MENU CLOSE

厚木市超密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店中山建装

お気軽にお問合わせください!

0120-316-225営業時間9:00~19:00

  • ショールームへ行こう!見積り依頼でQUOカードプレゼント!WEB来店予約
  • 無料 ご相談お見積もり依頼 簡単30秒見積依頼

スタッフブログ - 塗料選び 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 〇〇の選び方 > 塗料選び

塗料選びの記事一覧

外壁塗装の頻度を減らせるスーパーラジカルシリコンとは?特徴・一般的な塗料との違いをお話しします!

外壁塗装の頻度を減らせるスーパーラジカルシリコンとは?特徴・一般的な塗料との違いをお話しします!

厚木市・座間市・大和市・相模原市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 外壁塗装の頻度が多くてお困りの方もいるのではないでしょうか。原因の一つとして考えられるのが、塗膜の劣化です。塗膜の劣化が早いと、次のようなことが起こります。 塗膜がボロボロになっているから、築年数に対して建物が古く見えてしまう 外壁塗装をしたのにもかかわらず、塗装のスパンが速いからランニングコストが増えてしまう 築年数に対して、建物の価値が低いと言われてしまった 住宅の見栄えが悪くなったり、維持するためのコストが多くかかったりするため塗膜の劣化を抑えられる塗料がベストです。塗膜の劣化が進みにくい塗料を使えば、住宅の見栄えや耐久性だけではなく不動産価値のアップも期待できるでしょう。 そこでおすすめしたいのが「スーパーラジカルシリコン」です。スーパーラジカルシリコンの特徴は次の通りです。 長期にわたり建物を守ってくれる 美観を維持する効果が期待できる カビの発生を防いでくれる ランニングコストを抑えながら、長く住宅に住み続けたい方におすすめの塗料です。とは言っても「スーパーラジカルシリコン」と呼ばれる塗料を初めて聞かれた方もいると思います。実際に性能が良いと言われても、中身や効果がわからないと外壁塗装で使おうとは思いませんよね? そこで今回は、外壁劣化診断士の観点からスーパーラジカルシリコンの特徴や一般的な塗料との違いについてお話しします。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 [myphp file="comContactL"] 聞いたことがない方も多い?そもそもラジカルって何? 「ラジカル」とは、化学用語で不対電子を持つ原子や分子のことを指します。ラジカルは非常に反応性が高く、他の物質と容易に化学反応を起こします。塗料の劣化は、主に紫外線や酸素によるラジカルの発生が原因です。 スーパーラジカルシリコンには、ラジカルを制御する技術が採用されています。これにより、塗膜の劣化を抑えて外壁塗装の持続性を長くすることに成功しました。 塗膜の劣化を食い止めるスーパーラジカルシリコンの特徴って何? スーパーラジカルシリコンは、一般的な塗料と比べると優れた特徴がいくつもあります。 スーパーラジカルシリコンの特徴① 長期にわたり建物を守ってくれる スーパーラジカルシリコンの特徴② 美観を維持する効果が期待できる スーパーラジカルシリコンの特徴③ カビの発生を防いでくれる 外壁塗装において、役立つ効果ばかりです。それぞれ、詳しく内容を見てみましょう。 スーパーラジカルシリコンの特徴① 長期にわたり建物を守ってくれる スーパーラジカルシリコンは、非常に高い耐久性を持つ塗料です。先ほどお話しした「ラジカル制御技術」によって、高い耐久性が実現されています。スーパーラジカルシリコンは、紫外線や酸素による劣化を防ぎます。結果、建物の耐久性を維持してくれるのです。 また、スーパーラジカルシリコンは耐候性にも優れているのも特徴です。強い日差しや激しい雨風、降雪といった環境でも塗膜は劣化しないため、建物をしっかりと保護してくれます。よって、スーパーラジカルシリコンは、日本のように四季があって天候が変化しやすい地域でも有効です。 塗料の持つ効果が長期にわたり発揮されるため、建物を守ってくれる期間も必然的に長くなります。 スーパーラジカルシリコンの特徴② 美観を維持する効果が期待できる スーパーラジカルシリコンは、汚れが付きにくく、付着した汚れも雨水で簡単に洗い流される特性を持っています。「⼆重構造アクリルシリコン樹脂」を使用することで、汚れが付きにくい状況を実現させました。 塗膜の表面が非常に滑らかで、かつ化学反応を抑制して汚れが付きにくい状態を実現できているため、付着率が低いのです。この効果は「セルフクリーニング効果」と呼ばれ、汚れの物質が多く舞っている都市部や工場地帯において重宝されるでしょう。 また、スーパーラジカルシリコンは、紫外線による色あせを抑える特性も持つため、新築時の鮮やかな色合いを長期間にわたり維持することが可能です。 スーパーラジカルシリコンの特徴③ カビの発生を防いでくれる 建物の外観にとって、カビは見た目を悪化させるだけでなく、構造の劣化を促進する要因となります。スーパーラジカルシリコンには防カビ成分が含まれていますので、カビの発生を効果的に抑えることが可能なのです。 カビが生えないことは、外観が保たれるだけでなく、健康被害のリスクも軽減される効果が期待できるため、小さなお子様がいる家庭にも役立ちます。実際に、カビや藻を4週間繁殖させて汎用塗料と比べて繁殖が少なかったというデータもあります。したがって、安心して利用できるでしょう。 [myphp file="comContactL"] スーパーラジカルシリコンを使った方が良いの?一般的な塗料とどう違うの? 次に、スーパーラジカルシリコンと一般的な塗料の違いについて見ていきます。今回は、耐久面とカラーバリエーションにおいて比較してみましょう。 耐久面 スーパーラジカルシリコンは、ラジカル制御技術を採用しているため、紫外線や酸素による影響を受けにくく設計されています。塗膜の劣化を大幅に抑えるため、15~20年以上の耐久性が期待できるでしょう。 一方、一般的な塗料は紫外線や酸素の影響で塗膜が劣化しやすく、ひび割れや剥がれを招く確率が高くなります。5~10年ごとに再塗装することになるでしょう。よって、スーパーラジカルシリコンの方が耐久性は高いと言えます。 色のバリエーション 一般的な塗料は色の選択肢が限られており、耐候性のある色が少ないことも珍しくありません。そのため、時間が経つと色あせが目立ち、再塗装が必要になることがよくあります。 一方、スーパーラジカルシリコンは多彩なカラーバリエーションを提供しているのが特徴です。伝統的な日本家屋に合う落ち着いた色から、現代的な建物に合う鮮やかな色まで幅広くそろっています。さらに耐候性が高く、長期間にわたり色あせずに美しい状態を保てるため、鮮やかな赤や青でも長く色を維持できるのです。 価格 一般的な塗料の方が価格は安いでしょう。一方、スーパーラジカルシリコンは、高性能のシリコン樹脂を使用しているため、一般的な塗料よりも高価です。しかし、性能が優れており補修や塗装の頻度を減らせる分、長い目で見るとオトクだと言えるでしょう。 なお、1平方メートルあたり1,000円台後半から2,000円台前半となりますが、施工面積や塗装方法、地域によって変動する可能性があります。したがって、おおよその目安として覚えておく程度で良いでしょう。 スーパーラジカルシリコンで塗料の劣化を防ぎたい方は中山建装にご相談ください! 中山建装では、スーパーラジカルシリコンによる塗装サービスも行っております。これにより、建物の外観を長期間美しく保てますので、不動産価値を維持に役立ちます。 当店の特徴は、経験豊富な職人が多数在籍しており、雨漏りや外壁の劣化診断の資格を持つ専門家が丁寧に対応することです。スタッフはフレンドリーですので、安心してご相談いただけます。 また、当店は「アステックペイント」の認定店で、実際にご利用いただいたお客様からも高評価をいただいております。耐久性に優れた塗料をお探しの方にも最適です。 さらに、スーパーラジカルシリコンをはじめ、コストパフォーマンスに優れた塗料も多数取り扱っております。建物の材質やお客様のご要望に応じた最適な提案を行っておりますので、外壁塗装に関するお悩みは、ぜひ中山建装までご相談ください。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装:カラーシミュレーションページ

2024.06.13(Thu)

詳しくはこちら

遮熱塗料〇〇の選び方塗料選び塗装工事のお役立ちコラム外壁塗装

夏の暑さを抑えられる塗料「スーパーシャネツサーモF」の特徴とは?Siとの違いについてもお話しします!

夏の暑さを抑えられる塗料「スーパーシャネツサーモF」の特徴とは?Siとの違いについてもお話しします!

厚木市・座間市・大和市・相模原市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 家の中が暑くて困っている方はいませんか?日本の気温は年々上昇しており、過去最高気温に達することも珍しくありません。たとえば避暑地と言われていた札幌でも、気温が30度を超えたり、沖縄よりも高い気温になったりする日が出るようになりました。 日本全般でヒートアイランド現象が進んでいると言われているため、部屋の熱気を閉じ込めないようにするのは必須です。 毎年、暑さで次のような問題を抱える方も多いでしょう。 夜に寝苦しさを感じ、生活の質が低下している。 エアコンを使用したいけど、電気代が高いため設定温度を下げたくない。 テレワーク中に室内が暑くて集中できない。 大抵の方にとって、住宅はホッとする場所です。しかし、暑さによって快適さを奪われてしまうとリラックスできなくなり、身体を休められなくなるかもしれません。 これらの悩みを解決するために重要なのが、塗料選びです。実は、遮熱性能の高い塗料を選ぶことで、室内の熱吸収率を下げられます。熱の吸収率が下がれば、室内が高温にならずに済むかもしれません。 今回お話しする「スーパーシャネツサーモF」も、遮熱効果に優れた塗料の一つです。快適な住環境を作りたい方におすすめです。ただし、スーパーシャネツサーモには「F」と「Si」の2種類あります。両者の違いを理解することが大事です。 そこで今回は、外壁劣化診断士の視点から、スーパーシャネツサーモFの特徴や耐用年数について見ながら、Siとの違いについても比較してみましょう。 ▼合わせて読みたい▼ スーパーシャネツサーモSiで節電効果を実感!強みとスーパーシャネツサーモFとの違いも教えます! [myphp file="comContactL"] 熱の吸収率を抑える!スーパーシャネツサーモFの特徴とは? スーパーシャネツサーモFは、外壁の保護と外観を美しく保つために設計された高度な塗料です。主に屋根の塗装に使われます。 スーパーシャネツサーモFの特徴は次の通りです。 陽ざしの吸収率を抑えてくれる遮熱効果 美しい外観を維持する色あせ防止効果 高い耐久性で地震や強風にも強い どのような性質を持つのか、詳しい内容を見てみましょう。 陽ざしの吸収率を抑えてくれる遮熱効果 スーパーシャネツサーモFは、特殊な「赤外線反射技術」を使用しており、太陽光中の赤外線を効率的に反射します。結果、外壁の温度が大幅に低下し遮熱効果が高まるようになっています。とくに夏の直射日光が強い時期は、効果が顕著に現れるでしょう。 遮熱効果が高まると、建物内部の温度上昇が抑えられ、冷房の負荷が軽減されます。夏のエアコン使用時であれば、設定温度を多少高くしても快適な生活が送れるため、暑さによるストレスを溜めにくくなるかもしれません。なお、スーパーシャネツサーモFの塗布実験では、塗っていない部分よりも、表面温度が15.7度下がる結果となりました。 美しい外観を維持する色あせ防止効果 スーパーシャネツサーモFは、優れた耐候性を持ち、紫外線や酸性雨などの環境要因から外壁を守ります。とくに、鮮やかな色を保ちたい際に最適です。 なお、紫外線を受けた際の色あせの違いを知る実験では、従来の遮熱顔料と比べてスーパーシャネツサーモFは、色の変化がほとんどありませんでした。よって、色あせしにくい塗料だと言えます。 その他に、酸性雨や大気中の汚染物質にも強く、これらの要因による塗膜の劣化を防いでくれるのも特徴です。外壁の色あせや変色だけでなく、表面の劣化を抑制する効果も期待できるでしょう。 地震や強風にも強い高い耐久性 スーパーシャネツサーモFは、物理的な衝撃に対しても非常に高い耐久性を持ちます。地震や強風などの自然災害による外壁へのダメージを効果的に抑えてくれます。理由はフッ素樹脂をベースにしていることです。 フッ素樹脂は紫外線や酸性雨といった環境要因に対して優れた抵抗力を持っており、塗膜の劣化を遅らせてくれるため、長期間にわたって美しい外観を維持できます。 スーパーシャネツサーモFは厳しい気候条件に耐えられるように開発されています。温度変化や湿度の影響を受けにくく、極端な気候条件でも劣化しにくい特性を持っているため、気温差の激しい地域に住んでいる方にも向いているでしょう。 また、スーパーシャネツサーモFは特殊な赤外線反射技術を採用しており、太陽光中の赤外線を効果的に反射するのも特徴です。塗膜の膨張や収縮が抑えられるため、ひび割れや剥がれが発生しにくくなるでしょう。 [myphp file="comContactL"] スーパーシャネツサーモFを使った塗装に向いている住宅とは? まず、南向きの住宅に向いています。日光が長時間当たる場合でも、優れた遮熱性能で内部の温度上昇を抑えてくれるからです。また、海沿いの住宅では塩害の影響を受けやすいですが、スーパーシャネツサーモFには高耐候性が備わっているため、外壁を長期間守ってくれるでしょう。 その他に、山間部の住宅も強風や雨の影響を受けやすいものの、スーパーシャネツサーモFの耐久性が外壁をガードするためおすすめです。たとえ、豪雪地域だとしても高い耐久性で積雪や融雪によるダメージを防いでくれます。築年数が長い住宅においても、既存の外壁を補強してくれるため、メンテナンスの頻度を減らせるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ 厚木市で外壁塗装を考えるときに知っておきたいこと 海老名市で外壁塗装をお考えの人へ|優良業者選びのポイントを紹介 【2024年最新版】外壁塗装の人気色TOP10|大和市の人気色もご紹介 何が違う?スーパーシャネツサーモFとSiを比較 スーパーシャネツサーモFとスーパーシャネツサーモSiは、同じシリーズの塗料ですが、いくつかの違いがあります。 まず、主成分です。スーパーシャネツサーモFはフッ素樹脂を基材として使用しています。期待耐用年数は16~20年です。 一方、スーパーシャネツサーモSiはシリコン樹脂を基にしており、耐候性に優れていますが、フッ素樹脂ほどの耐久性はありません。期待耐用年数は13~16年です。したがって、効果の持続性を求めるのであればスーパーシャネツサーモFの方が良いでしょう。 また、コストもスーパーシャネツサーモFの方が高価ではあるものの、耐久性や性能が優れています。補修費用を抑えられるため、長期的な視点で見れば費用対効果は高いでしょう。 しかし、スーパーシャネツサーモSiは、Fと比べると安価であるためコストを抑えたい方向けの塗料だと言って良いかもしれません。 その他に、施工性にも違いがあります。スーパーシャネツサーモSiの方が比較的施工は容易で、広範な用途に適しています。スーパーシャネツサーモFの方が、若干施工が難しいものの、専門の技術者が施工すれば問題ないでしょう。 建物の耐久性を高めたいなら中山建装にお任せ!スーパーシャネツサーモFで美しい外壁を実現 スーパーシャネツサーモFは、優れた遮熱性能や耐候性、耐久性を兼ね備えた塗料であり、建物の外壁を長期間にわたり美しく保ちます。外壁の温度上昇を抑えるだけでなく、紫外線や酸性雨による色あせを防ぎ、地震や飛来物による衝撃にも強い耐久性を持っているため、災害大国日本に住んでいる方におすすめです。 弊社中山建装では、スーパーシャネツサーモFを用いた塗装サービスの提供はもちろん、お客様のニーズに応じて最適な提案を行っています。経験豊富な職人や塗装関連の資格を持つスタッフが丁寧に対応することを約束します。 さらに、弊社はアステックペイントを取り扱っており、コスパの良い塗料を多く取りそろえているのも強みです。遮熱塗料ナンバーワンに輝いたものを多く扱っていますので、建物の状態を見ながら最適なものを提案できます。外壁塗装をご利用いただいたお客様からもご好評をいただいております。 外壁塗装に関するご相談やお見積もりがございましたら、中山建装までお気軽にお問い合わせください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装:カラーシミュレーションページ

