MENU CLOSE

厚木市超密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店中山建装

お気軽にお問合わせください!

0120-316-225営業時間9:00~19:00

  • ショールームへ行こう!見積り依頼でQUOカードプレゼント!WEB来店予約
  • 無料 ご相談お見積もり依頼 簡単30秒見積依頼

スタッフブログ - 相模原市塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 地域情報 > 相模原市

相模原市の記事一覧

【相模原市】 屋根カバーで失敗しないために! 業者選びのコツ

【相模原市】 屋根カバーで失敗しないために! 業者選びのコツ

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 相模原市で屋根カバーをお考えの皆様!業者選びで悩んでいませんか?大切なお住まいの工事ですから信頼できる業者に依頼したいし、失敗したくないですよね。 そこでこの記事では、業者を選ぶコツや悪徳業者を見分けるポイントなどを詳しく紹介します。業者選びの際に参考にしてみてください。 屋根カバーはどこに頼むべきか 屋根カバーを引き受けてくれる業者は色々あります。建てた時にお願いしたハウスメーカーや、リフォームや塗装の業者、ホームセンターの窓口でも対応してくれるでしょう。 まずハウスメーカーは信頼できる会社ですが、屋根カバーに関しては下請け会社に依頼します。その時に仲介料が発生するため、他の業者より割高になるのがネックです。 そしてホームセンターの窓口は実際にどんな業者が来るかわからず、実績や職人のもつ資格などがほとんどわからず、心配なことも多いでしょう。 一方でリフォームや塗装の業者、特に地域密着型の業者であれば仲介料を取られることもないし、事前にホームページで施工実績や職人のもつ資格、口コミなどを確認できます。 ですので費用と信頼性を考えると、リフォームや塗装の業者に依頼することをオススメします。 地域密着型の業者をインターネットで探すコツ GoogleやYahoo!の検索エンジンで「相模原市 屋根カバー」と検索すれば、沢山のホームページがヒットするでしょう。ここで覚えておきたいのは、一括見積りサイトと業者のホームページから依頼する場合の違いです。 一括見積りサイトはとても便利ですが、たとえば10社に見積りをだすと10社から一気に営業の電話がかかってきたり、メールが送られてきたりします。これらの対応をするのはとても大変でしょう。 また、どんな業者でも現場での確認を行わないと正確な見積書を作ることができないため、10社の職人がそれぞれに自宅にやってくるため、結局10社にそれぞれ依頼をだすのとあまり変わりません。 それよりは、自分で業者のホームページを確認し、信頼できると感じた業者2~3社に見積りをだし、納得できる相手に依頼した方がストレスもなく楽です。 業者の情報で確認すべきポイント 業者のホームページで何を確認するべきなのか、おさえておきたいポイントを紹介します。どれも重要なポイントなので、なるべく全部確認することをオススメします。 施工実績や職人のもつ資格 施工実績の豊富な会社は、大抵施工事例を公開しています。実際に施工した建物の外観、工事の手順や職人の様子などを確認できるでしょう。この中に屋根カバーの実績があれば安心です。 実際にどのような屋根カバー工事を行ったのか確認し、ビフォー&アフターなどもみておくと参考になるでしょう。実績だけでなく職人のもつ資格なども確認しておくと、さらに安心です。 外装劣化診断士 外壁劣化診断士をもつ職人がいれば、現在の屋根や外壁の状態を正確に診断してくれます。彼らは単に現状を確認するだけでなく、劣化の原因からどのような改修をすべきか提案をしてくれますし、一般の方にわかりやすいように説明するのも上手です。 どのような屋根材にすべきか、塗装をするならどんな塗料を使うべきか、予算に合わせて相談してみましょう。 雨漏り鑑定士 雨漏り鑑定士は、一般社団法人雨漏り鑑定士協会が認定する資格です。資格名の通り、雨漏りに関する知識が豊富なため、雨漏りに悩まされているなら彼らに診断してもらうと良いでしょう。 雨漏りの診断や修理はとても難しいため、原因を究明し、どのような工事をすべきか、本当に屋根カバーが最適なのか確認してもらうことをオススメします。 塗装技能士 せっかく屋根カバーでリフォームするなら、屋根や外壁の塗装も見直したいと考えている方も多いでしょう。そんな時に信頼できるのが塗装技能士です。 塗装技能士は国家資格であり1級と2級があります。2級は2年以上、1級は7年以上の実務経験がある上で、学科と実技の試験をクリアする必要があります。できれば1級の塗装技能士にお願いしたいところです。 1級の塗装技能士が担当するからといって費用が変わることはありません。 Google口コミやYahoo!口コミも確認する Google口コミやYahoo!口コミも一応確認しておきましょう。これらの口コミをみれば、実際に施工を依頼した方の感想や評価などを知ることができます。 「施工の品質が良かった」「安心してお願いできた」「近隣の配慮なども良かった」などのコメントが多くあれば、信頼できる業者でしょう。 見積りを依頼した時に確認したいポイント ホームページを確認して見積りを依頼した時に、確認しておきたいポイントもいくつか紹介します。特に見積書の見方は覚えておくと安心です。 屋根カバー工事に関する保険や保証 一般的な業者は保険に入っています。