.市町村の補助金と併用できるか。A2.市町村の補助金との併用も可能ですが、市町村の規定で県との併用を認めていない場合がありますので、御利用を検討されている市町村の補助制度の確認をお願いします。 Q3.押印は必要か。A3.令和4年度から押印は不要となりました。 Q4.申請の受付は先着順か。A4.はい。申請書類を受理した順となります。なお、申請書類に不足等があった場合は、不足等を解消できるまで受理とはなりませんので、御注意ください。 (引用:神奈川県 令和6年度神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金) ただし、補助金額が助成金と同レベルですので、多くを望むことはできません。 改修箇所 要件 補助対象経費 補助上限額 窓(玄関ドア含む) 必ず改修(注意) 材料費及び労務費  20万円 壁 任意の改修 材料費及び労務費 天井 任意の改修 材料費及び労務費 床 任意の改修 材料費及び労務費 (引用:神奈川県 令和6年度神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金) 申請期間は「令和6年4月26日から令和6年12月27日」までです。こちらも交付決定を受けてからの事業開始が原則なので、焦らずにしっかりと申請手順を守るようにしましょう。 書類提出や各種問い合わせは、以下の担当窓口にお願いいたします。 〒231-0023  横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル419号室  神奈川県環境農政局脱炭素戦略本部室  既存住宅省エネ改修事業費補助金審査事務局  電話:050-3852-1017  受付時間:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く。)の8時45分~17時(12時~13時を除く。) (引用:神奈川県 令和6年度神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金) 補助金を活用して賢く節約!中山建装がサポート 海老名市で外壁塗装を検討されている方々への朗報です。補助金を活用すれば、高品質な塗装を手頃な価格で実現できます。 中山建装では、海老名市の補助金だけでなく、神奈川県や国の補助金情報にも精通しております。これにより、外壁塗装の初期投資を大幅に削減でき、長期的なメンテナンスコストの節約にもつながります。 外壁塗装をご検討の際は、補助金の詳細や適用条件を把握することが重要です。当社では、お客様が補助金を最大限に活用できるよう、一からサポートいたします。事業者登録済みの当社に工事を依頼することで、補助金申請の過程もスムーズに進行します。 気になる点がございましたら、お問い合わせフォームから気軽にご連絡いただくか、メールまたはお電話でのご相談をお待ちしております。また、実際の材料や仕上がりをご覧になりたい方は、ぜひ当社のショールームへお越しください。中山建装は、高品質なサービスと共に、お客様の財布にも優しい選択肢を提供いたします。 ▼合わせて読みたい▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.19(Sun)

詳しくはこちら

外壁塗装海老名市補助金・助成金情報塗装工事のお役立ちコラム

屋根の野地板とは何のためにある?|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

屋根の野地板とは何のためにある?|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市で屋根塗装を検討されている方々にとって、単に屋根の見た目を良くするだけではなく、その下にある構造物―特に「野地板」についての理解も重要です。 野地板は屋根材の下に隠れていますが、その役割は非常に大きく、この板がしっかりしていなければ、屋根全体の安定性に影響を及ぼします。劣化の状態によっては、雨漏りやその他の問題を引き起こす可能性があります。 海老名市での屋根塗装工事において、野地板の状態を正確に把握し、必要に応じて補修や交換を行うことが、長期的な建物の健全性を保つ鍵となります。 今回のお役立ちコラムでは、野地板が屋根の中でどのような役割を担っているのか、その劣化の兆候、そして適切な対策方法について詳しくお話ししていきたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 屋根に生える苔の問題点|苔・カビ・藻によるサビが建物を劣化させる 野地板とは 野地板とは、屋根材を固定するために設置される板のことです。つまり、この板がなければ屋根材の設置ができないということになります。一般的には、野地板の上には「ルーフィングシート」が敷かれ、野地板に雨が直接当たらないようにする防水対策が施されますが、古い建物にはルーフィングシートが設置されていない場合があります。 屋根を葺き替えたり、部分補修したりの対策を施している建物の場合は、後からルーフィングシートで防水対策を施している場合もあるので、建物の痛みが少ない場合もあるでしょう。 野地板の種類 野地板にはいくつかの種類があります。主に使用されているのは、以下の3種類になります。 構造用合板特類2級12mm 杉バラ板12mm 耐火野地板 これらが最もポピュラーな野地板ですが、中には若干品質を落とした建材を使用していることもあります。 構造用合板特類2級9mm 普通合板 コンパネ これらは野地板としては決して優れているとは言えません。むしろ、適していないとさえ言えるでしょう。 たった3mmの差が大きな違いになる 構造用合板特類2級の「12mm」と「9mm」では、野地板としての性能が大きく異なります。同じ種類ですが、厚みが薄くなるということは「強度不足」が発生してしまうのです。 12mmの合板を使用した場合、粘土瓦のような重量級屋根材を使用した場合でも問題なく設置できるのですが、9mmの合板を使用した場合、重さに耐えられずにたわみが発生してしまう可能性があるのです。 たった3mmの厚みの差ですが、非常に大きな強度の違いとなって現れてしまうということを覚えておきましょう。 見積りの中で「構造用合板特類2級9mm」という記載があるような場合、素材の違いがわからない素人から料金だけ巻き上げようとする悪質業者の可能性があります。 記載が9mmとされている業者であれば、まだ良い方です。悪いのは「12mm記載で9mmを使用する」という場合は、明らかな詐欺行為となります。工事で使用する材料を目にするということはあまりないと思いますが、少しでも疑わしい行動をする業者の場合は、一度細かい部分をチェックすることをおすすめします。 構造用合板とコンパネの違い 構造用合板とコンパネは、そもそもの用途が異なります。構造用合板とは「建材」のひとつとして数えられ、ホルムアルデヒドが発生しなかったり、接着剤の種類に違いがあったりという、簡単には説明できないのですが「建材」として使用することができる材料を指します。 一方、コンパネとは「コンクリート型枠用パネル」の略称で、片面がツルツルの鏡面仕上げになっているものを指すのです。コンクリートを作る際の「水槽」の役割を果たし、固まったコンクリートから剥がしやすいのが特徴で、防水性にも優れていると言われています。 防水性に優れているコンパネが野地板に適していないというのは、コンパネに使用されている接着剤があまり質の良いものではないからです。構造用合板に使用されている接着剤の方が優れており、経年劣化しても合板同時の結合が解消されづらいのですが、コンパネは結合が剥がれやすくなっています。 そのため、長期間雨に晒される可能性がある屋根にコンパネを使用するのは適していないのです。 よく使われる野地板 では、よく野地板として使用されている3種類の特徴について考えてみましょう。素材の細かな部分の特性は、専門的に作業をしている職人であっても全て把握しているとは限りません。しかし、これを知っているというだけでも、最適な対処方法に導ける照明になるはずです。 12mm以上の構造用合板 まず、構造用合板は非常に強度のある合板になります。そして、12mm以上の厚みがある構造用合板は、釘の保持力が非常に優れているのです。屋根材の適切な固定をするためには、9mm厚では十分ではありません。 また、上に職人が乗ってもたわみが生じず、作業性も良くなります。 12mm以上の杉バラ板 12mm以上の板厚は、先述した通り釘の固定性が良くなります。そして、杉バラ板という素材は、構造用合板の土台として使用されることが多い「枕材」です。バラ板そのものを野地板として使用すると、劣化した場合「踏み抜き」の原因になる場合があります。そのため構造用合板と組み合わせて「断熱層」を作る役割を持たせているのです。 ただし、バラ板を野地に使っている場合がないわけではなく、古い建物の場合は構造用合板で補強を施していない場合もあります。 耐火野地板 屋根用の石膏ボードだと思ってください。火災に強い特性を持っているセメント性のボードです。「木毛セメントボード」や「木片セメントボード」というものが使用されています。 野地板の寿命について 野地板は、いつまでも使用し続けられるものではありません。適切なメンテナンスを繰り返して寿命を延ばすことはできますが、必ず最終的に劣化する部分です。 では、なぜ劣化するかをご説明しましょう。 屋根材によって異なる 野地板が劣化する大きな原因は「結露」です。結露のせいで湿気を含んでしまうことで、野地板は劣化を進めます。つまり、通気性の良い屋根材を使用していれば劣化を遅らせられるということになるわけです。 定期的な屋根塗装をしていると延びる 屋根塗装をする場合、屋根材によっては「縁切り」という作業が発生します。これを施す際「タスペーサー」という器具を屋根材の両端に設置するのですが、これによって屋根材に若干の空間をつくらせることができるのです。 そのおかげで、屋根材の下にある空気を強制的に入れ替えることができます。実際には空気の入れ替えのために設置するウェア家ではないのですが、作業工程上うまい具合に換気ができるというわけです。 そのため、定期的に屋根塗装を施すことで、屋根材裏の湿気の発生を抑えることにつながるということになります。 野地板の劣化調査 野地板の劣化状況を確認する方法についてご紹介しましょう。ただし、ご自身で劣化を確認するということはやめてください。一応、室内から確認する方法もありますが、狭い場所に入り込む必要があるので、あまりおすすめはしません。 一般的には屋根に登って調査 屋根に登り、屋根材をずらして野地板の劣化を確認する方法が一般的です。この方法は、一般の方には絶対にしていただきたくありません。万が一怪我をしても、誰も責任をとってくれませんので、屋根には登らないようにお願いします。 室内から屋根裏を確認する 屋根にアプローチできる天袋が必ず存在します。そこから野地板の裏側を確認することができるのですが、50cm四方程度の小さな出入り口に、入った先は屋根裏になるので非常に埃っぽく、下手をするとアスベストが吹付けられている可能性もあるので、不用意に入り込まないようにお願いします。 ドローン調査では判明しない 屋根調査をドローンで行うというのは一般的になってきましたが、これでわかるのは「赤外線による調査」までで、野地板の劣化具合までは判明しません。そのため、ドローン調査で野地板が傷んでいることが判明したというような話があった場合には、絶対に修理依頼をしないようにしましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 野地板メンテナンスで建物を守りましょう!屋根塗装は中山建装にご相談ください! 野地板は見えない部分でありながら、屋根の構造と安全性を支える非常に重要な要素です。適切な野地板の選定とメンテナンスは、雨漏りを防ぎ、建物の耐久性を高めるために不可欠です。 海老名市で屋根塗装や野地板の補修をご検討の際は、中山建装にお任せください。私たちは専門的な知識と豊富な経験を持ち、お客様の大切な家を長期間保護します。 お困りのことがあれば、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。問い合わせフォームから直接ご連絡いただくことができますし、メールやお電話でのご相談も受け付けております。さらに、実際の材料や施工例をご覧になりたい場合は、ショールームへの来店も心より歓迎しております。中山建装が提供するサービスにより、あなたの屋根を長持ちさせ、快適な住環境を維持するお手伝いをさせていただきます。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.18(Sat)