2024.06.13(Thu)

詳しくはこちら

遮熱塗料〇〇の選び方塗料選び塗装工事のお役立ちコラム外壁塗装

長年建物を守ってくれる「プラチナシリコンREVO2000-IR」とは?強み・耐用年数をお話しします!

長年建物を守ってくれる「プラチナシリコンREVO2000-IR」とは?強み・耐用年数をお話しします!

厚木市・座間市・大和市・相模原市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 家は基本的に購入後、数十年間にかけて住み続けます。長く住み続けるには外壁の劣化を食い止めなくてはいけません。しかし、外壁塗装を行っても低品質な塗料を使うと建物を保護してくれる期間は短くなるでしょう。 保護する期間が短いと、次のようなことが起こります。 外壁塗装後、すぐに塗料が剥がれる 外壁の状態が悪くなり、余計な補修費用がかかる 今回お話しする「プラチナシリコンREVO2000-IR」は、長い期間建物を保護してくれる塗料です。業界内でも高評価を得ています。 しかし、性能が良いと言われても自分なりに納得した上で「プラチナシリコンREVO2000-IR」を使うか決めたいですよね。そこで今回は、外壁のプロの観点から「プラチナシリコンREVO2000-IR」についてお話しします。 ▼合わせて読みたい▼ 汚れにくい外壁を手に入れる!超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの特徴と一般的な塗料との違いとは? [myphp file="comContactL"] 建物の保護効果が凄いって本当!?プラチナシリコンREVO2000-IRの概要 プラチナシリコンREVO2000-IRは、最新のシリコン技術を駆使して開発された高性能な外壁塗料です。住宅や商業施設、公共建築物などさまざまな建物で使われています。建物を長持ちさせたい方にピッタリです。 保護効果が高ければ、長期にわたり住宅に住み続けられるため快適な生活を送れるでしょう。 どのような特徴があるの?プラチナシリコンREVO2000-IRの強みとは? プラチナシリコンREVO2000-IRには、さまざまな強みがあります。 紫外線に強い!優れた耐候性 夏の暑さをカット!高い遮熱性 汚れ知らずの外壁!汚れにくい特性 強みの内容をそれぞれ詳しく見てみましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装の「上塗り」とは?|中塗りとの違いとトップコートの必要性 紫外線に強い!優れた耐候性 プラチナシリコンREVO2000-IRは、紫外線に対して高対候性なのが特徴です。一般的なシリコンの塗料と比べてシリコンが3倍入っているため、紫外線によるダメージを抑えてくれます。色あせを防ぎたい方にピッタリです。 さらに、酸性雨による腐食や劣化を防ぎ、塗料の寿命を延ばしてくれるのも特徴です。海岸近くの建物に対しても塩害に強い耐性を持ち、外壁をしっかりと保護してくれるため、沿岸部にお住まいの方にも向いています。 その他に、強風や大雨から建物の外壁を守ってくれる効果も期待できます。塗膜の寿命が長いため、補修や再塗装の頻度を減らしたい方に便利です。 夏の暑さをカット!高い遮熱性 赤外線を反射させる機能があるため、外壁の温度上昇を抑えてくれます。室内に熱が吸収されにくいため、暑さを和らげる効果が期待できるでしょう。 とくに、夏場の直射日光が強い時期は、効果が顕著に現れます。冷房の効率が高まって省エネルギー効果が期待できるため、冷房代を抑えられます。部屋の温度が下がれば、冷房の設定温度を上げられるため、水道光熱費の節約や冷房の冷えすぎによる体調不良を防げるでしょう。 なお、一般的なシリコン塗料と同じランプ・距離で1時間照射したところ、プラチナシリコンREVO2000-IRの方が約9.9度低い結果になりました。 汚れ知らずの外壁!汚れにくい特性 外壁の美観を保つ「汚れ防止機能」を備えています。都市部の排気ガスや工業地帯の粉塵など、汚れが付きやすい地域に住んでいる方も汚れの付着率を抑えられるため、清掃の手間を減らしたい方にもうってつけです。 実際に「屋外暴露雨筋試験」をしたところ、一般的なシリコン塗料と比べてプラチナシリコンREVO2000-IRは汚れていませんでした。 外壁が汚れにくい状況になれば、黒ずみが目立たないため築年数の割に綺麗な家だと思ってもらえるかもしれません。将来的に建物の売却を考えている方は査定時に住宅の状態を見られるため、大事な特性だと言えるでしょう。 [myphp file="comContactL"] プラチナシリコンREVO2000-IRの持続性は?耐用年数はどのくらい? プラチナシリコンREVO2000-IRの耐用年数は、一般的に14〜17年とされています。一般的な塗料の場合5~10年程度であることが多いため、長期間外壁を保護することが可能です。 耐用年数が長い塗料を使えば、再塗装の頻度が減ります。外壁塗装の際、1回につき数十万円かかることが多いため、長い目で見ると数百万円の節約になるかもしれません。 また、建物全体の寿命を延ばす効果も期待できます。長期にわたり塗料の効果を発揮させられるため、建物の老朽化を遅らせることが可能です。見た目が良く、ダメージの少ない建物だと判断されれば、売却時に高値で買い取ってもらえる確率が高くなるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ 【塗装会社が教える】超低汚染塗料の選び方と、後悔しないための注意点 プラチナシリコンREVO2000-IRの効果を持続させるポイントとは? 効果が持続するかは、次のことを行えるかで変わります。 ①適切な施工 ②定期的な点検 ③コマメな洗浄 実際に何を意味しているのか、それぞれ詳しく見てみましょう。 ①適切な施工 適切な施工をしてもらえれば、効果は持続しやすいです。たとえば、外壁の汚れや旧塗膜をしっかりと除去してくれる塗装専門業者を選べば、塗料の密着性が向上した状態で塗装してくれるため、塗膜の剥がれやひび割れの防止に繋がります。 結果、塗料の効果をより長く持続させることが可能です。塗装専門業者のブログがあれば、どのように作業を進めているのか掲載されているため、判断しやすいでしょう。 ②定期的な点検 定期的な点検が必要な理由は、ひび割れや剥がれ、汚れがないかを確認するためです。早期に発見できれば、被害が大きくなってしまうことを防げます。早い段階で補修を行うことで、塗料の効果を損なわずに済みます。 なお、点検の頻度は少なくとも年に一度は行った方が良いでしょう。気温や湿度の変動が激しい季節の変わり目や、長雨の後などに被害を受けている可能性があるからです。 ③コマメな洗浄 コマメな洗浄も大事です。外壁の表面に汚れがたまると、塗料の効果が低下してしまうからです。ブラシで汚れを取り除くと、塗料の効果を持続させられます。 しかし、ブラシで激しくこすると塗膜が損傷して塗料の性能が低下を招くこともあるため、ご自身で清掃するのが不安な場合は専門業者に依頼した方が良いでしょう。 [myphp file="comContactL"] プラチナシリコンREVO2000-IRで建物を長持ちさせたい方は中山建装までお尋ねください! プラチナシリコンREVO2000-IRは「耐候性・遮熱性・美観維持性能」により、建物の外壁を長期間にわたって美しく保つことが可能です。 中山建装では、プラチナシリコンREVO2000-IRを取り扱っています。 弊社には長年外壁塗装を行っている名工がいるのはもちろん、外壁劣化診断士や雨漏り診断士の資格を保有しているスタッフも在籍しております。そのため、外壁の状況を見極めながら最適な塗料が他にないか探すことも可能です。お客様のニーズに合わせてスタッフがわかりやすくお話ししますので、安心してお任せください。 また、弊社はアステックペイントの認定店ですので、他社と比べて耐久性に優れている塗料を多く取り扱っています。外壁塗装の依頼をしてくださったお客様からも、喜びの声を多くいただいております。ハウスメーカーが扱っている塗料に似たものを安く取り扱っていますので、施工費用を節約したい方にもピッタリです。 お客様のご予算に応じて、ニーズにマッチするものを極力提案いたしますので、お気軽にご相談ください。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装:カラーシミュレーションページ

2024.06.13(Thu)

詳しくはこちら

遮熱塗料〇〇の選び方塗料選び塗装工事のお役立ちコラム外壁塗装

スーパーシャネツサーモSiで節電効果を実感!強みとスーパーシャネツサーモFとの違いも教えます!

スーパーシャネツサーモSiで節電効果を実感!強みとスーパーシャネツサーモFとの違いも教えます!