この保険は施工中に起きたトラブルに対して保険金が支払われます。 たとえば、建物が破損してしまったり、塗料で車や他のお宅を汚してしまったりした場合などに役立つでしょう。 依頼する前に保険に入っているかどうかを確認しておきましょう。 さらに工事後の保証があるかどうか、どれくらいの期間なのか確認しておくことをオススメします。 たとえば工事の仕上がりは綺麗でも、なんらかの施工ミスですぐに雨漏りしてしまったり、屋根材がズレてしまったりした場合も、保証期間内であれば無料で修理してくれます。 見積書をしっかり確認しよう まず、屋根カバー工事の内容が細かくわけて記載されているか確認しましょう。たとえば「屋根リフォーム一式」とだけ書かれていた場合、何にいくらかかったかわからないため、心配です。 屋根カバー工事では、どんな防水シートを使うのか、どんな屋根材を使うのかも重要なポイントです。 主な防水シートの種類 防水シートはルーフィングとも呼ばれています。主な防水シートの種類をいくつか紹介しますので見積書と照らし合わせて確認してみてください。もしみつからなければ、どんな防水シート(ルーフィング)なのか質問してみましょう。 【アスファルトルーフィング】 アスファルトルーフィングとは、アスファルトを紙や不織布にしみこませたものです。一般的な防水シートの中では安いですが、耐用年数は10年程度と少し短めです。 【改質アスファルトルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング)】 改質アスファルトルーフィングは、アスファルトルーフィングを改良したものです。材料にゴムや合成樹脂、プラスチックやポリマーなどが含まれており、柔軟性があって破れにくく耐用年数は20年ほどです。 【粘着層アスファルトルーフィング】 粘着層アスファルトルーフィングは、改質アスファルトルーフィングを改良したもので粘着性があります。屋根材にヒビや剥離がある場合に密着性を高めるために使われます。耐用年数は20年ほどです。 【軽量ルーフィング(高分子系ルーフィング)】 軽量ルーフィング合成樹脂でできており、アスファルト系よりも軽く主さは3分の1程度です。軽ければ軽いほど建物にかかる負担が少なくなるため、屋根カバーに向いています。耐用年数は20年ほどです。 【透湿防水ルーフィング】 透湿防水ルーフィングは、少し特殊な防水シートです。雨水から建物を守りつつ屋内の湿気を外に逃がすという機能を備えています。一般的な防水シートよりも耐用年数が長く約50年ほどもちます。 主な屋根材の種類 主な屋根材の種類も紹介します。ただし同じ屋根材でもメーカーやバリエーションが違うと機能も変わるため、業者に確認する必要があるでしょう。 【ガルバリウム鋼板】 ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板のことです。薄くて防食性が高くて軽く、ステンレスより安いために、屋根材としてとても人気があります。耐用年数は30年ほどです。 【ジンカリウム鋼板】 ジンカリウム鋼板の組成はガルバリウム鋼板と似ていますが、大きな違いとしては石粒が付着しており、天然石粒付き鋼板やストーンチップ鋼板などがあります。 薄くて防食性が高くて軽いのは変わらず、さらに色あせを起こしにくく屋根塗装によるメンテナンスも必要としません。また耐用年数も50年と長めです。ただし、ガルバリウム鋼板より高価です。 【エスジーエル鋼板】 エスジーエル鋼板は、ガルバリウム鋼板を改良した屋根材です。ガルバリウム鋼板よりもハイグレードですが、少しばかり高価です。 防食性がガルバリウム鋼板の3倍以上あるだけでなく、たとえ傷が付いてもサビにくいのが特徴で、耐用年数は30年ほどあります。 【アスファルトシングル】 アスファルトシングルは、ガラス基材などにアスファルトを浸透させ、表面に石粒を付着させたものです。とても安くて耐震性があり、軽いのが特徴ですが、表面の石粒が剥がれやすく10年おきにメンテナンスが必要で、耐用年数は20年から30年程度です。 悪徳業者を見分けるコツ 悪徳業者の多くは、まともなホームページや施工実績などをもっておらず、訪問販売や営業電話などで突然コンタクトを取ってきます。 ご自身が依頼もしていないのに連絡をしてくる業者は、残念ながら悪徳業者の可能性が高いため断った方が無難です。 かならず業者のホームページで「業者の情報で確認すべきポイント」で紹介した内容を確認し、納得できる業者を選びましょう。 ホームページがなくても信頼できる昔ながらの業者もありますが、実績などを確認するのが難しいため、知人の紹介などで信頼できる場合を除き、ホームページがあって実績などを確認できる業者がオススメです。 屋根カバー工事のご相談は中山建装まで!最適な工事を提案させていただきます! 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひ当社中山建装にご相談ください!たしかにカバー工事はコスパの良い工事であるものの、劣化症状の度合いによっては適さない場合もございます。 そこで重要になるのが、外装劣化診断をしっかり実施してくれる業者の存在です。 外装劣化診断のプロがあなたのご自宅にお伺いし、細かい部分までをプロの目線で診断!最適な修理方法を提案させていただきます。 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひとも当社にご相談ください!あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.04.07(Sun)