詳しくはこちら

建材屋根塗装海老名市塗装工事のお役立ちコラム屋根改修外壁・屋根補修雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

幕板のメンテナンスは必要?|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

幕板のメンテナンスは必要?|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市での外壁塗装をお考えの皆様、幕板のメンテナンスとその重要性についてご存知でしょうか?外壁塗装は、建物を保護し、美観を保持するために不可欠ですが、しばしば見落とされがちな「幕板」にも注意が必要です。 幕板は、1階と2階の境界に設置される横板で、雨水の侵入を防ぎ、建物全体の構造的なサポートを担っている部位のこと。この小さな部分が、大きなトラブルを防ぐために果たす役割は非常に大きいのです。 海老名市で外壁塗装を行う際、単に外壁の表面を美しく見せるだけでなく、幕板を含む建物全体の保護とメンテナンスが必要です。 今回のお役立ちコラムでは、幕板の役割、劣化のサイン、そして適切なメンテナンス方法に焦点を当ててお話ししていきたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 海老名市で外壁塗装をお考えの人へ|優良業者選びのポイントを紹介 幕板ってどこ? 幕板とは実際にどこの場所を示しているのか。それは、建物を外から眺めた時に初めて判明します。 「1階と2階の境目にある横板」 これが幕板です。時々幕板を設置していない建物もありますが、戸建て住宅であれば基本的に幕板で境目を覆っています。 では、幕板の役割について考えてみましょう。 幕板の役割 幕板は、1階と2階の境目を隠す役割を持っています。見た目にもメリハリがつくので、ダラっとした印象を与えません。外壁のアクセントとして採用することもあるので、常に階層を分けるために使われるわけではありません。 また、実は幕板は外壁だけに使用されているものではないということも覚えておきましょう。建物の内側にも幕板は存在しており、1階と2階の境目に幕板を設置することでクロスの劣化を抑えたり、交換する際の面積を狭めたりという役割も持っているのです。 外壁に使われている幕板は、1階部分の天井となる部分の構造躯体への雨の影響を防ぐ役割があります。これがない場合、確実な継ぎ目対策を行わないとすぐに雨漏りが発生してしまうでしょう。 幕板の劣化症状と修繕方法 幕板が劣化するということはどういうことなのでしょうか。基本的な幕板の素材は以下のようなものが挙げられます。 ケイ酸カルシウム アルミニウム 複合樹脂 窯業系サイディング 木材 これらを知ると「外壁の劣化と同様な劣化」が想像できると思います。 そうです。だからこそ、外壁塗装や屋根塗装をする際には「軒天・破風板・幕板」という付属部分にまで補修が必要になるというわけです。 では、これらの部分に発生する劣化症状と修繕方法について考えてみましょう。 幕板の劣化症状と修繕方法①|塗膜の剥がれ 塗膜が剥がれるということは、塗装の寿命が来たことを表しています。密着性を確保できず、柔軟性も失われてしまうことで塗膜が剥がれ始めるので、しっかりと対処をする必要があるのです。 まず、幕板の素材の種類に関わらず「ケレン作業」を徹底的に行い、旧塗膜を剥がす必要があるでしょう。その際、剥離材のような溶剤を使用してしまうと、周囲にも影響を及ぼしてしまったり、幕板を傷めたりするので、基本的には研磨で旧塗膜を剥がしていきます。 また、ケレン作業により足付けを行うのも忘れてはいけません。しっかりと塗料が密着できるように、あらかじめ幕板に傷をつけておく作業です。滑らかな状態では、塗料の密着具合が悪くなります。塗料が若干奥に入り込めるような傷が全体的についていると、その傷の奥まで塗料が入り込むため塗料が幕板にしがみつくことができるというわけです。 塗膜が剥がれたことに対する施工費用は「800〜1,200円/m」ほどなので、外壁塗装のタイミングではない場合でも、劣化が確認できたら塗り替えを検討しても良いでしょう。ただし、塗膜剥がれが重大なトラブルに発展するとは言い切れず、あまり緊急性が高い状態ではないことは覚えておいてください。 幕板の劣化症状と修繕方法②|シーリングの劣化 幕板は複数枚の建材を並べているため、接合部分はシーリングによって接着と防水対策が施されています。つまり、シーリングが劣化することで「幕板の脱落」が発生する可能性があるのです。 ひび割れは雨漏りの可能性が高くなってしまい、シーリング材そのものにもカビが発生してしまうので、構造躯体にまで被害が及ぶ可能性も捨てきれません。シーリングの劣化は、できる限り早い対処が必要だと言えるでしょう。 シーリングの劣化に対しては「打ち替え」を行なった上で、塗装作業を行う必要があります。そのため「打ち替え→ケレン作業→塗り替え」という手順が発生してしまうので、若干費用的にも高くなるということを理解しておきましょう。 費用相場は「800〜1,400円/m」ということで、値上がり額も大きなものではありません。本当に「若干」の値上がりになります。 仮に塗膜が剥離していて塗り替えが必要となった場合には、シーリングの劣化がなかった場合でも打ち替えを同時に行うことをおすすめします。 幕板の劣化症状と修繕方法③|割れ・欠け 幕板材そのものに問題が発生しているような状態であれば、早急に対処しなければならないでしょう。塗装で対処できるのは「塗膜の劣化」だけで、建材の劣化が進んだ場合には対処不可能です。 幕板材が劣化して割れているような場合には、2つの方法が修繕方法として考えられます。 幕板の交換 カバー工法 まず、幕板の交換をする場合は「全周の幕板を剥がして入れ替える」という作業が必要です。劣化状況の違いによっては、部分的に入れ替えるということもできます。しかし、劣化状況が点々としていて、1面だけでも複数箇所を交換するというような場合は全てを入れ替えてしまう方が綺麗な仕上がりになるでしょう。 劣化している幕板と新品の幕板が混在してしまうと、どうしても見栄えが悪くなります。また、見た目以上に「凹凸が発生する」可能性もあるので、統一性は期待できません。 そのため、複数箇所の幕板入れ替えを行うようであれば、一旦全周を交換してリフレッシュすることをおすすめします。 保養相場は「5,000〜8,000円/m」と、補修とは比べようもないほど高額になりますが、確実にリフレッシュできるので検討しても良いと思います。ただし、ここでお伝えしたのは「施工費用」だけで、さらにこれに撤去した建材の産廃費用が発生することを忘れないでください。 費用的に難しいという場合は「カバー工法」も検討してみましょう。カバー工法で対処する場合は、使用できる幕板が「金属製」に限定されてしまうので、既存状態とは質感が変わってしまうこともあります。しかし、撤去費用が発生しないため、幕板の交換よりは費用を抑えることができるでしょう。 費用相場は「4,000〜8000円/m」と、交換する場合と大きな差がありません。本当に撤去費用がお得になるだけというような認識で間違い無いでしょう。 カバー工法と幕板交換であれば、基本的には「交換」をおすすめします。なぜなら、幕板は「前面側で雨に対処する」というよりも「側面で雨を受ける」という傾向があるからです。 屋根は広い面が雨を受け、低い方に流すという特性を持っているので「カバー工法が有効」なのですが、幕板の場合は「外壁を伝ってきた雨が、出っ張った狭い面に当たり地面に向けて流れていく」という特性を持っているので、上からカバーしただけでは十分な効果を期待できない場合があるのです。 そのため、確実に防水対策を講じられる「交換」の方が安心できるのです。 なぜ幕板が劣化する? 幕板が劣化するのは「幕板を設置する際の構造上の問題」が大きいです。幕板がどのように設置されているかを考えると、なぜ劣化するかが見えてきます。 幕板が劣化する理由:幕板の構造が原因? 幕板というのは「外壁から1段前に出っ張って設置」されています。そのため、外壁を伝った雨は幕板の出っ張った部分に一度溜まり、段差を乗り越えて地面へと向かうわけです。 全ての雨水が流れ落ちるわけではなく、幕板の上に残ってしまう雨もあり、その雨が幕板を徐々に劣化させていくのです。 幕板の上辺にシーリングを置くと劣化防止につながる 幕板の上に雨が溜まってしまうことで劣化が早まるということは「上に溜まる雨を防げれば劣化速度を遅らせられる」ということになります。しかし、そのような都合の良い形状で作られている幕板はないため、後から適切な施工を行う必要があるのです。 その施工が「幕板上辺へのシーリング打設」になります。 単純に、幕板表面に向けた傾斜ができれば、水が溜まるフラットな面がなくなるということです。シーリング材を打設して、斜めに慣らすだけで幕板の劣化対策ができるので、このような対策をしてもらえれば幕板の寿命も長く設定できるでしょう。 中山建装で安心のメンテナンスを 幕板は、単なる建築のアクセントではなく、建物の保護に重要な役割を果たしています。このため、劣化が進んだ幕板は、早めの対策が必要です。適切な防水対策と定期的なメンテナンスにより、建物の寿命を延ばし、さらなるダメージを防ぐことができます。 幕板のメンテナンスや交換を考えている方は、プロフェッショナルな施工を提供する中山建装にお任せください。 幕板の交換から防水対策まで、私たちは確かな技術と経験で、お客様の大切な家を守ります。不安な点があれば、お気軽に問い合わせフォームからご連絡いただくか、メールや電話でのご相談をお待ちしております。また、実際の材料や施工例を見たい場合は、ショールームへの来店も歓迎しております。中山建装で、あなたの家を長持ちさせましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.17(Fri)