厚木市・座間市・大和市・相模原市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 近年、日本でも酷暑に見舞われることが多くなってきました。冷房の温度を下げたいものの、電気代が高くなったため、躊躇っている方もいるのではないでしょうか?しかし暑い中で生活を送ると、次のようなことが起こるかもしれません。 暑くて物事に集中できない 心身ともに滅入ってしまう 不快感を感じる この状態を解消する上で役立つのが、今回お話しする「スーパーシャネツサーモSi」です。遮熱性の比較実験では、塗布した箇所は未塗布の箇所と比べて15.7度低くなることがわかりました。熱の吸収率を抑える効果があるため、室内の暑さを和らげたい方にピッタリです。 しかしスーパーシャネツサーモには「F」もあります。シリーズは同じであるものの、SiとFには違いがあるため注意しなくてはいけません。 そこで今回は、塗装のプロが「スーパーシャネツサーモSi」の強みを見ながら、スーパーシャネツサーモFとの違いをお話しします。違いを理解していただき、塗料選びの参考にしてください。 ▼合わせて読みたい▼ 汚れにくい外壁を手に入れる!超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの特徴と一般的な塗料との違いとは? [myphp file="comContactL"] スーパーシャネツサーモSiとは? スーパーシャネツサーモSiはチタンを含む屋根塗装用の塗料で、外壁の美観を保ちつつメンテナンスコストを抑えます。建物の寿命を延ばしてくれるため、コストパフォーマンスを高める効果も期待できるでしょう。 スーパーシャネツサーモSiにおける3つの強み スーパーシャネツサーモSiの強みは次の通りです。 強み①雨風にも負けない!スーパーシャネツサーモSiの耐久力 強み②いつでも美しい外壁!チリやホコリに強い防汚性 強み③プロも納得!施工が簡単! それぞれ何が強みなのか具体的な内容を見てみましょう。 強み① 雨風にも負けない!スーパーシャネツサーモSiの耐久力 スーパーシャネツサーモSiの最大の特徴は、優れた耐久力です。たとえば紫外線の場合、吸収率を抑えて塗膜の劣化を防ぎます。結果、外壁の色あせを抑えるため、美しい外観を保てるでしょう。 ひび割れや塗膜の剥がれが起こると、建物の耐久性が低下します。長く住み続けようと思っても、劣化により退去しなくてはいけなくなるかもしれません。生活できる期間を短くしないためにも、耐久力が活きてくるでしょう。 また、酸性雨や強風によるダメージも最小限に抑えてくれますので、ひび割れや剥がれを防ぐのに効果的です。 強み②いつでも美しい外壁!チリやホコリに強い防汚性 スーパーシャネツサーモSiは、汚れが雨水によって洗い流されやすい形状です。結果、長期間にわたり清潔で美しい状態を保てます。 汚れが付くと外壁の性能が低下し、建物の老朽スピードが速くなります。結果、築年数よりも古く見える状況が起こるかもしれません。建物の印象を悪くしないためにも、防汚性は必要です。 とくに都市部では排気ガスが多いため、汚れの付着率は高くなります。しかしスーパーシャネツサーモSiは、汚れが付着しにくい状況をつくってくれるため、チリやホコリが多い地域に住んでいる方にも向いているでしょう。 強み③プロも納得!施工が簡単! スーパーシャネツサーモSiは、施工が簡単です。施工業者にとって扱いやすいため、均一に美しく仕上げられるでしょう。施工性の高い塗料は、塗装作業をスムーズに行える分、クオリティの高い仕上がりが期待できます。 仮に、施工が難しい塗料を使ってしまった場合、職人のスキルによっては出来栄えが悪くなってしまい、理想の仕上がりにならないかもしれません。さらに建物の耐久性を低下する原因にもなるため、施工が簡単な塗料を使うのは大事です。 また、施工が簡単であれば施工時間が減ります。施工時間が減れば人件費も浮くため、施工費用のディスカウントにもつながります。したがって、費用を抑えつつ短期間で出来栄えの良い塗装をしてほしい方にも、スーパーシャネツサーモSiは向いているのです。 [myphp file="comContactL"] スーパーシャネツサーモSiの価格は? スーパーシャネツサーモSiの価格は、一般的な塗料よりもやや高めに設定されています。初期費用は一般的な塗料より高いものの、耐久性と防汚性により再塗装の頻度を減らせる分、長期的に見るとメンテナンスコストを浮かせることが可能です。 あまりに費用の安い塗料を使うと、次のことが起こってしまうかもしれません。 外壁がもろくなる 雨漏りが起こる 自宅の傾きが起こる 費用の安い塗料を使うと、外壁にダメージを与えやすくなるため、もろくなってしまいます。放置すると、建物内部の建材もダメージを受けるようになって、雨漏りや自宅の傾きが起こる原因になってしまうのです。結果、家の快適さが失われます。 安価な塗料を使ってしまい、外壁や建物内部に起こったダメージを解消するには、新たに補修費用を支払わなくてはなりません。ダメージの範囲が狭ければコストを抑えられますが、ダメージの範囲が広かったり、被害が深刻な状況だったりすると、コストは大きくなってしまいます。 コストがかさむと家計に大きな負担を与えてしまい、住宅を維持できなくなるかもしれません。住宅を手放さないためにも、高品質の塗料を使用して無駄なコストが発生しないようにした方が良いのです。 近年では物価増によって、メンテナンス代が数年前と比べて高騰しているケースも珍しくありません。家計の負担を大きくしないためにも、高品質の塗料を使用してランニングコストを浮かせることに意識を向けた方が良いでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ 神奈川県内の外壁塗装費用相場|【2024年最新版】賢く外壁塗装をしよう スーパーシャネツサーモFとの違い スーパーシャネツサーモSiとスーパーシャネツサーモFの違いは成分です。スーパーシャネツサーモSiはシリコン樹脂をベースにしており、高い耐候性と防汚性を持っています。 一方、スーパーシャネツサーモFはフッ素樹脂がベースの塗料です。フッ素樹脂は紫外線や酸性雨に対する耐久性が非常に高いため、長期にわたり外壁を保護できます。シリコン樹脂よりも汚れが付きにくいため、メンテナンスの手間をさらに減らせるでしょう。 その他に、耐用年数の点でも違いがあります。スーパーシャネツサーモSiの期待耐用年数は一般的に13〜16年です。一方、スーパーシャネツサーモFの期待耐用年数は16〜20年とされています。 耐用年数が長い塗料を選べば、再塗装の頻度が減る分、メンテナンスのコストを抑えることが可能です。よって、持続性を求める方はスーパーシャネツサーモFを使用した方が良いでしょう。 ただし、建物の材質によっては「スーパーシャネツサーモSi」の方が良い場合ケースもあるため、塗装専門業者から話を聞いた上で判断することが大事です。 [myphp file="comContactL"] スーパーシャネツサーモSiについて詳しく聞きたい方は中山建装へ! 中山建装でも、スーパーシャネツサーモSiを扱っており、さまざまなハウスメーカーの塗装をしてきた実績がございます。 厚木市や座間市など、神奈川県内を中心に多数の塗装を手がけてきました。しかも当店には30年以上塗装の世界で活動している代表取締役をはじめ、塗装のプロフェッショナルが数多くいますので、作業を安心してお任せいただけます。 また、当店は遮熱塗料No.1の実績に輝いたことのある「アステックペイント」を取り扱っています。スーパーシャネツサーモSiやF以外の塗料もございますので、万が一建物の材質に合わなくても他の塗料を提案することが可能です。 さまざまな種類の塗料を扱っていますので、遠慮なくご相談くださいませ。皆様からのお問い合わせを、心よりお待ちしております。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装:カラーシミュレーションページ

2024.06.10(Mon)

詳しくはこちら

遮熱塗料〇〇の選び方塗料選び塗装工事のお役立ちコラム外壁塗装

排ガス・黄砂を自動で洗い流す超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRとは?

排ガス・黄砂を自動で洗い流す超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRとは?

厚木市・座間市・大和市・相模原市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 建物の経年劣化とともに、排ガスや黄砂の汚れが目立つようになることがあります。外壁の美観と耐久性を維持するためには、適切な塗料の選択が極めて重要です。誤った塗料選びをすると、外壁が汚れやすくなり、美観が損なわれるかもしれません。 汚れが目立つ外壁には、次のようなデメリットがあります。 建物の外観が実際の築年数以上に古く見える 清掃の頻度が増える 不動産価値が低下し、売却時に安値が付く 結果として、建物に対する愛着が薄れてしまうかもしれません。 住宅は一生で最大の買い物と言われ、多くの資金を投じて購入するものです。そのため、外壁が汚れまみれになるのは避けたいものです。 汚れまみれになるのを防ぐには、汚れが目立ちにくい塗料を使用することが鍵となります。たとえば「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」は最新技術を用いて開発された外壁用塗料で、汚れが付きにくいことで知られています。外壁の耐久性を高める成分も含まれていますので、長期間住み続けたい方におすすめです。 とはいえ「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」を本当に使用して良いのか不安に思う方もいるでしょう。そこで今回は、外壁劣化診断士の視点から、この塗料の特徴と強みについて詳しく解説します。 ▼合わせて読みたい▼ 汚れにくい外壁を手に入れる!超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの特徴と一般的な塗料との違いとは? [myphp file="comContactL"] 外壁汚れを洗い流してくれる「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」とは? 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRは、塗料メーカー「アステックペイント」が開発した高機能塗料で、特徴的な性能によって業界で広く評価されています。この塗料は、アステックペイントの高付加価値塗料「プラチナシリーズ」の一部として誕生しました。 最新の技術を駆使して開発され、高い耐久性と美観維持能力を兼ね備えています。 ▼合わせて読みたい▼ 【塗装会社が教える】超低汚染塗料の選び方と、後悔しないための注意点 外壁塗装の高品質塗料「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」の特徴 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRには4つの特徴があります。 ①耐候性によって紫外線や雨風のダメージを抑えられる ②超低汚染性によって汚れの付着率を下げられる ③防カビ・防藻によってカビや藻の発生リスクを抑えられる ⓸熱の吸収効果を持続させる遮熱保持性が備わっている どういうことか、内容を詳しく見てみましょう。 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRの特徴①耐候性によって紫外線や雨風のダメージを抑えられる 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRは、非常に優れた耐候性を誇ります。紫外線や酸性雨などの厳しい気象条件に対しても強い抵抗力を持つため、塗膜の劣化を著しく抑制してくれるのです。建物全体が雨風による損傷や侵食から守られ、結果として建物の長寿命化が手に入ります。 さらに、極寒の冬や高温の夏といった過酷な気候条件に耐える性能もあります。年間を通じて安定した性能で塗料の劣化を防ぐため、建物の外観を美しく保つことが可能です。 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRの特徴②超低汚染性によって汚れの付着率を下げられる 建物の見た目を良く保つためには、汚れを防ぐことが不可欠です。超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRは、特殊な成分を含んでおり、汚れが付きにくく、雨の力で汚れを洗い流しやすい特徴があります。そのため、外壁の美しさを長く保つことが可能です。 また、この塗料は外壁だけでなく屋根にも使用可能です。建物全体の美観を新築時の状態に戻したいと考える方にも適しています。 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRの特徴③防カビ・防藻によってカビや藻の発生リスクを抑えられる 高湿度の環境では、カビや藻が発生しやすく、建物の美観や衛生に悪影響を与えます。超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRは防カビ・防藻成分を含んでおり、これらの問題を効果的に防ぎます。 湿度の高い地域では、防カビ・防藻効果が非常に有効です。外壁の清潔さと美観を長期間維持し、建物の劣化を防げます。これらの特性は、木材や断熱材の腐食を防ぎ、建物の耐久性を向上させてくれるでしょう。 また、防カビ・防藻性能は室内環境にも良い影響を与え、健康的な生活空間を提供します。とくにアレルギーや呼吸器系の問題を持つ方々にとって重要な要素であり、家族の健康を守るために適した塗料です。 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRの特徴⓸熱の吸収効果を持続させる遮熱保持性が備わっている 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRの優れた遮熱保持性は、塗料に含まれる特殊な無機顔料によって実現されています。この顔料は太陽光の赤外線を効果的に反射し、外壁の温度上昇を抑える効果が期待できます。塗装直後だけでなく、長期間にわたって効果を持続させられるのが特徴です。 さらに、汚れにくい特性を持ち、時間が経過しても遮熱効果が低下しにくいのも強みだと言えます。遮熱保持性により、建物の外壁は温度変化による膨張や収縮の影響を受けにくくなります。結果、外壁のひび割れや塗膜の剥離といった劣化を防ぎ、建物全体の耐久性を向上する効果が生まれるのです。 また、遮熱効果が持続することで、室内温度が安定しやすくなり、住環境が快適に保たれます。居住者の健康にも良い影響を与えます。室内の温度が一定に保たれることで、冷暖房機器への依存が減るため、快適な住空間を維持したい方にピッタリです。 「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」を使った塗装で仕上がりを良くしてもらうには? 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRを使った塗装で仕上がりを良くしてもらうには、ルールに則って丁寧に作業する「塗装専門業者」を見つけることが大事です。 次のポイントをもとに、塗装専門業者を選ぶと良いでしょう。 適切に下地処理を行う 適切な気温と湿度で施工してくれる 塗料の混合と希釈を正確に行う 塗布のルールを守っている それぞれ、何を指すのか具体的にお話しします。 適切に下地処理を行う 下地処理では塗装前の外壁の状態をしっかり確認し、汚れや劣化箇所を徹底的に清掃した上で、必要に応じて補修を行うことが重要です。下地がしっかり処理されていないと、塗料の性能が発揮されず、塗膜が早期に剥がれたり劣化したりするリスクがあります。経験豊富な塗装専門業者に依頼することで、丁寧な作業が期待できるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ ケレンはなぜ必要?下地調整をおこなう意味やメリット 適切な気温と湿度で施工してくれる 塗装作業は、気温と湿度が適正な状態で行うことが大事です。一般的には、気温が5℃以上、湿度が85%以下の環境が望ましいとされています。塗料が均一に乾燥するため、良い出来栄えの塗装になるでしょう。 塗料の混合と希釈を正確に行う 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRは二液型塗料であるため、2種類の液体を正確に混合し、必要に応じて適切に希釈することが大事です。混合比率や希釈率を守らないと、塗膜の性能が発揮されなくなります。 塗布のルールを守っている 塗料の塗布方法として、ローラーやスプレーなどの使用方法があるものの、注意点を守らないと出来栄えが悪くなるため注意しなくてはいけません。 たとえば、ローラーの場合は均一に塗布するために複数回重ね塗りを行うことが推奨されます。一方、スプレーの場合は希釈率に注意しながら、ムラなく塗布することが求められます。このように、塗布方法によって注意点を守ってくれる塗装専門業者に依頼するのも大事です。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装の「上塗り」とは?|中塗りとの違いとトップコートの必要性 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRを使用した外壁塗装で高クオリティの仕上がりをお求めの方は、中山建装にお問い合わせください! 中山建装では、超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRを提供しており、適用が難しい場合でも、他の高耐久塗料を提案できます。国内市場の中でも、耐久性に優れた塗料を取り扱っていますので、長期間効果を維持したい方におすすめです。 当店には、長年の経験を持つ熟練の職人や塗装に関する資格を持つスタッフが多数在籍しており、お客様の予算や建物の材質に応じた最適な塗料をプロの視点から選定して提案します。ぜひお気軽にご相談ください。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装:カラーシミュレーションページ

2024.06.10(Mon)

詳しくはこちら

遮熱塗料〇〇の選び方塗料選び塗装工事のお役立ちコラム外壁塗装

汚れにくい外壁を手に入れる!超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの特徴と一般的な塗料との違いとは?