詳しくはこちら

相模原市地域情報業者選び塗装工事のお役立ちコラム屋根改修外壁・屋根補修

【相模原市】屋根カバーの種類は?リフォームする前に知っておこう

【相模原市】屋根カバーの種類は?リフォームする前に知っておこう

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根カバー工法は、屋根を葺き替えるよりも安く短期間で工事が終わるため、相模原市でも人気のあるリフォーム方法です。 ただ、一口に屋根カバー工法といっても屋根材や防水シートを何にするかで機能性や耐用年数が大きく異なるため、屋根材選びで悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回のお役立ちコラムでは屋根カバー工法に使われる屋根材や選び方をお話させていただきます。 屋根のリフォームを考えている方はぜひ参考にしてみてください! ▼合わせて読みたい▼ 【相模原市】 屋根カバーとは?費用やメリット・デメリットについて 屋根カバー工法に使われる屋根材の種類 まずは、屋根カバー工法に使われる屋根材の種類を紹介します。何を選ぶかで主さや耐用年数、耐震性などが変わるためじっくり吟味しましょう。 ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板は、1972年にアメリカのベスレヘム・スチールという製鋼会社が開発した、アルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板のことです。薄くて防食性が高くて軽く、ステンレスより安いために、屋根材としてとても人気があります。 ガルバリウム鋼板が普及する前は、トタン屋根が人気でした。ガルバリウム鋼板はトタン屋根よりも格段に耐久性能が高く、瓦の10%程度の重さしかありません。 屋根カバー工法で用いられる最もポピュラーな屋根材の1つで、耐用年数は30年ほどです。 ステンレス ステンレスはとても高価ですが、ガルバリウム鋼板と同様に薄くて防食性が高く軽い素材です。とにかく腐食に強いため、塩害に悩む屋根に使われることが多いです。 そのため、海に面していない相模原市の住宅ではあまり必要ないかも知れません。耐用年数は50年とかなり長いです。近年はステンレスに近い性能を持ちながら安い屋根材も増えてきているため、あまり普及していません。 ジンカリウム鋼板 ジンカリウム鋼板の組成はガルバリウム鋼板と殆ど変わりませんが、商標登録をした会社が違います。大きな違いとしては石粒が付着しており、天然石粒付き鋼板やストーンチップ鋼板など、いくつか種類があります。 薄くて防食性が高くて軽いのは変わらず、さらに色あせを起こしにくく屋根塗装によるメンテナンスも必要としません。また耐用年数も長くなっており50年近く持ちます。 ガルバリウム鋼板とくらべて高価ですが、耐用年数を重視している方、長い目で見てコストをおさえたい方にオススメです。 エスジーエル鋼板 エスジーエル鋼板は、ガルバリウム鋼板を改良した屋根材です。ガルバリウム鋼板よりもハイグレードですが、少しばかり高価です。(材料にマグネシウムが追加されています) ガルバリウム鋼板も防食性にすぐれた屋根材ですが、エスジーエル鋼板の防食性は3倍以上といわれています。一般的なメッキされた屋根材は傷箇所から腐食することもありますが、エスジーエル鋼板は傷箇所もサビにくく、耐久性がとても高いです。 アスファルトシングル アスファルトシングルは、ガラス基材などにアスファルトを浸透させ、表面に石粒を付着させています。防水シートとして知られるアスファルトルーフィングを切断して加工しています。 とても安くて耐震性があり、軽いのが特徴です。ただし表面の石粒が剥がれやすく10年おきにメンテナンスが必要、耐用年数は20年から30年程度です。 屋根カバーのコストをとにかくおさえたい方に向いています。 建物に最適な屋根材を選ぶコツ 建物に最適な屋根材を選ぶコツを3つ紹介します。特に防水シート選びは重要なため覚えておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは? ①屋根にかかる重さを考える 屋根が重ければ重いほど建物に負荷がかかり、耐震性が損なわれていきます。屋根カバー工法の場合、屋根が2枚重ねになっているようなものですから、できるだけ軽い素材を選んだ方が、建物が長持ちするでしょう。 次に紹介する防水シートや、太陽光パネルも重みがあるため、業者と相談して屋根の負担を減らしましょう。 ②防水シートもセットで考える 防水シートは屋根材では防ぎきれなかった雨水から建物を守ります。防水シートも耐用年数があるため、屋根材とセットで考えて選びましょう。 たとえば屋根材の寿命が50年あっても、防水シートの寿命が10年しかなければ、10年おきにメンテナンスが必要になります。防水シートの機能が失われると雨漏りの原因となるため注意してください。 アスファルトルーフィング(アスファルトルーフィング940) アスファルトルーフィングとは、アスファルトを紙や不織布にしみこませたものです。他の防水シートとくらべると耐用年数や機能性で劣りますが、安いためコストをおさえられます。(耐用年数は10年程度) 一般的な屋根材とくらべると耐用年数がかみ合わないため、注意が必要です。迷うのであれば、次に紹介する改質アスファルトルーフィングの方が良いでしょう。 改質アスファルトルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング) 改質アスファルトルーフィングは、アスファルトルーフィングを改良したもので、アスファルトにゴムや合成樹脂、プラスチックやポリマーなどが含まれています。耐用年数は20年ほどです。 単に耐用年数が長くなっただけでなく、ゴム特有の柔軟性があるために破れにくく多くの建物に使用されています。 粘着層アスファルトルーフィング 粘着層アスファルトルーフィングは、改質アスファルトルーフィングを改良したもので粘着性があります。耐用年数は改質アスファルトルーフィングとほぼ同じで20年ほどです。 屋根材にヒビがある場合や剥離している場合は、防水シートの設置は難しくなりますが、粘着層アスファルトルーフィングならしっかりと密着するため、防水シートとしての機能を十分に発揮します。 逆にいうと、元の屋根材が痛んでないならば、粘着層アスファルトルーフィングである必要はなく、改質アスファルトルーフィングで十分です。 軽量ルーフィング(高分子系ルーフィング) 軽量ルーフィングの主原料はアスファルトではなく、合成樹脂で主さも3分の1程度です。①で紹介したように、軽ければ軽いほど建物にかかる負担が少なくなるため、屋根カバー工法にとても向いています。 耐用年数は改質アスファルトルーフィングと同じ程度で、20年くらいです。 透湿防水ルーフィング 透湿防水ルーフィングは、少し特殊な防水シートです。雨水から建物を守りつつ屋内の湿気を外に逃がすという機能を備えています。 防水シートが劣化してく主な要因は内側に貯まる湿気なのですが、透湿防水ルーフィングならばその湿気を排出できるため、とても長持ちし耐用年数は50年とかなり長めです。そのため、耐用年数の長い屋根材と相性が良いといえるでしょう。 ③暑さや寒さの対策も考える 屋根材の中には断熱材と一体になっているものもあれば、断熱材がないものもあります。断熱材がない場合、暑さや寒さ対策が十分でないと過ごしにくくなってしまうため注意が必要です。 暑さや寒さ対策は断熱材だけでなく、屋根塗装の有無などでも変わるため総合的に考える必要があります。専門的な内容になるため、業者に相談しながら決めましょう。 ④太陽光パネルを設置する予定があるか 太陽光パネルを設置する場合、主さもさることながら設置のために屋根材に穴を空ける必要があります。穴から屋根材が痛む可能性があるし、穴を空けることで保証の対象外となることもあるため、事前に確認しておきましょう。 ⑤どんな屋根材でも点検は必要 どんなにサビにくく高耐久な屋根でも、台風や地震、強風による飛来物などで破損する可能性があります。破損した箇所を放置すると屋根や建物の劣化に繋がりますが、できるだけ早く補修すれば、費用をおさえることができます。 ですので、施工する業者の保証期間や定期点検が可能なのかも確認しておきましょう。 リフォームはまとめて施工した方がお得! 屋根カバー工法で屋根のリフォームをするならば、外壁塗装もおこなうべきか検討した方が良いでしょう。外壁塗装も屋根材や屋根塗装と同じように寿命があるし、ヒビや雨漏り、サビやコケなどを放置すると建物が傷みます。 どちらの工事も大抵足場が必要になりますが、足場は平均的な2階建ての戸建てで20万円ほどかかります。屋根のリフォームと外壁塗装の塗り替えを同時におこなえば、足場代は1回分で済むためその分お得です。また工事がまとまり期間が短縮されるため、近隣への挨拶回りや負担も1回で済みます。 長い目で見るとメリットが多いため、ムリのない範囲で検討することをオススメします。 ▼合わせて読みたい▼ 相模市の屋根カバーなら中山建装にお任せ!一括見積もりで失敗しないための優良業者の基準教えます 屋根カバー工事のご相談は中山建装まで!最適な工事を提案させていただきます! 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひ当社中山建装にご相談ください!たしかにカバー工事はコスパの良い工事であるものの、劣化症状の度合いによっては適さない場合もございます。 そこで重要になるのが、外装劣化診断をしっかり実施してくれる業者の存在です。 外装劣化診断のプロがあなたのご自宅にお伺いし、細かい部分までをプロの目線で診断!最適な修理方法を提案させていただきます。 屋根の劣化でお悩みならば、ぜひとも当社にご相談ください!あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.23(Sat)