詳しくはこちら

外壁塗装海老名市劣化症状について塗装工事のお役立ちコラム外壁・屋根補修

防水屋さんが作った「雨漏り119」とは?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

防水屋さんが作った「雨漏り119」とは?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 梅雨前の今だからこそ、雨漏り対策を徹底的に行なっておくことをおすすめします。雨漏りが発生してから火災保険を受け取って修繕するという裏技もあるのですが、まずは「雨漏り被害が発生しない」状況を作るべきでしょう。 雨漏りは多くの家財に被害を与えます。建物自体の劣化も早めてしまう大きな問題です。では、どこに雨漏り対策を頼むべきなのでしょうか。そんな風に感じたあなたは「雨漏り119」というスペシャリストのことを知っていただきたいです。 今回のお役立ちコラムでは「雨漏り119とは何なのか」について解決していきたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 大和市での雨漏り修理はどこに頼むべき?覚えておきたい優良業者のポイント 雨漏り119とは 結論からお伝えすると、雨漏り119とは「雨漏りのスペシャリスト中のスペシャリスト」だということです。今、日本中を探しても、雨漏り119に加盟している業者以上に雨漏りに対して的確な解決ができる存在はいないでしょう。 雨漏りは、発生原因を知るだけでは解決に導くことはできません。的確な方法、道具、技術があって初めて解決に導く実力を持っていると判断できるのです。しかも、これらを持っているからといって「確実に直せる」わけではなく、実際に解決できて初めてその証明ができるのです。 雨漏り119は、雨漏りに対する知識だけで満足するのではなく、確実に解決するということを大前提に活動している団体になります。 防水工事専門「大同防水工業株式会社」 雨漏り119を立ち上げた代表企業は「大同防水工業株式会社」という広島県の会社です。防水工事を専門としていて、通常の建築業者とは少し雨漏りに対するアプローチが異なります。 一般的な建築業者というのは「経年劣化すれば雨漏りが発生するのは必然」という、劣化する前に直しましょうというスタンスです。しかし、大同防水工業は「雨漏りを発生させない」という、起こってはならないトラブルだと認識しているので、徹底的に雨漏り発生の可能性を潰す方法を研究しています。 「発生すれば直す」という考えよりも「絶対に発生させない」という想いの方が大きいでしょう。防水工事業者というのは、雨漏りが発生すれば信用を失います。その信用を10年以上も維持し続けている大同防水工業株式会社が作ったのが「雨漏り119」です。 気になる雨漏り調査料金 雨漏り119に雨漏りの調査を依頼した場合、どのような料金が発生するかを覚えておきましょう。圧倒的な実力を誇るからこそ、適切な費用を請求します。そして、絶対に雨漏りを解決してくれるはずです。 散水調査 雨漏り1箇所に対して料金が発生します。つまり、複数箇所あればその度に料金が発生するということを覚えておきましょう。新築からの保証期間内であれば、瑕疵担保責任保険で対処することもできます。ただし、保険請求するための書類作成費用などがあることは忘れないでください。 基本料金 78,000円~ 仮設足場が必要な場合 1,200円/㎡~ 住宅かし担保責任保険対応報告書作成費 52,000円 (引用:一般社団法人雨漏り119 雨漏り調査料金について) また、ハシゴや脚立で対応できるような場合は仮設料金の発生はありません。 赤外線サーモグラフィー調査 赤外線サーモグラフィーを活用すると、見えない部分で発生している雨漏りの存在や、雨漏りの経路なども画像として把握することができます。そのため、確実な発生源特定と、経路に発生しているであろうトラブルを認識することができるのです。 ただし、赤外線サーモグラフィーで撮影した回数が毎回費用に反映するため、複数箇所の雨漏りを調べる際には非常に高額な料金が発生する場合もあります。 基本料金(報告書込) 180,000円~ (引用:一般社団法人雨漏り119 雨漏り調査料金について) 上記料金の他に、1枚あたり2,500円の料金が発生することになります。 高所作業とオペレーション 高所作業には危険が伴うため、別料金が発生するのが一般的です。また、高所作業車を扱うためのオペレーターにはオペレーション費用が発生するでしょう。 高所作業車(オプション) 40,000~60,000円/日 オペレーター(オプション) 25,000円/日 (引用:一般社団法人雨漏り119 雨漏り調査料金について) 一般的な戸建て住宅であれば、このようなオプションは必要ありません。しかし、4階建て以上の建物や、周辺の道路が狭いような場合には高所作業車が必要になる場合があります。 目視のみの調査はしない 多くの塗装業者が行う「目視のみの調査」には、明確な根拠がありません。 そのため、雨漏り119では確実性のない目視のみの調査は行なっていません。当然、調査の中で発生する目視調査は行いますが、それだけで終わらせるのではなく、今後の雨漏りを防ぐ観点からもより確実性の高い調査方法を重視するということです。 雨漏り119の加盟店は基本的に「地域の塗装業者」 雨漏り119では、加盟店制度を採用しています。そのため、実際に現場に入るのは「地域の塗装業者」であることがほとんどです。これには明確な理由があり、雨漏り対策以降のトラブル発生にもかかわることなので覚えておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい 雨漏り診断だけでは意味がない 雨漏り119では、雨漏り診断方法から対処方法、施工後の対策までを全てカバーすることを教えています。実際に雨漏りに対する知識や情報を提供する協会はいくつかあるのですが、その多くは「現状、現場から離れている」協会が多いため、情報が古い場合があるのです。 しかし、雨漏り119では「活きた情報」と、それを解決する方法を現場で実際に行なっています。診断知識だけが高くなるのではなく、しっかりと対処できて初めて意味があるのです。 屋根塗装の重要性 多くの建物は、防水工事だけで雨漏りを防いでいるわけではありません。特に戸建て住宅は、防水というよりも「屋根工事」で雨漏りを防いでいるため、屋根工事を多く受注している塗装業者による施工が多くなるわけです。 そして、屋根塗装は非常に重要で、屋根材そのものの防水性を高める役割があります。素材のままでは雨を吸い込んでしまうような屋根材も多くあり、しっかりと屋根塗装を施すことで機能を発揮している屋根材は少なくありません。 また、劣化した屋根材には防水性能を期待することが難しいため、塗料による防水層を作らなければ雨が通過してしまうものもあるのです。 確実な雨漏り対策を講じる上で、屋根塗装はとても重要なポジションを担っているわけですね。 雨漏り119加盟店の信頼性が高い理由 では、雨漏り119の信頼性の高さをご紹介しましょう、なぜここまで雨漏り119が業界内でも有名になっているのか、その理由が「雨漏りのスペシャリスト」と呼べれる所以になっています。 雨漏り解決率100% 雨漏り119には、これまでに関わった雨漏り被害を「100%」解決しているという実績があります。全ての雨漏りがピタッと止まるということで、多くの方からのお喜びの声が届いているのが事実です。 再発件数0件 確実に雨漏りを止められたからといって、数年後に再発していては信頼性にはつながりません。しかし、雨漏り119が携わった工事では、同じ場所からの雨漏り再発は「今のところ0件」だという実績を残しているため、業界内からも評価されているのです。 雨漏りを止めるのは「発生原因を解消する」ことができれば不可能ではありません。しかし、その後に同じ場所から再発しないということは、確実に直した上で強化や補強も行われているということになります。 そこまでの対処ができるのは、防水工事業者の「雨漏りを発生させない」というポリシーが非常に大きいでしょう。 常に情報をアップデート 雨漏りは、進化しています。これは、建物自体が機能性を持ち、従来とは違う構造になっていたり、便利な機能を持っていたりするためです。破損箇所から染み込むだけではなく、建材が劣化したことで染み込んでしまうということもあるでしょう。それが、見た目には全くわからないということも考えられます。 そのような雨漏りに対しても、定期的に講習会を開き、情報を共有し対処方法を指導していくことで、解決率と再発防止率につながっているのです。 中山建装で確実解決!雨漏りのお悩みを即座に対応 中山建装は「雨漏り119」加盟店として、雨漏り解決率100%の実績を誇ります。雨漏り解決の専門家として、原因調査から修理、予防対策まで、一貫したサービスを提供しています。 神奈川県内で雨漏りでお困りの際は、問い合わせフォーム、メール、または電話で当社にお気軽にご連絡ください。また、直接お会いして詳細をご説明するために、ショールームへのご来店もお待ちしております。中山建装にお任せいただければ、迅速かつ確実にお客様の問題を解決いたします。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装の施工事例