汚れにくい外壁を手に入れる!超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの特徴と一般的な塗料との違いとは?

厚木市・座間市・大和市・相模原市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 外壁の汚れが気になる方もいるのではないでしょうか?たとえば、車の交通量や工場が多い場所ある住宅は、空気中に舞っている汚染物質の量が多いため汚れは付きやすいです。外壁塗装を考えているものの、今度は汚れが付きにくいようにしたいと思っている方もいるのではないでしょうか? そのような方におすすめしたいのが「超低汚染プラチナリファイン2000Si-IR」です。超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRには、次のような特徴があります。 外壁を長期間守る「高対候性」 常に美しい外壁を実現する「超低汚染性」 清潔な外壁を維持する「防カビ・防藻性」 夏の暑さをシャットアウトする「遮熱性」 長期間にわたり快適環境を維持する「遮熱保持性」 実際に、塗装した後に汚れが付きにくくなったと話すユーザーもいます。しかし、いくら高性能で評判の良い塗料でも本当に自分の住宅に使って良いか気になる方もいるはず。 そこで今回のお役立ちコラムでは、外壁劣化診断士の観点から「超低汚染プラチナリファイン2000Si-IR」の特徴や、一般的な塗料との違いをお話しします。 [myphp file="comContactL"] 超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRとは? 超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは、高性能な外壁塗料です。特殊なシリコン樹脂を使用しており、一般的な塗料に比べて多くの利点を持っています。結果、建物の美観を長期間にわたり維持しつつ、外壁の保護性能を高めることに成功しました。 超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの特徴 ここからは、超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの特徴を見てみましょう。 ①高耐候性:外壁を長期間保護 ②超低汚染性:常に美しい外壁を実現 ③防カビ・防藻性:清潔な外壁を維持 ④遮熱性:夏の暑さをシャットアウト ⑤遮熱保持性:長期間の快適環境 それぞれ、どのような強みがあるのか詳しくお話しします。 ①高耐候性:外壁を長期間保護 超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは、耐候性が高いため外壁を長期間保護してくれます。紫外線や酸性雨などの過酷な環境条件にも強いため、保護力が高いのです。結果、住宅や建物の外壁が長期間にわたり美しさや機能を維持してくれます。 とくに日本の気候は四季がはっきりとしており、夏の強い日差しや冬の寒さ、梅雨の湿気など外壁にダメージを与える機会が多く見られます。よって、耐候性の高い塗料を使用することは、建物の長寿命化を実現させる上で重要なのです。 ②超低汚染性:常に美しい外壁を実現 外壁の美観を保つためには、汚れの付着を防ぐことが重要です。超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは、特殊な配合により汚れが付きにくく、付着した汚れも雨水で簡単に洗い流される特性を持っています。結果、外壁の美観を長期間にわたって維持できるのです。 また、外壁の汚れを防ぐことは、建物の機能性向上にも役立つでしょう。外壁に汚れが付着すると、その部分が劣化してしまい外壁の機能が損なわれる原因になってしまいます。しかし、超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRを塗れば、外壁に汚れが付着しにくいです。劣化が進みにくくなるため、建物全体の劣化防止に役立ちます。 ▼合わせて読みたい▼ 【塗装会社が教える】超低汚染塗料の選び方と、後悔しないための注意点 [myphp file="comContactL"] ③防カビ・防藻性:清潔な外壁を維持 建物の外壁にカビや藻が発生すると、美観を損なうだけでなく、建物自体の劣化を早める原因になります。中でも湿度の高い地域や、日当たりの悪い場所では、カビや藻が発生しやすいため、外壁の劣化が起こりやすいです。 しかし、超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRには、防カビ・防藻成分が含まれており、これらの発生を効果的に抑制します。結果、カビや藻が生えやすい地域でも外壁を清潔で美しい状態に保ってくれるのです。 さらに、カビや藻の発生を抑えることは、健康面でも重要です。カビや藻はアレルギーの原因となり、健康被害を引き起こす場合があります。健康的に過ごせる住環境をつくりたい方にも効果的な塗料だと言えるのです。 ▼合わせて読みたい▼ 屋根に生える苔の問題点|苔・カビ・藻によるサビが建物を劣化させる ④遮熱性:夏の暑さをシャットアウト 超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは、高い遮熱性能を持っています。赤外線を反射することで、外壁の温度上昇を抑える効果があるため、建物内部の温度を快適に保つことが可能です。結果、冷房負荷の軽減につながるため省エネルギー効果が期待できます。 また、遮熱効果は外壁の劣化を防ぐ効果もあります。外壁の塗膜は高温にさらされると劣化しやすくなりますが、遮熱性の高い塗料を使えば劣化を抑えることが可能です。 ⑤遮熱保持性:長期間の快適環境 遮熱性に加えて、遮熱効果を長期間にわたって保持する能力も重要です。超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは、長期にわたって遮熱効果を維持できます。遮熱効果が長期間持続することで、冷房費用の削減効果も持続するため、電気代の節約に役立つでしょう。 さらに、遮熱効果が維持されれば外壁のダメージを抑えやすくなるため、再塗装の頻度が減ります。結果、メンテナンスコストの削減にもつながり、建物の維持管理費を抑えやすくなるでしょう。 一般的な塗料と超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRの違い ここからは、一般的な塗料と超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRとの違いを見てみましょう。今回は、3つの項目において比較します。 耐久性 保証の充実度 コストパフォーマンス 耐久性 一般的な塗料は、紫外線や酸性雨などに対する耐久性が低いケースも少なくありません。耐久性が低い塗料を使うと、再塗装の頻度が高くなり、メンテナンスコストが増加します。 一方、超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは、非常に高い耐久性を持ち、長期間にわたって外壁を保護します。これにより、再塗装の頻度を大幅に減らし、長期的なメンテナンスコストを抑えることが可能です。 保証の充実度 一般的な塗料では、保証期間が短いことも珍しくありません。そのため、トラブル時の対応が十分でないことも珍しくないでしょう。 一方、超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは、メーカーや施工業者からの長期保証付きの場合が多いでしょう。万が一トラブルが発生しても、保証してもらいやすいのが強みです。 コストパフォーマンス 一般的な塗料は初期費用が安い反面、頻繁なメンテナンスや再塗装が必要となり、長期的に見るとランニングコストが高くなります。 一方、超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは初期費用が一般的な塗料よりも高額です。しかし耐久性や美観維持性能があり補修の頻度を減らせるため、長期的に見るとコストパフォーマンスは非常に高いでしょう。再塗装の頻度が少なくメンテナンスコストも低いため、長い目で見るとコストを抑えられます。 [myphp file="comContactL"] 超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRでオトクに塗装したい方は中山建装にご相談ください! 超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRは「耐久性」「美観維持」「防カビ・防藻性」「遮熱性」「遮熱保持性」などの優れた特徴を持ち、建物の外観を長期間にわたって美しく保てます。長期的なコストパフォーマンスも非常に高いため、外壁塗装の選択肢としておすすめです。 もし、建物の外壁を美しく保ちつつ、長期的なメンテナンスコストを抑えたいとお考えの方は、ぜひ中山建装にご相談ください。中山建装では、超低汚染プラチナリファイン2000Si-IRで塗装することも可能です。経験豊富な名工やスタッフが、丁寧に対応いたしますので、安心してお任せください。 さらに当店は、遮熱塗料ナンバーワンに何度も輝いたことのある「アステックペイント」を扱っていますので、他の塗料を提案することも可能です。外壁塗装に関するご相談やお見積もり等ございましたら、お気軽に中山建装までお問い合わせください。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装:カラーシミュレーションページ

2024.06.10(Mon)

詳しくはこちら

遮熱塗料〇〇の選び方塗料選び塗装工事のお役立ちコラム外壁塗装

大和市の外壁リフォーム施工例3選!

中山建装が施工した大和市の外壁リフォーム事例3選!

