MENU CLOSE

厚木市超密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店中山建装

お気軽にお問合わせください!

0120-316-225営業時間9:00~19:00

  • ショールームへ行こう!見積り依頼でQUOカードプレゼント!WEB来店予約
  • 無料 ご相談お見積もり依頼 簡単30秒見積依頼

スタッフブログ - 屋根改修 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 塗装工事のお役立ちコラム > 屋根改修

屋根改修の記事一覧

大和市の屋根工事はどこがいい?地元の業者選びからコスト削減のポイントまで解説!

大和市の屋根工事はどこがいい?地元の業者選びからコスト削減のポイントまで解説!

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根工事は、住宅の将来的な価値も守ることになる大切なステップです。屋根に不安を抱えている状態では、近年多発している豪雨や巨大地震への備えも手薄になってしまいます。屋根あっての住宅だからこそ、適切な業者を選んで適切に工事をする必要があります。 💬「大和市で屋根工事を検討しているけど、どんな業者を選べば正解なんだろう?」 💬「地元で屋根工事を依頼して大丈夫かな?地元業者を選ぶメリットはあるの?」 大和市で屋根塗装をするならば、地元業者にも目を向けてみてくださいね。あなたが望んでいる希望を叶えてくれる業者は、大和市にもたくさんいますよ。 近くに目を向けることで、今まで知らなかったことに気づけるかもしれません。また、地元業者を選ぶことでコスト削減にもつながっていきますよ。ハウスメーカーのような大手ばかりを見るのではなく、有能な地元業者にもスポットライトを当ててみてくださいね。最後まで読んで、大和市の屋根工事を成功させましょう! ▼合わせて読みたい▼ 大和市で屋根修理の詐欺に注意!知っておくべきポイントと対策方法 [myphp file="comContactL"] 【大和市】地元で業者選びをするときの2大ポイント 大和市の地元で屋根工事を依頼する業者選びでは、2つのポイントをおさえておきましょう。 地元業者の中でも吟味する 地元内での口コミや評判に目を向ける 地元業者の中でも吟味する 屋根工事を引き受けている地元業者であればどこでもいい、というわけではありません。地元業者であっても慎重に選んでくださいね。 屋根工事に関する施工実績 工事に有利な資格 工事に関する保証体制 アフターサービスの内容 コミュニケーションのとりやすさ 屋根工事を成功させるためには、どこをどのように工事すべきかを見極める力が必要です。外装劣化診断士の資格をもっている業者を選べば、劣化を正確に診断できます。 保証やアフターサービスも万全かどうか確認することで、万が一にも備えられますよ。地元業者にもさまざまな業者がいるので、心を許して安心できる業者を吟味してくださいね。 地元内での口コミや評判に目を向ける 地元内での口コミや評判が良い業者は、息の長いところが多い傾向にあります。地域密着でサービスを展開している地元業者は、地元民からの支持がなければ続けられません。 そのため、地元民に必要なサービスや地域性に合った施工方法を熟知しているのです。地元内で口コミや評判が良いということは、それだけ腕もあり実績も豊富ということです。ご近所さんが屋根工事をして良かったと聞けば、自然と候補リストに選出されます。そうして地域内で評判が広まっていけば、知人からの紹介で選択する人も増えていくのです。 地元内で人気の高い業者は、つながりの深いコミュニティーから選ばれている可能性が高いです。大和市民やその周辺に住む人たちから熱い支持を得ている地元業者は、本物だといえます。 大和市の屋根工事コストを削減するためのコツ 大和市で屋根工事をする場合、やっぱり気になるのが費用ですよね。屋根工事は、張り替えになった場合は数百万単位の費用が必要になります。だからこそ、慎重に業者選びをして予算内におさまる提案をしてもらいましょう。 屋根工事のコスト削減を叶えるコツとして、2つのポイントを覚えておきましょう。 複数の業者から見積書を比較をする 適切な時期に工事をおこなう 複数の業者から見積書を比較をする 💬「ある程度まで候補を絞れたのに、最終的にどこにしようか決めかねる」 💬「見積書をもらうのがちょっと面倒に感じる」 最適な業者を選びたい気持ちはあっても、さまざまな理由からその先に進むことを躊躇することもあるでしょう。そんなときには、見積書を複数社から一気にもらい、比較検討をすると答えをだしやすくなります。見積書をもらうのを面倒に感じたら、実際に屋根の状況をプロの目で診てもらえるチャンスだと捉えてみてください。 見積書の作成には、現場調査がセットになります。屋根はなかなか自分で様子を見ることができない場所なので、こういう機会でもないと現状把握はできません。業者によって提案するプランが異なることもあるので「その手があったか!」と新しい発見に出会えるチャンスですよ。 見積書を比較をするときには、最安値を見つけるというスタンスではなく、総合的に高評価だと思えるところを目指しましょう。安さだけで選んでしまうと、手抜き工事をする悪質業者を引き当ててしまうかもしれません。追加工事が必要になれば、結局高くついてしまうこともあるのです。 コスト削減を叶えるためには、広い視野での比較検討がポイントです。見積書の内容が丁寧でわかりやすいかどうかも、しっかりチェックしてくださいね。 適切な時期に工事をおこなう 屋根工事にも繁忙期と閑散期は存在します。オフシーズンには、お得なキャンペーンを始める業者も多いです。気になる業者をピックアップしておいて、一番お得に工事ができるタイミングを狙うのも方法の1つですよ。 ただし、この作戦を決行する場合は、屋根工事に緊急性がないといえる場合です。雨漏りや屋根が原因となっていそうな不具合があるときには、工事を先延ばししないでくださいね。適切な時期を見極めるための一歩として、屋根診断をうけて状況把握をしておくと安心です。 緊急性があるかどうかは、実際に診断してもらわなければ判断しかねます。これといった症状がでていない場合でも、まずは診断をうけて現状を把握したうえで、スケジュールを練りましょう。 大和市の屋根工事でおさえておきたい注意点 屋根工事に臨むにあたって、おさえておきたい注意点をまとめておきます。 屋根工事にも悪質業者は存在する 屋根の状態や形状によって適切な工事内容は変わる 屋根工事にも悪質業者は存在する 💬「大和市はいいところだから、悪質業者なんていないでしょ」 💬「大和市に悪質業者がいるなんて聞いたことないけど、都市伝説じゃないの?」 悪質業者は屋根工事においては目を光らせておく必要があります。なぜなら、住宅工事の中で屋根が一番高額な工事になりやすいからです。張り替えとなると数百万円はかかるでしょう。今やインターネットの普及で、調べればある程度のことがわかります。ですが、悪質業者ほど、いい人の仮面をかぶってやってきます。 また、インターネットに慣れていない高齢者は、業者を名乗る人間から「早く工事しないと大変なことになる」といわれれば信じてしまうかもしれません。実際、高齢者世帯の住宅は悪質業者に狙われやすいといわれています。あなたが被害者にならなくても、大和市内に住んでいる誰かが被害に遭うかもしれないのです。 だからこそ、まずは屋根工事にも悪質業者は存在するという事実を頭に入れておいてくださいね。見慣れない自動車が近所を走っていたり、訪問営業をうけたりした場合は、周囲にも視野を広げて警戒しておきましょう。大和市全体で防犯意識が高まれば、屋根工事で悲しい思いをする人を減らすことにもつながるのです。 屋根の状態や形状によって適切な工事内容は変わる 屋根にどれくらいの劣化があるのか、どんな形状をしているのかによっても工事内容は変わります。 💬「隣の住宅が〇〇万円くらいだったから、うちもそれくらいだろう」 風のウワサだけで工事費用を期待していると、驚くことになるかもしれません。インターネットでも屋根工事の相場はある程度わかりますが、大和市のあなたの住宅で試算したものではないのです。 思ったより劣化が進んでいれば、屋根材自体を替えなければならないかもしれません。想定外の事態になってしまわないように、現実から目をそらさないでくださいね。そのためにも、まずは診断をうけて現状把握をしておきましょう。 [myphp file="comContactL"] 大和市の屋根工事は中山建装の屋根診断から始めましょう! 大和市で屋根工事を検討するならば、地域密着でがんばっている地元業者も視野に入れてみましょう。そして、現状把握がファーストステップです。「費用はいくらになるんだろう…」と出費を気にしているだけでは前に進めません。もし劣化がおきていたら、この瞬間にも悪化は進んでいるのです。 中山建装では、屋根外壁診断を無料でおこなっております。この機会に、住宅をまるごとチェックしてみませんか?診断をしたからといって、工事の契約を迫ることはありません。むしろ「今すぐ工事してくれ!」という方は対応できませんのでご了承ください。大切なマイホームのために、まずは詳細な診断書を作成し、現状把握と最適な工事プランをご提案させていただきます。ご相談も無料ですので、お気軽にご連絡くださいませ。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム 中山建装の施工事例

2024.05.30(Thu)

詳しくはこちら

中山建装について業者選び地域情報大和市外壁補修屋根改修雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

セキスイハイムの屋根のリフォームについて|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

セキスイハイムの屋根のリフォームについて|【大和市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! ハウスメーカーとしても大手となる「セキスイハイム」ですが、屋根塗装の際に希望の工事を受けてもらえないということが発生します。それは、セキスイハイムの屋根材ならではの理由があるからです。 せっかく適切にメンテナンスしようとご検討いただいたのですが、ご自身の建物に使用されている屋根材について、しっかりと理解が必要だということを知っておいてください。ご依頼いただいた上でお断りしなければならないこともあるのです。 今回のお役立ちコラムでは「セキスイハイムの屋根のリフォーム時に注意しておきたいポイント」をご紹介したいと思います。 [myphp file="comContactL"] セキスイハイムの屋根の種類 まずは、セキスイハイムの屋根にはどんなものがあるのかを把握しておきましょう。一般的な屋根と作り自体は同じなので、屋根の種類についてご紹介します。 陸屋根 陸屋根は、屋根の上に登れるような屋上スタイルの屋根になります。屋上になる場合には、落下防止用の柵が必要になるのですが、ただ陸屋根形状になっていて、人が登るわけではないという場合には手すり等の安全部品は必要ありません。 片流れ屋根 通常の三角屋根とは違い、一方にだけ傾斜が向いている屋根です。雨や雪が流れ落ちるのも傾斜方向だけなので、下には雨垂れ用の対策が必要になっています。完全に一方だけに傾斜がついているので、日当たり面でソーラーパネルを設置したいという場合に重宝するタイプの屋根です。 切妻屋根 昔ながらの日本家屋で、屋根の格が高いと言われるのが切妻屋根になります。本を開いて乗せたような、端を切り落としたような見た目から「切妻」と言われています。 陸屋根のリフォーム方法 陸屋根は、傾斜がついている屋根とは違い、雨を排水する手段がありません。構造的に「フラット」な状態なので、若干排水溝に向けて傾斜をつける程度の対応しかできず、この傾斜を最大限活用するためには、いくつかのポイントを押さえたメンテナンスが必要になるので覚えておきましょう。 シート防水で雨漏り対策 陸屋根は、完全な防水層があって初めて正しい屋根として存在することができます。そのため、定期的な防水メンテナンスを施す必要があるのです。陸屋根のように、平面に突起物や凹凸がない場合には、シート防水と呼ばれる方法で防水層を確保するのが一般的です。 屋根の形状に合わせたシートを1枚ものとして防水できるのが一番ですが、広範囲の面積を対処することは難しいので、一定の幅で作られたシートをロール状にして施工していきます。 完全に床面に密着させる「密着工法」と、固定させるための器具を使う「機械固定工法」があります。密着工法の方が簡単に施工できるのですが、完全に密着させなければ十分な防水機能を発揮することはできません。 機械固定工法の場合、床面に密着させるのではなく、固定器具を用いて通気緩衝シートを固定していく方法になります。水蒸気を逃すことができるので、陸屋根には比較的こちらを採用することが多いです。 排水性の確保 陸屋根の場合、防水と同じレベルで重要なのが「排水性」です。屋根部分に水が溜まってしまうのは非常に危険で、重量がどんどん重くなってしまうため、適切な排水性が必要になります。 確実に排水できるだけの排水口のサイズと、多少大きめのゴミがあっても流せるパイプの太さなど、さまざまな要素を考えた上で雨樋周辺の規格を設定する必要があるのです。 三角屋根のリフォーム方法 陸屋根と違い、三角屋根は傾斜がついているので、排水性を考える必要がありません。そのため、一般的な屋根のメンテナンス方法を考えるだけで対処できます。 屋根塗装 一般的な屋根メンテナンスの代表とも言えるのが「屋根塗装」です。粘土瓦のように、屋根塗装を必要としない屋根材もありますが、多くの屋根材は塗装によって耐久性や機能性を維持しているのです。 中には、遮熱に特化した塗料や低汚染性を極めている塗料もあるので、今必要としている機能を塗料の効果によって付与することもできるようになっています。代表例は以下のような塗料です。 塗料の種類 特性 機能 超低汚染リファインシリーズ 超低汚染性 外壁に汚れが付着することを防ぎ、付着してしまった汚れも雨が降るたびに洗い流すことができる スーパーシャネツサーモ 遮熱性 塗装面の屋根表面温度を下げることで、室内への熱伝達を抑えることができる EC-5000PCM 弾性 600%の伸縮率によって、ひび割れを塗膜がキープしてくれる 重ね葺き 既存の屋根材の劣化によって発生する雨漏り等のトラブルを、屋根材を撤去することなく対処できるのが「重ね葺き」です。カバー工法とも呼ばれています。 短期決戦が必要な現場や、アスベスト含有屋根材の撤去費用を抑える際に重宝する工法で、工事コストも抑えられるという賢い対策だと言えるでしょう。ただし、使えるのは1度きりという限定条件があることを覚えておいてください。 無理をすればできないことはないと思いますが、建物の最頂部に重量物が増えてしまうので、建物の揺れ・軋みが圧倒的に増えてしまうことで、外壁や構造にダメージが入ってしまうのです。 そのため、原則1回きりの施工が許されているというわけです。もし、屋根材のトラブルが発生し2回目の施工が必要となった場合には、重ね葺きではなく葺き替え工事が必要となるでしょう。 葺き替え 屋根を全て取り払い、屋根に発生しているトラブルを根治解決する方法が「葺き替え」になります。非常に効果が高い一方で、非常に高価な工事になるということをあらかじめお伝えしておきます。 いわば「屋根の建て替え工事」なので、作る屋根に合わせた最新の材料が必要であり、撤去した屋根材を廃棄するという手間も発生するのは避けられません。そして、構造材に確認できるトラブルも、この工法であればリフレッシュさせることができます。 かなり有力な修繕方法であると同時に、発生する費用はかなりのものになることを覚悟する必要があるでしょう。 セキスイハイムの屋根「ハイパーデュラティックルーフ」について セキスイハイムの屋根に使われている「ハイパーデュラティックルーフ」という屋根材は、冒頭でお伝えした通り「工事をお断りする場合がある」ということを覚えておいてください。何が何でも工事したいと言われるのであれば対応はしますが、メーカーであるセキスイハイムでは決して推奨していない対処だということを覚えておきましょう。 メーカー推奨:必要なメンテナンスは「ひさし部分のシーリング」のみは本当? セキスイハイムでは、ハイパーデュラティックルーフに対するメンテナンスは「ひさし部分のシーリングのみ」を対応すれば良いと言っています。この屋根材は、高耐久ステンレスで、サビが発生しても60年で0.2mm以下の進行しか発生しないと豪語しているのです。 さいたまスーパーアリーナや京セラドームなどで採用されている屋根材であり、強度は折り紙つきとセキスイハイムは自信を持っているのです。 実際の劣化状況 ハイパーデュラティックルーフは、まだ発表されてから時間が経過していない屋根材なので、実際に30年40年と経過しないことには劣化症状の進行具合は分かりません。しかし、ひさし部分のシーリングに劣化が発生しているのは事実で、適切にメンテナンスを施しながら様子を見る必要があるでしょう。 ちなみに、セキスイハイムの屋根は基本的に陸屋根や片流れ屋根が多いため、夏場の室温上昇が厳しいという特徴があるので、弊社としては「遮熱塗料」で対策しておくことをおすすめします。 メンテナンスという意味合いよりも、効果付与のために遮熱塗料を使用するのは、快適性アップに役立つはずです。 セキスイハイムの屋根リフォームは中山建装にお任せください! セキスイハイムの特殊な屋根材、ハイパーデュラティックルーフを含む屋根リフォームには独自のアプローチが必要です。 中山建装では、セキスイハイムの屋根の特性を理解し、適切なメンテナンス方法を決定します。陸屋根や片流れ屋根など、熱や防水処理に関する課題に対しても、最新の技術と最適な専門家による対応を行います。お客様の建物が持つ特性に合わせた最適なリフォームプランをご提案いたします。 熱の使用やシーリングの更新など、効率的な方法で快適性を向上させるためには、ぜひ中山建装までお問い合わせください。メール、お電話、またはショールームへの直接来店にて、ご相談をお待ちしております。セキスイハイムの屋根リフォームを通じて、お住まいをより快適な空間に変えましょう。 [myphp file="comContactL"]