詳しくはこちら

相模原市地域情報業者選び塗装工事のお役立ちコラム屋根改修外壁・屋根補修

【相模原市】 屋根カバーとは?費用やメリット・デメリットについて

【相模原市】 屋根カバーとは?費用やメリット・デメリットについて

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 相模原市で屋根の補修を考えている皆様!「屋根カバー工法」と「葺き替え」の違いをご存じですか?屋根カバー工法は、屋根材をすべて剥がして張り替える葺き替えと違って、廃材が出ず、低コストで工事できるため多くの方が取り入れています。 そこで今回は屋根カバー工法についての基本情報や費用、メリットやデメリットなどを紹介します!屋根の補修を考えている方は参考にしてみてください。 ▼合わせて読みたい▼ 相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは?  屋根カバー工法とは?  屋根カバー工法とは、今ある屋根の上に防水シートを張り、新しい屋根材を被せる工法のことです。元々の屋根を剥がさないため短期間で行えるし、廃材を出さないため費用を抑えることができます。  屋根カバー工法は、スレート屋根や軽量金属屋根などの平たい板を使う屋根に向いており、新しく重ねる屋根も軽量のものを使うのが一般的です。 軽いものを使う理由は、屋根が重くなればなるほど建物に負荷がかかり、地震などに弱くなるからです。 相模原市で屋根カバーにかかる費用 屋根材 5,000〜11,000円/㎡ 防水シート 300〜1,000円/㎡ 屋根材以外の各所(ケラバ・軒・雪止め金具取り付け・棟板金) 3,000〜11,000円/㎡ コンパネ・野地板(下地が劣化している場合) 1,500〜3,000円/㎡ 足場代 600〜1,500円/㎡ 諸経費、管理費など 全体の5%~10%程度   屋根カバー工法に必要な建材は大まかに4種類にわかれます。 まず元の屋根(下地)の劣化が激しい場合は、コンパネや野地板を使って整えます。必要ない場合もあるでしょう。 次に防水シートを張ります。防水シートは様々な種類があるため、後ほど紹介しますが、選ぶものによって耐用年数などが異なるため屋根材と合わせて考えましょう。屋根の端やもっとも高い部分、軒なども合わせて補修、もしくは交換します。 残るは新しく張る屋根材で、交換すれば新築のような屋根に生まれ変わります。 費用は屋根の面積や劣化具合によって大きく変わりますが、一般的な戸建て(屋根の面積が80㎡程度)であれば、100万円から150万円ほどかかるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ 【厚木市】屋根リフォームの費用はいくら?どんな方法がある? 屋根の面数でも費用が変わる 屋根カバー工法では材料や面積の他に、屋根の面数でも費用が変わります。一枚板のような片流れ屋根がもっとも安く、屋根が2面ある切妻屋根もそこまで高くなりませんが、寄棟屋根など面数の多い屋根はそれだけ費用が高くなります。 いくらかかるか不安な場合は、とりあえず見積りしてもらいましょう。見積りだけなら無料なので、予算ないで収まるか確認できます。  屋根カバーに使われる屋根材について  屋根カバーに使われる屋根材をいくつか紹介します。実際に業者にお願いする時は、費用も含めて相談して決めるといいでしょう。 化粧スレート セメントを材料にした板状の屋根材で、安くて費用が抑えられます。ただし耐久性があまり高くなく、屋根の構造によっては雨漏りの心配があります。 転園の岩を削って板状にした天然スレートというものもあり、天然スレートは耐久性が高いです。ただし高価であるためあまり一般的ではありません。 化粧スレートにしろ、天然スレートにしろ耐用年数は20年から25年程度です。 アスファルトシングル アスファルトシングルとは、ガラス基材などにアスファルトを浸透させ、表面に石粒を付着させています。 耐震性があり、とても軽いのがメリットで、風で吹き飛びやすいのがデメリットです。 耐用年数は20年から30年程といわれています。 ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛などでできています。耐震性があって軽く、屋根カバー工法でもっとも人気の高い屋根材です。 サビやすいため10年に1度程度メンテナンスが必要ですが、耐用年数は30年と長めです。 ▼合わせて読みたい▼ 厚木市の外壁塗装屋さん|金属屋根のリフォーム|金属屋根の種類とおすすめ屋根材ランキング ステンレス ステンレスは軽くて耐震性がある上に、サビにも強い屋根材です。経年劣化で色あせていきますが、腐食の心配はありません。ただし、とても高価で主に海岸近くの建物に使われるため、相模原市ではあまり必要ないかもしれません。耐用年数は50年とかなり長めです。 銅板 銅板はその厚みによって耐久年数が大きく変わります。ある程度の厚みがあれば100年以上もつともいわれています。