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 大和市の住宅で外壁リフォームを検討しているあなた! 次はどんな外観に風にしようか考えているこの時間、とっても楽しいですよね。それと同時に「絶対に失敗はしたくない!」という気持ちも強いのではないでしょうか。 💬「外壁リフォームって思い切ってイメチェンしたい気持ちもあるけど、結局無難になりそう」 💬「おしゃれな外壁にしてみたいけど、私にはセンスがないからどうすればいいのかわからない」 外壁は住宅の中で一番見える面積が広いため、外壁の色やデザインで印象が決まってしまうといっても過言ではありません。今の色のまま塗り替えるのか、違う色に変えてみるのか…色で悩むのはもちろんですが、機能性も考慮したいところですよね。 今回のお役立ちコラムでは、中山建装で実際におこなった「大和市の外壁リフォーム施工例」をご紹介します!施工例を見てみると、マイホームが変身する姿がありありと描けるようになりますよ。ぜひ参考にしてくださいね! [myphp file="comContactL"] 大和市の外壁リフォーム施工例①超低汚染性塗料で強気の美白外壁へ! こちらの住宅の外壁のBEFOREをご覧ください。まるで住宅が涙を流しているように雨跡がついていました。この汚れは、雨跡だけでなくカビや苔といったものが付着してできたものです。ホワイト系の外壁に影がかかったような暗い印象をうけますね。 外壁塗装工事をおこなうときには、まず高圧洗浄でしっかりと汚れを洗い流します。この工程をしっかりとおこなわないと、塗料のつきが悪くすぐに浮いてきたり、はがれたりする原因になります。汚れたままの外壁は、いくら高機能で高い塗料を塗っても意味がないのです。 塗装は3回にわけておこなうことで、下地が調整されて塗料の密着が良くなります。こちらの外壁は、塗料メーカーアステックペイントの誇る、プラチナシリーズの「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」を使用しました。最高の汚れにくさを実現したフッ素系塗料で、耐用年数はなんと21〜26年ほどです。 真っ白な外壁に生まれ変わりましたが、ここまで思い切れるのは超低汚染性塗料を使用しているからなのです。白い外壁は汚れが目立つために、断念する方もいらっしゃいますが、塗料の機能性を活用することで理想を叶えられます。 今回ご紹介した施工事例の詳細はコチラ 大和市の外壁リフォーム施工例②環境にマッチする美しいスカイブルーカラーに変身! こちらの住宅は、ホワイト系の外壁からブルー系の外壁に大変身しました!完成した日もとても天気が良く、青空の背景とマッチしていますね。 ブルー系の外壁は、周囲の住宅や景色に浮いてしまうのではないかと気になるかもしれません。ですが、トーンを明るめにしつつ少しくすんだブルーを選ぶことで、清潔感のある落ち着いた印象に仕上がります。AFTERの写真からも、周囲の住宅にも馴染んでいるのがわかるでしょう。ブルー系の色は、汚れが目立ちにくいうえに、色あせも目立ちにくいというメリットがあります。色としてはパッと目立つ印象はありませんが、静かな存在感が目を惹きます。 こちらの外壁の塗料は、アステックペイント「スーパーラジカルシリコンGH」を使用しました。ラジカルとは、塗料に色を付ける顔料の主成分である「酸化チタン」が、紫外線の影響によって発生する劣化因子のことです。ラジカルが発生すると塗膜の劣化が進行してしまうので、外壁にとっては大敵です。 そんなラジカルを技術の力で抑制可能にしている塗料なので、美観の維持も叶います。こちらの住宅は屋根塗装工事も一緒におこない、2週間ほどで完了しました。外壁の色とリンクさせた屋根色の濃いブルーに、センスの良さを感じますね。屋根塗装も一緒におこなうことで、住宅まるごと一新できました。 今回ご紹介した施工事例の詳細はコチラ 大和市の外壁リフォーム施工例③落ち着いた印象から明るい印象の外壁へ! こちらの住宅はグレージュのような落ち着いた色味から、真っ白な外壁に塗装いたしました。ベージュやグレーといった中間色に分類される色は、汚れが目立ちにくいと聞いたことがあると思います。ですが、こちらの住宅のBEFORE写真を見てみると、窓枠から雨跡で汚れているのがよくわかりますね。 汚れが目立ってくるのは、時間とともに塗料が劣化していく経年劣化によって、本来の機能性が低下しているからです。汚れが目立ちにくい色だとはいえ、時間の経過とともに汚れは積もって濃くなっていきます。「もう古いから仕方がない」と放置していればなおさらです。汚れを気にするならば、むしろ色ではなく塗料の機能性に注目してみましょう。 こちらの住宅では、アステックペイントの「超低汚染リファイン1000Si-IR」を使用しました。最初の住宅と同様に「超低汚染性」というワードの入った塗料です。低汚染性とは汚れにくさをあらわすもので、それに超がついているハイレベルな塗料です。汚れにくい塗膜を形成できるからこそ、真っ白な外壁でも怖いものなしになれます。 今回ご紹介した施工事例の詳細はコチラ 外壁の塗料選びは色と機能性と予算のバランスで考えよう 3つの外壁リフォーム施工例を見ていただきましたが、どれも色だけでなく塗料の機能性もうまく活用していましたね。 色 機能性 予算 3つのポイントをバランスよく取り入れることで、あなたの理想の外壁を叶えることができますよ。 外壁リフォーム成功ポイント①色 塗料には数多くの色があります。ただし、塗料によって選べる色数が決まっています。理想の色があれば、それを叶えられる塗料の中から検討するという決め方もできますよ。色を決めるときには、狭い範囲ではなく外壁の範囲に当てはめて考えてくださいね。塗ってみてから「思っていた色じゃなかった」と思うことは、外壁塗装の失敗例ではよく挙げられています。 見本帳や塗り板で色を確認するだけでなく、カラーシミュレーションも活用してみましょう。業者によっては、提案のときにシミュレーションをおこなっているところもあります。また、塗料は色だけでなく艶の程度も選択できます。シリコン系塗料は艶ありのものが大半ですが、艶をおさえめにすることも可能です。ショールームをもっている業者は、塗り板を展示している場合もあるので事前に見え方を確認しておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ カラーシミュレーション活用のコツ大和市で外壁塗装の色選び完全ガイド! 外壁リフォーム成功ポイント②機能性 色だけで見ると、美観の維持が難しそうな白は即座に候補から外れてしまうことでしょう。ですが、塗料の機能性を活用すれば、真っ白な外壁に塗り替えるという選択肢もとれるようになるのです。 今回の施工例にあった住宅のように、超低汚染性屋ラジカル抑制に優れた塗料も検討してみましょう。他にも、耐候性や耐久性に優れた塗料はたくさんありますので、業者の意見も取り入れながら検討してみてくださいね。業者によっては、アステックペイントの塗料を取り扱っていないところもあるため、最初にコンタクトをとる時点で確認しておくとスムーズです。 外壁リフォーム成功ポイント③予算 予算と聞くと「初期費用を安くおさめるためにどうしたらいいか?」という思考になりがちです。ですが、大切なのはトータルコストで見ることです。外壁リフォームは、範囲や施工プランによっては想定外の費用がかかることもあるでしょう。 そんなとき、塗料の機能性を削ったり、無難な色を選んだりしてしまうかもしれません。安くおさえるために、何かを手放さなければならないというのは、外壁リフォームだけに始まったことではありませんよね。 ただし、目先の出費だけに目を向けて選んでしまうと、長期的に見たときに損をした気持ちになることもあるのです。安い塗料を選ぶことで、塗り替え頻度が多くなるというのはよくある話です。塗料の寿命目安ともいえる「耐用年数」も考慮しながら選んでくださいね。予算を決めるときには、メンテナンスや次のリフォームにも目を向けて長期目線で考えましょう。 大和市でアステックペイント塗料を使用した外壁リフォームは中山建装へ 今回の外壁リフォーム施工例で使用していた塗料は、すべてアステックペイント製のものです。アステックペイントは、遮熱塗料シェア4年連続1位に輝いている塗料メーカーです。 「消費者の家を長く守る、価値ある塗料を広める」という信念のもとで塗料を提供しています。遮熱塗料だけでなく、低汚染性やラジカル抑制に優れた塗料なども人気ですよ。 アステックペイントは、問屋や販売店には卸さずに加盟店制度にて直販体制をとっています。そのため、すべての業者が取り扱えるわけではありません。 中山建装は、アステックペイントの塗料を取り扱っておりますので、塗料のご提案が可能です。外壁の状態や劣化を正しく判断したのち、ご予算やご希望を叶える最適な施工プランをご提案いたします。診断や見積書の作成は無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。 [myphp file="comContactL"]

2024.05.30(Thu)

詳しくはこちら

中山建装について施工事例集色選び業者選び塗料選び大和市外壁塗装屋根塗装建材

セラミック塗料で工場の屋根塗装するメリット・デメリット|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

セラミック塗料で工場の屋根塗装するメリット・デメリット|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 工場の屋根塗装をする場合、どんな塗料を使用するか選ばなければなりません。特に指定がなければ「シリコン塗料」を使用するのが一般的ですが、少しメンテナンス周期を長く置きたいとなった場合には「フッ素塗料」をご紹介するでしょう。 使用する塗料によってそれぞれの特性を付与することができるのですが、高機能・高性能塗料として紹介されている「セラミック塗料」の実態についてご紹介したいと思います。 セラミック塗料を使用することで得られるメリット・デメリットや、それを工場に施工した場合にはどんな効果を期待できるのか。そして、おすすめの塗料についてもみていきましょう。 今回のお役立ちコラムでは「セラミック塗料の全貌」を明らかにしたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 塗料による違いは?厚木市で外壁塗装をする前に知っておきたいこと セラミック塗料のメリット セラミック塗料は、無機物を混ぜ込んだ塗料全般を指しています。一般的には以下のような物質を混ぜた塗料をセラミック塗料と呼んでいることを覚えておきましょう。 ガラス繊維 砂 石 陶磁器 セラミックビーズ セラミック塗料という名称を使うメーカーもあれば「無機塗料」と呼ぶメーカーもあるので、呼び名を分けているメーカーがあるとすれば「混ぜている無機物の種類が違う」と判断すると良いでしょう。 では、セラミック塗料のメリットについてご紹介します。 親水性が高い セラミック塗料は、樹脂の中に非常に細かくされた無機物を混ぜ込むことで、樹脂成分が劣化して縮みを起こすことを阻害する性質を持っています。そのため、塗膜表面に凹凸が発生しづらく、雨水が密着しやすい性質を持っているのです。これを「親水性」と呼びます。 親水性が高いと、表面に付着した汚れを洗い流すことができるため、セルフクリーニング性能を期待することができるでしょう 放熱性が高い セラミックビーズを混ぜている塗料の場合、セラミックの構造上「中空」であることが考えられるため、放熱性が高くなります。セラミックという物質は、拡大して表面を見るとスカスカな状態だということがわかっています。そのため、熱を溜められる部分が非常に少ない特性を持っているのです。 例えば、コップに水を入れることはできますよね。これは、しっかりと中に溜められるように作られているからです。しかし、ざるに水は溜まりません。セラミックは、この「ざる」と同様な構造だと思ってください。 溜まった水が蒸発するまでコップの中は水で満たされています。この水が熱だと考えれば、そもそも溜められないざるであれば、蓄熱性が低いから放熱性が高いという理論になるのです。 低刺激で環境に優しい セラミックと言われる多くのものは、環境を破壊する成分を含んでいません。中にはトルマリンのように、自浄作用で周囲すらも浄化するものさえ存在します。一般的な化学合成で作られている塗料は、どうしても溶剤を使うこともあるため、環境破壊が懸念されますが、セラミック塗料はその懸念点が少なく済むのです。 断熱性が良い セラミックは蓄熱性が低いという話をしましたが、これは室内からの熱にも言えることです。外からの影響も受けづらければ、中からの影響も受けづらくなります。 断熱性というのは、両サイドからの熱伝導をシャットアウトする機能です。遮熱性とよく混同されますが、遮熱性は「外からの影響を跳ね返す」効果であり、断熱性とは根本的に作用が異なります。 内外の影響を受けづらく、その空間を一時的に遮断することができるのが断熱性です。完全に遮断できるわけではないので、ある程度の影響はお互いに受けるのですが、そもそもの熱を蓄える効果が低いので、結果的に断熱性向上につながっているわけです。 耐候性が高い 無機質というのは、変質しづらいという特性を持っているため、経年劣化による退色や変色が起こりづらくなります。同時に、製品そのものの劣化が遅らせられるので、耐候性が高くなるわけです。 セラミック塗料のデメリット 非常に優れているように見えるセラミック塗料ですが、やはり良いばかりではいられません。どんなデメリットが潜んでいるかを確認しましょう。 初期費用が高い 先述した通り、セラミック塗料は「無機塗料」とも言われる部類の塗料なので、最高級塗料に位置しています。そのため、どうしても初期費用を抑えることが難しくなってしまうのです。 セラミック塗料と無機塗料で分かれている場合は、そのメーカーの考え方でコスト感も変わってくるでしょう。しかし、どちらの方が上位だったとしても、特別にセラミック塗料として用意しているものは割高な塗料であることに間違いありません。 トータルコストも高い 初期費用だけであれば良いのですが、トータルコストでもあまり優秀な塗料とは言えません。シリコン塗料と比較すれば、価格は倍以上することも少なくありません。しかも、屋根塗装という紫外線の影響をもろに受けてしまうような場合は、工場の場合「毎回の工事費用が高くなる」ことが容易に想像できてしまうのです。 ひび割れやすい セラミックという素材の特性上、塗膜は非常に硬くなります。そのせいでひび割れが発生しやすいというのは、この塗料が必ず持っている特性になっています。そのため、使用する塗料が粗悪なものだった場合、せっかくの硬い塗膜が仇になってしまうことも十分に考えられるのです。 工場の屋根塗装をセラミック塗料でした場合 では、工場でセラミック塗料を使用するメリットとはどんなものがあるのでしょう。そもそもの工事費用が高くなることから、費用的なメリットはあまり考えられません。そして、ひび割れやすいということは雨漏りの心配も必要になるでしょう。 そんなセラミック塗料を工場で利用するメリットとはなんなのでしょうか。 省エネにつながる セラミックは断熱性に優れているものが多いため、広大な敷地に建物がある工場であれば光熱費削減につながるでしょう。遮熱性の高い塗料を使用すれば良いと考えるかもしれませんが、遮熱性というのは「夏の快適性」のために必要な特性で、年間を通して役に立つわけではないのです。 例えば冬、貴重な日差しすらも跳ね返してしまいます。本来であれば、その日差しで若干室温を確保できるはずが、跳ね返してしまうので室温は低いままになってしまいます。この特性があることで、降雪地帯では遮熱塗料が使用できないと言われているのです。 しかし、断熱性は熱を跳ね返すことがありません。入ってきた熱は伝わりづらいだけで、しっかりと内部へと取り込むことができます。そして、夏場の暑さは伝えづらいので、快適性が維持されるというわけです。 おすすめのセラミック含有塗料 工場の屋根塗装をする場合、おすすめできるセラミック含有の塗料は間違いなく「EC-100PCM」一択です。アステックペイントが誇るセラミック含有塗料をおすすめします。 EC-100PCM EC-100PCMという塗料は、セラミック塗料として認識はされていません。なぜなら、この塗料の特性は「600%の伸縮性」を持つピュアアクリル樹脂によって印象付けられているからなのです。 波形スレートが完全に割れてしまったとしても、塗膜がその割れをカバーするほどの脅威の性能が際立っているため、ここにセラミック成分が入っていることなどあまり注目されていないのです。 EC-100PCMは、伸縮性の良さもさることながら「遮熱性」にも富んでいます。その遮熱性を発揮しているのが「ナノセラミック粒子」です。セラミックにより熱を反射しているという特性により、塗装面は未塗装の部分に比べ17℃以上低い状態で保たれているというデータも残っているのです。 遮熱性と断熱性は違うものと言いましたが、同時に効果を発揮できないわけではありません。そのため、EC-100PCMであれば、年間を通して工場内の快適性を保つことができるのです。 セラミック塗料のご用命は中山建装へ! セラミック塗料は、その優れた断熱性、耐候性、そして親水性により、工場の屋根塗装において大きなメリットをもたらします。この塗料を選ぶことで、エネルギーコストの削減や長期的なメンテナンスの低減が期待できるため、総合的なコストパフォーマンスは高くなります。しかし、初期投資が高い点や、ひび割れやすい特性も考慮する必要があります。このため、最適な塗料選びには専門的なアドバイスが不可欠です。 中山建装では、各種高機能塗料の中でも特にセラミック塗料の専門知識を持ち、お客様の具体的なニーズに合わせた提案を行います。工場の屋根塗装をご検討中の皆様は、是非とも当社の問い合わせフォームを利用していただくか、直接メールやお電話でお問い合わせください。また、より詳細な情報や実際の塗料サンプルをご覧になりたい方は、私たちのショールームへのご来店もお待ちしております。中山建装と一緒に、あなたの工場に最適な塗装解決策を見つけましょう。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.13(Mon)