2024.05.16(Thu)

詳しくはこちら

雨漏り119中山建装について海老名市神奈川県大和市座間市相模原市厚木市地域情報業者選び雨漏り補修雨漏り診断

外壁からの雨漏りにつながる劣化症状について|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

外壁からの雨漏りにつながる劣化症状について|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 外壁塗装や屋根塗装というのは、表面をコーティングするだけが作業の全てではありません。周囲の劣化や破損を補修し、次のメンテナンス周期が訪れるまで無事に建物が使用し続けられるように対処することも、施工する作業の中に入っているのです。 では、どのような劣化や破損状況を補修するのか、どのような状況までは許容範囲になっているのかご存知ですか? 今回の記事では 「外壁に発生する劣化症状の種類と許容範囲」についてご紹介したいと思います。また、どのような材料を使用して対処するのかという点もご紹介します。 外壁の劣化症状 一般的に、外壁というものは「経年劣化」によって少しずつ劣化を続けています。今この瞬間も劣化し続けていて、その劣化スピードをどれだけ遅らせることができるかという点が重要になってくるのです。 では、どのような劣化症状が出るのかを考えてみましょう。 チョーキング現象 塗料の表面に粉が吹いてしまう現象のことを「チョーキング現象」といいます。チョーキング現象が発生してしまう理由は「樹脂成分の劣化」です。日光と白色顔料が反応することで発生する「ラジカル」という成分が、樹脂成分を分解します。 その結果、チョーキング現象を発症してしまい、表面に粉が吹いてしまうのです。 チョーキング現象が発症すると、塗膜表面には汚れが付着しやすくなってしまいます。水はけも悪くなり、劣化速度はどんどん早くなってしまうでしょう。その結果、表面に藻が生えたり、カビが発生するという事態に発展してしまうのです。 このような状態になると、外壁塗装をしなければ本来の強度を取り戻すことはできません。 苔やカビの発生 苔やカビが発生してしまうと、外壁塗装はすでに十分な効果を発揮できなくなっているはずです。しかし、そのまま外壁塗装をして隠してしまっても、苔やカビは対処できないということを覚えておいてください。 しっかりと根っこの末端まで駆除し切らないと、塗膜の下で繁殖し続けてしまうのです。その結果、せっかく新しくした塗膜が剥離するという事態が発生する可能性もあります。 苔やカビというのは、胞子で繁殖していく植物です。そのため、表面的に対処できただけでは不十分です。ケレン作業で表面の苔やカビを落とした後は、ほんの少しの隙間に残っている根っこの末端に「溶剤」で活動を停止させるという対処が必要になります。 しっかりと効果のある防カビ剤や防藻剤を使用すると、今発生している苔やカビだけではなく、今後生えようとする苔やカビの予防にもつながるのです。 ▼合わせて読みたい▼ 屋根に生える苔の問題点|苔・カビ・藻によるサビが建物を劣化させる ひび割れ ひび割れは、外壁塗装をしたばかりでも発生してしまいます。塗膜が硬いほどひび割れは発生しやすいため、高級塗料であるフッ素塗料や無機塗料でもひび割れを防ぐことは難しいでしょう。 一方、ひと昔前のスタンダード塗料であるウレタン塗料は、塗膜に柔軟性を持たせることができたのでひび割れ対策には非常に有効でした。しかし、塗料の寿命が短いことからシリコン塗料にお株を奪われています。 さて、ひび割れは塗膜だけの問題ではなく、外壁材がひび割れることがいちばんの問題になります。外壁材がひび割れてしまうと、そこから雨漏りが発生してしまうのです。表面化すれば判明しますが、室内で表面化しなかった場合「基礎部分」で雨漏りが発生してしまう可能性も出てくるので、建物の寿命に大きく影響を及ぼしてしまうでしょう。 室内の雨漏りであれば、家財を買い直すことで対処できます。その費用も火災保険を使用することができると考えれば、実質的な被害は比較的少なく済みます。 しかし、基礎部分で発生した雨漏りはそういうわけにはいきません。基礎コンクリートは防水対策がされているわけではないので、徐々に雨水が染み込んでしまいます。そして、土壌改良されている基礎コンクリートの下にある地面を緩めてしまうのです。 その結果、最悪の場合「地盤沈下」を起こし、建物が傾いてしまう可能性があるということを覚えておいてください。 シーリング材の劣化 外壁のひび割れと同様に、シーリング材の劣化でも雨漏りが発生する可能性があります。外壁の高い部分でシーリング材の劣化が発生した場合、構造材を伝って雨漏りになったり、断熱材に染み込んでカビが発生したり、その影響でクロスが剥がれたりと、様々な形でトラブルが発生してしまうでしょう。 シーリング材の補修には「増し打ち」と「打ち替え」という方法があるのですが、確実に補修したい場合には打ち替え一択です。増し打ちでは劣化したシーリング材を回復する効果は見込めません。 一時凌ぎであれば増し打ちでも十分な効果があるのですが、後日必ず打ち替えることになるので、時間に余裕があるのであれば打ち替えてしまうことをおすすめします。 シーリング材には3つの役割があります。 接着 緩衝 防水 接着は外壁材同士をつなぎ合わせておくという役割です。そして、シーリング材の持つ柔軟性・弾力性が外壁材同士の振動を抑えてくれるので、外壁材が割れづらい状況が生まれます。さらに、密着して外壁を保持することで水の侵入を防ぐのが大きな役割と言えるでしょう。 最適な状態を維持することで、建物の雨漏りを防いだり、ひび割れを抑えたりしているのです。 雨漏りに発展する可能性が高い外壁の劣化症状は? 雨漏りに発展する可能性が高い外壁の劣化症状は「ひび割れ」と「シーリング材の劣化」でしょう。他のものも結果的には雨漏りに発展する可能性はありますが、直接的に雨漏りが発生する原因になるのはこの2つです。 では、これらの危険性についてご紹介します。 ひび割れは0.3mmまでが許容範囲 ひび割れというのは、非常に狭い隙間であっても雨漏りに発展する可能性があるということを覚えておいてください。その許容範囲は「0.3mm幅」という非常に狭い隙間なのです。 0.3mmというと、細いタイプのシャープペンシルの芯程度の幅しかありません。一般的な0.5mmの太さが入ってしまう状態であれば、確実に雨漏りしてしまうでしょう。 深さも、たった4mmまでという浅さが許容限界なので、本当にちょっとしたひび割れが雨漏りになるという事実を覚えておいてください。 シーリング材の劣化は雨漏りの危険性大 シーリング材というのは、全体が同じように劣化していくわけではありません。完全に同じように施工されているように見えても、実は内部に空気が入っていて、シーリングの密度が不十分だという場合もあるのです。 そのため、シーリング材が劣化してしまうと、いきなり内部に雨が侵入してしまう場合もあるということを覚えておいてください。 また、ひび割れるような劣化の仕方であればわかりやすいですが、プツプツと穴が開くような劣化をしてしまうと、見た目には劣化症状として判断しづらく、それでいてしっかりと毛細管現象により水分を内側へと運ぶ効果を持ってしまうので、知らぬ間に雨漏りが発生するという場合もあるのです。 外壁塗装で雨漏り対策するのに適している材料は? 外壁塗装で雨漏り対策をする場合、効果的なシーリング材と塗料をご紹介します。アステックペイントの高機能材料は、雨漏りを的確に対処する強い味方になるはずです。 アステックシール高耐候4000 シーリング材にも、耐用年数があります。そして、劣化しづらい成分というものも存在するので、できる限り効果の高い材料を使用することが雨漏り防止に役立つのです。 アステックシールの中でも、この「アステックシール高耐候4000」は、18〜22年のロングライフ性能を発揮する非常に優れたシーリング材です。 劣化しづらく、弾力性にも富んでいるので、建物をしっかりと守ってくれるでしょう。 プラチナECコート5000EX 弾力性のある塗料を使用することで、外壁材のひび割れをカバーすることができます。「プラチナECコート5000EX」は、ピュアアクリル樹脂を使用した最高の塗料なので、伸縮性は最高の性能を持っています。さらに、塗料の寿命も非常に長く、長期間の雨漏り対策に役立つのです。 中山建装で安心の雨漏り対策を! 外壁塗装や屋根塗装の劣化症状についてご紹介しましたが、適切なメンテナンスと高品質な材料の使用で、雨漏りを効果的に防ぐことができます。特に、アステックペイントの「アステックシール高耐候4000」や「プラチナECコート5000EX」は、長期間にわたり建物を守る優れた性能を発揮します。 中山建装は、アステックペイントが運営する「プロタイムズ」の加盟店として、信頼性の高い外壁塗装サービスを提供しています。外壁や屋根の劣化症状が気になる方、雨漏り対策をお考えの方は、ぜひ中山建装にご相談ください。専門知識を持ったスタッフが丁寧に対応いたします。 さらに、お問い合わせ方法も多様にご用意しています。お電話やメールでのご相談だけでなく、お問い合わせフォームからのご連絡やショールームへのご来店も大歓迎です。お気軽にご連絡ください。中山建装は、お客様の大切な建物を長く守るための最適なソリューションをご提案いたします。