施工直後は銅らしい赤茶系野色ですが、時が経つと緑青の影響で緑色に変色するため、好みがわかれるでしょう。 軽くて耐震性もありますが、断熱性や防音性が低く、酸性雨や電食により穴が空きやすいのが欠点です。またとても高価であることから、あまり普及していません。 和風建築にはよくあう屋根材なので、和風の建物で耐久性を重視している方は候補にいれてもいいでしょう。 意外と大事!防水シートの種類 防水シート選びも意外と重要です。たとえば屋根材の耐用年数が50年だったとしても、防水シートの耐用年数が10年しかなければ10年後に雨漏りするかもしれません。 防水シートは屋根材の下にあるため、防水シートだけを交換するのは困難なので、屋根材とセットで考えるようにしましょう。 防水シートで一般的なのはアスファルトルーフィングと呼ばれる、アスファルト性の防水シートです。通常のものは耐用年数10年程度ですが、改質ゴムアスファルトルーフィングと呼ばれるものは20年程度もつでしょう。 その他にもアスファルトルーフィングより軽量な高分子系ルーフィングや、屋内の湿気を外に逃がすという機能を備えた透湿防水ルーフィングなどがあります。高分子系ルーフィングは耐用年数が20年ほどですが、透湿防水ルーフィングは50年ほどもつといわれています。 たとえば相模原市の屋根カバー工法によく使われるガルバリウム鋼板やアスファルトシングルは、耐用年数が20年から30年程度です。改質ゴムアスファルトルーフィングなどの20年以上耐用年数がある防水シートをオススメします。 耐用年数がほぼ同時期であれば、次回もまとめて交換すればいいため、ムダになりません。 ▼合わせて読みたい▼ カバー工法で屋根を対処した時|天窓やソーラー電池の設置について 屋根カバー工法のメリットとデメリット 屋根カバー工法を行うメリットとデメリットをまとめました。実際に工事するまえに覚えておきましょう。 屋根カバー工法のメリット①「葺き替えより安い」 屋根カバー工法の最大のメリットは、屋根を張り替える葺き替えより、費用が安い点です。既存の屋根を剥がすだけでもお金がかかるし、廃材の処分にもお金がかかりますが、屋根カバー工法ならどちらも必要ありません。 現在の屋根にアスベストが含まれていると廃材の処分にかかる費用が高額になります。アスベストが含まれた建材は、今では製造されていませんが古い屋根には使われている可能性があるため注意しましょう。 屋根カバー工法のメリット②「断熱性や遮音性、防水性がアップ」 屋根カバー工法を行うと、屋根が2枚重ねになるため、断熱性や遮音性、防水性がアップします。断熱性が上がれば冬場の光熱費が安くなるし、遮音性が上がれば屋根の雨音もあまり気にならないでしょう。 屋根カバー工法のメリット③「工期が短く、騒音やホコリも少ない」 屋根カバー工法は屋根を剥がさないため工期が短く、騒音やホコリなどが発生するリスクも少ないです。そのため、近隣の方にもあまり迷惑をかけずに済むでしょう。 屋根カバー工法のデメリット①「瓦屋根やトタン屋根には不向き」 屋根カバー工法は瓦のように波打つ屋根材や厚みのある屋根材には不向きです。そのため陶器やセメントで作られた日本瓦の屋根には、行うことができません。 トタン屋根の場合は、カバー工法を行うより葺き替えの方が効率的だしメリットも大きいため、あまり行われません。 屋根カバー工法のデメリット②「屋根が重くなる」 屋根が重くなればなるほど、耐震性が低下する点には注意しましょう。屋根カバー工法を用いるのであれば、軽い屋根材や防水シートを使った方が安心です。 屋根の重さが気になる場合は、事前に業者に確認してもらって、どのような屋根材や防水シートを用いるべきか相談しましょう。 屋根カバー工法のデメリット③「建物内部の補修が必要な場合は不向き」 屋根だけでなく屋根の下地や内部まで補修が必要な場合、これらを補修するには屋根を剥がす必要があるため、結果的に葺き替えを選ぶことになるでしょう。 相模原市で屋根の劣化にお悩みならば中山建装にご相談ください! 屋根のカバー工法は、屋根の劣化症状にお悩みの方にとって、コストパフォーマンスに優れた施工方法です。ただし、安易にカバー工法を選択してしまうと、今回ご紹介したデメリットの影響で建物の寿命を縮めてしまうケースもあります。 お住まいに合った方法で屋根の劣化修復工事をするならば、ぜひ当社中山建装にご相談ください。 当社ではこれまで数々のカバー工事、葺き替え工事を施工してきました。経験だけではなく、技術力、そして知識に関しても他社を圧倒していると自負しております。 まずは無料診断をお申込みください。あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.23(Sat)

詳しくはこちら

相模原市地域情報業者選び塗装工事のお役立ちコラム屋根改修外壁・屋根補修

相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは?

相模原市もお任せ!屋根カバーでしっかり断熱をしよう|遮熱と断熱の違いとは?