詳しくはこちら

塗料選び大和市工場塗装

戸建ての屋根塗装でフッ素塗料を使用することにデメリットはある?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

戸建ての屋根塗装でフッ素塗料を使用することにデメリットはある?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 高性能で高機能な塗料の代表格に挙げられる「フッ素塗料」ですが、常に最高のパフォーマンスを期待できるわけではないという点を教えてくれる業者は少ないです。そのため、メリットばかりに目が行きがちですが、必ずデメリットも孕んでいることも理解した上で使用することをおすすめします。 今回のお役立ちコラムではフッ素塗料を例に「どんなに優秀な塗料でもデメリットを持っている」ということをお伝えしたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 塗料による違いは?厚木市で外壁塗装をする前に知っておきたいこと フッ素塗料の特徴 フッ素塗料の特徴についておさらいしてみましょう。メリットとデメリットをしっかり把握しておくと、施工してから後悔せずに済みます。 塗膜が硬い フッ素塗料は、塗膜が非常に硬くなるため汚れの付着を防ぐことができます。低汚染塗料としての性能は、他の低グレード塗料に比べれば異次元のレベルに感じられるでしょう。シリコン塗料が一般的になったことで、低汚染性やロングライフ性が飛躍的にアップしましたが、フッ素塗料はそのさらに上を行く低汚染性を発揮しています。 ただし、この塗膜の硬さはデメリットにもなってしまうことを忘れてはいけません。硬いということは「割れやすい」ということにもつながります。一定レベル以上の曲げに対しては、その強度によってひび割れが生じてしまいます。柔軟性があればこんなことはありませんが、フッ素塗料の硬さが仇となる場面も出てくるのです。 耐候性が高い 塗膜表面の硬さがあるため、耐久性を保つことはできますが、必要なのは「変化しない」という特性です。フッ素は非常に細かな粒子状で配合されているので、樹脂成分の劣化を表面化させないように隙間を埋めてくれます。無機塗料などと同様な効果を期待できるというわけです。 一般的に、塗料の劣化は「樹脂の縮み」によって発生します。施工直後で安定している状態であれば、樹脂は適度な柔軟性を持って状態を維持し続けますが、劣化するに伴い結合していた成分が千切れ始めてしまうのです。 その結果、成分間にクレーター状の溝が生まれてしまい、チョーキング現象のように粉を吹いてしまうわけです。 フッ素成分は、この樹脂成分の千切れを防ぎ、クレーター状態にさせないように樹脂成分が結合する距離をフッ素成分が短距離にしているわけです。樹脂成分が最大限伸びた状態で隣の成分と結合するよりも、途中にいくつもの休憩地点として存在するフッ素成分に立ち寄ることで、結合中のストレスが分散されると尊像するとわかりやすいかもしれません。 高耐久だから寿命が長い フッ素塗料は非常に耐久性が高い塗料です。そのため、当然寿命が長い。そう思って良いのは「品質の高いフッ素塗料」だけです。中には粗悪品もあるため、予定している15年前後を待たずに劣化してしまうものもあることを覚えておきましょう。 また、製品表示されている耐用年数は「外壁使用時」である場合も大いにあります。外壁塗装と屋根塗装では、紫外線によるダメージの受け方が全く違うため、仮に外壁用塗料を屋根に使用してしまった場合、やはり十分な耐用年数を発揮することは難しくなるでしょう。 それはどこのメーカーでも同じです。 屋根用の塗料として作成された塗料は、外壁用のものよりも紫外線対策がされています。成分の配合が違うのです。同じシリーズの塗料でも外壁用と屋根用でわけられているのは、この「紫外線に対する成分の違い」だと覚えておきましょう。 本当に高耐久な塗料をお求めでしたら、間違いなく「国内製造」の塗料を使用するようにしてください。海外では、日本の規定とは違う基準で塗料を作成されることも多いため、許容される最低ラインが大幅に低い場合があります。そのような塗料を使用すると、期待する効果は発揮されないのです。 艶が強い フッ素塗料はどれを使っても「艶」がとても強いのが特徴です。この艶が塗膜表面の硬さの証明だと言えばそれまでですが、実際に艶が強すぎて見栄えが悪くなる場合もあります。艶を嫌ってフッ素塗料を避けるという方もいるほどです。 色によっては安っぽくなってしまう場合もあるため、性能を取るか見た目を取るかはしっかりと検討することをおすすめします。 艶消しのフッ素塗料がないわけではありませんが、艶を落とすほどに対キュ性が低くなっているような感じがあります。特に、海外性のフッ素塗料にはこの特徴が顕著に出るので、どうしても艶消しにしたいという場合は、フッ素塗料を選ぶよりも「無機塗料」や「シリコン塗料」を使用した方が良いでしょう。 塗料が高い はっきり言っておきます。フッ素塗料は高いです。シリコン塗料を使用するよりも5年以上のロングライフ性能を発揮できることや、塗料としての質が高いことからも、料金的には高くなってしまうことをご理解ください。 しかし、無機塗料を使用するよりもリーズナブルで、同様な効果を得られるという点は非常に優秀だとも言えます。全てを満足させるということは難しいですが、費用対効果の高さはフッ素塗料の大きなメリットだと言えます。 屋根塗装でフッ素塗料は使いやすい? メリットもデメリットも孕んでいるフッ素塗料ですが、屋根塗装で使用することには大きなメリットがあるのでしょうか。もし使用しても「シリコンの方が優秀」なんて状態であれば、フッ素塗料を選ぶ意味はありません。 弊社で感じている屋根塗装でフッ素塗料を使用する「デメリット」をご紹介しましょう。 紫外線の影響は考えたい フッ素塗料の耐候性は非常に優れていますが、常に紫外線に晒された時にはやはり劣化スピードが速くなってしまいます。20年の耐候性を発揮すると言われている塗料でも、10年後に確認した時にはある程度の劣化を感じるので、外壁塗装で使用するほどの効果を実感はできていません。 これを感じたのは戸建てではなく工場ですが、屋根も外壁も同じ塗料を使用して塗装しているにも関わらず、屋根部分の方が劣化が早いのです。つまり、戸建て住宅でも同じ症状が発症すると考えられるわけですね。 帯電しやすさはネック フッ素塗料の大きなデメリットとして「帯電しやすい」というものがあります。滑らかな表面だからこそ発生しやすい特徴ですが、静電気が発生しやすいのです。その結果、汚れを呼び寄せてしまうので、低汚染性と汚れやすさが共存してしまっているのがフッ素塗料になります。 このデメリットを解消するには、親水性を最大限活用できるような塗料に仕上げるしかありません。親水性をあげれば、雨が降った時に放電でき、さらに汚れを洗い流すことができるので、たとえ汚れが付着しても対処できるというわけです。 粗悪なフッ素塗料の場合、ある程度の親水性は確保されますが、洗い流すだけの性能を発揮するのは難しいでしょう。 塗料ごとに品質安定性が違う 国産の塗料は、本当に高品質で安心しておすすめできるのですが、海外製の塗料はどうしても見劣りしてしまいます。性能よりも、個々の商品パッケージごとに性能差がある場合が多いのです。 全く同じ商品であるにも関わらず、最初に使ったものと次に使ったものの品質が違うなんてことは当たり前のようにあります。フッ素塗料に限った話ではありませんが、価格が高いものであるにも関わらずこのような状態では、納得できない依頼者様が出てきてもおかしくないのです。 そのため、品質が安定していないものを使用する場合はかなり気を使います。 【結論】使うものを厳選すればあり 最終的におすすめするのは「国産のフッ素塗料なら問題ない」ということです。ただし、海外性の塗料と比較するとどうしても価格が高くなってしまうのが大きな問題と言えるでしょう。 費用負担を抑えたいという方は、同じフッ素塗料なら安い方を使いたいという方も当然いらっしゃいます。しかし、その結果「納得できない仕上がり」になってしまうことも十分に考えられるのです。 そのため、弊社では「信頼できる塗料だけを使用する」という方法で対応しています。 おすすめは「スーパーシャネツサーモF」 間違いない塗料といえば「アステックペイント」の塗料です。ここから出ている塗料であれば、基本的に低品質な塗料には当たりません。しかも、自社内で非常に厳しいチェックを行なっているので、国内流通で許される基準以上の品質で安定した塗料を作っています。だからこそ、弊社でも安心して依頼者様のご希望に応えることができるのです。 おすすめの「スーパーシャネツサーモF」は、現在最も選ばれている高機能フッ素塗料になります。夏場の快適性確保には最高の塗料と言えるでしょう。 中山建装で最適な屋根塗装を選びましょう! フッ素塗料は耐候性と低汚染性に優れることから、屋根塗装に非常に効果的な選択肢となります。しかし、その硬さからくるひび割れやすさや、高コストなど、様々なデメリットも理解した上で適切な判断を行うことが重要です。 中山建装では、フッ素塗料をはじめとする多種多様な塗料を取り扱っており、お客様のニーズに合わせた最適な塗装プランをご提案いたします。 屋根塗装を検討中の方は、ぜひ一度、当社の問い合わせフォームからご連絡いただくか、メールやお電話でお気軽にご相談ください。また、実際の塗料サンプルや施工例を見たいという方は、私たちのショールームへのご来店もお待ちしております。 中山建装が、あなたの家をより美しく、長持ちさせるための最適な解決策をご提供します。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.12(Sun)