2024.05.30(Thu)

詳しくはこちら

業者選びハウスメーカー大和市外壁補修屋根改修防水雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

大和市で屋根を張る前に知っておきたい!工事内容とおすすめ業者ガイド

大和市で屋根を張る前に知っておきたい!工事内容とおすすめ業者ガイド

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! そろそろ屋根のリフォームが必要だと感じているならば、事前に業者の選び方や屋根リフォームに関する情報を把握しておきましょう。屋根工事は、張り替えになれば高額な費用が発生します。そのため、悪質業者にも狙われやすい工事なのです。油断していると足元をすくわれるかもしれません。 屋根を張る工事は大がかりなものになるため、それだけ費用もかかります。大金が動く工事だからこそ、まかせる業者も慎重に選び、後悔のないリフォームにしましょう! 今回のお役立ちコラムでは、屋根の張り替え工事について事前に知っておくと安心なことをまとめてお話していきます! [myphp file="comContactL"] 知っておこう!3つの屋根のリフォーム 屋根のリフォーム方法にはおもに3つあります。これら3つを基礎知識として知っておきましょう。 塗装 カバー工法 張り替え 屋根塗装は一番手軽で一般的な施工方法です。塗装で対応が難しい場合は、カバー工法を用いることがあります。ただし、カバー工法は新しい屋根材を既存のものに被せるため、負担を考慮して軽量な屋根材を選びます。瓦屋根は不可能ですが、その他の屋根材で下地部分に劣化症状がない場合であればカバー工法は有効です。 張り替えよりも短期間で、新しい屋根の新築感が味わえるのも嬉しいポイントですよ。張り替えをする場合は、下地から新しいものに取り替えるため、屋根材も一から選ぶことになります。すべてを一新することができるのは、張り替えだけです。 ▼合わせて読みたい▼ カバー工法で屋根を対処した時|天窓やソーラー電池の設置について 戸建ての雨漏り対策にスーパーガルテクトのカバー工法|【大和市で外壁塗装・屋根塗装するなら中山建装】 屋根の張り替え工事見積もりの内訳を把握しておこう 屋根を張ることになる場合、さまざまな工程を経ることになります。大まかな流れを読み取るために、作業見積りの内訳を知っておきましょう。 足場の設置 既存屋根の撤去 下地の補修 新しい屋根の設置 その他の費用 その他の費用とは、状況によって内容が異なります。自社で足場をもっていない業者の場合は、足場を外注することもあるでしょう。また、現在の住宅の屋根材がアスベストを含む可能性のあるものだった場合、その除去費用が別途かかることもあります。イレギュラーな作業が追加されることも覚えておきましょう。 こういった作業工程を契約前に把握するためには、見積書をもらうことが重要になります。作業内容と何にどれくらいの費用がかかるのか、詳細に書かれた見積書をもらいましょう。 屋根の張り替えをゴリ押しする悪質業者に注意! 💬「すぐに工事しないと大変なことになりますよ!」 💬「もうダメになってるみたいなので、張り替えた方が早いですよ!」 悪質業者の手口には、恐怖や不安を煽るというものがあります。一見、とてもいい人に見える業者でも、実は悪質業者かもしれないのです。では、あなたに質問です。突然訪問してきた業者に「屋根にのぼって点検させてください」と言われたらどうしますか?点検が無料だとしたら、どうしますか? 「安い」「無料」「すぐに」などという言葉は、悪質業者の常套句です。無料点検と称して屋根にのぼり、自分で屋根を傷つけて「修理が必要な状態だった」と平気な顔で緊急性を迫るかもしれません。実際、訪問してきた屋根にのぼろうとする業者は存在します。 💬「近くで工事をしていたら、こちらの屋根が破損しているのが見えました」 💬「たまたま通りかかったのですが、屋根の状態が良くないように見えます。メンテナンスしていますか?」 💬「築年数が長いように見えますが、屋根の状態は大丈夫ですか?」 💬「昨日の大雨、すごかったですね!雨漏りしてないか無料で診てみましょうか?」 こんな風に声をかけてくるかもしれません。あの手この手で屋根にのぼろうとしてきたら、例え無料であっても断ってくださいね。悪質業者の狙いは、屋根工事の中でも一番高額になる張り替えを契約させることです。 本来ならば張り替える必要がない状況かもしれないにも関わらず、儲けのために勧めてくる可能性もあるのです。いくら魅力的なワードを言われても、恐怖を煽られても、その場で契約をしてはいけません。業者はあなたにとってプロフェッショナルに見えるかもしれませんが、突然やってきた業者とは一度距離をおいて冷静に考えてくださいね。 大和市で屋根の張り替えを依頼するときのおすすめの業者 大和市で張り替えなどの屋根リフォームを検討するならば、以下のチェックポイントにあてはまっている業者を視野に入れましょう。 屋根施工の実績や経験が豊富 大和市で評判が良い 工事の保証が万全 工事後のアフターサービスが充実している 他サイトからの口コミ評価が高い 外装劣化診断士の資格がある 塗装技能士の資格がある わからないところを丁寧に教えてくれる 質問しやすい雰囲気がある 業者選びで重視すべきなのは、実績や経験だけでなく人柄もポイントになります。ここでの人柄というのは、一個人の性格上の話ではなく、仕事に対して誠実かどうかということです。 お客様に喜んでもらいたいという気持ちがある業者は、自然とお客様の立場に立ってコミュニケーションをとっています。自分の利益ばかりを考えている会社であれば、誠実さに欠ける対応が垣間見える瞬間があるでしょう。工事費用という数字ばかりを追いかけるのではなく、節々にあらわれる業者の態度や姿勢までしっかり見てくださいね。 屋根を張る工事の業者選びは診断から見積書依頼をしよう 屋根に関する工事を検討するときには、必ず1社だけを見るのではなく、複数社で比較してください。比較をしなければ、最適な施工プランなのか、適切な価格なのかの判断ができません。インターネットで調べてでてくる相場は、あくまでも一般的な住宅をモデルにしたものです。 あなたの住宅とは築年数も違えば、屋根の形状や広さも異なります。まずは「マイホームではどうなのか?」という現状を知りましょう。現状や劣化状況を正しく診断できる「外装劣化診断士」の資格をもった業者に依頼してください。劣化診断が正しくできていないと、適切な施工プランの提案もできません。ほんの数分の診断で「張り替えが必要ですね」と言ってくる業者がいれば、信頼しない方が身のためです。 悪質業者か否かを見分けるためにも、診断から見積書の作成というステップを必ず踏んでください。診断にしっかりと時間をかけ、診断報告書まで作成してくれる業者は候補に入れましょう。診断や見積書の作成の過程で、円滑にコミュニケーションがとれるかどうかもチェックしてくださいね。 少しでも違和感や嫌悪感を覚える業者は、たとえ安かろうとも除外するのが身のためです。見積書の比較は、安さではなく総合的に判断するための最適ツールととらえておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装業者の選び方|悪質業者を見抜く方法を伝授 大和市で屋根を張るなら中山建装におまかせください 屋根の張り替えは高額な費用が必要になりますが、将来的なことを考えると大きな投資になります。適切に劣化診断と施工プランの提案ができる業者を選ぶことで、長期的な安心が得られますよ。 大和市での屋根張り替えを検討している方は、中山建装の無料診断をぜひ受けてみてください。診断報告書を作成して丁寧にご説明します。診断から見積書の作成まで無料ですので、ご安心ください。 また、当社は塗料メーカー主催の顧客満足度アンケートで全国1位を受賞しています。国家資格である「一級塗装技能士」の資格の取得といった職人の技術向上だけでなく、マナーとモラルの向上にも力を入れております。屋根は自分で様子を見ることができない場所にあるため、定期的に診断や点検をうけることが大切ですよ。築年数が長い住宅はとくに屋根に気をかけてあげてくださいね。 [myphp file="comContactL"]

2024.05.30(Thu)