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根のリフォームをするとき、どんな目的を持って工事を依頼するかをご理解していますか? 例えば、人気が高い「カバー工法」に期待する効果は、遮熱性なのか断熱性なのか。このような内容をしっかりと理解しておかないと、せっかくリフォームしたのに期待とは違う効果しか手に入らないということもあるのです。 今回の記事では「屋根カバーにはどんな効果があるのか」についてお話ししていきたいと思います。 屋根のリフォーム「カバー工法」で断熱対策 カバー工法は、とても人気のある屋根のリフォーム方法です。では、なぜカバー工法は人気なのでしょうか。 カバー工法の持つメリットとデメリットについて考えてみましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 相模市の屋根カバーなら中山建装にお任せ!一括見積もりで失敗しないための優良業者の基準教えます カバー工法のメリット カバー工法の持つメリットは、以下のようなものが挙げられます。 ・工事費用が安い ・工事期間が短い ・防音性と断熱性が高まる ・アスベスト対策ができる ・屋根が傷まない それぞれを細かくみていきましょう。 カバー工法のメリット①|工事費用が安い まず、工事費用が安いという点ですが、カバー工法でリフォームする場合「既存屋根材の撤去がない」ということで、大幅な作業工数が減ります。そのため、工事費用を削減できるのです。 実際には棟板金や貫板の撤去は発生します。しかし、同じように屋根をリフレッシュさせる葺き替えに比べると大幅な作業工数がなくなるのです。 カバー工法のメリット②|工事期間が短い 作業工数の少なさは工事期間にも影響します。作業数が少ないということは、そのまま「短期間で作業が終わる」ということです。 カバー工法のメリット③|防音性と断熱性が高まる カバー工法を施すことで「屋根が増える」という状況が生まれます。つまり「擁壁が増える」わけです。遮蔽物が増えれば、当然防音性能は向上します。家の中の音漏れだけではなく、外からの音も入りづらくなるわけです。 そして、既存屋根から直接伝わっていた外気温や、室内から流出していた室温は、既存屋根とカバー屋根によって生み出された空気層のおかげで、温度変化にワンクッション置けるようになります。そのため、断熱性能が向上するわけです。 カバー工法のメリット④|アスベスト対策ができる さらに、屋根のリフォーム時には「アスベスト」への配慮も必要です。アスベストを含有している屋根材の場合、撤去や処分に余計な費用が発生してしまいます。 それをカバー屋根で蓋をしてしまうため、余計な費用をかけずにアスベストの対処ができるのが、カバー工法の最大のメリットと言えるでしょう。 カバー工法のメリット⑤|屋根が傷まない 屋根が傷まないという点ですが、葺き替えをする場合は「屋根材を総入れ替え」するため、固定部分には大きな負担をかけることとなります。 しかし、カバー工法では既存屋根を撤去しないため、そのままの状況で作業を進めることができるのです。つまり、今以上に既存屋根にダメージが加わることはないということになります。 カバー工法のデメリット では、カバー工法を取り入れることで発生するデメリットについても考えてみましょう。 ・屋根が重くなる ・屋根材の種類が限定される ・1度しか対処できない ・火災保険の補償対象外になりやすい カバー工法のデメリット①|屋根が重くなる カバー工法では、既存屋根を撤去しないため、追加されるカバー屋根分の重さが増えます。軽量化されている金属屋根材ではありますが、確実に重量物が増えることに変わりありません。この重さは、地震の際に大きなデメリットとして現れます。 重量物が高い場所にあるほど、振動は大きく伝わってしまうものです。つまり、カバー工法を施すことで、建物の揺れが大きくなるということです。 カバー工法のデメリット②|屋根材の種類が限定される カバー工法で使用する屋根材を重くすれば選択できる屋根材が限られてしまうこともデメリットです。デザイン的に好みではないという場合も我慢しなければなりません。 外壁の色なども屋根材の素材感で合う合わないが多くなってしまうため、オシャレな外観を求める方には不向きな工法と言えるでしょう。 カバー工法のデメリット③|1度しか対処できない カバー工法の最大のデメリットが「1度しか施行できない」ということです。カバー工法で設置した屋根材が短期間に劣化するということはありませんが、耐用年数を迎えれば再度対処しなければなりません。 しかし、同じようにカバー工法を重ねることができないため、屋根を大幅にリフォームしなければならないのです。 カバー工法のデメリット④|火災保険の補償対象外になりやすい カバー工法を用いたことで「火災保険の適用外」になる可能性も忘れてはいけません。カバー工法を施した場合、保険契約時の家屋状態ではなくなります。 そのため、火災保険の概念である「原状回復」の理念から外れてしまうわけです。 屋根の重さが地震からどんな影響を受ける? カバー工法で屋根が重くなるということは、建物への影響が大きくなるということをお伝えしました。しかし、実際にどんな働きによってデメリットが発生するのかを理解しておきましょう。 屋根が重いということは? 屋根が重いということを「自分の体」に置き換えてみましょう。まずは何もない現状のまま体側を伸ばしてみましょう。気持ちが良いですね。 今度は、肩より上に重量物を乗せてみてください。わかりやすいのは「誰かを肩車」した状態で、同様に体側を伸ばす動きをすると、バランスが取れず、先ほどのように体を曲げることができないはずです。 もし同じ角度で曲げた場合、腰や背中がとても痛くなるのがわかります。この痛みをそのまま味わっている状況なのが「カバー工法を施した際の建物」なのです。そのため、できる限り軽い屋根材を使用する必要があるというわけです。 屋根が軽いとどうなる? 屋根が軽いと、建物に加わる負担が少なく済みます。例えば、焼き瓦を使用するよりも、瓦タイプの金属屋根材を使用する方が負担が少なく済みます。その結果、建物の寿命が長くなるというメリットが発生するわけです。 これは、構造躯体にある柱に加わる負担が減るからです。 断熱と遮熱の違いについて カバー工法で得られる効果は「断熱」です。しかし、業者によっては「遮熱性の向上のためにカバー工法を」という説明をするところもあります。そのため「断熱」と「遮熱」の違いをしっかりと理解しておかなければなりません。 断熱とは 結果からお伝えすると、断熱とは 「中から外にもに出さない」ということになります。つまり、室温を流出させない性能を「断熱性」と呼ぶわけです。 断熱性の高さが効果を発揮するのは「冬」になります。温めた室温は、寒いところに流れ出ようとします。一般的な考え方ですが、高い場所から低い場所へ物は移動します。温度も同じで、高い温度は低い温度に流れ出る性質を持っているのです。 この性質を食い止めるのが「断熱性」というわけです。 遮熱とは 遮熱を簡単に説明すると「外から中に入れない」ということになります。外気温を室内に入れないことで、外気温に影響されない室温を作り出せるというわけです。 遮熱が威力を発揮するのは「夏」の暑い時期です。太陽光による灼熱を室内に入れないことで、室温変化をさせないための性質が「遮熱性」になります。 相模原市のように、夏場の気温が非常に高くなるような地域の場合、断熱性よりも遮熱性を高めて、室温をキープする効果の方が重要になるでしょう。ただし、日本海側のように冬場の吹雪が激しい地域の場合、遮熱性よりも断熱性が重要になります。 屋根リフォームのお悩みは中山建装にご相談ください! カバー工法を用いることで得られるのは「断熱性」です。そして、何度も同じ対処ができないということを覚えておきましょう。 相模原市では、屋根カバーと同時に遮熱塗料による遮熱性アップも掛け合わせることで、年間を通して過ごしやすい空間を作り出せるでしょう。 軽量屋根材によるカバー工法で、アスベスト対策もおすすめです。一度、中山建装にご相談ください。 当社は屋根カバー工法での施工実績が豊富なうえ、葺き替え工事や塗装工事など、屋根のリフォームを得意にしております。外装劣化診断士や雨漏り鑑定士といった、診断のプロが在籍していることも強みです。たしかな技術と知識であなたのお住まい、あなたのお住まいを守る屋根の劣化を診断いたします。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい また、当社はしつこい営業などを一切おこないません。ご相談のみ、お問い合わせのみでも大歓迎です。屋根の劣化にお悩みならば、ぜひ当社へご相談ください! あなたからのご相談、ご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.17(Sun)