詳しくはこちら

塗料選び大和市屋根塗装

戸建て住宅の屋根塗装でラジカル制御型塗料は役に立つ?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

戸建て住宅の屋根塗装でラジカル制御型塗料は役に立つ?|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

大和市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根塗装をご検討であれば、できるだけ高機能で建物へのダメージを抑えられるものや、快適性をアップできる塗料を使用しましょう。多くの機能性塗料が出回っているので、建物を長期間安全に使用できる状態を維持できる塗料を使用することをおすすめします。 その中でも「屋根材の劣化や塗膜の劣化を抑えられる塗料」というものがあるのを覚えておきましょう。 今回の記事では「ラジカル制御型塗料とは」という疑問を解明していきたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 塗料による違いは?厚木市で外壁塗装をする前に知っておきたいこと ラジカル制御型塗料とは ラジカル制御型塗料というものがありますが、この塗料にはどんな特性があるかをしっかりと理解した上で使用することをおすすめします。なぜなら、必要とする機能ではない場合があるからです。 ラジカル制御型塗料とは「ラジカルを制御できる酸化チタンが配合された塗料」のことで、機能性塗料のひとつです。では、ひとつずつ紐解いてみましょう。 ラジカルとは そもそも「ラジカル」という言葉を日常的に耳にすることはないと思います。塗装業者であれば当たり前のように使用する言葉ですが、決して一般的な言葉ではありません。 ラジカルとは「樹脂や顔料を劣化させる際に発生するエネルギー」のことです。塗料の中には「白色顔料」として酸化チタンが使用されているのですが、これと太陽光が反応した際に「ラジカル」が発生するのです。 酸化チタンの役割 「ラジカルの発生源である酸化チタンが入っていなければ、そもそも制御する必要もないのでは?」と思うかもしれませんが、そういうわけにもいきません。酸化チタンは「ホワイト系の色」を出す際に必要な成分なので、酸化チタンが配合されないと「淡色ができない」のです。 つまり、酸化チタンがなければ濃色の塗料しかできず、全ての建物は「暗い印象」になってしまうということになります。 光安定剤HALSとは 酸化チタンを取り除くことはできませんが、酸化チタンにラジカル抑制層という幕を張ることで、樹脂成分を劣化させずに済むようになりました。しかし、完全に抑制する小どまが難しく、一定量のラジカルは漏れ出してしまい、そのまま樹脂成分を劣化させることがわかりました。 その結果、完全に漏れを止められないのであれば、漏れたラジカルだけを対処できるようにすれば良いと考えられたことで生まれたのが「光安定剤HALS」です。 漏れ出てしまったラジカルを捕まえて悪さができないようにする成分で、少しであればHALSだけでもラジカル制御できるのです。 ラジカル制御型塗料の特徴 ラジカル制御型塗料のメリットについて考えてみましょう。また、どのような特徴を持っているかも簡単にご紹介します。 チョーキング現象を抑制 ラジカル制御というのは、要するに「チョーキング原書が起こらないようにする」ための機能です。チョーキング現象が発生すると、表面に苔や藻、カビが発生することができるようになってしまい、色も薄くぼやけてしまうのです。 ラジカル制御によって樹脂成分が劣化するスピードを遅らせ、長期間安定した塗膜を維持することができます。 淡色がメイン 白色顔料にラジカル抑制機能を持たせるということは、淡色を長期間維持することができるようになったということです。そして、白色顔料を使用する塗料は基本的に「ホワイト系」や「クリーム系」の単色になります。 アステックペイントのラジカル塗料~どんな種類がある? アステックペイントの塗料の中にある「ラジカル制御型塗料」をいくつかご紹介します。完全にラジカル制御に特性を振っているものから、多くの機能性塗料の中でもラジカル制御を行っているという塗料もあるので、合わせて簡単にご紹介しましょう。 スーパーラジカルシリコンGH ラジカル制御に特性を極振りして、屋根の蓄熱性を少なくできるのが「スーパーラジカルシリコンGH」です。 基本的に濃色も淡色も用意がありますが、より効果が強く発揮されるのは淡色系の塗料になります。 商品名 スーパーラジカルシリコンGH 荷姿 16kg 色 艶有:アステック標準色68色+特別色対応可 3分艶:アステック標準色67色+特別色対応可 艶消:アステック標準色65色+特別色対応可 ※ 艶 3分艶/艶有/艶消 工程 上塗り材 性質 水性系 液型 一液型 樹脂 シリコン塗料 機能 その他の塗料 対応素材 窯業系サイディング/モルタル/ALC/コンクリート/波形スレート 塗布量 0.25~0.35㎏/㎡ 乾燥時間 (外気温25℃の場合) 工程内:2時間以上 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 《 スーパーラジカルシリコンGH(艶有) 》 ■JIS A 6909 建築用仕上塗材 『耐候性 B法』 合格 ■JIS K 5660 つや有合成樹脂エマルションペイント 『容器の中での状態』『低温安定性』『塗装作業性』『乾燥時間』『塗膜の外観』『隠ぺい率』『鏡面光沢度』『耐水性』『耐アルカリ性』『耐洗浄性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『屋外暴露耐候性』 全て合格 ■かび抵抗性 社内試験規格合格(参考試験方法:JIS Z 2911) ■防藻性 合格 ※社内試験による 《 スーパーラジカルシリコンGH(3分艶、艶消) 》 ■JIS K 5663 合成樹脂エマルションペイント及びシーラー 『容器の中での状態』『低温安定性』『塗装作業性』『乾燥時間』『塗膜の外観』『隠ぺい率』『耐水性』『耐アルカリ性』『耐洗浄性』『促進耐候性』『屋外暴露耐候性』 全て合格 ※濃色では艶消し剤の影響により、艶有塗料に比べて色味が白っぽく見える場合があります。 超低汚染リファイン500Si-IR ラジカル制御ができることで、超低汚染性を確保しながらも、淡色系の寿命を長くできるようになっています。 屋根用の超低汚染リファインは、屋根に付着する汚れをセルフクリーニングすることで蓄熱性を防いでいます。 商品名 超低汚染リファイン500Si-IR 荷姿 16kgセット(A液:15kg B液:1kg) or 3.2kgセット(A液:3kg B液:0.2kg) 色 69色 艶 艶有 工程 上塗り材 性質 水性系 液型 二液型 樹脂 シリコン塗料 機能 低汚染塗料/遮熱塗料 対応素材 カラー鋼板/ガルバリウム鋼版・ステンレス/アルミニウム/塩ビ鋼板/セメント瓦/モニエル瓦/カラーベスト/波形スレート/アスファルトシングル 塗布量 0.30~0.40㎏/㎡ 乾燥時間 (外気温25℃の場合) 工程内:18時間以上 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 ■JIS K 5675 屋根用高日射反射率塗料 『容器の中での状態』『表面乾燥性』『低温安定性』『塗膜の外観』『日射反射率』『耐おもり落下性』『鏡面光沢度』『耐酸性』『耐アルカリ性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『付着性』 全て合格 ■JIS Z 2911 かび抵抗性試験方法  『防かび性』 合格 ■『防藻性』『遮熱保持性』 全て合格 ※社内試験による   スーパーシャネツサーモSi 屋根塗装の際、最も選ばれているスーパーシャネツサーモSiにも、ラジカル制御型の白色顔料が使用されています。そのため、夏場の快適性アップが長続きできるのです。 遮熱性に特性を極振りしているので、基本的に用意されている色は非常に少ないです。しかし、非常に優れた遮熱性によって夏場の快適性は約束されるでしょう。 商品名 スーパーシャネツサーモSi 荷姿 15kgセット(A液:13.5kg B液:1.5kg) or 3kgセット(A液:2.7kg、B液:0.3kg) 色 10色限定 艶 艶有 工程 上塗り材 性質 溶剤系 液型 二液型 樹脂 シリコン塗料 機能 遮熱塗料 対応素材 カラー鋼板/ガルバリウム鋼版・ステンレス/波形スレート/セメント瓦/モニエル瓦/カラーベスト 塗布量 0.25~0.36㎏/㎡ 乾燥時間 (外気温25℃の場合) 工程内:3時間以上7日以内 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 ■JIS K 5675 屋根用高日射反射率塗料 『容器の中での状態』『表面乾燥性』『塗膜の外観』『日射反射率』『耐おもり落下性(デュポン式)』『耐アルカリ性』『耐酸性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『促進耐候性』 全て合格 屋根塗装の新技術!ラジカル制御型塗料で安心を提供する中山建装へ! ラジカル制御型塗料は、戸建て住宅の屋根塗装において、塗膜の長寿命化を実現し、屋根材を保護する重要な役割を担っています。この先進的な塗料は、特に太陽光による劣化から屋根を守り、塗料の白さと機能性を長期間保持することができます。 中山建装では、この最新のラジカル制御型塗料を使用した屋根塗装を推奨しており、お客様の住宅を美しく、さらには効率的に保護する解決策を提供しています。 屋根塗装において、質の高い塗料選びと正確な施工技術は非常に重要です。中山建装では、専門の技術と豊富な経験を持つプロフェッショナルが、それぞれの住宅に最適な塗料を選定し、丁寧に塗装を行います。ラジカル制御型塗料に関するご質問や、具体的な施工のご依頼は、ぜひ中山建装までお気軽にご相談ください。 お問い合わせは、電話、メール、またはお問い合わせフォームを通じて承っております。また、より詳しい情報や相談をご希望の方は、ショールームにお越しいただき、実際の塗料サンプルや施工例をご覧いただくことも可能です。中山建装が提供する高品質なサービスで、あなたの大切な住まいを長期間保護しましょう。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.07(Tue)

詳しくはこちら

塗料選び地域情報大和市外装劣化診断雨漏り診断

厚木市の外壁塗装屋さん|屋根リフォームと一緒に作る人気のデザイン

厚木市の外壁塗装屋さん|屋根リフォームと一緒に作る人気のデザイン

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! リフォームをする際、毎年少しずつ流れが変わっていきます。そして、少し前から多くの方が求める人気デザインが、和風と洋風の調和が楽しい「和モダン」です。 この和モダンですが、実は理想とするデザインにもに近づけるために、いくつかのポイントをしっかりと押さえないと「大失敗」します。 今回のお役立ちコラムでは「失敗しない和モダンの作り方」を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。理想的なデザインを実現しましょう! 洋風と和風の調和「和モダン」を目指す時のポイント 和モダンを目指すには、和風と洋風を最適なバランスで調和させなければなりません。ここでバランスの取り方を間違えると、取り返しがつかないほどの大失敗になってしまうので、しっかりとポイントを押さえておきましょう。 洋風と和風の調和「和モダン」を目指す時のポイント①|色使い 和モダンを作るためには、絶対に「ベースを間違えてはいけない」ということを覚えておきましょう。他の和モダンと被ることを嫌い、自分だけはと気を衒ってしまうと、絶対にまとまらなくなります。多くの事例を見てきた上で、和モダンは「基本に忠実が重要」だということを、ここではっきりとお伝えしておきます。 多くの場合、瓦屋根を生かした和モダンを作っていきます。屋根リフォームの際、どれだけ頑張っても「高い位置にアクセントカラーを入れるのは難しい」です。つまり、屋根のリフォームをしても、高い位置はダークトーンが基本だということです。 それを踏まえて、どこまでであれば明るいトーンの色を使えるかを考えてみましょう。 グレー系は、比較的使いやすい明るめの色になります。これも、あまりに明るい「クールグレイ」や「ブルーグレイ」は、外壁とのバランスをとる際に色飛びしやすいので、おすすめしません。 グリーン系は、暗めの色でもしっかりと主張するので、少し明るくして外壁を目立たせるとバランスがとりやすくなります。今回は「ジェードグリーン」を挙げましたが、大胆に「フレンチグリーン」ぐらいまで明るいものを使っても問題ありません。 若干明るすぎるオパールグリーンは色飛びしてしまいます。 そして、ブルー系は間違いなく「トーンを落とした方がバランスが取れる」でしょう。外壁色の「エレクトリックブルー」まで明るくしてしまうと、屋根が主張しすぎてバランスをとりづらくなります。 おすすめはスカラブルー程度の明るさまでです。ベストは「ラピスラズリ」の濃さと艶の出方でしょう。 既存色を生かす「透明色」もあり 屋根のリフォームでしっかりと新たな色で屋根塗装するのはもちろんおすすめですが、経年劣化による「風格」や「ヤレ」を楽しみたいという場合は、あえて色を入れずに「クリヤー」で仕上げるという選択もできます。 ただし、多くの場合「屋根をクリヤーで仕上げることはしない」ということを覚えておきましょう。なぜなら、屋根塗装を施す目的が「美観」を重視していないからなのです。 屋根塗装をする際、多くの方が求めるのは「遮熱性」です。そのため、劣化した屋根色をそのまま引き継ぐ意味はあまりないというのが現実で、クリヤー仕上げをするのは専ら外壁塗装の際です。 そして、屋根の遮熱性を考えた時、バランスよりも効果を期待するため「ハイトーン」を選ぶようにおすすめしています。つまり、遮熱性を求めるのであれば、明るい色の屋根の方が効率的だということです。 これは、和モダンを目指す上でとても難しい選択です。しかし、ハイトーンの屋根でもある程度まとめ上げることはできます。ただし、理想とする和モダンからは少し方向性が変わる可能性もあるので、そこを理解しておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装の「上塗り」とは?|中塗りとの違いとトップコートの必要性 吹付け塗装も和風モダンにマッチする 和モダンを作っていく上で、外壁塗装にも目を向けなければなりません。そして、和風を取り入れる方法の一つとして「吹付け塗装」が便利なことを覚えておきましょう。 和風モダンにマッチする吹付け塗装①|リシン 砂壁のように細かくざらつかせた塗装です。1970年以前からある塗装方法で、耐久性の高い塗料を使用することで長期間上品な外壁がキープできます。 リシンの良さは「艶感を抑えた上品さ」です。砂状の凹凸が無数にできるため、艶消し塗料で落ち着いた雰囲気をイメージして作り上げるのがポイントです。 和風モダンにマッチする吹付け塗装②|スタッコ リシンを厚く塗ることで、立体感を生み出したのがスタッコです。骨材に砂状のものとセメントを混ぜることで厚みを生みやすくしています。リシンに比べ、若干艶感を出せます。そして、厚みのおかげで暖かさを感じさせる外壁になるでしょう。 スタッコの良さは「柔らかな雰囲気」です。主張しすぎないものの、しっかりと起伏の陰影が見える面白い外壁ができるでしょう。 和風モダンにマッチする吹付け塗装③|スキン 高級感を持たせたければ、間違いなく「スキン」を選ぶべきです。骨材の粒の大きさは中粒程度の砂や砂利をメインに使用しています。これをうまく使うと、和モダンが一気にハイレベルのものに仕上がっていくでしょう。 スキンの良さは「重厚感と高級感」です。スキンは、スムージングしていない岩の断面のように仕上がります。うまく溝切りをすると、岩のブロックで外壁を作っているような見た目になるため、外壁タイルのように見せることができるのです。 和風モダンにマッチする吹付け塗装④|吹付けタイル 耐久性の高い吹付け塗装をしたければ「吹付けタイル」がおすすめです。表面の意匠が面白い塗装ですが、汚れが溜まりやすいのが若干おすすめしづらいところです。しかし、骨材が剥がれやすいということもないので、吹付け塗装の中ではかなり使用頻度が高いのは事実です。 そして、他の塗装方法とは違い、粘度の高い主剤を吹付けた後に塗料を塗っていくので、超低汚染塗料などで仕上げていけば汚れやすさも緩和できます。 吹付けタイルの良さは「長寿命」なところです。最近では上塗り材がとても高品質になっているので、元来デメリットとしてあった汚れに対しても対策が講じられます。また、白系が多かった吹付けタイルも、それぞれが望む色で仕上げられるようになっています。 「和風」を取り入れすぎないのが和モダンのポイント 屋根のリフォームと同時に和モダンへのテイスト変更をしていく際、ポイントとなるのは「和風と洋風のバランスの取り方」だということはお伝えしました。そして、同時に「ベースを間違えてはいけない」ということをお伝えしたと思います。 この「ベース」は和風と洋風のどちらになるのでしょうか。実は、どんな時でもベースは「洋風」にしておくことがポイントになるのです。もちろん、既存の建物が洋風になっていないという場合もあります。 そんな時、一気に洋風に持っていけるのが「屋根の印象」なのです。 洋風建築であれば、屋根をダークトーンに持っていくことで和風色を出していけます。しかし、和風建築では、すでに「THE・和風」で仕上がっているため、屋根を明るくすることで一気に洋風色を強くするという力技を使ってみましょう。 和風を多く取り入れてしまうと、どんな建物であっても「和風建築」になってしまいます。和数をできる限り抑えて、洋風の中に和風が吹き込んできたというイメージを持っておくと、理想的な和モダンに仕上げていけるでしょう。 和モダン塗装ならば中山建装におまかせください! 和風と洋風を調和させる際は「和風2、洋風8」ぐらいの割合に仕上げていくことを目指してみてください。それほどまでに和風には力があります。和風が4も入って仕舞えば、ほぼ和風になってしまうでしょう。 このポイントをしっかり押さえれば、きっと理想とする和モダンに近づけるはずです。 中山建装ではこれまで数多くの塗装工事を手掛けてきました。デザイン塗装に関しても多くの施工実績がございます。おしゃれな塗装をご検討中ならば、ぜひ当社にご相談ください! あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.12(Tue)