詳しくはこちら

大和市屋根塗装外壁補修屋根改修防水雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

屋根の野地板とは何のためにある?|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

屋根の野地板とは何のためにある?|【海老名市で外壁塗装・屋根塗装をするなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 海老名市で屋根塗装を検討されている方々にとって、単に屋根の見た目を良くするだけではなく、その下にある構造物―特に「野地板」についての理解も重要です。 野地板は屋根材の下に隠れていますが、その役割は非常に大きく、この板がしっかりしていなければ、屋根全体の安定性に影響を及ぼします。劣化の状態によっては、雨漏りやその他の問題を引き起こす可能性があります。 海老名市での屋根塗装工事において、野地板の状態を正確に把握し、必要に応じて補修や交換を行うことが、長期的な建物の健全性を保つ鍵となります。 今回のお役立ちコラムでは、野地板が屋根の中でどのような役割を担っているのか、その劣化の兆候、そして適切な対策方法について詳しくお話ししていきたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ 屋根に生える苔の問題点|苔・カビ・藻によるサビが建物を劣化させる 野地板とは 野地板とは、屋根材を固定するために設置される板のことです。つまり、この板がなければ屋根材の設置ができないということになります。一般的には、野地板の上には「ルーフィングシート」が敷かれ、野地板に雨が直接当たらないようにする防水対策が施されますが、古い建物にはルーフィングシートが設置されていない場合があります。 屋根を葺き替えたり、部分補修したりの対策を施している建物の場合は、後からルーフィングシートで防水対策を施している場合もあるので、建物の痛みが少ない場合もあるでしょう。 野地板の種類 野地板にはいくつかの種類があります。主に使用されているのは、以下の3種類になります。 構造用合板特類2級12mm 杉バラ板12mm 耐火野地板 これらが最もポピュラーな野地板ですが、中には若干品質を落とした建材を使用していることもあります。 構造用合板特類2級9mm 普通合板 コンパネ これらは野地板としては決して優れているとは言えません。むしろ、適していないとさえ言えるでしょう。 たった3mmの差が大きな違いになる 構造用合板特類2級の「12mm」と「9mm」では、野地板としての性能が大きく異なります。同じ種類ですが、厚みが薄くなるということは「強度不足」が発生してしまうのです。 12mmの合板を使用した場合、粘土瓦のような重量級屋根材を使用した場合でも問題なく設置できるのですが、9mmの合板を使用した場合、重さに耐えられずにたわみが発生してしまう可能性があるのです。 たった3mmの厚みの差ですが、非常に大きな強度の違いとなって現れてしまうということを覚えておきましょう。 見積りの中で「構造用合板特類2級9mm」という記載があるような場合、素材の違いがわからない素人から料金だけ巻き上げようとする悪質業者の可能性があります。 記載が9mmとされている業者であれば、まだ良い方です。悪いのは「12mm記載で9mmを使用する」という場合は、明らかな詐欺行為となります。工事で使用する材料を目にするということはあまりないと思いますが、少しでも疑わしい行動をする業者の場合は、一度細かい部分をチェックすることをおすすめします。 構造用合板とコンパネの違い 構造用合板とコンパネは、そもそもの用途が異なります。構造用合板とは「建材」のひとつとして数えられ、ホルムアルデヒドが発生しなかったり、接着剤の種類に違いがあったりという、簡単には説明できないのですが「建材」として使用することができる材料を指します。 一方、コンパネとは「コンクリート型枠用パネル」の略称で、片面がツルツルの鏡面仕上げになっているものを指すのです。コンクリートを作る際の「水槽」の役割を果たし、固まったコンクリートから剥がしやすいのが特徴で、防水性にも優れていると言われています。 防水性に優れているコンパネが野地板に適していないというのは、コンパネに使用されている接着剤があまり質の良いものではないからです。構造用合板に使用されている接着剤の方が優れており、経年劣化しても合板同時の結合が解消されづらいのですが、コンパネは結合が剥がれやすくなっています。 そのため、長期間雨に晒される可能性がある屋根にコンパネを使用するのは適していないのです。 よく使われる野地板 では、よく野地板として使用されている3種類の特徴について考えてみましょう。素材の細かな部分の特性は、専門的に作業をしている職人であっても全て把握しているとは限りません。しかし、これを知っているというだけでも、最適な対処方法に導ける照明になるはずです。 12mm以上の構造用合板 まず、構造用合板は非常に強度のある合板になります。そして、12mm以上の厚みがある構造用合板は、釘の保持力が非常に優れているのです。屋根材の適切な固定をするためには、9mm厚では十分ではありません。 また、上に職人が乗ってもたわみが生じず、作業性も良くなります。 12mm以上の杉バラ板 12mm以上の板厚は、先述した通り釘の固定性が良くなります。そして、杉バラ板という素材は、構造用合板の土台として使用されることが多い「枕材」です。バラ板そのものを野地板として使用すると、劣化した場合「踏み抜き」の原因になる場合があります。そのため構造用合板と組み合わせて「断熱層」を作る役割を持たせているのです。 ただし、バラ板を野地に使っている場合がないわけではなく、古い建物の場合は構造用合板で補強を施していない場合もあります。 耐火野地板 屋根用の石膏ボードだと思ってください。火災に強い特性を持っているセメント性のボードです。「木毛セメントボード」や「木片セメントボード」というものが使用されています。 野地板の寿命について 野地板は、いつまでも使用し続けられるものではありません。適切なメンテナンスを繰り返して寿命を延ばすことはできますが、必ず最終的に劣化する部分です。 では、なぜ劣化するかをご説明しましょう。 屋根材によって異なる 野地板が劣化する大きな原因は「結露」です。結露のせいで湿気を含んでしまうことで、野地板は劣化を進めます。つまり、通気性の良い屋根材を使用していれば劣化を遅らせられるということになるわけです。 定期的な屋根塗装をしていると延びる 屋根塗装をする場合、屋根材によっては「縁切り」という作業が発生します。これを施す際「タスペーサー」という器具を屋根材の両端に設置するのですが、これによって屋根材に若干の空間をつくらせることができるのです。 そのおかげで、屋根材の下にある空気を強制的に入れ替えることができます。実際には空気の入れ替えのために設置するウェア家ではないのですが、作業工程上うまい具合に換気ができるというわけです。 そのため、定期的に屋根塗装を施すことで、屋根材裏の湿気の発生を抑えることにつながるということになります。 野地板の劣化調査 野地板の劣化状況を確認する方法についてご紹介しましょう。ただし、ご自身で劣化を確認するということはやめてください。一応、室内から確認する方法もありますが、狭い場所に入り込む必要があるので、あまりおすすめはしません。 一般的には屋根に登って調査 屋根に登り、屋根材をずらして野地板の劣化を確認する方法が一般的です。この方法は、一般の方には絶対にしていただきたくありません。万が一怪我をしても、誰も責任をとってくれませんので、屋根には登らないようにお願いします。 室内から屋根裏を確認する 屋根にアプローチできる天袋が必ず存在します。そこから野地板の裏側を確認することができるのですが、50cm四方程度の小さな出入り口に、入った先は屋根裏になるので非常に埃っぽく、下手をするとアスベストが吹付けられている可能性もあるので、不用意に入り込まないようにお願いします。 ドローン調査では判明しない 屋根調査をドローンで行うというのは一般的になってきましたが、これでわかるのは「赤外線による調査」までで、野地板の劣化具合までは判明しません。そのため、ドローン調査で野地板が傷んでいることが判明したというような話があった場合には、絶対に修理依頼をしないようにしましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 野地板メンテナンスで建物を守りましょう!屋根塗装は中山建装にご相談ください! 野地板は見えない部分でありながら、屋根の構造と安全性を支える非常に重要な要素です。適切な野地板の選定とメンテナンスは、雨漏りを防ぎ、建物の耐久性を高めるために不可欠です。 海老名市で屋根塗装や野地板の補修をご検討の際は、中山建装にお任せください。私たちは専門的な知識と豊富な経験を持ち、お客様の大切な家を長期間保護します。 お困りのことがあれば、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。問い合わせフォームから直接ご連絡いただくことができますし、メールやお電話でのご相談も受け付けております。さらに、実際の材料や施工例をご覧になりたい場合は、ショールームへの来店も心より歓迎しております。中山建装が提供するサービスにより、あなたの屋根を長持ちさせ、快適な住環境を維持するお手伝いをさせていただきます。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.18(Sat)

詳しくはこちら

海老名市塗装工事のお役立ちコラム屋根塗装外壁補修屋根改修建材雨漏り補修外装劣化診断雨漏り診断

安心の屋根修理なら中山建装におまかせください

大和市での雨漏り修理はどこに頼むべき?覚えておきたい優良業者のポイント

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 大和市で雨漏り修理業者を探しているあなた!修理を依頼するならば、優良業者を選んでくださいね!雨漏りは原因特定が難しく、施工のクオリティーによっては再発する可能性もあります。 💬「急いでいるから、検索で一番上にでてきたところでいいや!」 💬「優良かはわからないけど、安くしてくれるらしいから決めてもいいかな」 ちょっと待ってください!雨漏り修理業者は、適当に決めてはいけません。雨漏りがおきているということは、住宅のどこかで劣化や破損がおきているということです。内部まで浸水していれば、資産価値や耐久性にも影響します。 そんな重大な状況で「どこでもいい!」と決めてしまうのは危険です。雨漏り修理を依頼するならば、優良業者を選びましょう。 大和市で優良といえる雨漏り修理業者は、以下のポイントにあてはまっているかどうかチェックしてみてください。 大和市での実績と評判がともなっている 見積書が丁寧でわかりやすい 現場調査に30分以上時間をかける 迅速でクオリティーの高い対応 アフターサービスが充実している 資格をもっている 最後まで読んでいただくと「どこでもいい!」から「ここがいい!」で雨漏り修理業者を選べるようになります。せっかく依頼するならば、納得して安心してまかせられる業者がいいですよね! ▼合わせて読みたい▼ 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい 大和市で雨漏り修理の優良業者を見つけるポイント 大和市で優良な雨漏り修理業者を見つけるポイントは6つあります。 大和市での実績と評判がともなっている 見積書が丁寧でわかりやすい 現場調査に30分以上時間をかける 迅速でクオリティーの高い対応 アフターサービスが充実している 資格をもっている チェック項目として覚えておくと、優良業者を見つけやすくなりますよ。 大和市の雨漏り修理優良業者①大和市での実績と評判がともなっている 大和市での実績のある地元業者であれば、地元で評判が良い業者はそれだけ支持されやすいため、紹介などで実績を積んでいる可能性も高いです。 実績と評判がともなっているかどうかのチェックは必須といえるでしょう。業者がホームページに載せている口コミだけでなく、他サイトからの口コミにも目を通して、信憑性を確認してくださいね。 大和市の雨漏り修理優良業者②見積書が丁寧でわかりやすい どのような見積書を作成するかによって、業者の質がわかります。悪質の疑いがあるような業者は、見積書が簡素で詳細もわかりにくいのが特徴です。 どのような修理作業がおこなわれるか それにどれだけの費用がかかるのか これらが明確に記されているかを確認しましょう。わからない部分があれば、事前に質問しておくと安心です。 大和市の雨漏り修理優良業者③現場調査に30分以上時間をかける 診断や点検といった現場調査は、見積書を作成したり施工プランを考えるうえで重要な工程です。にもかかわらず、10分程度で終わってしまう業者は信憑性に欠けます。 数分の現場調査で作られた見積書は絶対に鵜呑みにしないでくださいね。現場調査の時点でどれだけ時間をかけているかも、優良業者を見極めるポイントになります。 大和市の雨漏り修理優良業者④迅速でクオリティーの高い対応 雨漏り修理は住宅工事の中でも迅速な対応が重視されます。中には、すぐに駆けつけることをモットーとしている業者もいるほどです。大和市で活躍している業者ならば、物理的にも近いため、スピード感のある対応も期待できます。 もちろん、スピードだけでなくクオリティーも重要ですよ。問い合わせに対する返答の速さや、緊急時の対応力も業者選びの重要なポイントになります。 大和市の雨漏り修理の優良業者⑤アフターサービスが充実している 雨漏り修理を依頼するときには、施工後のアフターサービス内容も確認しておきましょう。アフターサービスがないところは万が一の事態に対応できません。自己負担で対処しなければならなくなります。 施工後のメンテナンスサービスや、万が一の雨漏り再発時の対応方針まで把握したうえで業者を選びましょう。 大和市の雨漏り修理の優良業者⑥資格をもっている 「技術力があります!」と豪語していても、たとえ実績が豊富でも、それを証明するものがなければ信憑性に欠けます。優良業者であれば、施工に有効な資格を取得しているはずです。 雨漏り診断士 外装劣化診断士 一級塗装技能士 こういった資格をもっている業者は、施工のクオリティーが確保されている可能性が高いです。一級塗装技能士の資格は国家資格です。なんと、実務経験が7年以上ないと受験することすらできません。または、2級合格後には2年以上、3級合格後に4年以上というように、実務経験が求められます。 知識だけがあっても資格をもつことはできないのです。雨漏り修理で塗装をすることもあります。劣化や原因を正しく見極められる資格にくわえて、技術を裏付ける資格をもっている業者は優良と呼べるでしょう。 大和市で雨漏り修理を依頼するときの注意点 大和市で雨漏り修理を依頼するときの注意点は3つあります。 複数の業者の見積書で比較検討する 安さだけで業者を選ばない 契約内容は納得するまで確認する 大和市で雨漏り修理を依頼するときの注意点①複数の業者の見積書で比較検討する 💬「見積書ってどこからもらっても一緒じゃないの?」 💬「すぐに修理してほしいから、いろんなところから見積りとってる場合じゃない!」 焦る気持ちはわかりますが、見積書は重要な判断ツールになります。適切な施工プランから費用まで、1社だけでは見えないものが見えてくるのです。ぜひ、3社以上から見積書をもらって比較してみてください。必ず違いがあるはずです。比べるからこそ、満足のいく施工をしてくれる業者を見つけだせるのです。 大和市で雨漏り修理を依頼するときの注意点②安さだけで業者を選ばない 💬「なんといっても安いところが一番!」 💬「ちょうど訪問してきた業者が半額にしてくれるっていうから頼もうかな~」 安さだけで業者を選ぶのは危険です。安さで選んではいけない理由は、トラブルに巻き込まれやすくなるためです。価格が極端に安い業者は、使用する材料の質が低かったり、作業が雑だったりする可能性があります。 また、どれくらいの金額なら安いと判断していいのかもわかっておく必要があります。相場を知るためにはやはり、見積書を比較して判断する必要があるのです。 インターネットで調べてでてくる相場は、あくまでも一般的な事例です。あなたの住宅ではどうなのか?というリアルな情報をもとに考えてくださいね。金額だけでなく、品質とのバランスも考えましょう。 大和市で雨漏り修理を依頼するときの注意点③契約内容は納得するまで確認する 契約を結ぶ前には、契約書の内容をしっかり理解しておく必要があります。 作業内容 費用 作業期間 保証内容 「難しく堅苦しい文章なので読みづらい!」と思うかもしれませんが、大切なマイホームとご家族のためにもしっかりと理解しておきましょう。わからないところはどんどん質問して構いません。 優良業者ならば質問にも親身になって答えてくれるでしょう。コミュニケーションをとることで、スタッフの人柄や会社全体の雰囲気も感じることができます。 大和市で雨漏り修理をするなら中山建装におまかせください 大和市で雨漏り修理を検討している場合、優良業者の選定は非常に重要です。今回お話ししたポイントを参考にして「ここに頼んでよかった!」と思える業者に出逢ってくださいね。信頼に値する優良業者を見つけることが、安心して修理を依頼するための第一歩となります。 中山建装では、専門家による雨漏診断をおこなっております!屋根から始まり、雨漏りしやすい箇所の徹底的調査が可能です。写真やグラフをもちいた雨漏り診断報告書を作成し、手にとるようにわかりやすくご説明いたします。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装の施工事例