2024.05.03(Fri)

詳しくはこちら

海老名市地域情報

海老名市で外壁塗装を訪問販売する塗装業者と契約しても大丈夫?悪徳業者に引っかかるとまずい理由とは

海老名市で外壁塗装を訪問販売する塗装業者と契約しても大丈夫?悪徳業者に引っかかるとまずい理由とは

大和市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市には外壁塗装の訪問販売をする塗装業者が存在します。訪問販売自体は法律違反ではありません。しかし訪問販売をする塗装業者の中には、悪徳業者の場合もあります。 悪徳業者に騙されると、外壁塗装時に以下のような被害を受けるため危険です。 気付かないうちに無駄な費用を支払ってしまう 外壁塗装の出来栄えが悪いことで、住宅の劣化スピードが速まる 被害を受けないためには、悪徳業者が何をしてくるのか知ることが大事です。悪徳業者の手口として、以下の内容が挙げられます。 相場よりも高い費用を請求される 不要なオプションを組み込まれる 手抜き工事をされる 低品質の塗料を使用される 今回のお役立ちコラムでは、海老名市で外壁塗装の訪問販売をする塗装業者と契約しても大丈夫か見つつ、悪徳業者の手口について、外壁劣化診断士の目線でお話しします。コラム終盤には、塗装業者選びのポイントもありますので、ぜひ参考にしてみてください。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装業者の選び方|悪質業者を見抜く方法を伝授 [myphp file="comContactL"] 海老名市で外壁塗装の訪問販売をする塗装業者とすぐに契約して大丈夫か? 外壁塗装の訪問販売をする塗装業者と、すぐに契約することはおすすめできません。契約後に後悔する恐れがあるからです。 訪問販売では、知識武装した状態で自社のサービスをすすめてきます。冷静な判断ができなくなる場合もあるため、訪問販売時に契約するのは辞めた方が良いと言えます。 また、人によっては販売員が言われたことに対して、何も反論できずに契約してしまうかもしれません。場の雰囲気にのみこまれて、契約してしまうリスクを抑えるためにも、訪問販売時に契約するのは控えた方が良いでしょう。 海老名市で外壁塗装の訪問販売をする悪徳業者に引っかかるとまずい理由 海老名市で外壁塗装の訪問販売を行う業者の中には、悪徳業者も存在します。悪徳業者に引っかかると、下記の被害に遭うかもしれません。 相場よりも高い費用を請求される 不要なオプションを組み込まれる 手抜き工事をされる 低品質の塗料を使用される 対策方法を交えながら、上記の内容について詳しく見てみましょう。 相場よりも高い費用を請求される 悪徳業者による訪問販売の最大のリスクは、市場相場よりもはるかに高い費用を請求されることです。顧客が外壁塗装の市場価格を把握していないことも少なくありません。外壁塗装の知識がないことを悪用して、高額請求されてしまうのです。 高額請求されたことに気付くには、複数の塗装業者から見積もりをとっておくことが重要です。業者間で施工費用を比較できるため、外壁塗装の相場感がわかります。結果、高額請求されても気付けて、お金をだまし取られずに済むでしょう。 不要なオプションを組み込まれる 不必要なオプションや追加サービスを組み込む悪徳業者もあります。塗装工事に必要のない処理や、効果が疑わしい塗料の使用などが代表例です。効果がないのに無駄な費用を請求されてしまいます。 不要なオプションを組まないためには、断る心が大事です。騙すために良いことばかり言われたとしても、必要ないと思ったらNOと言える気持ちを持つことで不要なオプションを回避できます。 手抜き工事をされる 悪徳業者による手抜き工事は、長期的に見ても家庭に多大な影響を及ぼします。質の低い施工は、塗装の剥がれや色褪せを早めるだけでなく、建物自体の耐久性悪化にもつながるでしょう。 本来なら数年持つはずの塗装が予定よりも早く劣化すると、再塗装の頻度が増えてしまい、ランニングコストが増加します。施工の品質を保証するために、塗装業者が外壁塗装後に適切なフォローをしているか公式サイトで確認することで、手抜き工事の被害に遭わずに済むでしょう。 低品質の塗料を使用される 外壁塗装において、使用される塗料の質は非常に重要です。低品質の塗料を使用されると、塗装の耐久性が著しく低下します。 低品質の塗料は、紫外線や雨水によるダメージに弱く、数年で色褪せや剥がれが発生しやすいです。見た目の美しさが損なわれ、外壁の保護機能も低下するかもしれません。結果、建物全体の耐久性が弱くなります。 耐候性や防藻性に優れた高品質な塗料を顧客側で指定すると、低品質の塗料を使用されずに済むでしょう。 海老名市で外壁塗装の契約をする際は勢いでしないことが大事 海老名市で塗装業者と外壁塗装の契約をする際は、勢いで結ぶのは危険です。塗装業者を選ぶ際は以下のポイントを抑えることが大事です。 ✅有資格者が在籍している ✅業界歴が長い ✅アフターサービスが充実している ✅良い口コミが多い 上記の内容について、詳しく見てみましょう。 有資格者が在籍している 有資格者の在籍を確認することは、作業の質と安全性が保証する上で大事です。外壁塗装関連の資格として、以下の資格があります。 一級塗装技能士 雨漏り診断士 外壁塗装診断士 資格を持つ職人は、最低限の知識を身に付けている証です。知識のない職人に任せる場合と比べて、クオリティは担保されるでしょう。 また、有資格者は最新の技術や法規制にも精通しているため、施工中に発生する可能性のある問題に対しても適切に対処できます。外壁塗装の出来栄えを良くしてもらう上で重要です。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい 業界歴が長い 業界で長い歴史を持つ業者は、その間に蓄積された豊富な経験と実績が信頼性の高さを示す証です。業界歴が短い職人と比べて場数を多く踏んでいる可能性が高いため、予期せぬ問題や複雑な状況にも対応してもらえます。 さまざまな建物の特性や顧客のニーズに合わせた最適な施工プランを提供できるため、クオリティの高い仕上がりになるでしょう。 アフターサービスが充実している 塗装工事後に何か問題が発生した場合、迅速かつ適切に対応できる業者を選ぶことが重要です。充実したアフターサービスを提供する業者は、工事後の小さな不具合やクレームにも誠実に対応し、顧客の満足を維持するために努力し続けます。 アフターサービスが充実していれば万が一、外壁塗装後に建物の異常があった際も、迅速に対応してもらえます。ただし、アフターサービスの内容は塗装業者によって違うため気を付けましょう。 良い口コミが多い 良い口コミが多いのは、塗装業者が一貫して高品質のサービスを提供している証拠です。顧客からの評価が高い業者は通常、問題が発生した際の対応が迅速かつ適切です。 良い仕事をするのはもちろん、顧客とのコミュニケーション、アフターサービスなどにも力を入れているため、質の高いサービスを受けられます。 ただし、ひと口に良い口コミと言っても塗装業者によって内容は異なります。塗装業者の強みを知るには、口コミの内容を細かくチェックすることが大事です。強みを知ることで、自身にマッチする塗装業者を選びやすくなるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ 中山建装に寄せられた口コミからの反省点|塗装業者としての評価を自己分析 海老名市での外壁塗装のご相談は中山建装へ! 中山建装は、海老名市の外壁塗装を多く請け負ってきた塗装業者です。ご利用いただいたお客様から喜びの声をいただいておりますので、外壁塗装の出来栄えにも自信があります。スタッフもフレンドリーですので、疑問点や不明点がございましたら、お気軽に質問いただけます。 しかも当店は、遮熱塗料シェアナンバーワンに輝いたことのある「アステックペイント」の認定施工店ですので、他社の塗料と比べて持続性のある塗料を用いることが可能です。さまざまな色や成分の塗料を取り扱っていますので、建物の材質や予算に見合う塗料を使用できます。 また、当店には外壁塗装の名工が在籍しております。外壁塗装診断士や雨漏り診断士の資格を持つスタッフが、外壁の状況をチェックしてから作業に取り掛かりますので、ご安心くださいませ。 全社員真摯に対応しますので、お気軽にご相談ください。

2024.04.29(Mon)

詳しくはこちら

海老名市悪質業者訪問販売地域情報業者選び塗装工事のお役立ちコラム

海老名市の外壁塗装関連の補助金や助成金はある?使えない方も施工費用を抑えられる理由とは?

海老名市の外壁塗装関連の補助金や助成金はある?使えない方も施工費用を抑えられる理由とは?