詳しくはこちら

塗料選び塗装工事のお役立ちコラム

塗料による違いは?厚木市で外壁塗装をする前に知っておきたいこと

塗料による違いは?厚木市で外壁塗装をする前に知っておきたいこと

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 厚木市にお住まいのあなた! もし外壁塗装を考えているのであれば、塗料による違いをしれっておかないと損をしますよ! 雨風に強い塗料や汚れに強い塗料、長持ちしやすく長い目でみればコストをおさえられる塗料などがあるので、建物に最適なものを選ぶのが大事だからです。 今回のブログでは、外壁塗装で使われる主な塗料の特徴についてお話していきたいと思います。 外壁塗装で使われる主な塗料の比較 外壁塗装で使われる主な塗料の耐用年数と1平方メートルあたりの単価は以下の通りです。 塗料の価格は変動しやすいので、あくまで参考程度にお考えください。 耐用年数は雨風や地震、潮風にあたりるかや日差しの強さなど環境に大きく左右します。 塗料の名前 耐用年数 1平方メートルあたりの単価 アクリル塗料 3〜8年 1,000〜1,800円 ウレタン塗料 5〜10年 1,700〜2,500円 シリコン塗料 7〜15年 2,300〜3,500円 ラジカル塗料 8〜16年 2,200〜4,000円 フッ素塗料 12〜20年 3,500〜4,800円 光触媒塗料 10〜20年 3,500〜5,500円 セラミック塗料 10〜25年 2,300〜4,500円 無機塗料 10〜25年 3,500〜5,500円 アクリル塗料の特徴 最も安い塗料 耐用年数が短いのが欠点 アクリル塗料はとにかく安く、カラーバリエーションが豊富です。 そのかわり耐用年数が短く、すぐに塗り替えないといけません。 そのためとにかく目の前の費用をおさえて外壁塗装をしたい方、定期的に塗り替えをして建物の雰囲気を変えたい方にオススメです。 建物のすべてを同じ塗料で塗る必要はないので、部分的にアクリル塗料を使用して定期的に雰囲気を変えるのもよいでしょう。 しかし長い目でみるならば高くつく塗料であるため、コスト重視の方は他の塗料も選択しに入れた方がよいかもしれません。 たとえば、アクリル塗料の2倍程度の価格となるシリコン塗料は、耐用年数が2倍以上あります。 セラミック塗料や無機塗料になると価格は2倍から3倍になりますが、耐用年数は3倍以上になります。 ウレタン塗料の特徴 価格と耐用年数のバランスがよい シリコン塗料を比べると機能性で劣る ウレタン塗料はアクリル塗料と比べればかなり耐用年数が長く、その割に安いので価格と耐用年数のバランスがよい塗料といえます。 また多くの塗料はひび割れしやすいという欠点を持ちますが、ウレタン塗料は弾性があるためひび割れにくい素材です。 密着性が高いため、木製の部分や塩化ビニール製の雨どいなどの塗装にも向いているので、部分的にウレタン塗料を使うのもよいでしょう。 大きな欠点はありませんが、一般的に多く使われるシリコン塗料と比べると耐用年数が短く、製品によっては変色しやすい点がデメリットです。 汚れにくいという点でもシリコン塗料と比べると劣っているので、アクリル塗料ほど耐用年数が短いのは困るが、適度に塗り替えて外壁の雰囲気を変えたい方にオススメです。 シリコン塗料の特徴 価格と耐用年数のバランスがとてもよい ひび割れに弱い シリコン塗料は価格と耐用年数のバランスがウレタン塗料以上によく、比較的安い価格の塗料の中では長持ちします。 汚れにくくカビや苔、藻が発生しにくい上に、外壁塗装の内側で発生する結露対策にもなるため、湿気や結露に悩まされている方にもオススメです。 現在使われている主な塗料の中でもとくに選ばれる頻度が高いため、シリコン塗料を基準にして選ぶと、塗料選びが楽になるかもしれません。 一方で唯一の欠点といえるのがひび割れのしやすさで、塗膜部分が硬く剥がれにくい反面、大きな地震が起こるとひび割れてしまうことが多いです。 ただ、弾性のあるシリコン塗料もありますし、外壁の素材との相性もありますので、気になる方はなんでもご相談ください。 ラジカル塗料の特徴 紫外線や雨風に強い 重厚感のある色が少ない(黒など) ラジカル塗料とはラジカル(酸素や紫外線、水などの塗料を劣化させてしまう因子)に強い塗料のことで、材料としては、主に高耐候酸化チタンと光安定剤が使われています。 仕組みとしては高耐候酸化チタンのラジカルバリアと呼ばれる機能でラジカルを閉じ込め、光安定剤で高耐候酸化チタンから漏れ出してしまったラジカルをおさえます。 かなり先進的な塗料で、湿気やカビ、苔や藻にも強く、日当たりが悪い場所にも向いているでしょう。 そのため、あまり人の目には触れないが日当たりの悪い壁面だけラジカル塗料を使うのも賢い選択です。 また、ラジカル塗料はチョーキング(外壁に触れると白い粉がつく症状。外壁の劣化を表す1つのサイン)にも強いです。 チョーキングは白や淡色で塗装された外壁に起こりやすいですが、ラジカル塗料なら対策に向いています。 機能の割に価格が安いのもメリットの1つですが、先進的すぎてどこまで長持ちするのか証明されていないのがデメリットです。 (予想ではシリコン塗料より少し長持ちするといえわれています) また主成分である高耐候酸化チタンが白色顔料であるため、重厚感のある黒のような色はあまりありません。 フッ素塗料の特徴 耐用年数が長く汚れや熱に強い ツヤが出やすく、ツヤを消すことは難しい フッ素塗料はとにかく耐用年数が長く、塗装に詳しい方に「耐用年数の長いものは?」と聞けば、必ず候補にあがるほどの機能を持っています。 フッ素塗料の機能を理解するには、フッ素加工されたフライパンやお鍋を想像してみるとよいでしょう。 汚れに強くて洗えばすぐに落ちるし、熱に強いですよね。 更に紫外線や雨風にも強いので、フッ素塗料で外壁塗装をおこなえば10年から20年は塗り替えをせずに済むでしょう。 そのため外壁塗装をするために仮設足場代などが多くかかってしまう建物、外壁塗装を定期的に塗り替えるのは面倒という方にオススメです。 数十年単位でみれば安くつくので、経済的な塗料でもあります。 フッ素塗料は独特な高級感のあるツヤがあり、ツヤなしを選べない点には注意してください。 ツヤなしの外壁塗装をご希望であれば、他の塗料を選んだ方がよいでしょう。 光触媒塗料の特徴 とにかく汚れに強く、耐用年数も長い 機能を発揮するには紫外線(太陽光)が必要 光触媒塗料は、かなり特殊な塗料です。 通常の塗料は紫外線に弱かったり紫外線対策がされていたりしますが、光触媒塗料はむしろ紫外線を利用して機能を発揮する塗料です。 光触媒塗料は酸化チタンや二酸化チタンを原料としていて、紫外線(太陽光)があたりると汚れを分解し、分解された汚れは雨水で自然と流れてしまいます。 また帯電しにくい性質なので、そもそもチリやホコリがつきにくい塗料です。 耐用年数もフッ素塗料にせまるほど高機能で、長持ちするのも見逃せません。 デメリットとしては、機能的に紫外線(太陽光)が必要なので、太陽光があたりらない壁面では機能が低下します。 そのため、日のあたりる壁面のみ光触媒塗料を使い、日のあたりらない壁面は湿気や雨風に強いラジカル塗料を使うのもよいでしょう。 セラミック塗料の特徴 耐候性が高く、断熱や遮熱効果が高い 同じセラミック塗料でも製品によって耐用年数が大きく異なる セラミック塗料には、石や砂、セラミックなどが含まれており、厳しい環境に強く断熱性や遮熱性も優れています。 そのため、環境対策に最適な塗料の1つといえるでしょう。 他の塗料にはない色合いや風合いになるので、意匠性の面でも優れています。 とても優秀な塗料なのですが、100%セラミックでできている塗料はなく、なにかしらの塗料をベースにして作られています。 そのため、セラミック塗料が気になる場合は、まずはベースがどんな塗料であるべきか確認する必要があるでしょう。 無機塗料の特徴 厳しい環境にとても強く、耐用年数も長い ひび割れしやすい 無機塗料には石やガラス、アルミニウムなどの炭素を含まない無機物が配合されています。 無機物の大きな特徴は、雨風や雪、紫外線や塩害などにとても強く影響を受けにくいため、厳しい環境に強い点です。 劣化しにくいので耐用年数もフッ素塗料なみに長く優秀な塗料ですが、価格も高めです。 また材質的に堅い材料なので、ひび割れしやすいという欠点を持ちます。 そのためひび割れを発見したら、補修する必要があるでしょう。 厚木市でどんな塗料を使うべきか迷ったら中山建装へご相談ください! 外壁塗装に使われる塗料は種類が多く、製品によって機能も変わったりもします。 またどんな塗料を使うべきか突き詰めていくと、どうしても専門的な知識や現状の外壁診断が不可欠です。 ですので、もし外壁塗装で迷いがあったり、どのような塗料を選ぶべきか悩んでいるのであれば、厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの中山建装にお任せください。 当社は施工実績が豊富で、ほとんどの塗装職人が1級塗装技能士を取得しています。 外装劣化診断士や雨漏り鑑定士資格を取得している診断専門のスタッフも在籍しておりますので、なんでも気軽にご相談ください。 現在開催中のキャンペーンに関する情報は▼コチラ▼をClick! 厚木市で外壁塗装するなら中山建装へ!【2024年2月キャンペーンのお知らせ】

2024.02.28(Wed)

詳しくはこちら

塗料選び塗装工事のお役立ちコラム

中山建装のホームページへお越しいただきありがとうございます

株式会社中山建装

代表取締役中山 晋吾

会社案内はこちら

塗料選びでの外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社中山建装にご相談ください!

地域の方へごあいさつ

代表取締役の中山と申します。
生まれも育ちも厚木で、15歳から塗装業に携わり、はや30年超となります。

お客様からのご依頼に対して私どもが切に願うのが、「当社を信頼して依頼してほしい」ということです。
お客様の理想以上の仕事をしてお返しするのが私たちの仕事です。

そして、完成した作品を見た時にお客様から自然とこぼれる笑顔を見れれば、これほど嬉しいことはありません。
スタッフ全員が同じ気持ちで仕事に取り組み、これからもお客様の理想以上の仕事を提供させていただきます。

アクセスマップ

  • 中山建装ショールーム 厚木店
    中山建装ショールーム 厚木店

    〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~19:00

  • 中山建装ショールーム 大和店
    中山建装ショールーム 大和店

    〒242-0008 神奈川県大和市中央林間西2丁目7−6
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~18:00

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-316-225
営業時間9:00~19:00

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
神奈川県厚木市妻田区自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら
神奈川県大和市自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら

Information〜日々の記録を更新してます!〜

一覧はコチラ

中山建装のホームページをご覧の皆様へ 工場・倉庫の省エネ塗装をお考えの方へ
外壁・屋根塗装専門店中山建装のこだわり施工プラン

お見積・資料請求はこちらから

0120-316-225営業時間 9:00~19:00

お問い合わせフォーム

中山建装 神奈川県厚木市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店
株式会社中山建装
中山建装ショールーム 厚木店

〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9

フリーダイヤル:
0120-316-225
TEL:046-271-8123
FAX:046-271-8122

中山建装ショールーム 大和店

〒242-0008 神奈川県大和市中央林間西2丁目7−6

フリーダイヤル:
0120-316-225
TEL:046-271-8123
FAX:046-271-8122