詳しくはこちら

相模原市地域情報業者選び塗装工事のお役立ちコラム屋根改修外壁・屋根補修

相模市の屋根カバーなら中山建装にお任せ!一括見積もりで失敗しないための優良業者の基準教えます

相模市の屋根カバーなら中山建装にお任せ!一括見積もりで失敗しないための優良業者の基準教えます

厚木市で地域密着、丁寧施工がモットーの 屋根塗装・外壁塗装専門店の中山建装です! 代表取締役の中山です! 屋根のリフォームで大人気の「カバー工法」。建物のダメージを最小限に抑えながら、その後の保証もしっかりと期待したいという方は、ぜひ中山建装までご用命ください。一括見積もりで失敗しないように、本当に依頼すべき業者の見極めをしましょう。 今回のお役立ちコラムでは「一括見積もりのデメリット」をご紹介したいと思います。失敗しないリフォームで、素敵な毎日をお過ごしください。 一括見積もりのデメリットを知ろう いろいろなサービスで展開している「一括見積もり」は、ユーザーとしてはとても便利なサービスです。実際にいくつもの業者に見積りをもらいに歩きまわる必要もなく、スマホやパソコンから必要情報さえ入力すれば数社から見積もりが届くシステムになっています。 しかし、これが本当に地域にある全てのリフォーム業者から届いている見積もりだということは、どこで判断できるのでしょうか。ここには一般的には知られていないカラクリがあるのです。 一括見積もりは登録制 屋根のリフォームをする際、一括見積もりで多くの業者からの相見積合戦をさせていますが、実はここで見積りを提示してくる業者は、事前にサービスに加盟した登録店なのです。そのため、ここで見積りを出してくる業者は、地域性こそあれど一定数の決まった業者からしか見積もりが届きません。 実際に地域全体の業者に見積もり依頼を出しているのではなく、地域の登録事業者に対して連絡が入り、その情報を元に見積りを作らせるという流れになっているのです。 サイト利用料が発生している 一括見積もりサイトに加盟する際、各事業者には加盟料のようなサイト利用料が発生しています。そのため、見積りにはこの利用料を加味した金額が上乗せされているのです。実際に気になるほどの高額な上乗せがあるわけではありません。しかし、工事とは別の諸経費が上乗せされているのは面白くありません。 ランキング変動で分配している 多くの場合、一括見積りで各事業者から見積りメールが届く前には、見積りサイトでおすすめランキングが表示されることが多いです。このランキングですが、システム上でランキング変動させて上位表示される事業者名を入れ替えられるようになっている場合があります。 ある地域で10事業者が加盟していた場合、各事業者に依頼者が均等に分配されるよう自動的に入れ替えるようにして、10社のうち1社だけが忙しくなるのではないようにしているというわけです。 ただし、全ての一括見積りサイトがそのような方式をとっているわけではないので、中には純粋に事業実績や顧客満足度の高い事業者をお勧めしてくれている場合もあります。 本当の優良業者の基準とは 実のところ、実際に顧客満足度が高ければ「一括見積りサイトに登録する必要がない」というのがリフォーム専門業者の実態です。近隣で行われた工事に対する口コミや仕上がり次第で、お客様は勝手に増えていくという業界であるため、わざわざ顧客獲得のために外部サービスを活用する必要がありません。 もちろん、どこかのサービスに加盟して、技術向上や取り扱い材料の質の向上は良い方法です。しかし、仕事を求めて求人サイトのようなサービスを利用するということは、その時点で仕事が入らない低質な事業者であると言い換えられてしまうのです。 そして、本当に優良業者であれば「3つの致しません」を心がけています。 しつこい営業は致しません 優良業者は、しつこく営業しません。さらに言えば、何度も見込み客に対してアプローチするだけの暇がありません。なぜなら、優良業者の場合「日々の作業が詰まっている」からなのです。 もちろん、作業と事務は別の担当が行っているため、人手が足りずに営業ができないというわけではありません。しつこく営業をかけられるということは「仕事の空きがある」からできることなのです。 例えば、1ヶ月中に20日の稼働日があったとして、すでに20日埋まってしまっているのであれば、新たな現場を獲得しても翌月以降でしか対応ができません。これでは依頼者様は困ります。できるだけ早く対応して欲しいのに、3ヶ月待ちだなんて言われても用をなさないのです。 それであれば、今すぐ稼働できる事業者に依頼したいと思うのが一般的な考え方になります。それを理解しているからこそ、しつこく依頼を催促するような営業は「できない」のです。 不当工事は致しません 優良業者は、必ず現場を細かく調査してから見積りを出します。必要な工事があれば、この時点で説明をして、依頼者様が納得した上で作業内容を切り替えて行くのが一般的です。 しかし、一括見積りサイトで「素人が伝えてきた情報を鵜呑みにして、その情報に対してだけの見積りを提示」することは決して誠実な対応とは言えないと考えます。そして、実際に現場を見てから追加で工事が必要、当然追加費用の発生もあるという流れで話を勧められた場合、一度依頼してしまっている手前「工事を断りづらい」状況を作り出してしまうのです。 優良業者は「必要ない工事を提案」することは絶対にありません。現場で考えられる最良の方法、将来的にどこまで手をつけるべきかなどを見越した提案すると同時に、最低限の工事内容も提案できます。つまり、依頼主様が選択できるプランをいくつか提示できるというわけです。 これだけでも、一括見積りのデメリットが大きいということがわかるはずです。 やりっぱなしは致しません 優良業者は「工事後保証」を必ず用意しています。それも数ヶ月単位ではなく「数年単位での保証」です。最低限「5年以上」の保証を提示できるリフォーム専門業者を選ぶことをおすすめします。 なぜなら、屋根塗装・カバー工法・葺き替えなど、施工直後に問題が発生するということはほとんどないからなのです。数ヶ月単位で問題が発生するような場合、そもそもの作業技術が足りていなかったり、劣化した材料を使っていたりと、プロとして失格レベルの大問題になります。これらは即刻やり直すのが当然です。 しかし、すぐには問題が発生せず、2〜3年経過した頃にちょっとした問題が発生し始めるということは非常に多い。錆が取りきれていなかったり、見た目には劣化していなかったスレートが何かの原因でかけてしまったり、トラブルの種類もさまざまです。 こんな場合にも対応できるだけの保証期間・保証内容を提示してくれる事業者こそ優良業者だといえるでしょう。 中山建装が選ばれる理由 ありがたいことに、中山建装は多くの方に認められて日々現場を駆け回っております。その理由の一部をご紹介しましょう。他の同業者や一括見積りサイトに登録している業者との違いを知ってください。 施工実績の多さ 中山建装の主な活動エリアは「厚木市エリア」になります。もちろん近隣の相模原市も対応可能エリアになっているため中山建装社が担当した建物は多いです。 そのメインエリアである厚木市内では、中山建装が担当した工事はすでに「7000件」を超えているのです。1999年に中山建装を創設、2004年に株式会社 中山建装へと法人化を果たしました。この時間で受け持った担当工事が、すでに7000件にも及んでいるわけです。 顧客満足度の高さ 中山建装は「プロタイムズ」の加盟店です。このプロタイムズは、塗料メーカーである株式会社アステックペイントが本部運営している塗装工事業者の組織になります。全国展開されているその加盟店の中で、中山建装は顧客満足度アンケートで全国1位に輝くだけの実績を認められているのです。 職人の技術向上、1級塗装技能士資格の取得、マナーやモラルの徹底など、依頼者様が安心できる材料を用意するのも、サービス業の基本だと考えています。その結果、全国1位という結果を手にしているのです。 ▼合わせて読みたい▼ 厚木市の外壁塗装屋さん|屋根リフォームのメリット・デメリット|屋根塗装に使う塗料の種類 厚木市で屋根をリフォームした方必見!税金を控除できるかもしれません! 厚木市の外壁塗装屋さん|金属屋根のリフォーム|金属屋根の種類とおすすめ屋根材ランキング ショールームを持っている 一般的なリフォーム専門業者は、ショールームまで用意しているということはほとんどありません。カタログに掲載されているイメージを元に提案するスタイルです。しかし、これでは実際の質感がわかりません。 中山建装を含めたプロタイムズの加盟店は、ショールームを用意することでリアルな質感を事前に知ることができます。これが多くの方にご納得いただける大きな理由でしょう。 屋根の劣化にお悩みならば中山建装にご相談ください! 屋根カバーでリフォームをお考えなら、実際に施工実績が豊富で、発生しうるトラブルなどにも知見が広い事業者に依頼することをオススメします。一括見積りサイトで依頼した結果、すぐに問題が発生したという声も非常に多く、安かろう悪かろうのサービスに泣く方が増えています。 中山建装は屋根カバー工法での施工実績が豊富なうえ、外装劣化診断士や雨漏り鑑定士といった、診断のプロが在籍。たしかな技術と知識であなたのお住まい、あなたのお住まいを守る屋根の劣化を診断いたします。 ▼合わせて読みたい▼ 外装劣化診断士とは?外壁や屋根の専門家があなたのお宅を完全診断 雨漏り鑑定士とは?雨漏り診断士との違いを教えて欲しい また、当社はしつこい営業などを一切おこないません。ご相談のみ、お問い合わせのみでも大歓迎です。屋根の劣化にお悩みならば、ぜひ当社へご相談ください! あなたからのご相談、ご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼現在実施中のキャンペーンはコチラ▼ 厚木市の塗装業者「中山建装」より「春の塗装感謝祭」のお知らせです!