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市で外壁塗装の費用を抑えたい方もいるのではないでしょうか。その際に役立つのが補助金(助成金)です。補助金を活用すれば、外壁塗装の費用を抑えられます。 しかし補助金を使えるかは、居住地の自治体によって異なります。自治体によって、補助金の有無や使える条件が違うからです。 とは言え、補助金が使えなかったとしても外壁塗装の施工費用を抑えることは可能です。 そこで今回は 海老名市で外壁塗装関連の補助金が用意されているか 補助金を使わずに塗り替え工事の施工費用を抑える方法 についてくわしくお話ししていきたいと思います。 「補助金を使わずに塗り替え工事の施工費用を抑える方法」に関しては補助金を使うよりも節約できる可能性もございますので、ぜひ参考にしてみてください。 ▼合わせて読みたい▼ 海老名市における外壁塗装の費用相場と適正相場の塗装業者を見つけるポイントについて紹介 海老名市には住宅改修支援事業補助金(リフォーム費用の補助)がある 住宅改修支援事業補助金とは、家の修理や改修が必要な住宅所有者向けの補助金です。以下の2種類が用意されています。 一般住宅改修支援補助金 多世代同居住宅改修支援補助金 いずれも工事費用10万円(税抜)で、費用の5分の1が補助の対象です。補助額の上限は、一般住宅改修支援補助金が20万円、多世代同居住宅改修支援補助金が30万円です。 ただし、工事を依頼する住宅に住んでいる年数が1年未満だったり、市税等の滞納があったりすると利用できません。 もう少しわかりやすくお話ししていきますね。 海老名市住宅改修支援補助金の概要 海老名市住宅改修支援補助金は、海老名市に住所がある「お住まいの住宅改修工事」にかかる費用の一部について、海老名市が補助金を交付する制度のことです。 「お住まい」には以下の3種類が該当します。 個人が所有する海老名市内にある戸建て住宅 個人が所有する海老名市内にあるマンション等の共同住宅の専有部分 個人が所有する海老名市内にある店舗などとの併用住宅の住宅部分 あくまでも「住まい」としての建物の改修工事に補助される制度のため、店舗や事務所といった「商用施設」には、この補助金を使うことができません。 冒頭でも述べたように、海老名市住宅改修支援補助金は「一般住宅改修支援補助金」と「多世代同居住宅改修支援補助金」の2種類があります。これは「世帯構成」によって申請できる条件や補助金額が異なるためです。 海老名市住宅改修支援補助金の申請場所と募集期間 海老名市住宅改修支援補助金は令和6年4月15日から募集がはじまっています。申請場所は市役所ではなく、海老名市商工会議所になります。詳細は以下をご覧ください。 申請場所:海老名商工会議所 ( 住所:海老名市めぐみ町6-2 連絡先:046-231-5865 )  ※受付は市から業務委託された海老名商工会議所が行います。 ※市役所に申請書類をお持ちいただいてもお受けできませんのでご了承ください。 引用元|海老名市ホームページ:令和6年度「住宅改修支援事業補助金」(リフォーム費用の補助)について 補助金は基本的に「先着順」です。割り当てられた予算が上限に達したタイミングで募集終了になります。ただし、令和6年度の募集は2回に分けられています。 募集時期:今年度の募集は以下の2回です。 1回目 ▶令和6年4月15日(月曜日)~同年8月9日(金曜日) 2回目 ▶令和6年9月2日(月曜日)~同年11月29日(金曜日) 受付時間:月曜日から金曜日までの平日8時30分~17時30分 ※土曜日・日曜日・祝日は除く 引用元|海老名市ホームページ:令和6年度「住宅改修支援事業補助金」(リフォーム費用の補助)について 8月9日~9月2日までの期間は一旦募集停止となるため、海老名市住宅改修支援補助金を使ってリフォームを計画している場合は、注意が必要です。 海老名市住宅改修支援補助金「対象者の条件」 海老名市住宅改修支援補助金は以下の5つの条件「すべて」に該当する方しか申し込めません。 住宅の所有者であること(共有名義の場合は、共有者全員の承諾を得ている代表者であること) リフォーム工事の契約者(発注者)であること 申請日において該当住宅に継続して1年以上居住していること※多世代同居住宅改修支援補助金を申請される方は、申請日時点で三世代以上で同居している又は実績報告の日までに新たに三世代以上で同居する必要があります。 市税等の滞納がないこと(住宅に居住する者全員) 過去に以下に掲げる助成金等の交付を受けていないこと 海老名市住宅リフォーム助成金 海老名市三世代同居支援リフォーム助成金 海老名市空き家活用促進リフォーム助成金 魅力ある住宅づくり支援リフォーム助成金 海老名市住宅取得支援事業補助金 引用元|海老名市ホームページ:令和6年度「住宅改修支援事業補助金」(リフォーム費用の補助)について 5の過去に助成金等の交付を受けていないことに該当する場合、他の4つの条件が合致していても申請できませんので注意が必要です。 過去に補助金・助成金の交付を受けたことがある人の条件について 補助金や助成金は基本的に1世帯1回ですが、今回の「海老名市住宅改修支援補助金」は以下の2つの条件すべてを満たす場合のみ、2回目の申請が可能です。 条件1 過去に受けた助成金等の交付年度の3月末日から10年経過していること 【令和6年度の対象者】 平成25年度以前に助成金等の交付を受けた方 (平成26年3月31日までに助成金の交付決定を受けた方) 条件2 下記「リフォーム工事一覧」にあるナンバー1及びナンバー2を合わせて一体的に行う工事であること 【対象となる工事】 以下の1と2を合わせて一体的に行う工事が対象 屋根のふき替え、塗装及び防水工事 外壁等の張り替え、塗装及び防水工事 ※屋根だけ、外壁だけの工事は対象外となります。   「リフォーム工事一覧」とは11種類のリフォーム工事のことです。   No. 内容 特記事項 1 屋根のふき替え、塗装及び防水工事 2 外壁等の張り替え、塗装及び防水工事 3 雨どい等の取替え 4 浴室、台所、洗面室及びトイレの改修工事 消耗品類や部品及び本体の付属物(リモコン等)のみの交換は除く。 5 機械設備工事(給排水衛生設備、給湯設備、換気設備、電気設備及びガス設備) 他の補助対象工事に伴う工事及び住宅の外部における配管、配線工事を含む。 6 床、内壁又は天井の張り替え及び塗装工事、その他内装工事 間仕切り変更工事、床暖房工事を含む。  7 №6の工事と併せて行うふすま紙、障子紙の張り替え及び畳の取替え(表替え及び裏返しを含む。) 単独で行う場合は補助対象外 8 建具又は開口部の取替え及び新設工事 シャッター等の取替え及び新設工事を含む。 9 断熱改修工事(床、外壁、窓、天井又は屋根の断熱 工事等)  10 バリアフリー工事(手すりの設置、段差の解消、 廊下幅等の拡幅、エレベーターの設置その他これ らに類する工事)  11 既存住宅の増築工事 引用元|海老名市ホームページ:令和6年度「住宅改修支援事業補助金」(リフォーム費用の補助)について:補助の対象となるリフォーム工事一覧PDF この内、No.1の「屋根のふき替え、塗装及び防水工事」とNo.2の「外壁等の張り替え、塗装及び防水工事」を合わせて施工する場合のみ対象になります。 例を挙げてみましょう。屋根と外壁の塗装工事にプラスして、断熱改修工事を依頼する場合は2回目の補助金交付でもOKということになります。逆に外壁塗装と天井の張り替え工事を行う場合は、No.1の「屋根のふき替え、塗装及び防水工事」が含まれていないため、補助金交付の対象外になるということですね。 住宅改修支援事業補助金のデメリット 住宅改修支援事業補助金には、デメリットもあります。おもなデメリットは以下の3つです。 補助金は基本的に地元企業へ発注しなくてはいけない 海老名市の塗装業者に発注すると、外壁塗装開始までに時間がかかる 条件に該当しても必ず使えるとは限らない くわしくお話ししていきますね。 住宅改修支援事業補助金のデメリット①|補助金は基本的に地元企業へ発注しなくてはいけない 海老名市の企業に発注しなくてはいけないのもデメリットです。補助金は基本的に地元経済の活性化を目的としているからです。 しかし、発注先を海老名市の塗装業者に限定すると選択の幅が狭まります。結果、希望するサービスを提供してくれる塗装業者が見つからなくなるかもしれません。 よって、選択肢を広げて塗装業者を探したい方は補助金以外の方法を考えた方が良いでしょう。 住宅改修支援事業補助金のデメリット②|海老名市の塗装業者に発注すると、外壁塗装開始までに時間がかかる 海老名市の塗装業者に依頼が集中している場合、外壁塗装の開始までに時間がかかるかもしれません。外壁塗装開始までに時間がかかると、スケジュール全体が後ろにずれます。 スケジュールが後ろ倒しになると、プライベートの予定を立てづらくなるかもしれません。 住宅改修支援事業補助金のデメリット③|条件に該当しても必ず使えるとは限らない 海老名市の住宅改修支援事業補助金は、予算額が決まっています。募集期間中でも予算が尽きたら補助金を受けられないため、条件に該当しても使えるとは限りません。 確実に施工費用を浮かせたい場合は、他の資金調達計画も考えつつ、補助金が利用できなかった場合の対策を立てることが大事です。 キャンペーンを活用すれば補助金を使わなくても施行費用を抑えられる 補助金が利用できない場合でも、キャンペーンを利用すれば大幅にコストを削減することが可能です。多くの塗装業者は、顧客を引きつけるために、さまざまなプロモーションやキャンペーンを定期的に実施しています。 仮に補助金を利用できなくても、キャンペーンを利用すれば外壁塗装の費用を抑えられるため、使わない手はありません。 キャンペーンは補助金と違って審査がない キャンペーンを活用する最大の利点は、補助金のような厳格な審査や条件がないことです。補助金の申請には審査があり、申請条件や制限が細かく設定されています。 一方で、キャンペーンは比較的申し込み条件が緩やかで、審査プロセスがありません。補助金と違って、特典を受けるまで何カ月間も待つ必要もないため、速やかに割引特典を受けたい方に向いています。 定期的に行っている塗装業者のキャンペーンを狙うと良い 定期的に行っている塗装業者のキャンペーンを狙うのも大事です。たとえば、オフシーズンや年末年始など、特定の時期に実施されるキャンペーンを利用すれば、通常時よりもずっとお得にサービスを受けられます。 結果、予算内で質の高い塗装を実現できる確率が高くなるでしょう。 塗装業者によっては、キャンペーン期間中に追加の割引や特典を提供することもあります。業者のWebサイトやSNS、地元の広告などで公開されている場合があるため、定期的にチェックすることが大事です。 積極的に情報を集めれば、自分に合うキャンペーンを見つけやすくなります。期間限定のキャンペーンもあるため、逃さないようにしましょう。 また、塗装業者の中には初めて外壁塗装のキャンペーンを利用した方向けに、追加でキャンペーンを用意しているケースもあります。次回の外壁塗装や、家のメンテナンスで使える特典を用意している塗装業者もあるため、活用しましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 海老名市で外壁塗装をお考えの人へ|優良業者選びのポイントを紹介 海老名市で外壁塗装を考えている方は中山建装へ! 中山建装は、海老名市の外壁塗装を多数請け負ってきた塗装業者です。外壁塗装の割引キャンペーンなども定期的に行っていますので、施工費用を抑えたい方に向いています。 外壁塗装に数十年間関わってきた名工や、外壁塗装診断士・雨漏り診断士の資格を保有するスタッフも在籍していますので、質の高い作業を行えます。スタッフもフレンドリーに対応いたしますので、不明点等も遠慮なくご質問ください。 さらに、当店は遮熱塗料シェアナンバーワンに輝いた経験のある「アステックペイント」の認定店です。質の良い塗料をお手ごろな価格で提供できますので、コストパフォーマンスを気にする方にも最適です。 実際に外壁塗装を利用いただいたお客様からも、多くの喜びの声をいただいております。お客様のご予算や建物の状況に合わせながら、コストパフォーマンスに優れた塗料を提案いたしますので、まずは相談ベースでお問い合わせください。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい

2024.04.29(Mon)

詳しくはこちら

海老名市補助金・助成金情報塗装費用について地域情報塗装工事のお役立ちコラム

海老名市における外壁塗装の費用相場と適正相場の塗装業者を見つけるポイントについて紹介

海老名市における外壁塗装の費用相場と適正相場の塗装業者を見つけるポイントについて紹介

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市在住の方の中には、住宅の外壁塗装を検討中の方もいるのではないでしょうか。外壁塗装の費用相場は、建物の大きさや使用する塗料の種類、塗装の工程などによって変動します。したがって、適正価格を知った上で信頼できる業者を見つけることが重要です。 しかし、適正相場の塗装業者か見極めるのは難しいでしょう。なぜなら、日常的に塗装業者を使っているわけではないからです。外壁塗装は常日頃から利用するものではありません。外壁塗装の価格観が染み込んでいないため、相場を把握するのは難しいです。 仮に施工費用が安くても、サービスと見合っていないケースもあります。よって、適正相場で提供している塗装業者か見分けられなくても仕方ありません。 しかし、ポイントを抑えれば適正相場で提供している塗装業者か見極めやすくなります。本記事では、海老名市での外壁塗装の費用相場を解説しつつ、適正303相場でサービスを提供する塗装業者を見つけるポイントについてお話しします。 信頼できる塗装業者を見つけるためにも、本記事の内容を参考にしていただけると嬉しいです。 ▼合わせて読みたい▼ 海老名市で外壁塗装をお考えの人へ|優良業者選びのポイントを紹介 海老名市の外壁塗装における費用相場とは? 海老名市での外壁塗装を検討する際、費用を重点的に考える人も多いのではないでしょうか。費用が100万円前後になることも珍しくありません。 無駄な費用を支払わないためにも、まずは海老名市における外壁塗装の費用相場を見ておきましょう。 屋根塗装がない場合とある場合で費用相場は異なる 家の大きさや使用する塗料の種類によって違いますが、外壁のみの塗装であれば50~150万円程度が費用相場です。 一方、屋根塗装を含む全体の塗装を行う場合は、追加で20~50万円程度上乗せされると思っておくと良いでしょう。屋根の材質や状態、塗装の難易度によって、施工費用は変動します。 屋根塗装を行うおもな理由は、屋根の劣化を防ぎ、建物全体の耐久性を高めることにあります。屋根は日光や雨風といった外部環境の影響を直接受けるため、外壁以上に劣化が進みやすいです。したがって、屋根の塗装は屋根だけではなく建物全体の寿命を延ばすことになるため行った方が良いでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ 【厚木市】屋根リフォームの費用はいくら?どんな方法がある? 塗装業者の外壁塗装費用が相場より安い場合は要注意! 相場よりも明らかに安い費用で外壁塗装を提案する業者には注意が必要です。理由として、以下の点が考えられます。 材料費を抑えすぎている 外壁塗装において、材料費を過度に抑えることは、塗装全体の品質に深刻な影響を及ぼします。中でも、塗料の質を落とすことによるコスト削減は、塗装の美観だけでなく、外壁の機能性にも悪影響を及ぼす恐れがあるため危険です。 高品質な塗料は、紫外線や雨水から外壁を守るため、防水性や耐久性を高めるのに役立ちます。一方、低品質な塗料は、これらの保護機能が低下し、結果として外壁の劣化を早めることになりかねません。さらに、塗り替えの頻度が増えるため、長期的に見ると多くのランニングコストを支払うことになるでしょう。 メンテナンスに手間をかけないためにも、安さばかりを追い求めるのは良くありません。 通常よりも人件費を大幅に削っている 人件費を大幅に削っているのも危険です。たとえば、人件費を削減するために未熟練の労働者を雇用したり、必要な人員を確保しなかったりすると、施工の品質に影響するからです。 技術力が低い職人だと、塗装の均一性が損なわれたり、細部の処理がおろそかになったりするかもしれません。また、適切な人数を確保しないと工事のスピードが遅れ、プロジェクト全体の質が下がることもあります。 人件費の削減はコストを下げることになるものの、外壁塗装の品質を損なう結果になるため良くありません。 必要な手順を省いている 外壁塗装工事において、適切な下地処理や仕上げ作業は、塗装の品質を保証する上で重要です。必要な手順を省くと塗装の耐久性や防水性が失われるかもしれません。 たとえば下地処理を怠ると、塗料の密着性が低下し、剥がれや浮きの原因となるため危険です。また、仕上げ作業を適切に行わないと、塗装面の美観が損なわれ、保護機能が十分に発揮されないことがあります。建物の劣化が早まるため、必要な手順をすべて行っている外壁業者を選ぶことが大事です。 海老名市で適正相場の塗装業者を見つけるポイントとは 適正な費用で質の高い外壁塗装を行ってもらうためのポイントは以下の通りです。 複数の塗装業者から見積もりをとる 外壁塗装を検討する際、複数の業者から見積もりをとることは非常に重要です。これには複数の理由があります。 まず、費用の相場を理解できます。業者ごとの施工費用がわかるため、複数の見積もりを比較すれば、適正価格を判断しやすくなるでしょう。また、見積もり依頼の過程で、各業者の対応スピードや丁寧さもわかるため、依頼先を決めるのに便利です。 必要な作業工程をすべて行っているか確認する 外壁塗装の見積もりを検討する際には、提案されている作業内容を細かくチェックすることが肝要です。とくに、下地処理や仕上げ工程が見積もりに含まれているかどうかは、完成後の品質に直結します。 下地処理が不十分だと塗装の耐久性が低下します。仕上げ工程が省かれている場合は、見た目の美しさが損なわれるかもしれません。これらの工程をしっかりと行っているかを確認することで、業者の技術力や仕事に対する姿勢を見極めやすくなるでしょう。 外注していない塗装業者を選ぶ 外壁塗装の施工を自社のスタッフで一貫して行っている業者を選ぶことは、品質管理を確実に行う上で有効です。外注に頼る業者と比べ、自社で施工する業者は、作業の各段階で厳密な品質管理を行うことが可能です。 また、万が一施工中や完了後に問題が発生した場合も、内部で完結するため迅速な対応が期待できます。施工の質を一定に保ち、顧客の要望に柔軟に対応できるため外注していない塗装業業者をおすすめします。 口コミ・実績を確認する 業者選びにおいて、過去の施工例や顧客からの評価、口コミは貴重な情報源です。これらを通じて、業者の技術力や対応の質、実績を確認できます。 実際にサービスを利用した人々の声は信頼性が高いです。さらに施工例がわかれば、自分の家に近い条件の案件を手掛けた経験が業者にあるかどうかわかるため、業者選びにおいて役立つでしょう。 海老名市の外壁塗装は中山建装へ! 中山建装は、海老名市で多数の外壁塗装を行ってきた塗装業者です。適正相場で作業を請け負うのはもちろん、出来栄えにも自信があります。当店をご利用いただいた方からも、多くの喜びの声が届いており、地域の方々に支えられているのが強みです。 20年以上外壁塗装に携わってきた名工や、雨漏り診断士や外壁塗装診断士の資格を持つ外壁の状況を細かくチェックしながら作業いたしますので、クオリティにも自信があります。 また、当社はアステックペイントの認定店です。国内他社が利用している塗料と比べて、持ちの長い塗料を扱っています。さまざまな成分や色の塗料がそろっていますので、お客様のニーズに合う塗料を提供することが可能です。 外壁塗装に関してわからないことがございましたら、当店のスタッフがフレンドリーに対応いたします。ちょっとした外壁のお悩みにも、真剣に対応いたしますのでお問い合わせいただけると嬉しいです。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.04.25(Thu)