2024.05.15(Wed)

詳しくはこちら

業者選び大和市屋根改修防水雨漏り補修雨漏り診断

大和市で屋根修理の詐欺に注意!知っておくべきポイントと対策方法

大和市で屋根修理の詐欺に注意!知っておくべきポイントと対策方法

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 大和市で屋根修理を検討している方にとって、詐欺に遭うリスクは無視できませんよね。実際、悪質な業者による詐欺被害は報告されています。屋根修理は、住宅修理の中でも高額になりやすいため悪質業者が目をつけやすい事案なのです。 屋根修理詐欺の典型的な手口は以下の通りです。 突然訪問してくる 無料点検として敷地内に上がりこんでくる 緊急性を煽ってくる 過剰な費用請求をしてくる 契約書の内容が不十分 💬「そんなに悪い人が大和市にいるのかな?」 💬「いい人そうに見える人が詐欺師だったりするの?」 あなたは普段からちゃんと「No!」といえていますか?もし、無料や緊急という言葉で侵入を許してしまいそうなら、ぜひ最後まで読んで備えてください。正しい知識があれば、罪悪感もなく「No!」といえるようになりますよ。 大和市民が正しい知識をもっていれば、悪質業者を野放しにすることもなくなるでしょう。適切な「No!」がいえるように、詐欺の典型的な手口や見分け方を知っておいてくださいね。それだけでなく、信頼できる業者の選び方まで把握しておきましょう! ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装業者の選び方|悪質業者を見抜く方法を伝授 大和市でも注意!屋根修理詐欺の典型的な手口 見ず知らずの業者を屋根にのぼらせてはいけません。いくら無料で点検するといっても、簡単に許さないようにしてください。 突然訪問してくる 無料点検として敷地内に上がりこんでくる 緊急性を煽ってくる 過剰な費用請求をしてくる 契約書の内容が不十分 屋根修理詐欺の典型的な手口①突然訪問してくる 屋根修理を謳った詐欺は、訪問でやってくることがあります。ある日突然、ふらっと修理業者を名乗るものがやってきたら、あなたはどう対応しますか?悪質業者はふいをついてやってくることがほとんどです。弱みにつけ込むかのように、台風や地震など自然災害のあとといった、イレギュラーなタイミングを狙うこともあるでしょう。とくに、高齢者の一人暮らし、高齢者だけの世帯は狙われやすいです。 屋根修理詐欺の典型的な手口②無料点検として敷地内に上がり込んでくる 💬「こんにちは!今、大和市の住宅を無料点検してまわっております!」 💬「すぐに終わるので、屋根にのぼって点検してもよろしいですか?無料でさせていただきます!」 爽やかな好青年にこんな言葉をかけられたら、あなたはどうしますか?「無料点検」という言葉は、とても便利な言葉です。たいていの人は、無料と聞くと「じゃあお願いします」と受け入れてしまうでしょう。それが悪質業者の狙いなのです。 どういうカラクリかというと、無料点検として屋根にのぼり、故意に屋根材を傷つけるなどして修理の必要性を訴えるのです。実際の屋根の様子がわからない状態で「大変なことになる」などといわれれば、修理をお願いしてしまうのは目に見えていますよね。こういった悪質な無料点検も、高齢者世帯を狙うことが多いです。 屋根修理詐欺の典型的な手口③緊急性を煽ってくる もし、屋根のプロフェッショナルを名乗る人に、こんなことをいわれたらどうしますか? 💬「すぐに修理をしないと資産価値にも影響しますよ!」 💬「今まで屋根を見てきた中で最悪な状態です。今すぐ修理しないとまずいです!」 緊急性を煽るのも、屋根修理詐欺の手口の1つです。焦らせるだけ焦らせて、その場で契約をとらせるのが狙いです。たとえ緊急性を煽られたとしても、その場ですぐに契約をすることだけは避けましょう。 そもそも、そこまで緊急性があるようならば、ひどい雨漏りなど、住宅内に表面化した不具合がでているはずです。そんな様子もないのに、不安や恐怖を煽ってくるようならば、まずはいったんお帰りいただきましょう。 屋根修理詐欺の典型的な手口④過剰な費用請求をしてくる 「屋根修理は高くなる」と聞いたことがあるかもしれません。たしかに、屋根は新しい屋根材に張り替えになれば、数百万円という高額な費用がかかることが多いです。 ただし、高額な費用になるほどの工事は、頻繁に発生するものではありません。もし、見積書に想像していた以上の高額な費用が表示されていたら、一度検討してください。修理内容に見合わない高額な費用を請求するのも詐欺手口の1つです。 屋根修理詐欺の典型的な手口⑤契約書の内容が不十分 契約をする段階になっても気を抜かないでくださいね。詳細な契約書を作成せず、工事に入ろうとする悪質業者も存在します。 それどころか、契約書を作らずに口約束だけで進めようとするのは最悪です。のちのトラブルにつながる可能性が高いです。 大和市民が覚えておくべき屋根修理詐欺を見分けるポイント 💬「屋根修理詐欺の手口はわかったけど、どうやって詐欺だと判断すべき?」 💬「最初から悪い人だと決めつけて対応するのは、なんだか申し訳ない気がする…」 💬「屋根修理詐欺の手口に引っかからないように、対策方法が知りたい!」 ご安心ください。どのようにして対応すればいいのか、相手に失礼のないような対策方法をお話していきます。 大和市民が覚えておくべき屋根修理詐欺のチェックポイントは以下の3つです。 名刺やパンフレットは保管する 他の業者にも診断してもらう 魅力的なワードには冷静に対応する 大和市民が覚えておくべき屋根修理詐欺のチェックポイント①名刺やパンフレットは保管する 飛び込みでやってきた屋根修理業者からは、必ず名刺をもらいましょう。名前や会社名を名乗っているかもチェックしてくださいね。どこの誰かもわからない人を、敷地内に入れてはいけません。これは、必ずご家族全員で共有しておいてください。そうすれば、誰が在宅していてもふいをつかれることはないでしょう。 会社の評判や口コミを調べる 名刺の会社が存在しているのか調べる 名刺やパンフレットの住所に会社が存在するか調べる 名刺やパンフレットなどの証拠が手元にあれば、のちほどインターネットでくわしく調べることもできます。もし悪質業者であった場合は、被害拡散防止のために証拠も提出できます。 「そんな探偵みたいなことをしてまで…」と思うかもしれませんが、今や自分の身は自分で守らなければならない時代です。本当に信頼できる人を見極めるためにも、信頼性をその目で確かめることを怠らないでください。 大和市民が覚えておくべき屋根修理詐欺のチェックポイント②他の業者にも診断してもらう 業者を名乗る人に修理の緊急性を訴えられたり、不安を煽られたりすると藁にもすがる気持ちになってしまうかもしれません。ですが、一度冷静になってください。訪問業者が無料点検をして緊急性を煽ってくる場合は、詐欺である可能性も考えられます。 本当に問題があるのか、別の業者にも診てもらいましょう。大和市にも、診断や点検を無料でおこなっている業者はいます。そういったところにお願いして、第三者の視点を入れてください。 大和市民が覚えておくべき屋根修理詐欺のチェックポンと③魅力的なワードには冷静に対応する 詐欺をおこなう悪質業者は言葉巧みにあなたを騙そうとしてきます。 今なら半額 今日契約すれば10万円値引き キャンペーンで今だけの価格 あなただけの特別な価格 魅力的なワードを使って、契約を迫ってくる可能性があることを覚えておきましょう。とくに、費用を値引きするといったものは、本当にそれが妥当な金額なのかの判断がつきませんよね。 だからこそ、その場では決めずに、他の業者からも見積書をもらいましょう。3社ほどの見積書を比較すれば、施工内容から費用までを総合的に判断できます。 ▼合わせて読みたい▼ 大和市で外壁塗装をするなら来店依頼がおすすめ|訪問販売の詐欺に遭わないための基礎知識 大和市で屋根修理!信頼できる業者の選び方 大和市で屋根修理を依頼するならば、できるだけ訪問営業をしていない業者がおすすめです。なぜなら、通常の業者は訪問営業をする暇もなく飛び回っているからです。よほどの大手で営業担当が多くいる業者もいるかもしれませんが、一般的には訪問はあまりないでしょう。 こういった現状を踏まえたうえで、信頼できる業者の選び方をおさえておきましょう。 大和市での実績と良い評判がある ホームページやSNSを運営している 保証やアフターサービスを用意している 見積書や契約書といった書類を適切に作成できる 診断や点検を無料でおこなっている ショールームをもっている 大和市での評判は、インターネットの口コミだけでなく、ご近所さんや昔からその地に住まわれている方からも得ることができます。業者のホームページやSNSから、過去の施工実績を確認してみましょう。 保証やアフターサービスを用意している業者なら万が一のときにも備えられます。ショールームをもっている業者ならば、会社の所在も明らかですし、スタッフの人柄も確認できて安心です。 安心の屋根修理なら中山建装におまかせください 屋根修理を依頼するならば、自分の目と耳で確かめてから選んでくださいね。屋根修理詐欺の手口を事前に把握しておけば、いざその状況になったときにも冷静に対応できます。ぜひとも、ご家族や離れて暮らしている大切な方々にも情報共有をして身を守りましょう。 大和市での屋根修理をご検討ならば、中山建装におまかせください。当社は、大和市にショールームを出店しております。診断や見積書の作成、相談は無料でおこなっておりますので、初めての方も安心してご連絡くださいませ。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装塗装専門ショールーム

2024.05.14(Tue)