2024.03.17(Sun)

詳しくはこちら

相模原市地域情報業者選び塗装工事のお役立ちコラム外壁・屋根補修

中山建装のホームページへお越しいただきありがとうございます

株式会社中山建装

代表取締役中山 晋吾

会社案内はこちら

相模原市での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社中山建装にご相談ください!

地域の方へごあいさつ

代表取締役の中山と申します。
生まれも育ちも厚木で、15歳から塗装業に携わり、はや30年超となります。

お客様からのご依頼に対して私どもが切に願うのが、「当社を信頼して依頼してほしい」ということです。
お客様の理想以上の仕事をしてお返しするのが私たちの仕事です。

そして、完成した作品を見た時にお客様から自然とこぼれる笑顔を見れれば、これほど嬉しいことはありません。
スタッフ全員が同じ気持ちで仕事に取り組み、これからもお客様の理想以上の仕事を提供させていただきます。

アクセスマップ

  • 中山建装ショールーム
    中山建装ショールーム

    〒243-0217 神奈川県厚木市三田南2-21-9
    TEL:046-271-8123 
    FAX:046-271-8122
    営業時間 9:00~19:00

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-316-225
営業時間9:00~19:00

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
神奈川県厚木市妻田区自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら

Information〜日々の記録を更新してます!〜

一覧はコチラ

中山建装のホームページをご覧の皆様へ 工場・倉庫の省エネ塗装をお考えの方へ
外壁・屋根塗装専門店中山建装のこだわり施工プラン