詳しくはこちら

海老名市塗装費用について地域情報塗装工事のお役立ちコラム

座間市で外壁塗装をお考えの人へ|優良業者選びのポイントを紹介

海老名市で外壁塗装をお考えの人へ|優良業者選びのポイントを紹介

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市で外壁塗装を検討中の皆さん、優良な業者選びに頭を悩ませていませんか?外壁塗装は、家の寿命を延ばし、美観を保つために極めて重要です。しかし、適切な業者選びを怠ると、思わぬトラブルや追加コストに悩まされることになりかねません。 外壁塗装を依頼したことで、塗装業者とトラブルが起きると、快適な生活を送れなくなります。本記事では、海老名市在住で外壁塗装を考えている方へ、優良業者選びのポイントを詳しくお話しします。 海老名市で外壁塗装を検討している方々にとって、信頼できる業者を見つけるための参考になると嬉しいです。 海老名市の優良業者を選ぶ際のポイント 海老名市で家のメンテナンスやリフォームなど、外壁塗装業者を選ぶ際はいくつかの重要なポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、信頼できる優良業者を見極めるためのポイントを見てみましょう。 海老名市の優良業者を選ぶ際のポイント①|運営年数が長い 運営年数が長い業者は、長期にわたって地域社会での信頼を築き上げ、多くの案件を成功させてきた証です。長い運営歴は、業者が安定した経営基盤を持ち、顧客とのトラブルを適切に解決できる能力があることを示唆しています。 さらに、長年にわたる経験は、さまざまな状況下での対応力や技術力の高さを意味しますので、信頼できる塗装業者である確率が高いでしょう。 海老名市の優良業者を選ぶ際のポイント②|資格保有者がいる 資格保有者がスタッフに含まれている業者は、技術的な専門知識や安全管理に優れていることが期待できます。資格を持つスタッフがいることは、高い専門性を持ってサービスを提供している塗装専門業者だと言えるでしょう。 外壁塗装に関連する資格は、塗装技術のみならず、建築物の保護や美観を維持するための知識もあるため、出来栄えの良さが期待できます。 海老名市の優良業者を選ぶ際のポイント③|良いことだけではなくリスクやデメリットも教えてくれる 顧客の利益を第一に考え、リスクや注意点も含めて情報を共有する業者は、非常に信頼できます。サービスのメリットだけでなく、潜在的なリスクについても正直に説明することは、顧客に対する誠実さの表れです。 外壁塗装後のトラブルも起きづらいでしょう。 海老名市の優良業者を選ぶ際のポイント④|自社ですべての作業を請け負っている 作業を外注せず、自社のスタッフですべてのプロセスを管理している業者は、品質管理において優れています。一連の作業を自社で完結させることで、作業の品質を一定に保てるようになって、顧客からの細かな要望にも柔軟に対応可能です。 さらに作業中や完了後の責任の所在が明確になるため、塗装業者との信頼関係を築きやすくなります。結果、外壁塗装を安心して任せられるはずです。 海老名市の優良業者を選ぶ際のポイント⑤|良い口コミが多い 口コミや評判は、業者のサービス品質を判断する上で非常に重要な指標です。サービスを受けた顧客の声は、業者選びの際の貴重な情報源となるでしょう。良い口コミが多い塗装業者は、良いサービスを提供している証拠となるため、信頼できる業者である可能性が高いです。 ただし、口コミを参考にする際は、個々の意見を総合的に評価し、自分のニーズに合った業者を選ぶことが大切です。塗装業者との相性もあるため、点数だけではなく口コミの内容もチェックした方が良いでしょう。 海老名市で悪徳業者に依頼すると起こってしまうこと 海老名市で住宅関連の業者を選ぶ際、悪徳業者に引っかかるとトラブルに遭遇する可能性があります。ここでは、悪徳業者がとる行動を見てみましょう。 海老名市で悪徳業者に依頼すると起こってしまうこと①|突然訪問営業をされる 顧客が十分に情報を集めたり、他のオプションを検討したりする時間を奪う目的で、突然訪問営業をされる恐れがあります。顧客が断りにくい状況を利用し、不要なサービスや商品を購入させるために、セールストークを多用するのが特徴です。 海老名市で悪徳業者に依頼すると起こってしまうこと②|大幅な値引きをして強引に契約させようとする 悪徳業者の手口である「大幅な値引き」は表面上は魅力的に見えます。非現実的な低価格を提示するものの、契約して施工が終わった段階で追加費用や見積もり時に説明がなかった費用を請求されることがあるため、大変危険です。 また、価格を大幅に下げるために、サービスの質を落とすこともあります。施工費用の安さがきっかけで契約してしまい、雑な仕上がりになることも少なくありません。 海老名市で悪徳業者に依頼すると起こってしまうこと③|不安をあおらせて早く契約させようとする 悪徳業者が顧客の不安をあおる行為は、非倫理的なセールス戦略の典型です。これらの業者は、顧客に過剰な心配や恐怖を抱かせることで、慎重な判断をさせずに契約に至らせようとするのが特徴です。 訪問営業担当者の言葉に焦りや不安を感じてしまうと、冷静な判断ができなくなり、勢いで契約してしまう恐れがあります。したがって、営業担当の言葉に惑わされず冷静に判断することが大事です。 海老名市で悪徳業者に依頼すると起こってしまうこと④|不明確な見積もりのまま作業を進めようとする 見積もりの内容が不明確な状態で作業を進める業者は、後から追加費用を請求する可能性が高いです。見積もりが曖昧で、具体的なサービス内容や費用が明確に記載されていない場合、実際の施工費用が当初の見積もり額を大きく上回り、負担が大きくなるかもしれません。 契約前には、施工費用の内訳が明確に記された見積書を発行してもらうことが大事です。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装業者の選び方|悪質業者を見抜く方法を伝授 海老名市で業者選びに迷った際、何を基準に決めると良い? 海老名市で業者を選ぶ際、多くの選択肢があり迷うこともあるでしょう。業者選びで後悔しないための基準として、以下のポイントを考慮することが大事です。 施工費用が相場と合っているか 施工費用は、業者選びの重要な判断基準の一つです。相場よりも著しく安い場合は「外壁塗装に用いる材料の質が低い」「必要な作業を省略している」「追加費用を請求される可能性がある」などが考えられます。 一方、高すぎる場合も不当な高額請求の恐れがあるため、いずれにせよ複数の業者から見積もりを取って、相場を理解することが大切です。 アフターサービスが充実しているか 施工後のアフターサービスの有無や充実度も大切な判断材料です。施工後に問題が発生した際に迅速かつ適切に対応してくれる業者であるか、保証期間はどのくらいか、定期的なメンテナンスサービスは提供しているかなど、事前に確認しておくと良いでしょう。 良質なアフターサービスがあれば、外壁塗装後の施工不良が起こった際のフォローをしてもらいやすくなるため大事です。 スタッフの対応が丁寧で話しやすいか 業者とのコミュニケーションは、快適な施工プロセスと満足のいく完成度を実現する上で欠かせません。初回の問い合わせから見積もり・契約・施工に至るまで、スタッフの対応が丁寧で、質問や要望に対して親身になってくれるかは大きなポイントです。 相談しやすく、関係性を築きやすい塗装業者を選ぶと担当者とのやり取りがスムーズになるため、ストレスを抱えずに済むでしょう。 海老名市の外壁塗装は中山建装にお任せください! 中山建装は、海老名市で外壁塗装を多数請け負ってきた塗装専門業者です。利用いただいたお客様からも良い口コミをいただいており、地域の方々に支えられています。 外壁塗装の場数を多く積んできた名工の他に、外壁の現状を調べるプロフェッショナルである「雨漏り診断士」や「外壁塗装診断士」も在籍していますので、安心してお任せいただけると嬉しいです。 また、当店はオーストラリアでも使用されている塗料「アステックペイント」の認定店です。他の塗料と比べて、持ちが長いため外壁塗装の頻度を抑えることが可能ですので、ランニングコストを抑えたい人に向いています。 塗装のひび割れを防止する塗料や、外壁の美観や保護に優れている塗料など多岐にわたり扱っていますので、ニーズに合う塗料を提供しやすいです。塗料の違いや説明については、当店のスタッフがフレンドリーに対応いたしますので、遠慮なくお尋ねください。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.04.25(Thu)

詳しくはこちら

海老名市地域情報業者選び塗装工事のお役立ちコラム

中山建装のホームページへお越しいただきありがとうございます

株式会社中山建装

代表取締役中山 晋吾

会社案内はこちら

海老名市での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社中山建装にご相談ください!

地域の方へごあいさつ

代表取締役の中山と申します。
生まれも育ちも厚木で、15歳から塗装業に携わり、はや30年超となります。

お客様からのご依頼に対して私どもが切に願うのが、「当社を信頼して依頼してほしい」ということです。
お客様の理想以上の仕事をしてお返しするのが私たちの仕事です。

そして、完成した作品を見た時にお客様から自然とこぼれる笑顔を見れれば、これほど嬉しいことはありません。
スタッフ全員が同じ気持ちで仕事に取り組み、これからもお客様の理想以上の仕事を提供させていただきます。

アクセスマップ

  • 中山建装ショールーム
    中山建装ショールーム

    〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~19:00

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-316-225
営業時間9:00~19:00

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
神奈川県厚木市妻田区自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら

Information〜日々の記録を更新してます!〜

一覧はコチラ

中山建装のホームページをご覧の皆様へ 工場・倉庫の省エネ塗装をお考えの方へ
外壁・屋根塗装専門店中山建装のこだわり施工プラン