詳しくはこちら

〇〇の選び方業者選び悪質業者大和市外壁補修屋根改修雨漏り補修雨漏り診断

戸建ての雨漏り対策にスーパーガルテクトのカバー工法_【大和市で外壁塗装・屋根塗装するなら中山建装】

戸建ての雨漏り対策にスーパーガルテクトのカバー工法|【大和市で外壁塗装・屋根塗装するなら中山建装】

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 雨漏りは「修理」するか「隔絶」するかで対処しなければなりません。修理は単純に、雨漏りの発生箇所の破損を直すことです。では、隔絶とはどうすることなのか。 雨漏りの発生原因に雨を降らせないということです。それができるのが「カバー工法」になります。屋根塗装屋さんはカバー工法で修繕することもできるんですよ! 雨漏りだけではなく、より快適性をアップさせたい方は、カバー工法で使用する屋根材に「スーパーガルテクト」を使用してみませんか。 今回の記事では「スーパーガルテクトのメリット」についてお伝えしたいと思います。 ▼合わせて読みたい▼ カバー工法で屋根を対処した時|天窓やソーラー電池の設置について カバー工法のメリット カバー工法は、雨漏り対策には非常に優れた効果を発揮してくれる工法です。屋根に発生したトラブルを手早く対処したい場合には、カバー工法以上の対処方法はありません。 では、カバー工法のメリットについて考えていきましょう。 工事費を抑えられる カバー工法で対処する場合、余計な作業は行いません。 高圧洗浄 ケレン作業 補修作業 撤去作業 このような作業は、補修する場合や屋根塗装を施す場合には非常に重要な作業と言えるのですが、カバー工法をする際には全く必要がありません。なぜなら、新しい屋根材を上に被せて蓋をしてしまうからです。 見えなくなる部分に手を加えたところで、そこに意味は生まれません。その分の時間もコストも省いてしまい、新しい屋根を被せるだけにすれば、大幅なコストカットが実現できるのです。 工事期間が短い カバー工法は「屋根を被せて蓋をする」だけなので、足場の設置と材料さえ揃っていれば、その日のうちに作業が完了することも珍しくありません。通常の屋根塗装を行う場合は、どんなに短くても5日前後はかかってしまいます。 しかし、カバー工法は天候や準備状況による影響を省けば、ほぼ3日以内には対処できる工法なのです。 防音性・断熱性アップ カバー工法は防音性や断熱性がアップします。これは快適性に直結する大きなメリットなので、それぞれを詳しくご紹介しましょう。 防音性が高くなる理由は、屋根が増えることで「擁壁」が1枚増えた状態になるからです。音というのは、空気の振動が伝わることで感じられる現象です。屋根が増えるということは、音が伝わるための空気が一度遮られることになるので、従来の音の伝わり方よりも空気の振動が弱くなります。そのため、屋根から入ってくる音が今までよりも小さくなるわけです。 断熱性がアップするのは、新しい屋根材と既存の屋根材の間に生まれる「空気層」による効果になります。この空気層が一般的には「断熱層」と言われる存在です。 ペアガラスをご想像ください。2枚のガラスによって空間を挟んだガラスです。寒冷地に行けばほぼ全ての建物で使用されているガラスになります。この1cmにも満たない断熱層のおかげで、室内の温度がキープされるということが実証されています。 他にも、寒冷地では玄関ドアの前には玄関フードを設置して二重にしているのをご存知ですか? これも断熱のための措置です。このように、断熱層があるだけで建物の快適性は飛躍的にアップするのです。 アスベスト含有屋根材もOK 通常、アスベスト含有屋根材を使っている建物には、適切な処置を行なった上で屋根塗装などの対処を行わなければなりません。もし雨漏りの修繕をこなうような場合は、アスベストを鎮静化させた上で部分撤去をしなければならないですし、葺き替えなければならないようであれば、別途アスベスト処理ようの処分費用が発生してしまいます。 カバー工法で対処した場合、これらの費用が発生しません。一応、カバー工法時に穴空け加工等が必要なので、その際にアスベスト鎮静処置は行います。しかし、撤去するわけではないので、アスベストの産廃処理費用は発生しません。 構造材へのダメージが少ない 屋根の修繕をする場合、葺き替えが必要なレベルで対処しなければならない時は「構造材へのダメージ」を気にしなければなりません。屋根材をいら帰るだけであれば良いのですが、野地板を剥がして完全に屋根を作り直すような大規模工事になった場合、構造材が破損しないように細心の注意を払いながら行います。 しかし、カバー工法では固定金具を設置するだけの対処なので、工事自体の影響で構造材を傷めるようなことはありません。 カバー工法のデメリット カバー工法のメリットは非常に魅力的ですが、反対にデメリットはどのようなものがあるのか考えてみましょう。 屋根が重くなる 既存の屋根材を撤去することなく新しい屋根材を乗せるので、その分の重さが建物全体にかかってしまいます。重さそのものは軽量合金を使用しているので大したことではないのですが、問題は「重量物が屋根の上にある」ということです。 これは、建物が振動により揺れた時の振れ幅に関わってくる問題です。重量物が高い位置にあるということは、振れ幅が大きくなってしまうので、外壁や構造材へのダメージは大きくなります。外壁にひび割れが起こったり、構造材が折れたりする可能性も十分に理解しておきましょう。 選べるカバー用屋根材が少ない カバー工法で使用するのは「金属屋根材」です。そのため、他の屋根材を使用することはできません。金属屋根材の中でもカバー工法に適しているものと適さないものがあるため、使用できるものには限りがあります。 1度しか施工できない 便利なカバー工法ですが、2枚目のカバーは行えません。これは建築基準に適合できなくなるからという理由です。建物の強度計算上、カバー工法1枚程度の重みであれば対応できるのですが、それ以上の重さが屋根にかかった場合、建物の振れ幅が基準以上になる恐れがあるので、1枚しかカバーできないのです。 仮にカバー屋根材を撤去して新しくカバー工法を施工するという場合は、すでにダメージが蓄積された構造材の影響を考えなければならないため、葺き替えた方が安全だと判断されます。 カバー工法をした場合「火災保険適用外」になるかも カバー工法で屋根の修繕をした場合、既存の屋根は壊れたままなので「原状回復」の概念から外れてしまいます。そのため、火災保険の適用外になる可能性があることを覚えておきましょう。 火災保険を使用する場合、劣化こそしていたとしても、建物はそのまま住める状態を予定しています。しかし、カバー工法というのは建物を直すのではなく「壊れたまま放置して問題が発生しないようにしただけ」なので、原状回復するとなると「壊れた屋根を再現する」ことになってしまうのです。 もしカバー工法で対処しようと考えた場合は、保険会社に対応の可否を確認しておくことをおすすめします。 スーパーガルテクトでカバー工法 一般的にカバー工法で使用される屋根材は「ガルバリウム鋼板」です。非常に優れているのですが、雨が当たる音が気になったり、潮風に弱かったりと、やはりネガティブ要素もしっかりと孕んでいるのです。 そんな中「スーパーガルテクト」という、ガルバリウム鋼板を進化させた屋根材が登場しました。もしカバー工法で対処する場合には、こちらも検討してみてください。 沿岸部でもOK スーパーガルテクトは、ガルバリウム鋼板にマグネシウムメッキを施すことで塩害に強い特性を持たせた金属屋根材です。そのため、地域を選ばずに使用することができます。 これまでは、ガルバリウム鋼板を使って沿岸部の建物に対処してしまうと、数年のうちに塩サビが発生して屋根材がダメになってしまうという症状が発生していました。しかし、スーパーガルテクトならその心配がないのです。 快適性アップ スーパーガルテクトには「断熱材」が仕込まれています。カバー工法で断熱素王ができるだけではなく、屋根材に仕込まれた断熱材も威力を発揮するので、一度に二度美味しい断熱層が作られるので、建物の快適性は飛躍的にアップします。 今こそ、中山建装のカバー工法で安心を手に入れましょう! カバー工法は戸建て住宅の雨漏り対策に最適な解決策ですが、利点と欠点を理解して適切な判断をすることが重要です。この方法は、迅速かつコスト効率的に屋根問題を解決し、防音性や断熱性を高めることができます。しかし、重量の増加やカバー材の選択肢の限定など、考慮すべき点もあります。 中山建装では、スーパーガルテクトを使用したカバー工法を推奨しており、優れた耐久性と快適性を提供します。お住まいの屋根の状態に関するご相談や、カバー工法の詳細については、ぜひ当社の問い合わせフォーム、メール、またはお電話でご連絡ください。さらに、私たちのショールームにお越しいただければ、直接さまざまな屋根材をご覧いただくことができます。 中山建装とともに、あなたの家をより良い状態にしましょう。 ▼合わせてチェック!▼ 中山建装の施工事例

2024.05.10(Fri)

詳しくはこちら

大和市塗装工事のお役立ちコラム屋根改修劣化症状について防水

【相模原市】 屋根カバーで失敗しないために! 業者選びのコツ

【相模原市】 屋根カバーで失敗しないために! 業者選びのコツ

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 相模原市で屋根カバーをお考えの皆様!業者選びで悩んでいませんか?大切なお住まいの工事ですから信頼できる業者に依頼したいし、失敗したくないですよね。 そこでこの記事では、業者を選ぶコツや悪徳業者を見分けるポイントなどを詳しく紹介します。業者選びの際に参考にしてみてください。 屋根カバーはどこに頼むべきか 屋根カバーを引き受けてくれる業者は色々あります。建てた時にお願いしたハウスメーカーや、リフォームや塗装の業者、ホームセンターの窓口でも対応してくれるでしょう。 まずハウスメーカーは信頼できる会社ですが、屋根カバーに関しては下請け会社に依頼します。その時に仲介料が発生するため、他の業者より割高になるのがネックです。 そしてホームセンターの窓口は実際にどんな業者が来るかわからず、実績や職人のもつ資格などがほとんどわからず、心配なことも多いでしょう。 一方でリフォームや塗装の業者、特に地域密着型の業者であれば仲介料を取られることもないし、事前にホームページで施工実績や職人のもつ資格、口コミなどを確認できます。 ですので費用と信頼性を考えると、リフォームや塗装の業者に依頼することをオススメします。 地域密着型の業者をインターネットで探すコツ GoogleやYahoo!の検索エンジンで「相模原市 屋根カバー」と検索すれば、沢山のホームページがヒットするでしょう。ここで覚えておきたいのは、一括見積りサイトと業者のホームページから依頼する場合の違いです。 一括見積りサイトはとても便利ですが、たとえば10社に見積りをだすと10社から一気に営業の電話がかかってきたり、メールが送られてきたりします。これらの対応をするのはとても大変でしょう。 また、どんな業者でも現場での確認を行わないと正確な見積書を作ることができないため、10社の職人がそれぞれに自宅にやってくるため、結局10社にそれぞれ依頼をだすのとあまり変わりません。 それよりは、自分で業者のホームページを確認し、信頼できると感じた業者2~3社に見積りをだし、納得できる相手に依頼した方がストレスもなく楽です。 業者の情報で確認すべきポイント 業者のホームページで何を確認するべきなのか、おさえておきたいポイントを紹介します。どれも重要なポイントなので、なるべく全部確認することをオススメします。 施工実績や職人のもつ資格 施工実績の豊富な会社は、大抵施工事例を公開しています。実際に施工した建物の外観、工事の手順や職人の様子などを確認できるでしょう。この中に屋根カバーの実績があれば安心です。 実際にどのような屋根カバー工事を行ったのか確認し、ビフォー&アフターなどもみておくと参考になるでしょう。実績だけでなく職人のもつ資格なども確認しておくと、さらに安心です。 外装劣化診断士 外壁劣化診断士をもつ職人がいれば、現在の屋根や外壁の状態を正確に診断してくれます。彼らは単に現状を確認するだけでなく、劣化の原因からどのような改修をすべきか提案をしてくれますし、一般の方にわかりやすいように説明するのも上手です。 どのような屋根材にすべきか、塗装をするならどんな塗料を使うべきか、予算に合わせて相談してみましょう。 雨漏り鑑定士 雨漏り鑑定士は、一般社団法人雨漏り鑑定士協会が認定する資格です。資格名の通り、雨漏りに関する知識が豊富なため、雨漏りに悩まされているなら彼らに診断してもらうと良いでしょう。 雨漏りの診断や修理はとても難しいため、原因を究明し、どのような工事をすべきか、本当に屋根カバーが最適なのか確認してもらうことをオススメします。 塗装技能士 せっかく屋根カバーでリフォームするなら、屋根や外壁の塗装も見直したいと考えている方も多いでしょう。そんな時に信頼できるのが塗装技能士です。 塗装技能士は国家資格であり1級と2級があります。2級は2年以上、1級は7年以上の実務経験がある上で、学科と実技の試験をクリアする必要があります。できれば1級の塗装技能士にお願いしたいところです。 1級の塗装技能士が担当するからといって費用が変わることはありません。 Google口コミやYahoo!口コミも確認する Google口コミやYahoo!口コミも一応確認しておきましょう。これらの口コミをみれば、実際に施工を依頼した方の感想や評価などを知ることができます。 「施工の品質が良かった」「安心してお願いできた」「近隣の配慮なども良かった」などのコメントが多くあれば、信頼できる業者でしょう。 見積りを依頼した時に確認したいポイント ホームページを確認して見積りを依頼した時に、確認しておきたいポイントもいくつか紹介します。特に見積書の見方は覚えておくと安心です。 屋根カバー工事に関する保険や保証 一般的な業者は保険に入っています。この保険は施工中に起きたトラブルに対して保険金が支払われます。 たとえば、建物が破損してしまったり、塗料で車や他のお宅を汚してしまったりした場合などに役立つでしょう。 依頼する前に保険に入っているかどうかを確認しておきましょう。 さらに工事後の保証があるかどうか、どれくらいの期間なのか確認しておくことをオススメします。 たとえば工事の仕上がりは綺麗でも、なんらかの施工ミスですぐに雨漏りしてしまったり、屋根材がズレてしまったりした場合も、保証期間内であれば無料で修理してくれます。 見積書をしっかり確認しよう まず、屋根カバー工事の内容が細かくわけて記載されているか確認しましょう。たとえば「屋根リフォーム一式」とだけ書かれていた場合、何にいくらかかったかわからないため、心配です。 屋根カバー工事では、どんな防水シートを使うのか、どんな屋根材を使うのかも重要なポイントです。 主な防水シートの種類 防水シートはルーフィングとも呼ばれています。主な防水シートの種類をいくつか紹介しますので見積書と照らし合わせて確認してみてください。もしみつからなければ、どんな防水シート(ルーフィング)なのか質問してみましょう。 【アスファルトルーフィング】 アスファルトルーフィングとは、アスファルトを紙や不織布にしみこませたものです。一般的な防水シートの中では安いですが、耐用年数は10年程度と少し短めです。 【改質アスファルトルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング)】 改質アスファルトルーフィングは、アスファルトルーフィングを改良したものです。材料にゴムや合成樹脂、プラスチックやポリマーなどが含まれており、柔軟性があって破れにくく耐用年数は20年ほどです。 【粘着層アスファルトルーフィング】 粘着層アスファルトルーフィングは、改質アスファルトルーフィングを改良したもので粘着性があります。屋根材にヒビや剥離がある場合に密着性を高めるために使われます。耐用年数は20年ほどです。 【軽量ルーフィング(高分子系ルーフィング)】 軽量ルーフィング合成樹脂でできており、アスファルト系よりも軽く主さは3分の1程度です。軽ければ軽いほど建物にかかる負担が少なくなるため、屋根カバーに向いています。耐用年数は20年ほどです。 【透湿防水ルーフィング】 透湿防水ルーフィングは、少し特殊な防水シートです。雨水から建物を守りつつ屋内の湿気を外に逃がすという機能を備えています。一般的な防水シートよりも耐用年数が長く約50年ほどもちます。 主な屋根材の種類 主な屋根材の種類も紹介します。ただし同じ屋根材でもメーカーやバリエーションが違うと機能も変わるため、業者に確認する必要があるでしょう。 【ガルバリウム鋼板】 ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板のことです。薄くて防食性が高くて軽く、ステンレスより安いために、屋根材としてとても人気があります。耐用年数は30年ほどです。 【ジンカリウム鋼板】 ジンカリウム鋼板の組成はガルバリウム鋼板と似ていますが、大きな違いとしては石粒が付着しており、天然石粒付き鋼板やストーンチップ鋼板などがあります。 薄くて防食性が高くて軽いのは変わらず、さらに色あせを起こしにくく屋根塗装によるメンテナンスも必要としません。また耐用年数も50年と長めです。ただし、ガルバリウム鋼板より高価です。 【エスジーエル鋼板】 エスジーエル鋼板は、ガルバリウム鋼板を改良した屋根材です。ガルバリウム鋼板よりもハイグレードですが、少しばかり高価です。 防食性がガルバリウム鋼板の3倍以上あるだけでなく、たとえ傷が付いてもサビにくいのが特徴で、耐用年数は30年ほどあります。 【アスファルトシングル】 アスファルトシングルは、ガラス基材などにアスファルトを浸透させ、表面に石粒を付着させたものです。とても安くて耐震性があり、軽いのが特徴ですが、表面の石粒が剥がれやすく10年おきにメンテナンスが必要で、耐用年数は20年から30年程度です。 悪徳業者を見分けるコツ 悪徳業者の多くは、まともなホームページや施工実績などをもっておらず、訪問販売や営業電話などで突然コンタクトを取ってきます。 ご自身が依頼もしていないのに連絡をしてくる業者は、残念ながら悪徳業者の可能性が高いため断った方が無難です。 かならず業者のホームページで「業者の情報で確認すべきポイント」で紹介した内容を確認し、納得できる業者を選びましょう。 ホームページがなくても信頼できる昔ながらの業者もありますが、実績などを確認するのが難しいため、知人の紹介などで信頼できる場合を除き、ホームページがあって実績などを確認できる業者がオススメです。 屋根カバー工事のご相談は中山建装まで!最適な工事を提案させていただきます! 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひ当社中山建装にご相談ください!たしかにカバー工事はコスパの良い工事であるものの、劣化症状の度合いによっては適さない場合もございます。 そこで重要になるのが、外装劣化診断をしっかり実施してくれる業者の存在です。 外装劣化診断のプロがあなたのご自宅にお伺いし、細かい部分までをプロの目線で診断!最適な修理方法を提案させていただきます。 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひとも当社にご相談ください!あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.04.07(Sun)

詳しくはこちら

業者選び地域情報相模原市塗装工事のお役立ちコラム外壁補修屋根改修

【相模原市】屋根カバーの種類は?リフォームする前に知っておこう

【相模原市】屋根カバーの種類は?リフォームする前に知っておこう

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根カバー工法は、屋根を葺き替えるよりも安く短期間で工事が終わるため、相模原市でも人気のあるリフォーム方法です。 ただ、一口に屋根カバー工法といっても屋根材や防水シートを何にするかで機能性や耐用年数が大きく異なるため、屋根材選びで悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回のお役立ちコラムでは屋根カバー工法に使われる屋根材や選び方をお話させていただきます。 屋根のリフォームを考えている方はぜひ参考にしてみてください! ▼合わせて読みたい▼ 【相模原市】 屋根カバーとは?費用やメリット・デメリットについて 屋根カバー工法に使われる屋根材の種類 まずは、屋根カバー工法に使われる屋根材の種類を紹介します。何を選ぶかで主さや耐用年数、耐震性などが変わるためじっくり吟味しましょう。 ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板は、1972年にアメリカのベスレヘム・スチールという製鋼会社が開発した、アルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板のことです。薄くて防食性が高くて軽く、ステンレスより安いために、屋根材としてとても人気があります。 ガルバリウム鋼板が普及する前は、トタン屋根が人気でした。ガルバリウム鋼板はトタン屋根よりも格段に耐久性能が高く、瓦の10%程度の重さしかありません。 屋根カバー工法で用いられる最もポピュラーな屋根材の1つで、耐用年数は30年ほどです。 ステンレス ステンレスはとても高価ですが、ガルバリウム鋼板と同様に薄くて防食性が高く軽い素材です。とにかく腐食に強いため、塩害に悩む屋根に使われることが多いです。 そのため、海に面していない相模原市の住宅ではあまり必要ないかも知れません。耐用年数は50年とかなり長いです。近年はステンレスに近い性能を持ちながら安い屋根材も増えてきているため、あまり普及していません。 ジンカリウム鋼板 ジンカリウム鋼板の組成はガルバリウム鋼板と殆ど変わりませんが、商標登録をした会社が違います。大きな違いとしては石粒が付着しており、天然石粒付き鋼板やストーンチップ鋼板など、いくつか種類があります。 薄くて防食性が高くて軽いのは変わらず、さらに色あせを起こしにくく屋根塗装によるメンテナンスも必要としません。また耐用年数も長くなっており50年近く持ちます。 ガルバリウム鋼板とくらべて高価ですが、耐用年数を重視している方、長い目で見てコストをおさえたい方にオススメです。 エスジーエル鋼板 エスジーエル鋼板は、ガルバリウム鋼板を改良した屋根材です。ガルバリウム鋼板よりもハイグレードですが、少しばかり高価です。(材料にマグネシウムが追加されています) ガルバリウム鋼板も防食性にすぐれた屋根材ですが、エスジーエル鋼板の防食性は3倍以上といわれています。一般的なメッキされた屋根材は傷箇所から腐食することもありますが、エスジーエル鋼板は傷箇所もサビにくく、耐久性がとても高いです。 アスファルトシングル アスファルトシングルは、ガラス基材などにアスファルトを浸透させ、表面に石粒を付着させています。防水シートとして知られるアスファルトルーフィングを切断して加工しています。 とても安くて耐震性があり、軽いのが特徴です。ただし表面の石粒が剥がれやすく10年おきにメンテナンスが必要、耐用年数は20年から30年程度です。 屋根カバーのコストをとにかくおさえたい方に向いています。 建物に最適な屋根材を選ぶコツ 建物に最適な屋根材を選ぶコツを3つ紹介します。特に防水シート選びは重要なため覚えておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは? ①屋根にかかる重さを考える 屋根が重ければ重いほど建物に負荷がかかり、耐震性が損なわれていきます。屋根カバー工法の場合、屋根が2枚重ねになっているようなものですから、できるだけ軽い素材を選んだ方が、建物が長持ちするでしょう。 次に紹介する防水シートや、太陽光パネルも重みがあるため、業者と相談して屋根の負担を減らしましょう。 ②防水シートもセットで考える 防水シートは屋根材では防ぎきれなかった雨水から建物を守ります。防水シートも耐用年数があるため、屋根材とセットで考えて選びましょう。 たとえば屋根材の寿命が50年あっても、防水シートの寿命が10年しかなければ、10年おきにメンテナンスが必要になります。防水シートの機能が失われると雨漏りの原因となるため注意してください。 アスファルトルーフィング(アスファルトルーフィング940) アスファルトルーフィングとは、アスファルトを紙や不織布にしみこませたものです。他の防水シートとくらべると耐用年数や機能性で劣りますが、安いためコストをおさえられます。(耐用年数は10年程度) 一般的な屋根材とくらべると耐用年数がかみ合わないため、注意が必要です。迷うのであれば、次に紹介する改質アスファルトルーフィングの方が良いでしょう。 改質アスファルトルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング) 改質アスファルトルーフィングは、アスファルトルーフィングを改良したもので、アスファルトにゴムや合成樹脂、プラスチックやポリマーなどが含まれています。耐用年数は20年ほどです。 単に耐用年数が長くなっただけでなく、ゴム特有の柔軟性があるために破れにくく多くの建物に使用されています。 粘着層アスファルトルーフィング 粘着層アスファルトルーフィングは、改質アスファルトルーフィングを改良したもので粘着性があります。耐用年数は改質アスファルトルーフィングとほぼ同じで20年ほどです。 屋根材にヒビがある場合や剥離している場合は、防水シートの設置は難しくなりますが、粘着層アスファルトルーフィングならしっかりと密着するため、防水シートとしての機能を十分に発揮します。 逆にいうと、元の屋根材が痛んでないならば、粘着層アスファルトルーフィングである必要はなく、改質アスファルトルーフィングで十分です。 軽量ルーフィング(高分子系ルーフィング) 軽量ルーフィングの主原料はアスファルトではなく、合成樹脂で主さも3分の1程度です。①で紹介したように、軽ければ軽いほど建物にかかる負担が少なくなるため、屋根カバー工法にとても向いています。 耐用年数は改質アスファルトルーフィングと同じ程度で、20年くらいです。 透湿防水ルーフィング 透湿防水ルーフィングは、少し特殊な防水シートです。雨水から建物を守りつつ屋内の湿気を外に逃がすという機能を備えています。 防水シートが劣化してく主な要因は内側に貯まる湿気なのですが、透湿防水ルーフィングならばその湿気を排出できるため、とても長持ちし耐用年数は50年とかなり長めです。そのため、耐用年数の長い屋根材と相性が良いといえるでしょう。 ③暑さや寒さの対策も考える 屋根材の中には断熱材と一体になっているものもあれば、断熱材がないものもあります。断熱材がない場合、暑さや寒さ対策が十分でないと過ごしにくくなってしまうため注意が必要です。 暑さや寒さ対策は断熱材だけでなく、屋根塗装の有無などでも変わるため総合的に考える必要があります。専門的な内容になるため、業者に相談しながら決めましょう。 ④太陽光パネルを設置する予定があるか 太陽光パネルを設置する場合、主さもさることながら設置のために屋根材に穴を空ける必要があります。穴から屋根材が痛む可能性があるし、穴を空けることで保証の対象外となることもあるため、事前に確認しておきましょう。 ⑤どんな屋根材でも点検は必要 どんなにサビにくく高耐久な屋根でも、台風や地震、強風による飛来物などで破損する可能性があります。破損した箇所を放置すると屋根や建物の劣化に繋がりますが、できるだけ早く補修すれば、費用をおさえることができます。 ですので、施工する業者の保証期間や定期点検が可能なのかも確認しておきましょう。 リフォームはまとめて施工した方がお得! 屋根カバー工法で屋根のリフォームをするならば、外壁塗装もおこなうべきか検討した方が良いでしょう。外壁塗装も屋根材や屋根塗装と同じように寿命があるし、ヒビや雨漏り、サビやコケなどを放置すると建物が傷みます。 どちらの工事も大抵足場が必要になりますが、足場は平均的な2階建ての戸建てで20万円ほどかかります。屋根のリフォームと外壁塗装の塗り替えを同時におこなえば、足場代は1回分で済むためその分お得です。また工事がまとまり期間が短縮されるため、近隣への挨拶回りや負担も1回で済みます。 長い目で見るとメリットが多いため、ムリのない範囲で検討することをオススメします。 ▼合わせて読みたい▼ 相模市の屋根カバーなら中山建装にお任せ!一括見積もりで失敗しないための優良業者の基準教えます 屋根カバー工事のご相談は中山建装まで!最適な工事を提案させていただきます! 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひ当社中山建装にご相談ください!たしかにカバー工事はコスパの良い工事であるものの、劣化症状の度合いによっては適さない場合もございます。 そこで重要になるのが、外装劣化診断をしっかり実施してくれる業者の存在です。 外装劣化診断のプロがあなたのご自宅にお伺いし、細かい部分までをプロの目線で診断!最適な修理方法を提案させていただきます。 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひとも当社にご相談ください!あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.23(Sat)

詳しくはこちら

業者選び地域情報相模原市塗装工事のお役立ちコラム外壁補修屋根改修

【相模原市】 屋根カバーとは?費用やメリット・デメリットについて

【相模原市】 屋根カバーとは?費用やメリット・デメリットについて

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 相模原市で屋根の補修を考えている皆様!「屋根カバー工法」と「葺き替え」の違いをご存じですか?屋根カバー工法は、屋根材をすべて剥がして張り替える葺き替えと違って、廃材が出ず、低コストで工事できるため多くの方が取り入れています。 そこで今回は屋根カバー工法についての基本情報や費用、メリットやデメリットなどを紹介します!屋根の補修を考えている方は参考にしてみてください。 ▼合わせて読みたい▼ 相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは?  屋根カバー工法とは?  屋根カバー工法とは、今ある屋根の上に防水シートを張り、新しい屋根材を被せる工法のことです。元々の屋根を剥がさないため短期間で行えるし、廃材を出さないため費用を抑えることができます。  屋根カバー工法は、スレート屋根や軽量金属屋根などの平たい板を使う屋根に向いており、新しく重ねる屋根も軽量のものを使うのが一般的です。 軽いものを使う理由は、屋根が重くなればなるほど建物に負荷がかかり、地震などに弱くなるからです。 相模原市で屋根カバーにかかる費用 屋根材 5,000〜11,000円/㎡ 防水シート 300〜1,000円/㎡ 屋根材以外の各所(ケラバ・軒・雪止め金具取り付け・棟板金) 3,000〜11,000円/㎡ コンパネ・野地板(下地が劣化している場合) 1,500〜3,000円/㎡ 足場代 600〜1,500円/㎡ 諸経費、管理費など 全体の5%~10%程度   屋根カバー工法に必要な建材は大まかに4種類にわかれます。 まず元の屋根(下地)の劣化が激しい場合は、コンパネや野地板を使って整えます。必要ない場合もあるでしょう。 次に防水シートを張ります。防水シートは様々な種類があるため、後ほど紹介しますが、選ぶものによって耐用年数などが異なるため屋根材と合わせて考えましょう。屋根の端やもっとも高い部分、軒なども合わせて補修、もしくは交換します。 残るは新しく張る屋根材で、交換すれば新築のような屋根に生まれ変わります。 費用は屋根の面積や劣化具合によって大きく変わりますが、一般的な戸建て(屋根の面積が80㎡程度)であれば、100万円から150万円ほどかかるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ 【厚木市】屋根リフォームの費用はいくら?どんな方法がある? 屋根の面数でも費用が変わる 屋根カバー工法では材料や面積の他に、屋根の面数でも費用が変わります。一枚板のような片流れ屋根がもっとも安く、屋根が2面ある切妻屋根もそこまで高くなりませんが、寄棟屋根など面数の多い屋根はそれだけ費用が高くなります。 いくらかかるか不安な場合は、とりあえず見積りしてもらいましょう。見積りだけなら無料なので、予算ないで収まるか確認できます。  屋根カバーに使われる屋根材について  屋根カバーに使われる屋根材をいくつか紹介します。実際に業者にお願いする時は、費用も含めて相談して決めるといいでしょう。 化粧スレート セメントを材料にした板状の屋根材で、安くて費用が抑えられます。ただし耐久性があまり高くなく、屋根の構造によっては雨漏りの心配があります。 転園の岩を削って板状にした天然スレートというものもあり、天然スレートは耐久性が高いです。ただし高価であるためあまり一般的ではありません。 化粧スレートにしろ、天然スレートにしろ耐用年数は20年から25年程度です。 アスファルトシングル アスファルトシングルとは、ガラス基材などにアスファルトを浸透させ、表面に石粒を付着させています。 耐震性があり、とても軽いのがメリットで、風で吹き飛びやすいのがデメリットです。 耐用年数は20年から30年程といわれています。 ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛などでできています。耐震性があって軽く、屋根カバー工法でもっとも人気の高い屋根材です。 サビやすいため10年に1度程度メンテナンスが必要ですが、耐用年数は30年と長めです。 ▼合わせて読みたい▼ 厚木市の外壁塗装屋さん|金属屋根のリフォーム|金属屋根の種類とおすすめ屋根材ランキング ステンレス ステンレスは軽くて耐震性がある上に、サビにも強い屋根材です。経年劣化で色あせていきますが、腐食の心配はありません。ただし、とても高価で主に海岸近くの建物に使われるため、相模原市ではあまり必要ないかもしれません。耐用年数は50年とかなり長めです。 銅板 銅板はその厚みによって耐久年数が大きく変わります。ある程度の厚みがあれば100年以上もつともいわれています。施工直後は銅らしい赤茶系野色ですが、時が経つと緑青の影響で緑色に変色するため、好みがわかれるでしょう。 軽くて耐震性もありますが、断熱性や防音性が低く、酸性雨や電食により穴が空きやすいのが欠点です。またとても高価であることから、あまり普及していません。 和風建築にはよくあう屋根材なので、和風の建物で耐久性を重視している方は候補にいれてもいいでしょう。 意外と大事!防水シートの種類 防水シート選びも意外と重要です。たとえば屋根材の耐用年数が50年だったとしても、防水シートの耐用年数が10年しかなければ10年後に雨漏りするかもしれません。 防水シートは屋根材の下にあるため、防水シートだけを交換するのは困難なので、屋根材とセットで考えるようにしましょう。 防水シートで一般的なのはアスファルトルーフィングと呼ばれる、アスファルト性の防水シートです。通常のものは耐用年数10年程度ですが、改質ゴムアスファルトルーフィングと呼ばれるものは20年程度もつでしょう。 その他にもアスファルトルーフィングより軽量な高分子系ルーフィングや、屋内の湿気を外に逃がすという機能を備えた透湿防水ルーフィングなどがあります。高分子系ルーフィングは耐用年数が20年ほどですが、透湿防水ルーフィングは50年ほどもつといわれています。 たとえば相模原市の屋根カバー工法によく使われるガルバリウム鋼板やアスファルトシングルは、耐用年数が20年から30年程度です。改質ゴムアスファルトルーフィングなどの20年以上耐用年数がある防水シートをオススメします。 耐用年数がほぼ同時期であれば、次回もまとめて交換すればいいため、ムダになりません。 ▼合わせて読みたい▼ カバー工法で屋根を対処した時|天窓やソーラー電池の設置について 屋根カバー工法のメリットとデメリット 屋根カバー工法を行うメリットとデメリットをまとめました。実際に工事するまえに覚えておきましょう。 屋根カバー工法のメリット①「葺き替えより安い」 屋根カバー工法の最大のメリットは、屋根を張り替える葺き替えより、費用が安い点です。既存の屋根を剥がすだけでもお金がかかるし、廃材の処分にもお金がかかりますが、屋根カバー工法ならどちらも必要ありません。 現在の屋根にアスベストが含まれていると廃材の処分にかかる費用が高額になります。アスベストが含まれた建材は、今では製造されていませんが古い屋根には使われている可能性があるため注意しましょう。 屋根カバー工法のメリット②「断熱性や遮音性、防水性がアップ」 屋根カバー工法を行うと、屋根が2枚重ねになるため、断熱性や遮音性、防水性がアップします。断熱性が上がれば冬場の光熱費が安くなるし、遮音性が上がれば屋根の雨音もあまり気にならないでしょう。 屋根カバー工法のメリット③「工期が短く、騒音やホコリも少ない」 屋根カバー工法は屋根を剥がさないため工期が短く、騒音やホコリなどが発生するリスクも少ないです。そのため、近隣の方にもあまり迷惑をかけずに済むでしょう。 屋根カバー工法のデメリット①「瓦屋根やトタン屋根には不向き」 屋根カバー工法は瓦のように波打つ屋根材や厚みのある屋根材には不向きです。そのため陶器やセメントで作られた日本瓦の屋根には、行うことができません。 トタン屋根の場合は、カバー工法を行うより葺き替えの方が効率的だしメリットも大きいため、あまり行われません。 屋根カバー工法のデメリット②「屋根が重くなる」 屋根が重くなればなるほど、耐震性が低下する点には注意しましょう。屋根カバー工法を用いるのであれば、軽い屋根材や防水シートを使った方が安心です。 屋根の重さが気になる場合は、事前に業者に確認してもらって、どのような屋根材や防水シートを用いるべきか相談しましょう。 屋根カバー工法のデメリット③「建物内部の補修が必要な場合は不向き」 屋根だけでなく屋根の下地や内部まで補修が必要な場合、これらを補修するには屋根を剥がす必要があるため、結果的に葺き替えを選ぶことになるでしょう。 相模原市で屋根の劣化にお悩みならば中山建装にご相談ください! 屋根のカバー工法は、屋根の劣化症状にお悩みの方にとって、コストパフォーマンスに優れた施工方法です。ただし、安易にカバー工法を選択してしまうと、今回ご紹介したデメリットの影響で建物の寿命を縮めてしまうケースもあります。 お住まいに合った方法で屋根の劣化修復工事をするならば、ぜひ当社中山建装にご相談ください。 当社ではこれまで数々のカバー工事、葺き替え工事を施工してきました。経験だけではなく、技術力、そして知識に関しても他社を圧倒していると自負しております。 まずは無料診断をお申込みください。あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.23(Sat)

詳しくはこちら

業者選び地域情報相模原市塗装工事のお役立ちコラム外壁補修屋根改修

相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは?

相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは?

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根のリフォームをするとき、どんな目的を持って工事を依頼するかをご理解していますか? 例えば、人気が高い「カバー工法」に期待する効果は、遮熱性なのか断熱性なのか。このような内容をしっかりと理解しておかないと、せっかくリフォームしたのに期待とは違う効果しか手に入らないということもあるのです。 今回の記事では「屋根カバーにはどんな効果があるのか」についてお話ししていきたいと思います。 屋根のリフォーム「カバー工法」で断熱対策 カバー工法は、とても人気のある屋根のリフォーム方法です。では、なぜカバー工法は人気なのでしょうか。 カバー工法の持つメリットとデメリットについて考えてみましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 相模市の屋根カバーなら中山建装にお任せ!一括見積もりで失敗しないための優良業者の基準教えます カバー工法のメリット カバー工法の持つメリットは、以下のようなものが挙げられます。 ・工事費用が安い ・工事期間が短い ・防音性と断熱性が高まる ・アスベスト対策ができる ・屋根が傷まない それぞれを細かくみていきましょう。 カバー工法のメリット①|工事費用が安い まず、工事費用が安いという点ですが、カバー工法でリフォームする場合「既存屋根材の撤去がない」ということで、大幅な作業工数が減ります。そのため、工事費用を削減できるのです。 実際には棟板金や貫板の撤去は発生します。しかし、同じように屋根をリフレッシュさせる葺き替えに比べると大幅な作業工数がなくなるのです。 カバー工法のメリット②|工事期間が短い 作業工数の少なさは工事期間にも影響します。作業数が少ないということは、そのまま「短期間で作業が終わる」ということです。 カバー工法のメリット③|防音性と断熱性が高まる カバー工法を施すことで「屋根が増える」という状況が生まれます。つまり「擁壁が増える」わけです。遮蔽物が増えれば、当然防音性能は向上します。家の中の音漏れだけではなく、外からの音も入りづらくなるわけです。 そして、既存屋根から直接伝わっていた外気温や、室内から流出していた室温は、既存屋根とカバー屋根によって生み出された空気層のおかげで、温度変化にワンクッション置けるようになります。そのため、断熱性能が向上するわけです。 カバー工法のメリット④|アスベスト対策ができる さらに、屋根のリフォーム時には「アスベスト」への配慮も必要です。アスベストを含有している屋根材の場合、撤去や処分に余計な費用が発生してしまいます。 それをカバー屋根で蓋をしてしまうため、余計な費用をかけずにアスベストの対処ができるのが、カバー工法の最大のメリットと言えるでしょう。 カバー工法のメリット⑤|屋根が傷まない 屋根が傷まないという点ですが、葺き替えをする場合は「屋根材を総入れ替え」するため、固定部分には大きな負担をかけることとなります。 しかし、カバー工法では既存屋根を撤去しないため、そのままの状況で作業を進めることができるのです。つまり、今以上に既存屋根にダメージが加わることはないということになります。 カバー工法のデメリット では、カバー工法を取り入れることで発生するデメリットについても考えてみましょう。 ・屋根が重くなる ・屋根材の種類が限定される ・1度しか対処できない ・火災保険の補償対象外になりやすい カバー工法のデメリット①|屋根が重くなる カバー工法では、既存屋根を撤去しないため、追加されるカバー屋根分の重さが増えます。軽量化されている金属屋根材ではありますが、確実に重量物が増えることに変わりありません。この重さは、地震の際に大きなデメリットとして現れます。 重量物が高い場所にあるほど、振動は大きく伝わってしまうものです。つまり、カバー工法を施すことで、建物の揺れが大きくなるということです。 カバー工法のデメリット②|屋根材の種類が限定される カバー工法で使用する屋根材を重くすれば選択できる屋根材が限られてしまうこともデメリットです。デザイン的に好みではないという場合も我慢しなければなりません。 外壁の色なども屋根材の素材感で合う合わないが多くなってしまうため、オシャレな外観を求める方には不向きな工法と言えるでしょう。 カバー工法のデメリット③|1度しか対処できない カバー工法の最大のデメリットが「1度しか施行できない」ということです。カバー工法で設置した屋根材が短期間に劣化するということはありませんが、耐用年数を迎えれば再度対処しなければなりません。 しかし、同じようにカバー工法を重ねることができないため、屋根を大幅にリフォームしなければならないのです。 カバー工法のデメリット④|火災保険の補償対象外になりやすい カバー工法を用いたことで「火災保険の適用外」になる可能性も忘れてはいけません。カバー工法を施した場合、保険契約時の家屋状態ではなくなります。 そのため、火災保険の概念である「原状回復」の理念から外れてしまうわけです。 屋根の重さが地震からどんな影響を受ける? カバー工法で屋根が重くなるということは、建物への影響が大きくなるということをお伝えしました。しかし、実際にどんな働きによってデメリットが発生するのかを理解しておきましょう。 屋根が重いということは? 屋根が重いということを「自分の体」に置き換えてみましょう。まずは何もない現状のまま体側を伸ばしてみましょう。気持ちが良いですね。 今度は、肩より上に重量物を乗せてみてください。わかりやすいのは「誰かを肩車」した状態で、同様に体側を伸ばす動きをすると、バランスが取れず、先ほどのように体を曲げることができないはずです。 もし同じ角度で曲げた場合、腰や背中がとても痛くなるのがわかります。この痛みをそのまま味わっている状況なのが「カバー工法を施した際の建物」なのです。そのため、できる限り軽い屋根材を使用する必要があるというわけです。 屋根が軽いとどうなる? 屋根が軽いと、建物に加わる負担が少なく済みます。例えば、焼き瓦を使用するよりも、瓦タイプの金属屋根材を使用する方が負担が少なく済みます。その結果、建物の寿命が長くなるというメリットが発生するわけです。 これは、構造躯体にある柱に加わる負担が減るからです。 断熱と遮熱の違いについて カバー工法で得られる効果は「断熱」です。しかし、業者によっては「遮熱性の向上のためにカバー工法を」という説明をするところもあります。そのため「断熱」と「遮熱」の違いをしっかりと理解しておかなければなりません。 断熱とは 結果からお伝えすると、断熱とは 「中から外にもに出さない」ということになります。つまり、室温を流出させない性能を「断熱性」と呼ぶわけです。 断熱性の高さが効果を発揮するのは「冬」になります。温めた室温は、寒いところに流れ出ようとします。一般的な考え方ですが、高い場所から低い場所へ物は移動します。温度も同じで、高い温度は低い温度に流れ出る性質を持っているのです。 この性質を食い止めるのが「断熱性」というわけです。 遮熱とは 遮熱を簡単に説明すると「外から中に入れない」ということになります。外気温を室内に入れないことで、外気温に影響されない室温を作り出せるというわけです。 遮熱が威力を発揮するのは「夏」の暑い時期です。太陽光による灼熱を室内に入れないことで、室温変化をさせないための性質が「遮熱性」になります。 相模原市のように、夏場の気温が非常に高くなるような地域の場合、断熱性よりも遮熱性を高めて、室温をキープする効果の方が重要になるでしょう。ただし、日本海側のように冬場の吹雪が激しい地域の場合、遮熱性よりも断熱性が重要になります。 屋根リフォームのお悩みは中山建装にご相談ください! カバー工法を用いることで得られるのは「断熱性」です。そして、何度も同じ対処ができないということを覚えておきましょう。 相模原市では、屋根カバーと同時に遮熱塗料による遮熱性アップも掛け合わせることで、年間を通して過ごしやすい空間を作り出せるでしょう。 軽量屋根材によるカバー工法で、アスベスト対策もおすすめです。一度、中山建装にご相談ください。 当社は屋根カバー工法での施工実績が豊富なうえ、葺き替え工事や塗装工事など、屋根のリフォームを得意にしております。外装劣化診断士や雨漏り鑑定士といった、診断のプロが在籍していることも強みです。たしかな技術と知識であなたのお住まい、あなたのお住まいを守る屋根の劣化を診断いたします。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい また、当社はしつこい営業などを一切おこないません。ご相談のみ、お問い合わせのみでも大歓迎です。屋根の劣化にお悩みならば、ぜひ当社へご相談ください! あなたからのご相談、ご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.17(Sun)

詳しくはこちら

業者選び地域情報相模原市塗装工事のお役立ちコラム外壁補修屋根改修

厚木市の外壁塗装屋さん|金属屋根のリフォーム|金属屋根の種類とおすすめ屋根材ランキング

厚木市の外壁塗装屋さん|金属屋根のリフォーム|金属屋根の種類とおすすめ屋根材ランキング

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 金属屋根をリフォームする場合、工事方法にはいくつかの種類があり、対応の仕方が少しずつ異なります。また、費用も変わるため、予算に合わせて、必要な工事をするようにしましょう。 公開の記事では「金属屋根のリフォームと屋根材の特徴」についてご紹介していきたいと思います。 金属屋根へのリフォーム方法 一般的な金属屋根へのリフォームには3つの方法があります。 ・塗装 ・葺き替え ・カバー工法 それぞれの特徴とリフォームコスト、メリットやデメリットについてみていきましょう。 金属屋根へのリフォーム方法①|塗装 屋根塗装は、屋根のリフォームの最もポピュラーな方法です。定期メンテナンスごとに適切に施工しておけば、屋根材の寿命を最大限維持し続けることができるでしょう。また、塗装前に劣化状況を確認し、劣化が確認できた場所には適切な対応を施すことも重要です。 屋根材の劣化は部分補修や部分入れ替え対応や、錆止めを適切に施すなどの処置をして、リフォーム後のトラブルを最小限にとどめる必要があります。もちろん、塗装の仕上がりにも影響するため、劣化部分への対応には最新の注意が必要です。 屋根塗装をするメリットは以下のようなことが挙げられます。 ・屋根の寿命を最長化 ・雨漏り対策 ・遮熱性向上 一般的に、屋根塗装を施すことで「塗料の持つ効果を享受したい」という思いがあります。その中でも「遮熱性」は今多くの地域で求められている効果です。遮熱性がアップすると、夏場の電気代を20%程度安く抑えることができるものもあるため、家計を助ける一員とされています。 反対にデメリットは以下の通りです。 ・劣化そのものを修復できるわけではない ・工期が長め ・トータルコストが高くなりがち 残念ながら、屋根塗装は1度施工しても定期的に繰り返さなければいけません。もちろん、塗料の性能がアップしてきているため、メンテナンススパンは長くはなってきています。しかし、地球温暖化や紫外線量の増加など、塗料の耐久性を著しく削り取っていく状況にあるのも確かです。 そのため、性能がアップした塗料でも飛躍的にメンテナンススパンが延びるというわけではないのも事実なのです。 では、1度の工事でどれくらいのコストがかかるのでしょうか。 現在の主流は「シリコン系塗料による屋根塗装」です。この価格相場は、100m2でおよそ35万〜40万円ほどと言われています。ここに足場代が含まれている場合と、含まれない場合があります。含まれていない場合、さらに20〜50万円が上乗せされることとなるのです。 金属屋根へのリフォーム方法②|葺き替え 既存の屋根材を撤去して、新たな屋根材に入れ替えるのが葺き替えリフォームです。当然、一番高額な工事になります。ただし、屋根材が全て新しくなる上に、その時点で劣化が確認できる構造躯体まで補修ができるので、建物の寿命は飛躍的にアップすることは間違いありません。 屋根の葺き替えのメリットは以下のようなものが挙げられます。 ・劣化を確実にリフレッシュできる ・建物の長寿命化 ・耐震性の向上 劣化していたものが全て入れ替わるため、建物は長寿命化されます。そして、最新素材を使用できることもあり、屋根材の重量が軽くなっていくのも葺き替えの大きなメリットです。屋根材が軽くなるということは、建物の最頂部にかかる重さが軽減され、揺れを小さくできるようになるということなのです。 これは単純な「てこの原理」で、地面との設置てんが「支点」、屋根材の重さが「力点」であり力の大きさになります。そして、作用点は建物の最長部である屋根として考えてください。 重さが大きいほど、最頂部の揺れは大きくなります。反対に、軽いほど小さく済むわけです。この地面から屋根までには外壁や柱などが存在し、これらは屋根の揺れに追従して動いているのです。 屋根の揺れが少ないほど、外壁などにかかるストレス・ダメージは少なくすみます。つまり、屋根材が軽いほど建物の寿命は長寿命化されていくというわけなのです。 では、屋根を葺き替えるデメリットも考えてみましょう。 ・工事費用が高額 ・天気に影響されやすい ・廃材処理の手間とコスト 屋根の葺き替えをする際、必ず廃材の撤去が必要です。もしアスベストを含有している屋根材の場合、通常の参拝処理とは別の「アスベスト処理」という余計なコストの発生もあります。さらに、劣化部分の補修があるため工事は長期化されるのが一般的です。 これらを総合的に考えたとき、先ほど挙げたデメリット全てが問題となるわけです。 では、屋根の葺き替えにどれほどのコストがかかるのでしょうか。 建物の規模や使用する屋根材によっても異なりますが、一般的な相場で「70万〜250万円」ほどの費用が必要とされます。 金属屋根へのリフォーム方法③|カバー工法 既存屋根の劣化やトラブルを直すのではなく、新たな屋根を上から被せて蓋をする「カバー工法」は、現在多くの方が活用する屋根のリフォーム方法です。工事期間も短く済む上に、工事後の効果がとてもわかりやすく、コストも小さく済むのが特徴です。 カバー工法のメリットは以下の通りです。 ・工期短縮 ・工事費用が安い ・断熱効果向上 まず、カバー工法を用いた場合、撤去と補修の手間がほとんどなくなります。既存の屋根の上に新しい屋根を設置していくことで終了です。材料の用意さえ済んでいれば、当日〜2日程度で工事が完了するのが大きな特徴です。 そして、屋根からの冷気が新たな屋根によって、従来の建物よりも多く遮断されるため、断熱効果が高まります。 反対に、以下のようなデメリットも存在します。 ・屋根が重くなる ・板金工事ができる施工業者でなければ対応が難しい ・元には戻せない 既存屋根の撤去をしないため、2つ分の屋根の重さがかかります。葺き替えの時にご紹介した通り、屋根が軽くなれば建物の寿命が長くなるということがわかっているため、屋根が重くなれば寿命が短くなるのもご理解いただけるでしょう。 そして、一般的な屋根修理とは異なり、カバー工法で使用する屋根材は基本的に「金属屋根」です。これを設置するのは大工仕事ではなく板金仕事となるため、施工するのは「板金工」になります。現在、どんどん減っている建築事業者がこの板金工なのです。 さらに、1度カバー工法をすると、建物の各部にダメージが蓄積されるため、定期メンテナンスの時に再度カバー工法を用いようと思っても不可能です。仮に撤去して屋根を葺き替えた場合であっても、寿命が短くなっていることには変わりありませんので、その点を理解しておきましょう。 カバー工法の工事コストは、一般的に100万円前後となっています。 金属屋根の種類とおすすめランキング 金属屋根の屋根材の種類と、おすすめ度合いをご紹介します。葺き替え・カバー工法を行う際、次の順でおすすめ度が違うので、参考にしてみてください。 金属屋根の種類とおすすめランキング第1位:ガルバリウム鋼板 金属屋根材として高機能を持っており、価格も安定したためおすすめしやすくなったのがガルバリウム鋼板です。市街地などではとても効果を発揮してくれるでしょう。ただし、潮風に弱いという特性があるので、沿岸部に方には別のものがおすすめです。 金属屋根の種類とおすすめランキング第2位:エスジーエル ガルバリウム鋼板をマグネシウムメッキしたことで、潮風対策もバッチリなのがエスジーエルです。若干価格が上がってしまうため、沿岸部でガルバリウム鋼板を使いたいという方で、高寿命なものをお求めの方におすすめします。 金属屋根の種類とおすすめランキング第3位:ジンカリウム鋼板 ガルバリウム鋼板のシリコン成分と亜鉛成分の含有量を調整して、沿岸部でも使用しやすくしたものです。エスジーエルに比べると耐久性が低いため、価格的にはこちらの方が有利になります。 金属屋根の種類とおすすめランキング第4位:ステンレス コストとしてはとても高額になるのですが、耐用年数50年と言われるほどに高寿命な金属屋根材です。ホテルや体育館で使用されていることからも、高寿命なことがわかります。ただし、雨天時の音は比較的大きいため、しっかりと防音対策が必要です。 金属屋根の種類とおすすめランキング第5位:トタン ローコスト金属屋根の決定版といえばトタン屋根です。現在も使用されることはありますが、耐久性や耐食性の低さが目立つため、あえて途端を選ぶことは滅多になくなりました。どうしてもコスト的な面で抑えなければならないという際には、こちらをおすすめします。 金属屋根の種類とおすすめランキング番外1:銅板 一般的には使用されませんが、自社仏閣の屋根リフォームの際に銅板を用いることがあります。元々使用されている瓦が緑であることから、銅板を使用することで緑青が同じような色に見えるのです。非常にコストがかかりますが、とても耐久性・耐食性が高いです。 金属屋根の種類とおすすめランキング番外2:チタン 現在世の中にある全ての金属屋根材の中で、最も軽量で耐久性もあり、非常に高額な屋根材がチタンです。東京ビッグサイトや浅草寺のリフォームに使用されています。 厚木市の屋根リフォーム業者なら中山建装にご相談ください! 厚木市で金属屋根のリフォームをする場合、まずは定期メンテナンスを適切に施し、屋根塗装で劣化を遅らせるようにしましょう。そして、どうにもならなくなった際には「屋根を葺き替える」ことをおすすめします。 もちろん、カバー工法は非常に有効なリフォーム方法です。しかし、建物の寿命を考えた場合、多少コストがかかったとしても、葺き替える方をおすすめしたいです。次の大型リフォーム時には建て替えたり、買い替えという予定がある場合は、カバー工法で対処することもおすすめです。 また、断熱性向上を求める場合も、カバー工法がおすすめできます。その後の建物との付き合い方に応じて、リフォーム方法を考えてみてください。 中山建装ではこれまで多くの屋根リフォーム工事を手掛けてきました。カバー工法による屋根工事の施工実績も豊富です。屋根の補修工事、葺き替え工事ならばぜひ当社にご相談ください! あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.10(Sun)

詳しくはこちら

塗装工事のお役立ちコラム屋根改修雨漏り補修

中山建装のホームページへお越しいただきありがとうございます

株式会社中山建装

代表取締役中山 晋吾

会社案内はこちら

屋根改修での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社中山建装にご相談ください!

地域の方へごあいさつ

代表取締役の中山と申します。
生まれも育ちも厚木で、15歳から塗装業に携わり、はや30年超となります。

お客様からのご依頼に対して私どもが切に願うのが、「当社を信頼して依頼してほしい」ということです。
お客様の理想以上の仕事をしてお返しするのが私たちの仕事です。

そして、完成した作品を見た時にお客様から自然とこぼれる笑顔を見れれば、これほど嬉しいことはありません。
スタッフ全員が同じ気持ちで仕事に取り組み、これからもお客様の理想以上の仕事を提供させていただきます。

アクセスマップ

  • 中山建装ショールーム 厚木店
    中山建装ショールーム 厚木店

    〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~19:00

  • 中山建装ショールーム 大和店
    中山建装ショールーム 大和店

    〒242-0008 神奈川県大和市中央林間西2丁目7−6
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~18:00

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-316-225
営業時間9:00~19:00

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
神奈川県厚木市妻田区自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら
神奈川県大和市自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら

Information〜日々の記録を更新してます!〜

一覧はコチラ

中山建装のホームページをご覧の皆様へ 工場・倉庫の省エネ塗装をお考えの方へ
外壁・屋根塗装専門店中山建装のこだわり施工プラン

お見積・資料請求はこちらから

0120-316-225営業時間 9:00~19:00

お問い合わせフォーム

中山建装 神奈川県厚木市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店
株式会社中山建装
中山建装ショールーム 厚木店

〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9

フリーダイヤル:
0120-316-225
TEL:046-271-8123
FAX:046-271-8122

中山建装ショールーム 大和店

〒242-0008 神奈川県大和市中央林間西2丁目7−6

フリーダイヤル:
0120-316-225
TEL:046-271-8123
FAX:046-271-8122